摩天岩と弁天岩へ

一週間しても先週末の疲労感が抜けてない、歳だなぁ。。。
いや、仕事が忙しくなってしまっているのが原因に違いない。

そんなこんなで今週末は癒しを求めて?不動沢の岩場へ。

20日は摩天岩。
買い出しをしてから摩天岩まで登山道を歩いていくともうお昼前になっている。
かの有名な不動の拳がある岩場ということに漸く気付いて見に行ってみるとトライしている人達がいた。
先週は6人で祭りだったそうで、最難ルートにトライしている人がそんなにいるとは驚き。
帰りにもう一度話を聞いたのだが既に第3登されたそうで、おめでとうございます。

暫く見学させて貰ってから涼しい日蔭の道祖岩の裏側へ入ってみる。
ダッコちゃんクラックをやってみたら結構ボルダー力が必要で意外と大変。
岩は風化していてポロポロと表面が削れていたけれどカムはしっかり決まる。
そのまま隣の家路ルートをTRで触ってみるものの核心がヌメっていてテンション。
もう1便目で抜けたけれどリードはパリパリに乾いているときがいいな。
最後はチムニー登りとなり下から見ていると面白い。
20130720maten

岩場も遠いので下山すると既に暗くなっていた。


20日は摩天岩より更に先の矢立岩へ行ってみようかと言いつつ、手前の弁天岩で遊んで来た。
少し見て回って触ったのが残氷ルート。
綺麗で真っ直ぐ伸びていてすっきりした3ピッチのルートで岩峰の頂上に立つことが出来る。
いろいろ奮闘させてもらって非常に楽しいルートだった。
210130721benten

懸垂でルーパー・クラック側へ降り、下降路の隣にあるこのルートにTRをセットして遊んでみた。
実際には1度ロープを抜いてしまい、この下降路の土の詰まった無名クラックを登ってセットに。
ここのクラック予想以上に土々でした、ゴメンナサイ。
ルーパー・クラックはOHさんに聞いた通り不動沢グレードの誤魔化しの効かないOW。
TRだからノーテンで抜けれたがリードは厳しそう。
まあノーテンだったのだから、またここに来た時にはリードでトライしてみようか。
しかしこれまた奮闘するので1日に3便は出せないかな。

よろよろになって今日は暗くなる前に下山。

不動沢はワイド天国だなあと、痣だらけの膝小僧を見つつ思うのだった。
大型カムを背負って2時間のアプローチもハイキング&歩荷トレになって楽しい岩場だった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR