お初!西上州の氷~昇天の氷柱と神津牧場

1月24日と25日は初めて西上州のアイスクライミングエリアへ行ってみた。

朝は普通に出発したら冬の関越道の渋滞にハマり、事故車を横目にのろのろと移動することに。
下仁田ICで降りて国道を走り、内山峠のトンネルを出てすぐの左側へ入る道へチェーンを装着して突入。
薄く積もった雪道を上がると程なく荒船山登山口へ到着。
登山道を小一時間歩いてトラバース場所を探し迷いつつ荒船山の直下まで行き、岩の基部を左へ巻いて暫く歩くと氷が見つかった。
20150124shouten1
準備を終えた時には13時を回ってしまい、大丈夫かな~と不安を残しつつスタート。

1ピッチ目フォロー
下部の氷を登るとチョックストーンに阻まれ、下を潜ることも出来ず乗り越えるのも無理で行きつ戻りつしてルーファイをしていた。
今回は左側のチムニーを泥臭く、と云うか本当に泥を被りつつ奮闘的に登り、灌木帯の上まで登って立木でビレイ。

2ピッチ目フォロー
傾斜の緩くなった氷を登って行くと岩壁に挟まれた先にバーティカルな氷が見えてくる。
枯れて朽ちた切り株が意外としっかりしていて残置もありビレイポイントに使える。
20150124shouten2

3ピッチ目トップ
今回は氷の状態が良いらしく、側壁にステンレスボルトがあるがスクリューだけでしっかりと支点が取れる。
ステミングやいろいろな足を使って落ち着いて周りを見て登れば問題無いし楽しい。
終了点にはペツルのステンレスオールアンカーが2つ、しっかりと整備してあった。
20150124shouten3

4ピッチ目トップ
傘氷が名物らしいが今回はそれを避けて右側を階段状に登っていけそう。
上へ抜ける最終ピッチで登り易そうで美味しいところ♪、と思ったら見かけより奮闘して楽しかった。
落ち口を抜け、雪の付いた緩傾斜を登った先にある灌木でビレイ。
20150124shouten4

タイムアウトが心配で最初からヘルメットにはヘッデンを装着して登っていたのだが、まだ明るい16:40に無事完登できた。
せっかくなので上に抜けて、東屋の先の展望が良い開けた場所まで歩くと浅間山が薄く煙を上げているのが見えた。
20150124shouten5

荒船山の下部から走るルンゼを氷を登って上まで繋いでピークに出ることが出来、振り返れば景色も良く、4ピッチ全部が変化に富んでいて楽しめる本当に秀逸なルートだった。


日曜日はゆっくりスタートで神津牧場へ向かってみることにした。

世界のM田さんに教えて頂いたのとネットで見た情報とを途切れ途切れに繋ぐ感じで、アイスクライマーのものらしき車が駐車してある場所へ辿り着いた。
牧場を通り過ぎて道なりに少し下った先の道路脇から沢へ降りるポイントがある。
倒木に木製の立札がある脇を通り、踏み跡を辿って20分ほどで沢に降り立つ。
迷ってウロウロし、結局は上流の氷を登っていた方からアパッチやらの場所を聞いてみた。
そのパーティーが登っていたのは予想通り入門砦で、インディアンサマー広場は下のハッキリしない枝沢ルンゼの上流だとか。

戻って確認すると言われた通りにトレースがあり、見逃していたことが分かった。。。
漸く辿り着いたアパッチ(向かって右の氷)とシャイアン(向かって左の氷)にはTRが張ってあり賑わっていた。
時間差で到着したのが功を奏し?、我々が登るときには彼らが休憩に入るところになった。
20150125koidu1

リードでシャイアンの右側を登ろうかと思ったのだが、上部の抜け口辺りの氷が細くスクリューを決めるのに少々心もとない感じがあり、結局左へトラバースする感じでTO。
のーるがリードしてからフォロー回収して右側へ回り込み、アパッチの左側の氷柱に真っ直ぐTRをセット。
後はアパッチの氷柱ど真ん中をTRで登って遊んで、16時に撤収。

帰りがけに神津牧場のシュークリームとヨーグルトを購入してから荒船の湯へ。
丁度装置の具合が悪かったらしく、お湯がぬるくなってしまっていてあまり温まれなかったが(^_^;)
下仁田の定番らしいかつ丼は閉店敗退したので代わりに探した日昇軒でご飯。
名前は中華か定食屋っぽく、店の外観は床屋っぽく、中に入ると普通の小奇麗な洋食屋っぽく、
食べてみると美味しくリーズナブルで雰囲気の良いお店だった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR