弁天岩とリアス式エリアへ

13、14日は瑞牆に籠って、と思ったら梅雨入りで予想通りに微妙な予報。

13日は弁天岩へ行った。
不動沢の登山道を延々と、歩荷と初夏の気持ち良い登山を楽しみ、大量の汗を流しながら弁天岩へ到着。
前回にTRで触って登れそうな感触があったルーパークラックから岩の上を目指してみることにする。
無事にRPしてからそのまま上部へマルチで登って行く(ここはフォロー)。
いろいろと出来るチムニー(体感5.8無いくらい)を登りノーピンのカンテを登り頂上へ。
やっぱり岩の頂上へ出ると景色が広がり気持ち良く、瑞牆の森と岩を堪能する。
ここから斜め懸垂と灌木掴みの下降と歩きで風穴ピナクルまで進む。
風穴クラックを触ろうと思っていたけれど難しそうな気配だったので、菊之助を先に触ってみると。
こちらもなかなか面白いけれど手強いやつで、つまるところテンション~~と言っていた。
あ~あ、TRで解決したけれど宿題となってしまった。
下降は少し灌木帯を降りて、ベル・ボトムの上辺りから灌木で懸垂下降。
片付けて引き上げると予想通りのヘッデン下山で不動沢の駐車場へ戻ってきた。
また今度、菊之助で遊ぶぞ~!
20150613benten1

14日はリアス式エリアへ。
面白いと評判のジャイアント・ジャム・サンドを登ってみた。
いろいろ工夫するとハンドジャムがバチ効きになるのでなかなか面白い。
最後は男性サイズのフィストジャムなので手の小さい女性は苦労するかも。
初心者のリードにはガタガタしている部分がプロテクションセットには気を使うか。
海豹はプロテクションが色々なサイズがあるのにムーブはワイドとなり、休み休み考えて登れて見た目以上に良かった。
それからIクラックへ行ってみたけれど、下部が濡れている感じだったので躊躇してしまい、何故か探検放浪へ出てみる。
斜面を登りながら、ふと横を見ると綺麗なクラックが目に入ったので思わず急いで近づいてみる。
それは明らかに多くの人に登られていて、良く見ると終了点まで整備してあった。
開拓中と聞いているエリアとも全然違うしトポにも載っていないけれど面白そう。
見た感じでは10台を出ることは無いだろうと思えたのでちょっと緊張しつつ取り付いてみた。
ワイド~ハンド~フィスト~更にやや広く~一歩トラバースして終了点まで。
トポ無しなので無駄なくらい緊張しながら奮闘してOS成功~♪
手が大きい方が有利な10-くらいの好ルートだった。
何て名前のルートなのかな?
20150614okujigoku1

少し早めだったけれど満足して下山。

やっぱり瑞牆は奥が深い!
何とか2日間を雨に降られず色々登れて楽しめました、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR