名残惜しい花崗岩

小川山シーズンも終わりに近づき、廻り目平の人口は減り、来ているのはボルダラーが多い模様。
カサカサと音を立てる落ち葉を踏みながら小一時間歩いて砦岩前衛壁へ到着。

先ずはばんざいジャムで、今回もまたアップにしては本気が入るルートから登る。
前回の砦岩は雨の後の湿気と暑さでヌメリまくりやられまくったのだけど、
今回は少々の湿気を感じるものの秋のコンディションでジャムもしっかり効く。
素晴らしいフリクションのおかげでハアハア言いながらも無事に再登できた。
上部のカムは大型より奥に少し小さいサイズを決める方が良いのかもしれない。

お次は以前にコテンパテンにやられてムーブも解決していなかったはさみ虫にトライ。
YOUTUBEで見た映像よりワイド登りが有効ではないかと話し合っていたので試してみることにした。
するとモゾモゾと登るうちにハンドが決まる場所に到達し、予想外にあっさりとRPできてしまった。
セットが悪いと思っていた部分のカムもスモールサイズがしっかりセット出来るし登りやすい。
ワイドムーブで登ることができるとこんなにも違うものなのかと、目から鱗な気分。
ムーブ解決するだけでここまで違うものかと、面白いものだ。
20141108toride01

今回の目標ルートは終わったので酒乱はまた次回としてはさみ虫をも1回TRで登ってばんざいジャムをもう1回登って終了。
シーズン最後の花崗岩を楽しんで夕暮れ後に下山。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR