みるみる冬に変わったウメコバ沢

12月13~14日は足尾のウメコバ沢へ。
早朝に銅親水公園を出発したときには青空が広がり雪も全く無い穏やかな冬の日だった。
松木沢渓谷沿いの道をテクテク歩くと聳え立つガレガレの岩稜が迎えてくれる。
20141213umekoba1

1時間半ほどだかを歩くと広場に昭和の産業遺産と思われる動かないブルドーザーがあり、ここにベースを設営。
また歩いてウメコバ沢の文字が壁にある対岸の顕著なゴルジュまで30分くらい。
滝の脇にある嫌らしいベルグラの張るアプローチをFIXロープ便りに登って岩場の下部へ。

「足尾讃歌」のトポを頼りに最初はチコちゃんるーとを登ってみようと取り付いてみた。
岩には全く雪も無く、ダブルバイルとアイゼンよりクライミングシューズを持って来れば良かった感じ。
がしかし、のーるトップで1ピッチ目を登り始めるとすぐ、泣き出しそうに薄暗く変化していた空からチラホラと白い冬が舞い降りてきた。
まによん、りーさんと順にリードしていくうちに辺りは真白く、雪は風に煽られ横に走り上に吹き上がりすっかり冬壁の様相。
20141213umekoba2

更には4ピッチ登ったところで垂壁が目の前に出てきて、明らかにチコちゃんルートで無いことが分かった。
これは登るとタイムアウトするだろうとの判断に撤退を決定。
ここには都合よくしっかりした残置があり、右手へ降りて行くとルンゼに入り灌木を利用して3ピッチで下降することが出来た。
そして取付に着いたときにはもうヘッデンが必要となっていた。
しかし、今回登ったルートは一体どこだったのだろうか?
ま、面白ければそれで良しw

下降前にはちょうどウメコバ沢の大滝が見えたが、まだアイスとしては登れない状態のようだった。
もう少しかな。
20141213umekoba3

翌日は冬型が強まり荒れるとの予報だったのでしっかり朝寝坊とする。
が、目を覚ますと雪は降っていなかったのでどこか少し登ってこうかと決定。
ウメコバ沢のアプローチも面倒なので入口手前の左側にある簡単そうなルンゼを適当に登ってみた。
夏にはボロボロで浸み出しで、と予想されるルンゼも冬には凍り付いているので比較的固い。
2ピッチ登ったところで灌木を使って懸垂下降で戻った。
凍ったクラックには滑ると怖いカムよりトライカムの方が安心感があるな。

この予報で行くんかと思ったけれど結果的には冬壁の始まる足尾を楽しめた。
刻々とコンディションの変わる壁を登って行くのも良い経験になったし。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR