北鎌尾根~敗退

5月4~6日は北鎌尾根を目指して、敗退してきた。

4日の朝は上高地BTより、しとしとと降る雨の中を歩き始めるも、暫し歩くとすっかり青空となっていた。
横尾までは全く雪が無く槍沢ヒュッテくらいから雪道となるような状態だった。
天井沢へ水俣乗越を越えたと思っていたのだけれども、後に知ったのは間違えて1つ先のコルを越えていたのだった。
この日は北鎌沢の出合に幕営、と思っていたのだけれども実際には1本上の錆色のガレた出合だったと云うオマケまで。
夜には予想外に雪が降り積もり、未明まで止まなかったので諦めモードが優勢になる始末。

5時に起きて撤収、雪は止んでいたので貧乏沢より撤退しようと下流に向かうと本物の北鎌沢右俣が見えてきた。
行けるかな?と雪渓を上り詰めて北鎌沢のコルまで上がるとそこは真っ新な雪稜だった。
残雪期の締まった雪と思い尾根を進もうとすると腰下くらいのグズグズ雪のラッセルで遅々として進めず。
今日中に目途を着けるのは難しいと判断して撤退を決めたのだった。
また北鎌沢を下り、水俣乗越の南側に見える低そうなコル(と思っていたが実際にはこちらが本当の水俣乗越だった)へ登り返す。
すると前から2人組が降りてきて今から北鎌尾根へ向かうと言う。
行ける人なら行けるのだろう。

自分たちも頑張れば行けたかなと思う反面、やっぱりあの場で無理と判断して引き返したのは妥当だっただろう。
この程度のラッセルなら自分の実力で問題無くこなせると思えなかったのだから。
歩けないなら荷物を持てないなら山へは行けないし、年齢で無理と思ったらその時に山は終わってしまう。
今回を教訓に(ルートミスも含めてw)、しっかりと力を付けて次回は湯俣からここを登りたいな。

そして夕方18時に横尾へ戻ってきて幕営し、翌朝に上高地より帰宅の途に就いた。
20160504kitakama1
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR