クラック地獄エリアへも一度

10月27日はクラック地獄エリアを再訪。
movitiさんと行きましょうと話していたので一緒に。
負傷兵は腰が治らずに残念ながら不参加となってしまったのだけど。
良くなったらまた。


前日の雨が乾かなそうだし、ブローでmovitiさんがアイロンさんに夏の岩場だよ寒いよ!と脅されて?いたりで不安材料目白押しの中でもとりあえず行ってみる。

アプローチは前回の帰りにポイントを押さえて覚えておけたので迷うことなく到着。
朝の駐車場は冷え込んでいたし途中の路は水が流れていて無理かなと思っていたのだけれども
実際にクラックを触ってみると冷たくパリパリに乾いている。
触ってみるまで分からないものだ。

しかし寒い、、、のでモチベーションは低下。
迷ってダラダラしていたもののmovitiさんが真ん中のルートをOSしている間に2Fは日が当たってきていた。
2Fなら暖かそうなので左端のルートに行ってみることにした。

これは当りだった。
日が当たると暖かいし岩は少々冷えているもののフリクションはバッチリ!
いつものごとく大量のカムを抱えてトライしてみると。
見えていた直上クラックでは無く右上していくこととなり、予想より広いクラックに入って行く。
これだけカムを持ってきたのに殆どが余って、3番がもう1つ欲しくなったり。
カムはバチ効きだし快適なクラックだったので10aじゃなくて5.9?と言ったら賛否両論。
なので登り易い10aと云うのが妥当ってことにしておこう。

そしてまたN字ハングにTRをセットして遊ぶことに。
無事にノーテンで抜けたもののリード出来るかと言われると。。。
今度はカムをセットしながら試してみようかな。

数は登らなかったけれど予想外に日が当たって暖かかったし雨の翌日にパリパリの花崗岩を登れて満足な1日だった。
つるべ落としの日没でヘッデン下山となったり、いろいろヒリヒリするけれど秋の花崗岩は本当にいいな~
帰りは初めてのラ・ソバで〆
20131027jigoku1
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR