2017GWの北鎌尾根~水俣乗越(の隣)経由で

今年の連休はカレンダー通り&最後の2日間は大会スタッフにより、纏まった休みは3日間のみ。
では去年に天気と日程で敗退してきた水俣乗越からの北鎌尾根へ行きましょうと提案されてGo。

【今回のタイム】(2017/5/3~5/5、2名、トレースあり、晴天、ロープ未使用)
6:40沢渡発~7:30上高地BT発~10:25横尾~16:20東鎌尾根(水俣乗越の手前のコル)~18:10北鎌沢出合
4:00起床~5:20発~7:35北鎌のコル~10:45独標~14:45北鎌平~16:00槍ヶ岳山頂~16:35槍ヶ岳山荘
4:00起床~5:40発~9:10横尾~11:55上高地BT

この日の沢渡発のバスは始発が4:40にあったのだけど、深夜に到着して睡眠不足は辛いからと少し遅めに起床。
6:40に合わせたのだけど時刻表とあまり関係無く出ていたのか、バスターミナルで待機してから乗車する形になった。

まだ観光客より登山者の多い時間、だらだらと続く道を横尾まで歩くとかなりの積雪がある感じだった。
横尾では知人に遭遇して立ち話をしたりしつつ、槍沢へ雪の道を上がっていく。
去年に間違えた水俣乗越を今年は間違えずに上がっていった、と思っていたのだけれども。
東鎌尾根に上がるとナイフリッジとなっていて急峻な反対側にはそのまま下ることはできなかった。
稜線を少しラッセルし、下降できる場所を見つけてからシリセードで一気に下降していく。
暫く下っていったところで沢の広がり方に違和感を感じ、地形図を確認すると、手前のコルを経由してしまっていたようだった。
しかし目指す北鎌沢の少し上流に出ることを確認できたので結果オーライ。
沢の本筋には複数のトレースがあり、北鎌沢出合には1張りのテントがあるのを見つけた。
これなら尾根上もトレースがあるだろうと話しつつ、見えたテントより少し上流部の岩陰を整地して我々も幕営。

20170503kitakama1

今年は雪が多く、沢の流れが無かったために雪を溶かして水を作ったので就寝時刻は遅めになってしまった。

翌朝は明るくなり始める前くらいに目覚めると下に見えていたテントの姿は既に無くなっていた。
パタパタと巻き気味に朝食をとり、支度をして出発。
気温は予想以上に高く、真っ直ぐ尾根のコルまで見える北鎌沢を登り始めるとすぐに汗が噴き出してくる。
バテながら登り切った急斜面の先に辿り着いたコルには、しっかりと整地されたテント跡があった。

ここから去年に撤退した尾根歩きとなるのだが、今年はバッチリとトレースが残っているので迷わずに進んで行けてしまう。
次々と現れる、ぐずぐずで急な雪壁やナイフリッジを越えて行くと最初の核心である独標が大きく立ちはだかる。
独標にはロープを出しているパーティーが見え、手前のピークにも休憩中のパーティーがもう一つ認められた。

20170503kitakama2

冬装備の暑さに閉口しつつ雪を食べながら歩き、独標の最初にロープを出すポイントで前のパーティーに追いついた。
見ると傾斜は急なものの雪に刻まれたトレースは完全にバケツとなっていた。
ロープを出す?出さないで行ってみる?と何度かやり取りとした後に、取りあえずそのまま進んでみることになった。
ロープ無しだからと前のパーティーの方が譲って下さり、トップとフォローの間に入れて頂いて登らせて貰った。
最初に突破した人は大変だったろうと思いを馳せつつ、階段となった雪壁を登りリッジへ這い上がった。
その先も先行者のお蔭で悪い場所は無く、無事に独標を越えると目指す鑓が見えてきてテンションは上がっていく。

20170503kitakama3

ここからも何か所は緊張する場所もあったけれどロープを出すことも無く、ただひたすら雪に覆われたピークを越え続けていく。
北鎌平まで来たときには随分と疲労も蓄積してきて、目の前にある天を突く大きな槍ヶ岳に期待と不安が膨らんでいく。
山頂直下のチムニーは見るからにロープを出す場面なのだが、またしてもパートナーがフリーソロで試して抜けて行ってしまった。
上から必要ならロープ出すよと有難い言葉をかけてくれるが、ガバだしバイルは気持ち良く刺さるし、しゃーないのでそのまま越える。
最後の1ピッチは岩を登るとロープが欲しくなったので回避、少し左へ回り込んで槍ヶ岳の祠を左巻きで山頂へ出た。

20170503kitakama4

空の高いところに広がってきた雲の下、白く連なる山々がここまでの道程と共に本当に美しく見える。
辿り着いた景色を満喫し、1人だけ来ていた登山者の方に写真を撮って頂いてから槍ヶ岳山荘へ降りる。
ここの道も夏と違って雪と岩のミックスなので決して安心できないので慎重に。

小屋は多くの人で賑わっていたが、槍ヶ岳山荘のテント場はまだまだ余裕があり好きな場所へ設営可能だった。
水は1L\200だったが、雪を溶かすのも面倒だったので乾杯ビールと一緒に購入。
もう一般道の下山を残すのみなので(夏のコースタイムで7時間以上あるけれど)ゆったりした時間が流れていった。

昨日と同じ時間に起床して朝ご飯を食べていると外が賑やかになってきて、外へ出てみると空は朝日に染まっていた。

20170503kitakama5

明日は下界での予定もあるのでぼちぼちテントを撤収し、とてもとても名残惜しさを感じつつ、空に向かって尖った岩に別れを告げた。
横尾まで下りてくると相変わらず雪は多いものの、すっかり春めいていた。
徳澤園で甘いソフトクリームを補充しつつ、観光客で溢れる上高地へ着くともう初夏の陽気だった。

去年にラッセルと天気予報で敗退してきた北鎌尾根をコンディションとトレースのお蔭で快適にリベンジすることが出来た。
湯俣からは入れなかったけれど青い空に続く雪と岩の尾根をただただ歩く3日間は最高でした。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR