play20170613

定時より少しだけ遅れて離脱してplayへ。
思ったより空いていたけれど宿題の緑色はどちらも人気で、誰かがトライ中だった。
どうしようかなと思ったけれど、テープ課題に混ざらなくても130°壁が空いていたのでファイル課題が好きなように登れそうだった。
ひよこファイルを引っ張ってきて、適当にセレクトして触ってみたら案外良い手ごたえのが多かった。
1撃だったり、何便かで登れたり、どうにも敗退だったりと、ちょうど良く遊べた。
やはり課題の楽しさは壁の形状から大事なんだな。

梅雨入り直前の瑞牆

6月10~11日は瑞牆へ。

10日は駐車場でなばらーの方々と合流し、地獄エリア方面へご一緒することになった。
のんびりと歩いて七面沢上流域にあるライト兄弟の右側へ到着。
これは昔に登ったことがあるので皆が登ってからTRでトラバースまで登って終わりにしてしまった。
乗り越し部分にキャメ4サイズのフィストがきまるかどうかで難易度は全然違ってくるため、バチ効きな男性陣は快適と言い、女性陣はとても苦労していた。
左はワイド好きのmakiさんが登った様子を見ると悪いらしい。
チャンスがあれば触ってみよう、5と6を2つずつ持って。

それから漸くお目当てだったチョップスティックスを登りにminoさんと移動。
1枚の岩に綺麗に伸びるダブルクラック。
前に雨の中で見つけて登りたいと思っていたのだけど、綺麗になると更に良い感じだった。
今日はパリパリに乾いていたこともあり、変に悪いところは無く快適にジャムが決まるし、ダブルクラックがいろいろと使えて楽しかった。
整備ありがとうございました。
20170610mizugaki1
TRをセットして右側限定にしてみたけれど、これでも10台になりそうなので次回試してみよう。


11日はバベルの塔へ。
まあ瑞牆山の山頂に近くなるくらい遠いエリアなので、のんびり歩いても着くとバテているので先ずは休憩。
お目当てのポセイドンはルートもプロテクションもあまり覚えていなかったので、1便目はやっぱりテンテンの探り便となってしまった。
そのままTRでプロテクションをセットしながら登ってみると余裕があったのでロープを抜いてリードに切り替えてトライ。
と思ったら雨が降ってきたりで、また休憩を入れつつ、雨が止んでから漸く取り付けた。
コンディションの良い今回のうちにトライしておきたいとの思惑が成功し、チャンスを掴んで無事にRPできた。
20170610mizugaki2

帰りは小面新道で十一面正面壁へと抜けてみたのだけれども、迷ったりしたこともあり下山はすっかり遅くなってしまった。
ま、それはそれで瑞牆の山をいろいろ歩けて楽しかったのだけど。
この週末はちょっと不安定な天気で風が吹いて寒いし雨もぱらついたけれど、肝心の岩は乾いていて快適な花崗岩を楽しめた。
ありがとうございました。

play20170608

ジムの宿題で残ってしまっているものは当然ながら自分には難しい。
無理そうだった緑色を1つ前回に登れたので、当然ながら残りの課題のRPへの道程は遠い。
ちょっとはレストを入れつつトライしたけれど高度は落ちていくばかりなので、趣旨替えして130°壁のファイル課題で遊ぶことにする。たまごファイルを開くと触っていないのが1つ増えていた。
それを登ってしまうと残りは落とされまくっている悪いのが1つだけ残っていた、ので見ないことにしてひよこファイルへ移行。
登れそうなのを探して3つほど登ったところで気分よく撤収。

play20170606

火曜日、平日夜のピーク帯にジムへ着いたのもあってか予想通り人は多い。
しかし左の垂壁がある側がガラガラ、ってか何故か誰もいないので気持ち良くアップできる。
と言いつつアップも適当に、やっぱり混んでいるにも関わらず宿題のある壁へ行ってしまうのだった。
奥の壁にある緑色、何人かのムーブに独自ムーブを加えて自分的に最適化していくと、少しずつ高度が上がっていき、何便もトライした末にやっとこさ登れた。
新しい緑色の残りは2つだけど、今日は奥の課題で売り切れたのか完敗して宿題継続中となった。
また木曜日に繋がるといいな。

play20170605

週末は土曜日に休日出勤、日曜日は車の点検に溜まった用事や片付けで終わってしまった。
となると週初めでも疲れを引き摺っていないのでジムに行く気力が残っているらしい。
そして行ってみると月曜日はやっぱり混雑していないのが嬉しい。
まあ好きなように登れるからと手を出したところで宿題が終わるわけでは無かったけれど。
緑色に弾き返され続け、気付けば予想外に時間も経過していたのでボチボチと引き上げ。
見たことあるような人が?と思ったら山梨に住んでいると聞いていたHさんが東京に転勤になったらしい。
あのくらいボルダー力を付ければユビキタスを登れるのか、なんて、遠い。

play20170530

月曜日はまた疲労感に負けて帰宅、火曜日になんとかジムへやってきた。
そう言えば最近はジムと呼ばずにボルダリングスタジオとか呼んだりするらしい。
ジムと言う呼び方も岩場をゲレンデと呼ぶような古い言い回しになっていくのだろうか?

ボルダーの壁はユース合宿のセットにより3面ほどがリニューアルしていた。
まだ課題は少ないので、端から適当に登れそうなのをボチボチとトライしてみた。
今回はちょっと難しめに振っているのか、黄色が1激できず苦労するセッティングだった。
まだ緑色が無く黄色の次が紺色だったので、黄色を片付けると登れそうなのが無くなってしまった。
で、また130°壁のファイル課題で遊ぶ。
たまごは1つがどうしても登れなかったので放置、ひよこで登れそうなのを探ってみた。
意外とひよこファイルにも登りやすいのがあって1撃できたり、苦労して登れたりと楽しめた。
木曜日にはリニューアル壁にも新しい課題が増えているだろうと期待。

OUTDOOR VILLAGE CUP2017春

5月28日は定例となりつつあるアウトドアヴィレッジカップのスタッフ。

セットの日は雨模様だったところで当日は夏日となる晴天となった。
こんなにコンディションが変わるとセッター陣は大変だったと思う。

みんなこのシーズンの屋外コンペも慣れてきたので帽子・サングラス・日焼け止め等でそれぞれに対策していた。
今回は加須の大会と日程が被っていたので選手は少し分散したのではないかな。
この大会は本格的なリードと初心者向けのトップロープに、公式のスピード競技があることが特色となってきた。
トップロープに関しては選手の登りが上手く、じゃじゃさんが「奴ら初心者じゃねぇ、クライマーだ!」と言うレベルだった。
スピード競技の大会は滅多に無いので、興味があるなら参加するのは今のうち。
ルートは振られ落ちしそうなセットになってしまっていてヒヤヒヤしたけれど。
この大会は某JCやWCよりスタッフへの待遇は良いのだけれど、1日中殆ど休みが無いのでぐったり疲れた。
今回も雨に降られずに済み、暑い初夏の日差しの下でみなさん頑張りました。
お疲れ様でした。

ワイドに返される

瑞牆のワイドクライマー返し。
20170617wide1

カサメリ沢の下流側にある林道のゲート、少し前は閉鎖されていたのだけれども今は開いている。
砂利道を車で10分程度走り、分岐が出てきたら右手の枝道へ進むと程なく右側に見えてくる。
このルートしか無いし、訪問するのは一部の人だけか。
広葉樹が上にあるので落葉しているシーズンは日が当たり、夏は木陰になって良いかも。
返されましたよ。

play20170525

水曜日の1日限定レストくらいでは回復しないらしい。
今日は朝から電車を寝過ごしてしまい、タイミング良くホームの向かいより出発する電車に救われ事なきを得た。
完全熟睡は初めてだ。

でも木曜日はジムの日。
着いてみるとホールド換えの途中なようで、3面くらいがコンペ仕様でデイリー課題が無くなっていた。
ファイル課題に今日の日付のがあったので何便か掛けつつ片付けてしまい、あとはウロウロし出す。
New課題が薄被り壁にあったけれど登りやすくて緑が1撃、紺色もやり方が分かれば登れてしまった。
久し振りにウェルカムグレードな課題を触ったかも。
いつの間にかファイル課題のある壁は人だかりができ、壁が少ない上にスクール的なのを開催していて、空いている壁が無い状態になっていた。
今日は早めに来れたからいいやと、少し被り壁で遊んでストレッチをしてから撤収。

play20170523

月曜日は空いていたけれど、火曜日は予想通りにそれなりの混雑っぷり。
今日はアップしたらファイル課題のひよこで遊ぶことにしてみた。
すると同じファイルで遊んでいた方に誘われ一緒にセッションをしていく運びとなり、順にトライしていった。
1撃できたり苦労したりと、難易度がちょうど良かったこともありここの壁だけで楽しめた。
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR