雲見の海金剛へ

3月21~22日は伊豆の雲見にある海金剛へ行ってきた。

21日はトポで大体の位置を確認しながら弱点を突いて登ってみた。
スーパーレインの左隣にある凹角よりスタート(ネイビーブルーに抱かれてのオリジナル1ピッチ目)
1ピッチ目フォロー
樹林の脇から、カムよりボールナッツやトライカムが効く凹角を登って灌木でビレイ。
20150321umikonngou01
2ピッチ目トップ
木登りを交えつつ左手の中央稜を乗り越したところでビレイ。
3ピッチ目フォロー
樹林を交えつつ左上する感じでロープを伸ばす(この辺りからHARUNA LINEオリジナル?)
4ピッチ目トップ
信用しきれないフレークにジャムを決めつつ右上していくと下部城塞の下へ出た。
20150321umikonngou02
5ピッチ目フォロー
スーパーレインに合流してハンドの効くワイドを登る。
6ピッチ目トップ
スーパーレインの最終ピッチを登って終了。
20150321umikonngou03

前のパーティーに続いて懸垂下降4回で下まで。
夕食は教えて貰った「さくら」であじまご定食\1500を注文。
お米を1回ずつミニお釜で炊いているらしく少し待つがアジのたたき?はボリュームがあるしところてんはお代わり自由。
美味しくてボリュームがあっていい。


23日はスーパートリトンへ
先にgaruさんutoさんパーティーが入っていたので後を追う感じで登った。

(※トポとはピッチの切り方が違うので今回のピッチで記載)
アプローチ
記録の通りに見かけより悪いボロボロの斜面を登る。
支点もあまり取れないけれどロープを出す方が無難だと思う。
なるべくカンテ上を登るようにした方が岩が固くて良かった印象。
スーパートリトンの取付にはステンレスのボルトが2本あるので分かりやすい(前の2人がいるとこ)。
20150322toriton01

1ピッチ目フォロー
トラバースルートはロープの流れが悪いらしく戻ったりと苦労していたので我々は直上ルートを選択。
ボロい部分もあるので場所を選んでカムを決めていけばホールドもスタンスも続いている。
20150322toriton02
窮屈な岩の下を乗り込んだ先は悪い草付!?と思ったが細い灌木を頼りに木登りで上がっていくことになる。
どん尽きの岩小屋にある灌木でピッチを切る、はずなのだが。
のーるは綺麗なクラックが伸びているから登りたくなったそうで、
ロープの流れの悪さと格闘しながらダブルクラックの先にある灌木までピッチを伸ばしていた。
50mロープが残り3mくらい、ここまで伸ばすんだwww
先行パーティーを追い越してしまったのでダブルクラックの上で通過待ち。
20150322toriton03

2ピッチ目トップ
快適なクラックを繋いで緩傾斜スラブの灌木帯に入り、
左前方に見えている顕著な逆九の字クラックの下の灌木までロープを伸ばしてビレイ。
途中の灌木に残置の終了点があったが、1ピッチ目を伸ばし過ぎのため直ぐに出てきたのでスルーした。

3ピッチ目トップ
技術的な核心とされる逆くの字クラック。
下部をそのまま登り、九の字の始まりにカムをセットして、フィンガークラックから核心へ。
何とかノーテンで1撃したけれど、これでトポの10aは辛いと思う。
マルチの中で出てくるのだし、体感的には10ノーマルくらいはあるのではと感じた。
しかしカムはしっかり決まり安心して登れる固い岩なので楽しい。
核心部分はフェイスのスタンスは無いのでフェイス登りは難しいと思う。
抜けると直ぐにステンレスボルトがあるのでここでビレイ。
20150322toriton04

4ピッチ目フォロー
右手に見える顕著なクラックを段々に登っていく。
最初の乗り越しは少々被りを喰らうので、落ち着いて外のスタンスを求めて行くと登りやすい。
最初の段にあるRCCボルトを越えて白く錆びたペツルのアルミハンガーまで。
このボルトは信用できないのでスモールカムでしっかりとした支点を作成していた。
20150322toriton05

5ピッチ目トップ
凹角の抜け口にある浮いていそうな岩に気を付けて乗り越し、クラックを追いかけて左上していく。
しっかりした灌木が出てきたらここでビレイ。
岩は固いが浮いているものがあるので注意しながら登るピッチ。

6ピッチ目フォロー
灌木の目の前に伸びる広めのクラックを追いかけていくと上部城塞でスーパーレインと合流する。
確かに難しくは無いけれどフォローが回収するカムがどこにも無かった。
ランナウトっていうより最後までランナー無しで伸ばすんだw
20150322toriton06

この先はスーパーレインの最終ピッチとなり、昨日も登ったのでパスして下降することにした。
一応確保しながらすぐ下までクライムダウンするとグージョンタイプのステンレスボルトの下降点があった。
(下降点から上部城塞を見上げる)
20150322toriton07

ここから先人クラックの取付のところまで降りるとまたステンレスボルトの下降支点。
20150322toriton08

先人クラック下からは50mロープ一杯でスーパーレイン1ピッチ目上の灌木帯へ下りれる。
そして残り1ピッチでロープが引っ掛かることも無く地上へ降り立つことが出来る。
あとはクライミングシューズのままペタペタと歩いて尾根を越えてトリトンの下まで戻る。


マルチピッチルート図集の写真にあるTORITONとは核心くらいしかラインは重ならなかった。
帰りの運転は東名高速の事故渋滞もあり眠くて辛かった。。。
2日間とても楽しく岩と青い海の景色を満喫できた。
それにしてもシークリフって最高!
ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR