瑞牆(山河微笑と地獄エリア)へ

5月31日~6月1日は瑞牆で割れ目。

31日は十一面左岩壁で山河微笑ルートを登ってきた。

朝の芝生広場駐車場はもう初夏の日差しで暑いくらい。
いつもの如く知り合いに遭遇して挨拶しつつ出発。
汗をかきつつトレイルを歩き、末端壁でこの日唯一見たパーティーに挨拶。
ガレ沢を登り続けて十一面岩の上部へ行くと急に涼しくなる。
正面壁が真横に見えたところで樹林へ入って行き燕返しのハングまで歩く。
燕返しのハングのすぐ左手にある凹角が今回の山河微笑ルートの取付き。

自分が寝不足な以外は天気は良いし岩のコンディションも良い感じ。
どっちが最初のピッチを登る?と話して、最後のオフウィズスを登りたいってことで偶数ピッチを貰うことになった。

1ピッチ目、フォロー
凹角から登り、張り出しの下を左へトラバース。
5.8のピッチだけど1箇所もう少し難しいムーブも出てきた。
そこはカムが効いている場所なので心強いと思うが。
その先は足がありムーブは5.8を越えないがプロテクションが取りにくくランナウト。
しかものーるは1つだけあった残置ハーケンを敢えて無視して登っていたし。
ビレイポイントは丈夫な灌木。
20140531sanga1


2ピッチ目、リード
正面のクラックでは無く右手に1段上がったところの隙間へ入って行く。
チョックストーンを越えチムニーの中をモゾモゾと進んで行き、チムニー登りからハンドの良く効くワイドへ続く。
傾斜は緩くワイドの中にハンドジャムなので5.7で妥当かな。
大きなチョックストーンの内側から登ったらフォローは荷物が引っかかって大変だったと言われてしまった。
入りたかったのだから仕方ないがロープの引き上げが重かったので外側の方が良いのかも?
上へ続くクラックを出てから、緩斜面のどん尽きで次のピッチを探してトポを見ながらウロウロしてしまう。
どうやら左手の灌木から延びるクラックが次のピッチらしいと見当を付けて手前の灌木でビレイ。
(2ピッチ目の良い写真が無かった。。。)


3ピッチ目、フォロー
ハンドジャムから始まるのでクラック限定でも登れそうだがバランス的に木にを使ってしまった。
最初が少々やっかいだが中へ入り込んでからは落ち着く。
ハンドジャムが主体だがちょっと奮闘的な甘くは無い5.9って感じか。
ここも丈夫な灌木でビレイ
20140531sanga3


3.5ピッチ目?、ほんの少し懸垂下降
4ピッチ目と言われたりもする部分。
少し上がってクライムダウンするともあるが良い感じがしないので右手の枯れ木が見える場所へ懸垂下降。
1人目はロアーダウンしたが2人目は懸垂下降で。
枯れ木はぐらぐらと揺れてダメな感じだが根元にスリングを回すと安定した感じだったのでビレイ支点とする。


4ピッチ目、リード
すっきりとしたフェイスに綺麗なオフウィズスが伸びている。
今回はシングルロープとダブルロープの2本で来たので荷揚げ作戦を思いついて提案。
シングルのみにクリップして登り、終了点に着いたらダブルロープに荷物を付けて引き上げることにする。
ワイド系は荷物が邪魔になるのでトップもフォローも余計なものは持たずに快適に登りたいのだ。
取り付いてみると見た目通り10aの気持ち良いオフウィズス。
風邪引きや名張の成果か、よろめきよりもずっと快適に楽しく登れた。
最後はまた岩の中へ入れそうだったが、荷物を引き上げられなくなりそうだし入ると怒られそうなのでw、右手より回り込んで上へ。
少し奥に灌木もあったがカムが余っていたのでカムでビレイポイントを構築。
20140531sanga4

カンマンボロンや大面岩を眼下に初夏の緑と風が心地良かった。
下降は錦秋カナトコの時に利用した支点まで歩いて懸垂。
20140531sanga5

すっきりとしたワイド主体でピッチ毎の長さがあり、奮闘的で秀逸なルートに大満足だった。
これは割れ目好きワイド好きな人にはおススメ!

【装備メモ】
キャメ~4までを1セットと5を1つ、ロープは60mx9.4mmシングルと60mx8.0mmダブル。
OSで先が分からないのでカムは下のを上に差し替えたりしてみて慎重に利用したりなど。


6月1日はクラック地獄エリアへ。
今まで見つけられていなかったクラックを探し回ってついに発見!
20140601jigoku1
一度は引き返そうとしたものの、写真で見たような感じのクラックが気になり取り付きを探し出した。
こらがたぶんKクラックかなってことで登ってみることにしたのがホントのとこ。
先を譲ってOSを見届けてから2番手で取り付き無事にFL。
あまり長さは無いけれどハンドが気持ち良い好ルートだった。
5.9じゃない?と言われたが10aでいいと思うのだけどと検討して5.9+ってことに落ち着くw

その後N字ハングをリードトライするも失敗して下部ですぐにテンション。。。
力もメンタルも尽きたのでTRを張って登りカムセットを確認してみた。
大体分かった、次回こそはRP狙うぞ~
その時は4番が4つは欲しい。

ワイドを満喫した2日間、ヨレヨレになるまで充実して瑞牆の魅力を再確認した。
どうもありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR