2015瑞牆シーズンIN!?

3月28日は谷川岳の東尾根を予定していたのだが、規制期間に入ってしまい中止に。
二転三転あったものの、ジャムセッションでそろそろ瑞牆は登れると聞いてシーズン最初の花崗岩へ行ってみた。
天気予報は春の陽気と言っているのでマルチ日和を期待し、十一面末端壁の調和の幻想へ。

林道のゲートはまだ閉鎖されているので20分ほどの歩きを追加しつつ、幾何かの雪と氷が残るアプローチをこなして十一面末端壁へ到着。
朝は期待していた青空は広がっておらず、準備をしてから高曇りの下の冷蔵された割れ目の中へ。
今回は2回目なので前回とオーダーを変えてトップは逆のピッチを担当、今回お初のFJ氏が間に入る形の3人態勢。

1ピッチ目フォロー
慣れたピッチではあるけれどシーズン初めだし岩は冷たいしと緊張を交えつつワイドから入る。
20150328chouwa1

2ピッチ目トップ
オフィズスサイズからスタート、フィンガーとスラブ登りでスモールカムを使い、どん突き手前から左へ大きく回り込み、上の灌木まで。

3ピッチ目フォロー
下部はガバ、核心はスモールカムからリングボルトで右へトラバースし、上部へ抜けるフェイスムーブで短めのピッチ。
20150328chouwa3

4ピッチ目トップ
自分の中では核心のピッチ。
木登りからスラブへ入り、リングボルトから上がるのが怖い。
右側のクラックへカムを決めて支点を伸ばしてから花崗岩のポケットとフリクションで抜ける、
クラックをたどり、最後は左手へ出ると灌木がありビレイ。20150328chouwa4

5ピッチ目フォロー
ハイライト的な気持ちの良いワイドのピッチ。
キャメ6と旅をし、被りの前で左に走るクラックも使い、快適なオフィズスからフェイスを辿り終了点へ。
20150328chouwa5
20150328chouwa6
終了点より1段上がり、岩の終わりを感じるところで今回の終了点とする。
11時からノンビリ登り16時までで丁度良く遊べた。

下降は4ピッチ目の終了点まで50mロープで1回懸垂下降。
灌木の支点から少し末端壁のメイン側へ振れる方向へ降りると40mを越えるところにステンレスボルトがある。
ここから風鈴ルートの取付まで、計3ピッチの懸垂下降で下りることができる。

2ピッチ目以降は太陽が姿を見せ、春の陽気の中を貸し切りで登ることが出来た。
花崗岩の季節到来を感じる楽しい1日でした。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR