荻064

とうとう仕事の大波が到達してきた。。。
残業が増えるのを楽しそうにしている人とかって価値観が違い過ぎるとひしひしと。

帰り道に寄り易いジムはありがたいけれど、職場関係っぽいグループとか、秋P化してきたような感じ。
登れる壁と課題が少ないので見かけ以上にすぐキャパオーバーになるからなぁ。
到着時間も遅かったので、隙を見て空いている壁をちょこちょこと触って終了。
スポンサーサイト

荻063

2週間ぶりに荻パン。
リニューアルされた壁があったのでつい連続で登って早々に枯渇。
マイルドだったので白色までは1撃だったけれど水色は敗退。
見知った顔が多いと思ったらノリオ君の最終日だかららしい。
今日行けて良かった。
またすぐ何処かのジムで会いそうだけど、お疲れ様でした!

秋006

PUMP東京の2F被り壁がリニューアルされたと聞いて早速訪問。
本当は3Fも全面リニューアルされたのだけれど、混雑していそうだったので2Fの方で遊んだ(3Fは実際に混んでた)。
赤色と右側の紺色はとてもラブリーでアップに良い感じ(右側は得手不得手が出やすいようだけど)。
左へ抜ける赤ホールドの紺色は苦手の傾斜に苦手のホールド、きっちり弾き返されてしまった。
いいじゃない、苦手パートの良いトレーニングになるから何度でもトライしちゃる。。。
後は前回にリニューアルされた壁にある、登れそうで登れないピンクホールドのや対面の黒色ホールドので遊んで終了。
奥にひっそり追加されていた連続緑ホールドの赤色は、見たまんま癖有り赤色シリーズのやつ。
こいつはきっちりやっつけてやった。

蛇岩の宿題回収と熊岩

6月26日は日帰りで瑞牆へ。
浸み出しの無さそうな岩はどこだろうか、と考えて何となくアプローチも良い蛇岩へ行ってみた。
不動沢への林道は相変わらず酷い水溜りで、だんだんと深くなってきている。
林道の途中までは業者さんにより整地されたのだけど、ここまでやってくれないかな。
雨の日にでも土嚢を買ってきて埋めたいところだけど、そんなことする仲間は見つからないだろうか。

少々すったもんだがあって朝からバタバタしてしまったので近い岩場で良かった。
右上ルートのフォロー回収をアップにしてから、宿題のまま少し温めてしまっていた蛇シリーズの左10dにトライ。
肩の脂肪腫摘出で少し間が空いていたけれど、岩は乾いていたしムーブは覚えていたので無事にRP
分かってしまえば難しくは無い、と思いつつハアハア息をしながらだったけれど。
もう1回TRでおさらいをしてから熊岩へ移動。

こちらは濡れているかもと思ったのだけれども、濡れていることが多いと書かれている右側のワイドも乾いていた。
左側のワイドを無事にOSしてから右側はTRで触らせてもらった。
同じグレードのワイドだけれども、岩に求められる動きは全く違って個性的なのがまた自然の妙と言うか、面白い。
心配していた浸み出しの影響も受けずに岩と戯れた1日、ありがとうございました。

熊岩の上から見た瑞牆本峰方面
20160626kuma1

パンツー010

朝まで雨予報のため岩は乾かないだろうと、やっぱりパンプ2へ。
思ったより混雑していなかったものの、開店直後は湿度と暑さで夏を感じる。
アップで一反木綿壁のBW11aを触ったらヌメリだか何だかでテンパってしまった。
奥壁の紫色を触れば今回もクリップが怖くて敗退x2
ヌメリとかもあるのだろうけれど、とにかく被りに弱い。
被りのあるホームにできるジムが欲しい。
気付くと混雑していたのもありボルダーをやって終了。
前回にダメだと思った白色が1つ登れてちょっと嬉しい。

ジャムセッション20160622

ジャムセッションで室井さんのトークショーがあったので行ってきた。

クライミングの歴史から始まり、室井さんの登りのスタイルと言うか生き方について話して下さった。
歴史のことは今はまだ知らない人でも、クライミングを続けていると必ずどこかでまた出会う物語。
産まれる前から続いている不動沢のクライミング文化への室井さんの思い入れ。
例の練り消しとか、瑞牆に籠っていた時のこと、裏話的なものから自身のスタイルとそれに向かう気持ち等々。
岩を登る人ことが好きな人たちが、レジェンドから多くのものを感じ取っていた時間だった。

今日から3日間で壁を全面リニューアル中で、セッターが室井さんと大西さん。
国分寺ビーパンプ以来と言うコンビで期待せずにはいられないね。

流行りのアスレチックな 「ボルダー」 へと舵を切るジムが増えている中で、
文化としてのクライミングを感じ、岩が好きな人たちが集う時間を作って下さったことに感謝。

品ロキ002

帰宅が遅くなるのは大変なんだけど、また品ロキへ。

まだ2回目なので課題の目新しさもあり、着いたらすぐにあっちこっちへと手を出してゲージがみるみる減って行く。
この感じは嫌いじゃないけどね。
ジャンプスタートの紫色はスタートできず、動きが分からないのはどうしたら良いものか。
緑色のお買い得は幾つか登れるけれど、この辺りが壁になっているのでこの辺りを中心にトライした。
奥の被り壁で遊んだらどんどん売り切れて終了。

秋005

やっぱり月曜日でも秋パンは結構な混雑だった。
今日はリニューアルされた薄被りの壁がセッション状態になっていたので、その中に混ざるようにちょこちょこと登ってみた。
赤色は身長でスタートの難易度が全く違うけど、小さい人はマットを積んでスタートするのが良いってことかな?
この壁は正解ムーブだとホールドが持てたりして面白い課題が多かった印象。
足を意識する課題は保持力頼みのようなものより動きを考えながら登れるのが楽しく感じるのかも。
もっと足使いを意識してしっかり踏み込んで登れるようにしたいな~

瑞牆で避暑

この週末は暑くなったらしいとニュースで。
らしいと言うのは涼しいエリアにいたので実感が無かったので。
登りは全然ダメだったけれど。

日曜日はまたバベルの塔エリアへ行った。
途中でカフェオレをやったらレイバックがすっぽ抜けてスッポーンとフォール。
すっかりレイバックが苦手になってしまっている、こいつもジャミングで登れるようになれたら良いのだけど。
とりあえず2便目で終わらせてポセイドンへ。
こちらは2つ目のナッツを決めたところでスッポーンとフォール。。。
最近はナッツで落ちるのも、決まっていると本当に安心感が出てきたw
TOしてから、力尽きていたのでTRで触って終了。
足使いが下手なんだ、足使いが~。

翌日は午後の天気予報が微妙になっていたのとパートナーの体調不良があり撤収とした。
登れても登れなくても自然はとても美しい。
大面岩
20160618mizugaki1
八ヶ岳方面
20160618mizugaki2

荻062

ジムの面積は広いけれど、スラブとコンペ壁はカウントしないとなると課題の数は驚く程に少ない。
自然とリピートが多くなるので毎度の課題で本日の好不調が良く分かる。
サクッと登れた白色に何度も落とされたりすると今日はダメだなと。
サイファの練習をしてみようかと思っていたけれど、何となくサーキット的に練習して終わり。

久し振り、品川ロッキー

調べてみたら記録に残っていた。
今日は2010年9月9日以来、6年ぶり2度目の品ロキ。

前回来た時はまだ店舗が半分の広さで、グレードも級で書いていなかったらしい。
アップがてらに手前の球状の壁辺りにある課題を易しめなものから触ってみた。
紫まではだいたい1撃かすぐに登れるけれど、緑色になるとポテポテ落とされ、登れた課題も何便か掛かった。
この辺りはグレードに安定感があってどの壁でもブレが少ないように感じた。
しっかりオブザベしないとムーブを間違えたりホールドやスタンスを間違えたり見落としたりしてしまうことも。
課題の面白さの要素にはムーブを色々と考える必要があるかどうかもあるのだろうな。
オブザベが不要なくらいに見たまんま力勝負(か身長)で登るような課題が好きな人とつまらなく感じる人とは別れるわな。
被った壁に初めての課題が沢山あるのが楽し過ぎて、何だか延々と登っていた気がする。
もう少しアプローチが良ければ良いのだけど。

秋004

月曜日で雨だからジムも混んではいないかも、との期待は裏切られて賑わっていた。

何故かスラブ壁でスタート。
黄色や赤色も結構悪いのがあって、スラブは立ちこみとバランスとリーチだなと思ったり。
前回リニューアルされていた壁の青色ホールドの赤色課題、人のムーブを見て試したら漸くRP。
昨日のB1フィンガーの影響でか前腕が痛いけれどボチボチ登って終了。

地獄エリアへ

6月12日、日帰りで瑞牆の地獄エリアへ行ってきた。

ちょっと暑い日になりそうなのと夕立の予報もあったので、涼しくて撤収しやすい地獄エリアへ。
エリアは5パーティーも来ていたけれど、やっぱり見知った顔ばかり。
3パーティーがN字ハング目的だったのでスローペースで順番に登った。
アップは2Fのオリジナルピッチ、これはもうコツを掴んでいるので落ちる気がしなかった。
そしてノンビリと休みながらN字ハングの順番待ち。
そして順番が来て2年振り、?回目のトライでのRPオメ!
の次に自分も久し振りに再登。
初めてRPしたときは暫く登れない気がしたけれど、今回は少し余裕がでていた、不思議。
湿気って少々ヌメるB1フィンガーをTPで遊んで終了。
夕立に降られることも無く花崗岩と戯れた1日。

荻061

tzw氏の2次会の前に少しだけ荻窪へ。
本気トライも無いのでリピート、する課題もあまり無く。
昨日も登った課題のコツを忘れないうちにリピートして、保持力を使う課題を触って終わり。

荻060

早くに上がれたので空いている時間から荻窪へ。

新しい課題、ゴールだけが極端に悪い赤色が今日は保持出来なかったけれど、2便出す気になれない。
紺色はRPできたけれどまだ確率が低い、白色はヒントを貰ってコツを掴めた気がする。

可能な限り飛び降りずにクライムダウン、終わったらしっかりケアしておかないと。
この高さにこのマットの固さは長年かけて腰にダメージが蓄積してくる気がする。

荻059

また少し追加セットがあったので触ってみた。
壁が高いのにゴール核心ってのは、そのうちダメージが蓄積して腰を痛めるよ。
紺色は得意系に見えたけれど5便くらいかける悪さだった(弱いだけ)。
白色は苦手系だったのでいろいろ意識しつつムーブを固めていって登れたので、久しぶりにまともな課題を触った気がした。
水色はスラブなのでパスして追加分終了。
当初からの課題はホールドが育っていて&自分がヨレてきていて連登がきかなくなってきたので早々に撤収。

パンツー010

持久力トレ、の目的って訳では無かったけれど行けるときにパンプ2。
火曜日だからか、早くから混んでいてアップも声を掛けながら空いているルートを探したりするくらい。
荻パンの紐部活動日だったようで初めてすーさんにここでお会いした。

日曜日に登った100度壁の赤色と書いていたルート、今回見たら黄色の間違いだった。
今日は奥壁の紫のルートに手を出したらフルボッコにされ、混んでいるので時間をかけずに敗退。
どうせだからとタワー壁の右側にある悪い赤色に手を出してまたテンション。
混んでいるしとボルダーへ引き上げてリニューアル間もない壁(まだここの壁の名前を覚えていない)で遊ぶことに。
前回に登れなかった紫スローパーの白色が片付いた。
ルートでヨレてもボルダーの瞬発力はまだ残量があったらしい。
しかし持久力が足りないなぁ。

秋003

最近は秋パンも少しは人が減ってきている、と思っていたけれど今日は結構賑わっていた。
ホールド換えも頻繁になっているようで、さっそくリニューアルされた壁へ取り付く。
見たまんま極悪な赤色、ファットピンチの青色、カチカチの紺色にボテボテプッシュとドッカンな水色に、
癖のあるバラエティ豊かな課題で甘かったり辛かったりするのでガンガントライしてゲージがみるみる減って行った。
ルーフで苦手なガバカチをトライしたらボテボテと落ちて終了。
虫様筋クライマーなので骨間筋のホールディングを練習できる課題がある壁は貴重だ。

パンツー009

雨予報で瑞牆から引き返してきた翌日の日曜日。
早起きできるはずも無いのでのんびりと夕方前に行くことにした。
朝から入場に列をなしているとか地獄のように混雑していると情報が入っていたので正解だった。
着いた時はジャパンカップを来週に控えたコンペティターや雨で集結した山岳会でまだ大混雑中。

アップで最初に登った一反木綿壁の5.9がやけに変なムーブをさせると思ったらオブザベミスでは無く、そんなルートだったらしい。
100度壁のルートがホールド換えから触っていなかったのでこの壁で一撃狙いトライをいくつか。
緑色と赤色だったかはこの壁らしいクセありかな、水色はじっくりオブザベして無事OS。
この壁は高さが無いので勢いで押し切れる部分が多い気がする、と同時に限界グレードになるとクリップが怖くなりやすい。
良く見かける顔ばかりとなってきた頃に漸く空調の効果を感じ、人の熱気って凄いなとか思ったり。

適当なところでボルダーに移動。
前回弾き返された黄色ホールドの紺色課題はさっこちゃんムーブを真似たら解決して登れた。
そしてリニューアルされた垂壁の悪いシリーズにやられて終了。

日帰りになってしまった

6月4日は瑞牆のバベルの塔へ行ってみた。
土日で瑞牆の予定が、直前になってから日曜日にしっかりと雨が降る予報になってしまい日帰りで。

植樹祭の駐車場で無事にTさんKさんとお会いし、三重県の名張で落としてしまったギアを受け取ることが出来ました。
様々な縁が噛み合い奇遇なことに良いタイミングで、ありがとうございました。

見てみたかったバベルの塔にあるポセイドンへ行っててみることにし、寄り道をしつつ2時間以上かけて到着。
荷物もカムとロープでずっしりと重く、ボルダーで来ていたTGTくんにバカだ~wと笑われるくらいあるし。
岩場に着いてすぐ後から2人組の方が来て「他に人がいると思わなかった」と言われたのも分るかな。
最近はこの辺りも人気なのです、たぶん。
お二人とも強い方で、こちらが簡単な短いルートをゆっくりとアップで登っているうちにサックリとポセイドンを登って行ってしまった。
そして空いたポセイドンに取り付いた自分は、スッポリとスリップしてフォール。。。
上部でも落ちたりテンションしたり、しっかり決まったナッツは安心感があっていいなぁと思いつつヨレヨレとトップアウト。
トップロープにして触るとノーテンだけどヨレヨレになる。
プロテクションのセット箇所を決めてレストポイントをしっかりしないとRPはまだ難しそう。
蛇シリーズに続いて今回も返り討ちにあったけど、やっぱりクラックは楽しいのです。
20160604babaru1

瑞牆の岩場は少し歩くエリアが多いけれど、梅雨入り前の短い季節はどこも賑わっていた。
そしてもう梅雨入りしてしまうのかな・・・?

悪魔の塔でワイドのマルチで楽しんているISM夫妻が良く見えた。
20160604babaru2

荻058

今日は荻パン
サクっと登れた課題もチョークが乗ってホールドが育っていて落ちたり。
ボチボチと登って引き上げ。
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR