錦秋カナトコルートと仏壇岩探索

5月25日は瑞牆十一面岩左岩壁の錦秋カナトコルートを登りに。
26日は小川山へ移動して仏壇岩を探索しに行ってきた。

ICを降りてコンビニへ寄ると知り合いばかりにバッタリ。
皆さん行く場所は同じ方面に集中してますねw

先週に調和の幻想を登ったので、今度は少し上のエリア十一面左岩壁で入門編の錦秋カナトコルートへ行ってみることにした。
末端壁を通り過ぎて暫くガレを詰めると左手にそれらしき岩峰群と割とハッキリした踏み跡があった。
辿って行くと翼ルートを登っている知り合いパーティーがいて現在地が確認出来た。

ここが写真で見た取付だよ~ってことでちょっと暑い日差しの中で準備開始。
リングボルトの残骸はまだ1つ残っていた。
1ピッチ目(フォロー)は1段上がってガバフレークを使って乗り越え左上、そして右上していく快適なクラック。
2ピッチ目(トップ)はカムをセットしてスタートからちょっと悪い。
 節理は乏しくアルミハンガーがあったのでヌンチャクでクリップ、カチ持ちレイバックで登ってジャミングが決まった後は登りやすく快適なテラスへ。
 ここの1ポイント4歩くらいがフェイスの10aと呼ぶには辛いけれどフリクションはいい。
3ピッチ目(フォロー)ビレイポイントより左上し樹林帯をモサモサ木登りで直上していく感じでロープ一杯まで。
4ピッチ目(ロープ担いで歩き)岩の下部に踏み跡があり左へ進み、進めなくなる辺りで1段上の岩場へ登ると景色の良いところへ出る。
5ピッチ目(トップ)ダブルクラックを快適に登り、緩傾斜からジャムバチ効きガバ豊富で景色の良い登りで左手の木が見える場所まで、そして下が見えやすいところへ支点を伸ばしてビレイ。
6ピッチ目(フォロー)5ピッチ目の続きで斜上チムニー?を登りチムニーを2歩くらい登ってテラス、リングボルトでスラブもあったけれど右側にあったハンドクラックよりピークへ。
とても景色が良く快適な瑞牆マルチ入門ルートだった。
20130525kinshuukanatoko

下降は登ってきた方向よりやや左手に見える支点へ下降し、あとは真下へ降りつつ探すと支点がある。
2ピッチ目の終了点より50m一杯で取付へ戻れた。
残置スリングは全て変色していたのでそろそろ交換時期かな。
ビナも1枚だったりで、自分のを1枚残置した場所も。

降りたあとフラフラと他のルートを探索したら有名な某氏ペアに遭遇。
ミーハーにも一緒に写真を撮ってもらってしまった。

そして翌日は小川山なので下山したらヘルシーパーク・ナナーズ経由で廻り目平IN
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR