FC2ブログ

ピーカン極寒の阿弥陀岳北西稜

2月17~18日は八ヶ岳の阿弥陀岳北西稜へ行ってきた。
先週の二口でT村さんよりお誘いを受け、我々も行ったことが無かったので2つ返事で決定した山行。
計画段階からラッセル、ルーファイ、ご飯と丸々と大変お世話になりました。

【今回のタイム】
・4人で2パーティー、50mロープを各パーティー1本ずつ、残置とボルトで支点は取れるがカムも少しは使えた
17日
アプローチとトレース付け
18日
6:05行者小屋~7:15森林限界~8:30登山道へ戻ってまた稜線へ~9:20森林限界~
10:50雪稜を越えて第1岩壁取付~14:20岩稜帯終了~14:40阿弥陀岳山頂~15:30行者小屋

17日の朝に美濃戸口で集合、南沢を取付を探しつつ歩いて行者小屋まで到着、テントを設営。
天気は良く無く、風が強く寒かったのだが行者小屋が営業していたのを知って即利用。
中でカップラーメンを購入して休憩して人心地着いた。

トレースを確認しに行くと途中までで終わっていた(もう1つトレースがあったのが後に判明)。
テントに置いてきてしまったスマホを取りに戻り、GPSを使って尾根を確認してトレース作り。
雪に慣れたT村さんのラッセルのお蔭で1時間半ほどで尾根へ辿り着き明日への準備は完了した。
夜はKWIさんのきりたんぽ風鍋、朝はT村さんのミネストローネと豪華なごはん。

18日はトレースを辿って尾根へ出て、森林限界まで進んだものの、
昨日から続く強風の中から姿を現したのは真っ白な雪煙を纏った摩利支天だった。
この強風では不可能と判断して即下山することとなったのだった。
20180217amidahokusei1

で、登山道まで戻って来たところで山を見ると、何だか穏やかに見えて風も収まってきている気がする。
もう1度目指す?と言う話になり、結局また登り返し始めたのだった。

再度森林限界まで歩き、雪稜からロープを出して意外と悪い岩場を越えつつ、ボルトがある第1岩稜の取付まで到着。
20180217amidahokusei2

ここを登り始めたところで、引き返すのは難しくなりトップアウト目指してひたすら進むことになった。
草付も見た目よりバイルは刺せなかったり、ルーファイが分かり辛く、登り自体も純粋に難しい。
ガイドが打ったのだろうボルトが要所要所で現れるのでまだ安心感はあったが。
20180217amidahokusei3
20180217amidahokusei4

気温は低く、日差しがあり無風の時でも震える寒さだったので、日陰に入り風が吹くと洒落にならない状態。
それでも先頭のT村さんは順調に進んで最後の核心まで越えて行ったのだった。
そして自分は、最終ピッチはヌンチャク残しておいて下さいとお願いして登ったのは秘密。
残置連打があるのでドライやミックスに強い人ならサクサク登れるのか。
20180217amidahokusei5

お蔭で、太陽が出ていても手先足先が痛くなり感覚が消えそうになる厳冬期の八ヶ岳を感じながら、無事に阿弥陀岳のピークを踏むことが出来たのだった。
行者小屋まで戻っても時間が押していたのでゆっくり休むこと無く早めに撤収し、最後はヘッデンとなりながら美濃戸口へ帰着。
J&Sですぐにお風呂へ入り、芯から凍りついた体をしっかり温め、アツアツのビーフシチューを食べてから帰路へ着いた。

1度は撤退を決めてから諦め悪く引き換えし、チャンスを逃さず無事に登頂することが出来て本当に良かった。
翌日も冷えた手足の指先はピリピリしているくらいだが今回も記憶に残る山行となった。
お世話になったお世話になった皆さん、パートナーに心から感謝。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR