今週も西上州の氷(相沢奥壁・立岩3ル)へ

2月31日~2月1日は先週に続き西上州でアイスクライミング。

31日は相沢の氷柱へ。
FF車だとチェーンを装着しても手前までしか入れないので手前に駐車して歩く。
相沢の登山道入り口で観音様にバッタリ、氷情報ありがとうございます。

登山道に入り1時間弱くらいで「登山口30分、荒船山70分」の標識より踏み跡が続いていた。
沢地形を横切って尾根に乗り、尾根を登って行くと稜線が岩に阻まれるような地形になる。
ここから水平にトラバースしていくと相沢奥壁の氷瀑群に到着。
手前の大氷柱は3人パーティーが登っていたので一先ず荷物を置いて奥のエイプリルフールを見学しに行ってみる。
右側は2パーティー5人、奥は6人くらいのパーティーが見えた。

お目当ての氷柱を登っていた3名の方がそれぞれリードで登り終え、垂直なラインにトップロープを移して下さったのでこちらも登り易そうなラインを各自リードで登る。
左手にある灌木までは50m、奥の灌木まで登ると60mロープでギリギリの長さがあって良い感じに疲れる。
後はトップロープを張って垂直な氷を登って遊んで終了。
やっぱりスケールのある滝はいいな~
20150131aizawa1

今回は夜も朝も顔見知りに遭遇したりして、アイスクライミングは狭い世界だとつくづく思うのだった。

2月1日は立岩3ルンゼを目指してみることに。
1ルンゼはすぐに分かったものの、せっかく観音様に頂いた資料をしっかり読んでいなかったことが最大の敗因となり3ルンゼを見つけられずに彷徨ってしまった。
沢を詰めていくと綺麗な落ち葉の溜まったポカポカと日当たりの良いルンゼになってしまったりするし。
そのまま尾根をトラバースして隣の沢筋へ入り、謎の氷を1ピッチだけ登った先にはまた何も無かったりと迷い続ける。

最後にもう一度探しに行こうと探検した結果、やっと3ルンゼを発見することが出来た。
分かってしまえば簡単だが、3ルンゼの3って何を基準に決めたんだ??
取りあえずF1は登れるようだが時間は2時半近く。
各自1回ずつ登ってタイムアウトと云うことで本日は終了。

お目当てのルートは入口のみで終わってしまったが、いろいろあって楽しかった。
F1より上へのリベンジはまた今度だね、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR