FC2ブログ

石津窪

6月17日は石津窪へ沢登へ行ってきた。


16日は雨だったので車検に車を出してきて、

肩の調子が悪いのでまたミナミスポーツマッサージ治療院とバタバタ。


日曜日の予報は好転して曇りのち晴れに変わっていた。


今回はとんみょんさんの計画。

最初は日原方面の沢の予定だったけれど通行止めの情報で変更。

天気予報が微妙だったので短めの石津窪へとなった。


武蔵五日市駅で8:00に待ち合わせてNさん車で入渓点へ。


【今回のコースタイム】

9:00千ガ沢分岐~9:15石津窪入渓~10:10大滝25m~11:40ケルン~13:20車


駐車スペースへ着くと先行者が1台、あとからお仲間さんがもう1台やってきた。


お喋りしながら準備してのんびり出発。

地形図を見ながら林道をテクテク歩いて踏み跡のある入渓点へ。


小滝がちょこちょこ出てくるが、近づくと見かけより傾斜は無く登りやすい。

って言ってもヌメるので結構緊張する。


2段の滝の1段目はとんみょんさんと私がそのまま登って後続にロープを出す。

上の段はロープを出して登ったが予想外にどこもガバで登りやすい。

腐りかけの木に残置スリングがあるがあれなら使わない方がいいかと。

ナッツを決めようとして外れてバランス崩してちょっと焦ったのは内緒。


大滝はヌメると聞いていたのでとんみょんさんとあやねこさんと巻いて落ち口へ。

でリョウコさんNさんがTRで登ったあと3人も懸垂下降で降りて登ってみた。


登れるけれどトップで登るのはヌメりで怖いなと。

後続の7人パーティーの方のトップにロープを出してから先へ。


あとの滝はそのままワラワラと登っていった。

今年沢デビューのあやねこさんも先陣切って登って行く。


ケルンで右岸に登るが仕事道がはっきりせず上の尾根へ。

木に白ペンキでマークと名前?が書いてあったのでここが仕事道?


ラズベリーを摘みながら踏み跡を辿ると途切れたので右手の沢へ下りる。

ここを下って行けば下山できるでしょうと。


半兵エ窪で簡単に下降できると思っていたのだけれども。

懸垂下降を2回に滝を巻いて下りたのが1回。


考えていたより普通に沢の下降だった。

まだかな~と歩くうちに石津窪の入渓点へヒョッコリと着いていた。


何だか良く分からないけれど想定内の結果オーライ!


朝は曇っていた空も日差しが出ていて夏の入口の気配だった。


滝を登るあやねこさんとんみょんさん
しょうすけ_のブログ-20120617isitukubo

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。
最近はもう週末の山の記録を書く暇が無く、ジムのメモと化している。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR