妙高三田原~火打山SKI

3月12~13日はIさん達の計画にご一緒させて頂き、妙高三田原山~火打山へスキーに行ってきた。

今回のコースタイム(4人)
10:00杉の原高原スキー場~10:50リフトトップ~13:30三田原山頂~15:30高野池ヒュッテ
5:00起床~7:00出発~9:00火打山頂~11:00高野池ヒュッテ~休憩45~13:45三田原山頂~15:30駐車場

早朝に都内を出発、毎度の関越道の事故渋滞もあり、予定より1時間ほど遅くにスキー場のゴンドラに乗り込む。
地形図には記載の無いリフトを降りた1850m地点からは先行者のトレースがはっきりと残っていた。
曇り空で全然景色も見えない中を汗だくになりながら登って行くのだけれども、久し振りで今シーズン初のスキーなので楽しい。
高野池ヒュッテへ行く人は他にもいるのだろうかと思っていたのだけれども、しっかりとトレースがあるので迷うことなく進めた。
三田原山頂からは尾根伝いでは無く、そのままルンゼを黒沢池方面へとドロップしていく感じだった。
黒沢池ヒュッテのある湿原まで滑り降りた頃に青空が見えるようになり気持ちが弾む、やっぱり晴れていると気持ち良い。
20160312mitahi01

ここからの先行者のトレースは地図の登山道を辿るように尾根伝いに進んでいたので大きな登り返しも無く、ここを良く知っている人なのかなと言う印象。
高野池ヒュッテへ着くと既に沢山のスキー板やボードが並んでいて小屋の人気に驚いてしまった。
我々も含めて21人、シーズンだからか予想以上に人が来る場所だったのだなと。
20160312mitahi02

3Fの冬季小屋に入ると既に先行パーティーが宴会中で、空腹をくすぐる美味しそうな匂いが漂っている。
そんな中をせっせと水を作るところからスタートし、それから漸く我々もIさんのすき焼きで快適に宴会へ突入となりました。
小屋の夜は暖かく、用心して持ってきた防寒装備では暑さに目を覚ますほどだった。

翌朝は小屋の外へ出てみると無風快晴、でもうテンションあげあげ!
20160312mitahi03

少し気温が上がり始めてからにしようと、ゆっくり準備をしてから火打山へ向けてシール歩行を開始。
途中のカリカリ斜面のトラバースではクトーを車に置いてきたことを後悔しつつも、えっちらおっちらと順調に進んでいった。
最後の登りが始まる前にアイゼンへ切り替えて板を担ぐとカリカリの斜面も気にせずに登れて快適だった。
そうして辿り着いた山頂は、冷たい空気が吹き抜けて体温を奪われていくものの360度の景色が待っていた。
にしても焼山、煙吐き過ぎじゃないですかね。
20160312mitahi04

あ、そうそう、これで100名山コレクションも1つ増えたのでした♪

下りは快適なバーンをシューっと滑り降りて。
と言いたいところだけれども実際にはカリカリだったり厚めのモナカだったりで、自分の実力では中々コントロール出来なかったのだけど。
20160312mitahi05

何度か転がりつつも雪との戯れを楽しみつつ高野池ヒュッテへ帰着したのだった。
一休みして荷物を纏めたら、昨日来た道でスキー場まで引き返すことにした。
他にも同じルートで帰って先行行くパーティーがいたので今日もトレースを利用させて頂いてしまった。
三田原山からの下りは良いバーンもあり、最後のルンゼ横断も上手い具合に抜けることが出来てスキー場まで楽しく滑れた。
もちろん背中の荷物に振られつつモナカ雪に足を取られつつ雪と戯れつつ。
スキー場の圧雪ゾーンは何も考えずに飛ばせるので、三田原スキー場と杉の原スキー場の分岐だけ間違えないように気を付けつつすぐに車まで戻ってきた。

去年のGW以来のスキーで、真っ白な山々と青空に快適な小屋と美味しいご飯とを満喫した週末でした。
ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーに山スキー 万歳

フリーも超凄いし、雪山、山スキーもできるし、山岳会でかなり鍛え上げていますね。尊敬します。写真ありがとうございました。次回はクラッククライミングの記事も宜しくお願い致します。

Re: フリーに山スキー 万歳

ありがとうございます。やることが多過ぎてどれもこれも下手の横好きですが、緩く広く山を楽しんでいます。そろそろフリーにも良い季節になってきましたね。
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR