シルバーウィークの静かな岩場

1週間前、F氏より開拓の岩場へ行かない?との連絡があり3人で行くことになった。
5連休だけれどもフルに使わず土曜日からの3日間。

金曜日の夜に出発したけれど、久し振りの晴れた週末がシルバーウィークの連休と云うことでか駐車場は未曽有の大混雑。
もし溢れて路上駐車している車の全てに駐禁切符を切ったら県警には苦情が1万件くらい殺到するに違いない。

明るくなってから出発、曇り空の下をガレガレの沢筋を歩いていき、滝の脇を2回ほどロープを出して幕場へ到着。
途中からガスに包まれ霧雨状態が続いていたので本日の登攀は中止して早い時間からふて宴会とする。
翌日も昼過ぎまでこんな状態だったら中止かなと話しつつ早めに就寝。

翌日にはガスもだいたい消えていて予報通りに晴れそう。
まだ壁は濡れている箇所も多そうな気もしつつ、明るくなると同時くらいに行動を開始。

1ピッチ目フォロー、濡れている場所を避け快適なビレイポイントまで。ボールナッツの青が決まっているのを始めて見た。
2ピッチ目トップ、ちょっとしたボルダー的ムーブの後は快適に、ロープの流れが悪くなる前にビレイ。
今度はビレイポイントに自分でボールナッツの青をバチ効きさせることになってちょっと嬉しかったり。
3ピッチ目フォロー、核心の手前まで残置の錆リングを無視して伸ばしてビレイ。
4ピッチ目フォロー、プロテクションもムーブもトップじゃ無理。明らかに危険な浮石を避けつつアルパインの腕を試されるようなピッチ。
5ピッチ目フォロー、真っ直ぐ快適に、方向が変わる手前まで。
6ピッチ目トップ、快適に見えたのは出だしだけでプロテクションはプアで途中からボロボロのポテチ岩。安心の灌木の上まで伸ばして支点作りに苦労。
7ピッチ目フォロー、ほぼ歩き的で戻ってくる予定だったのでロープは上部の灌木とでFIX。
8ピッチ目?それぞれ、ちょっぴり突き出した岩の頭がピークだったので交代で上に立って終了。
下降はいろいろと支点工作をしつつ思ったより素直に取付まで。
核心
20150919freeka1

まだ明るい時間に幕場までもどったけれど、お酒は昨日で殆ど消費してしまっていたので気持ちばかりの祝杯。

翌日は下山のみだけれども道は良くないので慎重に。
懸垂下降地点の支点を補強したりしつつ午前中に下山することが出来た。

帰り道は渋滞が始まる前にと急いだものの、やはりそこそこ渋滞に巻き込まれて暗くなる時分に帰宅。
今回はピークまでチーム全員がオールフリーで登ることが出来て本当にすっきりした気分。
詳しい記録はそのうち忘れたころにどこかで。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR