FC2ブログ

play20180529

今週はジムへ行けるのが今日のみっぽい。
またこのパターンか。
また緑色を食い散らかして軒並み敗退して。
Nzwボーイとプラトーになると全く進歩を感じなくなるよね等と話しつつ。
体重の重さと体幹の無さと持久力の無さを感じつつヨレて撤収。
スポンサーサイト

play20180524

ノザンデーなので腰が痛いけどちょっとだけ寄り道。
入念にストレッチしてアップしてから火曜日の宿題だった緑色にトライ。
少しずつ修正していきRP出来るのは嬉しい。
ジムに来れて無くて、体重も少しばかり増えてて、言い訳なら沢山あるけれど。
秋に向けて頑張るつもりでいこう。

play20180522

連休明けからの残業天国が一休みしたのでノー残業デーじゃないけどジム。
緑を片端から食い散らかして全て敗退。
最近どんどん強くなってきたN氏が来て一緒の課題をトライするも進展無し。
体幹が弱いか、被りで振られる課題が全然止められない。
一番登れそうな垂壁系のやつを、次回は何とかしよう。
それから被りのやつを延々とやるかなぁ。

play20180518

ジムはもう1ヶ月ぶり、、、
ここのジムの会員で高くつくってどんだけ登れて無いんだ。
土日とも出勤で12連勤して、ちまちま残業して、仕事で動き回って疲れて直帰してばかり。
あ~インディアンクリークに戻りたい。
ケーブがリニューアルされていたけど、黄色までは登れて緑色はいつも通り敗退。
持久力が落ちているようで1時間も散発的に登り続けていたら最後は黄色も登れなくなり引き上げ。

お初インディアンクリーク2018GW

2018年のGW、初めての海外遠征でインディアンクリークへ行って来たのでボチボチ記録を纏めておこう。

事の発端は去年の11月。
インディアンクリークへ行く話になったので一緒に行こうと連絡が来た。
翌日に会社でそれとなく話を振ったところ好意的な反応が返ってきたので、行けるなら行こう。
その日の夜にのーるからメールで転送されてきたeTicketを見て、良く理解できないけどUnited Airlinesのサイトから同じ便に予約を入れて支払まで完了。

メモ
・国際免許を取得してから住所変更があっても国内免許が手続きしてあれば国際免許を再取得しないで大丈夫と窓口で言われた
・eTicketで入力ミスをしたらUnited Airlinesの国内窓口へ電話して事情を伝えたら早急に対応して貰えた
・海外でのクライミングはセブンエーくらい?、値段は安く無いけれど安心のために一応入っておいた\14170
・スマホ端末がAT&Tの周波数に対応していた(3G全部とLTEの一部)のでH2OのSIMでアメリカ到着したその時から快適にネット接続
・2枚目のクレジットカードを楽天にしたので利用付帯のため成田エクスプレス乗車券をカードで購入した
・日本円を\5000換金して$44持ち歩いたけれど現地ではほぼクレジットを使ったので不要なくらいだった

往路は成田~デンバー、復路はデンバー~シカゴ、シカゴ~羽田

少々無理して代休と有給カードを使っているので26日(木)の14:00に成田空港第一ターミナル集合、17:00発の便で出発。
チェックインして荷物を預けてセキュリティチェックして中に入って、余った時間を少しプラプラしていたらすぐ搭乗時間だった。
飛行機の席は他の3人と離れていたので日本語の分かる人は周りに誰もいないけど通路側で良かった。

デンバーへ着いたら入国審査を受けて、何を言っているか良く聞き取れなかったけれど目的地を聞かれたようなのでMoabと答えたら他に質問もされずに通過。
無事に全員の荷物が出てきたので、ぐっさんの予約してくれたレンタカー屋Alamoまでシャトルバスで移動。
保険等の追加があり手続きを終え、あっちの隅にある車と言われたところへ行くと2台あって、迷ったけれど結局はどちらでも好きなのを選んで良かったらしい。
借りたのはフルサイズのSUVだったので、2t車かってくらいの馬鹿でかい車に乗り込みやっと出発。

ハイウェイに乗り、どこまでも真っ直ぐな道や風景にワクワクしながら西へ。
ロッキー山脈を越え、途中でトイレ休憩に寄ったGSでも物珍しくワイワイ言いながら本日の宿があるGlenwood Springsへ到着。
8時近くまでずっと明るいので時間感覚が狂うけど、遅くなっていたので散策もほどほどに地球の歩き方に載っていたグレンウッドキャニオン・ブリューイングカンパニーで食事。
クラフトビールも食事もとっても美味しかったのだけど、熊さんはアメリカで美味しいのは初めてと言っていた。
indiancreek-01

宿でバイキング形式の朝食を食べたらすぐにデンバーへ向けて出発。
デンバーへ着いたらGearHeadsで80mロープとトポを購入。
indiancreek-02

そして早速インディアンクリークでも最もメジャーなSupercrack Buttressへ。
indiancreek-03
赤い砂漠の中に並ぶ岩には無数のクラックが走っていて、その大きさに圧倒されてしまう。

お目当てのSupercrackは登っている人たちがいたので同じく星4つのThe Incredible Hand Crackへ。
先に触ったのーるからバチ効きハンドの好きなサイズだよと聞いて、教えて貰ったカムでスタート。
核心は青キャメが決まっていたので広めかな?と思ったらアメリカ男性サイズに近くて少し焦った。
無事に一撃。あくまでもハンドばかりが100フィート(30m)続く、名前の通り信じられない心地良いクラックだった。
indiancreek-04
初日から飛ばすのもな~と物色したら入門的な短いTwinCracksが手頃そうだったので気持ち良く一撃。
グレードより登りやすく感じたのでアップに良さそう。

The Lazy Lizard Hostelのバンガローへチェックインしたときには暗くなり始めていた。
indiancreek-05
それからご飯を食べに出たものの、店は満員か閉店後かばかりで結局マクドナルドに行きつく。
ハンバーガーは日本と違いが無いくらいでポテトは多め、飲み物は甘いのか甘いのか甘いのかの選択。。。
お変わり自由なので飲み物にサイズがある理由が無い気がする。

2日目


プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR