割引沢~上トトンボ沢~ブサノ裏沢へ

10月13~14日で巻機山の裏側の沢へ行ってきた。

割引沢コースより登り巻機山のピークを踏み、上トトンボ沢を下降してブサノ裏沢出合で一泊。
ブサノ裏沢を遡行し、また巻機山のピークを踏んで井戸尾根ルートより下山。
隣の尾根、隣の沢を行ったり来たりの周遊コースだが沢と紅葉が綺麗で素晴らしい山旅だった。
(ラバーソール沢靴、30mロープ)

【今回のコースタイム】
6:20桜坂P~7:45ヌクビ沢分岐~10:20割引岳山頂~11:10牛ヶ岳手前~12:10沢筋~
15:40ブサノ裏沢出合~15:55幕場決定

5:00過ぎ起床~7:10出発~10:4 70m大滝?~12:25登山道~13:00巻機避難小屋~
14:50桜坂P


6時くらいに駐車場へ着くと薄暗い中を登山者が次々と出発していた。
あと30分もせずに路駐が溢れ出すのだろう。
紅葉シーズンの巻機山人気は相変わらずのようだ。

しかし今回我々が選択した割引沢ルートは地図には一般登山道として書かれているものの、殆ど沢登りと呼べるもので井戸尾根コースと比較してしまうと閑散としている。

井戸尾根コースと分かれて割引沢コースへ入るとペンキや鎖がちょこちょこと出てくるがバリエーション的な趣となる。
最初から沢靴を履いているので沢の中も全く気にならず、ルートを外れて沢を進むのも快適。

20131013busa01

ヌクビ沢コースと分かれて滝の脇を登り、少し進むとゴルジュの手前で急な尾根へと続く。
登山道と呼ぶには笑えるくらいの急斜面で息が上がるがグイグイと標高も稼ぐ。

標高を上げ稜線に出ると紅葉は綺麗だが強風に体温を引き剥がされガスに包まれ視界も悪い。

20131013busa02

混雑する巻機山の山頂は人まみれの写真を撮るだけにして牛ヶ岳の先にある上トトンボ沢を目指す。
牛ヶ岳の直前の踏み跡?より尾根を下降、右手に見える薄い尾根の先を目指し、コル最下部より前方へトラバース気味に下降していく。

20131013busa03


前回の敗退時に偵察していたので視界が悪くても無事に上トトンボ沢の沢筋へ降りることが出来た。

上トトンボ沢の下降は懸垂下降をする場面も2か所あったが、基本的にゴーロが多く悪い場所は無い。
下トトンボ沢との出合も近い場所だったろうか、突如巨大な魚影!?と聞いて見てみると本当に大きな魚影が浅い沢の中を逃げていく。
しかし浅すぎた為に隠れる場所も無く、浅い岩陰に潜んでいるので手を入れて探るとヌメるものを掴んだ。
そしてあっけないくらい簡単に40cmの大イワナを手づかみで捕獲できてしまった。
思わぬ獲物に一応持ってきていたテンカラ竿はまた出番無し。

20131013busa04


ブサノ裏沢出合には山登魂パーティーのものと思われる焚火跡があった。
我々はここよりも開けた場所を探してブサノ裏沢を少し遡った右岸に幕とする。

ずっと曇りでほんの少し雨もパラついた1日だったが、夜になると月明かりも煌々と雲間に星も見えるようになった。
日が落ちると共にぐっと冷え込み、乾いた流木の勢い良く燃える暖かさが頼もしい。

20131013busa05

朝にはテントの外に出してあったザックに霜が降りていてウェットには氷が付着していた。
もう季節は晩秋となりつつあるのを肌で感じる。

太陽が出て来るも肌寒さのあるブサノ裏沢を遡行していくと、予想以上に綺麗で立派な滝が次々と現れてテンションも上がっていく。

20131013busa06

8m滝?で最初にロープを出す。
残置ハーケンが2本ほどあり固い岩のフェイスにホールドが続いていた。

20131013busa07

この辺りからナメと滝が続き、開けた青い空に白い岩と紅葉の始まる山々が映える。

20131013busa08

しかし意外と悪い場所もありまたロープを出したり悪い草付を巻いたりする。
勝手にもっと癒しかと思っていたので焦った。
開けた沢の上に青空が広がり綺麗な滝が連続しているのだけれども。

20131013busa09

源頭近くには遅いラズベリーが実っていて今回も拾い食い歩き。
滑る黒苔も増えてラバーの沢靴は滑りやすいので注意は必要となってくるが。
最後は景色が見える程度の笹薮漕ぎをして12時半には素直に登山道へ出る。

20131013busa10

また人で溢れる巻機山山頂を経由して避難小屋で休憩。
ここで米子沢へ来ていた会のIKYさんたちにタイミング良くバッタリ、こんにちわ~
下山は井戸尾根コースで沢山の登山者をかわしつつ桜坂駐車場まで。

2013シーズン最後の沢はとても綺麗で楽しかった、ありがとうございました♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR