裏同心ルンゼ~ジョウゴ沢へ

12月8日はシーズン初めにワンデイ八ヶ岳アイスへ行ってきた。
当初の予定では裏同心ルンゼだったが氷結状態があまり良く無いのと情報もありジョウゴ沢へ変更することにした。


美濃戸は予想外に雪が全く無くてFITでも林道を上がることが出来てラッキー。
お蔭で4:40くらいだったか、真っ暗な中をヘッデンで出発!

赤岳鉱泉で準備を整えて出発したのがすっかり明るくなった7時ちょうど。
先頭を歩くReさんが2本目の沢へ進んで行くのを何も考えずに続く。
※1本目は大同心ルンゼ、2本目が裏同心ルンゼ、3本目がジョウゴ沢
正面に大同心を見ながら綺麗だな~などと。

F1って思ったより遠いね~と話しながら最初の滝へ到着。
人気の沢なので先行パーティーはここから先引っ切り無しに続いていた。
ジョウゴ沢のF1は傾斜も無いのでロープも要らないよねと登ってみると、
シーズン初めだからかそこそこ傾斜を感じる(だからここは裏同心ルンゼ)
20131208yatshu01


F2は先行パーティーの落氷が怖いので少し待ってからまたロープ無しで取りつく。
何か記憶と違うのでF2の前の滝かな?
おかしいなぁ(だからここは裏同心ルンゼ)
20131208yatshu02


でも氷の発達は良くて快適な滝が次から次へと続いていく。
20131208yatshu03

こんなに雪の少ない時季に来たのは初めてなので滝が沢山出ていて楽しいのだ。
少し傾斜のある滝が現れたのでここはロープを出すことにする。
20131208yatshu04

この滝の前で知り合いのYNSさんとお会いして少しお話を。
そこで衝撃的な事実を伝えられるのだった。
なんとここは裏同心ルンゼだって!?

何も考えずに目の前の滝を楽しく登り続けていたのでジョウゴ沢と信じたまま裏同ルンゼの最後の滝まで来てしまったのだった。
もう笑うしかないね。

9:30、ここを抜けると立派な大同心が目の前にw
20131208yatshu05

大同心稜より下りてお昼休憩後11:00、今度は本物のジョウゴ沢へ向かう。

本物のジョウゴ沢F1の右側は本当に記憶通り傾斜が緩かったw
20131208yatshu06

氷結していないとの情報もあったF2も薄いけれど快適に登れる状態だった。
20131208yatshu07

F3もばっちり凍っていて快適♪
20131208yatshu08

少し歩いて狭いルンゼを抜けると上部のエリアに着く。
20131208yatshu09

Reさんお目当ての乙女の滝は長さがあるので順番待ちも長い。
暫く待ってから漸く取付き。
20131208yatshu10

フォローで登らせて貰ったのだけれども氷は結構シャリシャリ。
バイルは刺さりやすいけれど回収したスクリューには殆ど効いていないのもあった。
ビビリなオイラにはリードは無理、リードありがとうございました。

急いで下山すると美濃戸まで無事にヘッデン無しで到着。
12時間行動となったけれど雲一つ無い快晴の中で快適に冬山シーズン開幕となった八ヶ岳。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR