荻050

登り続けて6日目だけれど、連休に入ると登りに行けないので今日も元気にヨレヨレと荻パンへ。

もちろん土曜日のセッション課題ばかりを集中してどんどんトライしてまわった。
やっぱり全体的に辛いしコンペ風味の課題が多いのでヨレる、けど面白い。
大西さんの上級道場もやっていたけれど今回はしっかり上級者向けで難しそうだったのでパス。
と思ったけれど、最初の課題が手を出せそうだったので後から触ってみた。
まあ登れなかったけれど。
今の荻パンに来れるのは今日が最後かも。
スポンサーサイト

荻049

今日はチャボトレの日

早めに着いたので土曜日のセッション課題をいろいろと物色しつつ触ってみた。
辛目の課題が多くて弾き返されるし、疲労が抜けていない感じで全然ダメ。
マイペースでやっているとは言え、連登5日だから仕方ないと言えば仕方ない。

今日のチャボトレはウォーミングアップ。
が、メニューが多くてその場の誰もが全部は覚えきれないボリュームの道場だった。
誰か纏めてくれ~w
そしてしっかりとウォーミングアップして、今日の荻パンは終了。

安定の湯川

4月24日は寝不足のまま湯川へ。
会のメンバーにironさんも加わり5人で。

林道は少しだけ補修してあったけれど、依然Fitでの突破は難易度が高い。
朝は野辺山周辺も道路に水溜りがあるほどだったけれど壁の状態はとても良かった。
デゲンナー方面は先行者が沢山登っていそうだったので手前のエリアで登り始め。
コークスクリューは登っていたのでアップでいきなりサイコキネシスを登ったらかなり汗をかいてしまった。
寝不足で当然のように睡魔に襲われてきて、ダラダラしつつ登ったりしつつノンビリ。
バンパイアをTRで触ったけれど、やっぱりこのルートは自分にとってはサイコキネシスより難しい。
YFの集団も来て岩場はかなりの大人数ではあったけれど、何だかんだで良く回って夕方まで登っていた。

荻048

4月23日は荻窪B-PUMPの移転に伴うさよならセッションパーティーに参加してきた。
大西店長もPUMPを卒業することになり、今の荻パン最後のイベントでもあるので今回ばかりはと思い。
セッションパーティーの内容は単純に、この日のためにセットされた沢山の課題を皆でやいのやいのと登ると云うもの。
旧スタッフや最近ここでは見かけなかった常連さんに他店舗の常連さんに、多くの人が集まり移動も困難なほどの熱気と舞い散るチョークの粉。
こんなにたくさんのクライミング好きな人たちが関わって作り上げて来た場所なんだなぁ。
来週も課題は残るので、適当なところまで触って、後は何となく見学しているうちにパーティーの時間になり、更に人が増えて熱気も増していっていた。
なるべく早めに帰宅しないとと思いつつ、23時前くらいになってから帰宅。
このジムを作ってきた大西さん始め、スタッフやお客さん、沢山の方々に感謝。

荻047

2FのR壁とNewage壁は土曜日のイベントで使う為にセット中だった。
知っていて来たのだけど。
そんな訳で最初から1Fでノンビリと、宿題を片づけにかかる。
昨日は動きが出来てきていたので、ヨレていなければ登れそうな感触があったので。
今日も精度は少しずつ上がり、最初は全く歯が立たないかと思っていた課題も何便もかけて無事にRP。
珍しく飽きもせず、ことあるごとにトライしていた苦手ムーブだけど面白い課題。
移転を間近に控えたタイミングで終わらせられて良かった。
大西さんのこういう課題は本当にいいんだよな~
あとは以前の道場に使われたファイル課題をやったり、みのるんの初級道場が面白そうで横から少し登ってみたり。
やっぱりノンビリより少しばかり登り過ぎてしまった気もするけれど、楽しいから仕方ない。

荻046

今の荻パン閉店まで残り2週間とカウントダウンに入ってきた。
週末のイベントでリニューアルされるため、明日には触れない壁もあるので宿題を回収したいところだけれども。
回収できるなら最初から宿題になどなっていない。
当然のように宿題の課題全てに弾き返されたけれど、1Fの苦手課題が2手進んだのでほんのちょっぴりだけど嬉しい。
そろそろGWで来れる日も限られるのでリミットは数日。
さてさて無事に終わる宿題はあるのだろうか。

荻045

荻パンに着くと今日は、またお久し振りのI塾長が来店していた。
しかも荻パン移転前にとうとうあの荻窪ワイドを初登したとか!

そして再登してみせてくれるとのことでワクワクして見学させて頂いた。
今までニーロックしたまま身動きできなくなり固まっていたハング部分をどう処理したのかとじっくり観察すると、
塾長はギリギリの右足ヒール&トゥを決めて体を外に出し、ハング上にニーロックをねじ込んで固定させたのだ。
そして上部に入り込んで完登を証明してみせてくれたのだった。

塾長がギリギリのヒール&トゥならば自分にはTスタックで似たようなムーブが使えるのでは?と考えてトライ。
ワイドの予定では無かったので短パンとTシャツのまま擦り傷覚悟でワイドに入り込み、Tスタックとチキンウィング、アームロックやらフリクションの使えるものを駆使してもがくと初めて上へと抜けることが出来た。
ハング下にニーロックでハマり込むよりTスタックで腰を出してから進むのが正解だったらしい。
ムーブを見せて頂いたお蔭で良い波に乗ることが出来ました、ありがとうございます♪

続けて始まったBW氏の上級道場に色んな人が参加していたので混ざって参加。
当然登れはしないけれど記念参加ってことで少しだけ。
後は1Fに移動してチャボさんの新しい課題や長物や、苦手で登れないけれど面白い課題を触ったりして終了。
からのとんぼで遅くなって帰宅。

荻044

月曜日、チャボトレの日

ロッカールームに行くとよっしぃさん、久し振りにお会いしました。
宿題の白色もR壁の長物も進展無く、Newage壁の紺色を再登したりしてから1Fへ移動。
そろそろ陸トレ開始と思ったら今日は2Fで開催でした。
今日もハムストリングに、背中の話は秘密。
ハムストの形は分かってもいざムーブを起こそうとすると、体の連動性の感覚が上手く掴めずしっくり来ない。
1つ1つの動きを練習してストレッチして少しずつ組み合わせていくかな。
クライミングの神経系も繰り返しが必要だし、ボチボチと。

パンツー007

土曜日は山岳会の総会。
空きっ腹の状態からハイペースで飲んでしまい、真っ先に潰れてしまっていた。
何をやっていたかあまり覚えが無いので写真が怖いw

日曜日は他のメンバーも当然のように体調不良、天気も悪い予報なことからパンプ2へ行くことに。
内臓も疲れていて食欲は無いものの、良く寝たので体調は意外と悪く無い感じだったような気がする。
奥壁と一反木綿壁に新しく11bが追加されていたけれど、特に悪いところも無くFLとOSできた。
何だかタワー壁右側の赤11aより登り易いような。

適当なところでボルダーに移動。
火曜日に苦労した黒ホールドの紺色はサクッと再登できて、無理そうだった青ホールドの紺色も登れてしまった。
しかし白色はなかなか登らせて貰えず、極壁の白色も敗退ばかり。
会のメンバーも上達している、核心は続けること、かな。
皆もオイラもガンバだ。

荻043

明日は登らないし朝も早く無いので荻窪へ。
早めに着いたらキッズスクールでワヤワヤやっている以外はガラガラ。
早々に1Fの長物を触ったらばやっぱりあのクロスで力尽きて落ちてしまい、今日も変わらぬ手数までしか進まなかった。
2Fへ戻ると奥のエリアはこれでいいの?ってくらいに、閑古鳥が鳴いていた。
1人で2面を独占状態だったけれど被りを散発的に触ったので簡単に保持力が売り切れてしまった。
レオくんweekly課題の白色も正解ムーブを教えて貰ったけれど全然無理だったし、壁が空いているからって自分がガンガン登れるわけじゃ無いんだよね。
体が重~く感じられたのは疲労か連続で登って瞬く間にエネルギーゲージが尽きたのか。
どちらにせよ、また今度頑張ろう~

荻042

荻パンでは移転やら諸々についての話題が毎回のように飛んでいる。
新しい壁は完成が近いらしいけど壁建て親方さんの課題は予定が無いらしい、う~む残念。
月曜日に道場の為に秋葉原まで行くのは難しそうなので参加できるのは再来週までになってしまうかな。

被り壁の最近セットされた白色は全然進まないしweekly課題は難しいしムーンボードは1課題しか登れないし
で、弾き返されてから1Fの新しいチャボさん課題を触りに降りて行ってみたらジブス課題。
ジブスなれど、なかなか面白くて白色はムーブを教えてもらって登れた。
週末のプリントやらもあるので早めに引き上げ。
明日も登れるかな~

パンツー006

パン2でルート強化ってことでも無いけれど、登れるときにはルートも。
2本x2セットでアップ完了としてから、タワー壁右側にあるオレンジ/を触ってみるもボロボロ。
1便目はゴールを間違えて、2便目はクリップが出来なくてズルしてしまった、途中までのバージョンなのに。
そして赤/ならばと、OSするつもりで触るものの2テンする始末。
今日はルートにボコボコにされてしまった。
ボルダーに移動して新しい赤色テープと紺色テープを触ってみたのだけど、真ん中の紺色はゴールを取れず。
左側の黒い丸ホールドの紺色テープはギリギリで登れて面白い課題だった。
垂壁のボテ白色テープ課題はセッションしても歯が立たず、何かコツがあるのだろうか。

荻041

月曜日は恒例のチャボトレで荻パンへ。
少し登ってからチャボトレでストレッチや骨盤の動きを意識した動きをいろいろと。
クライミングもなんだけど、帰り道では普通に歩いているときにも動きが楽になる。
その後にトライしたレオくんweekly課題の紺色をお持ち帰りできるとは思わなかったので嬉しい。

今週も湯川

4月10日は少々寒くなりそうだったのと雨の影響で末端壁のコンディションが良くならなそうなことから湯川へ。
林道は相変わらず荒れていたので手前に駐車して岩場まで歩き。

コークスクリューはやっぱり湿気っている感じがして少々登りにくい感じがしたものの、曇っているので汗をかかずに自分のコンディションが悪くなりにくい。
他のルートはコンディションが良いようで、本日の2本目にしてテレポーテーションRPがでたり(オメ!)。
岩は乾いているからと聞いて自分も無事に再登。
やっぱり上部のフィンガーより下部のフェイスなパートが消耗する。
黄昏の舞姫を触ってみるものの、初見は怖いし湿気っていて悪いし、クラックの中が泥状態でテンションかけたカムの歯が開いていくという。。。
ボロボロになって各駅となってしまったのでまた手を出すかどうか。
片付けて戻るとN嶋渉君が白髪鬼の核心へ入る少し前のところだった。
静まり返ったギャラリーが見守る中、吠えながら1手1手を止めて、ついにRP
いや~素晴らしい物を目撃してしまった。
20160410yukawa1

最後にサイコキネシスをリードしてTRにしてもう1度触って終了。
終日曇り空で暑くも無く、岩の状態も良いルートが多くてクライミング日和だった。
瑞牆にしていたら寒かっただろうな~と思いつつ、そこそこの賑わいの湯川を楽しめた1日だった。
ありがとうございました。

瑞牆初め2016

4月9日は瑞牆初めに調和の幻想を登って来た。

まだゲートは閉まっているので植樹祭広場までも車道をテクテク歩いてアプローチ。
ちらりとボルダラーの影を見かけつつ、全く雪の無い登山道を春の日差しを浴びながら歩いて末端壁まで。
いろいろあって登り始めたのは12時半くらいになったけれど岩が温まってきていて丁度良かったかも知れない。

先行は2パーティー、うち1パーティーが調和の幻想を登っていたので続けて登ることになった。
取り付きがびしょ濡れだったのは、こちらでは木曜日にかなりの量の降雨があったかららしい。
今回は3回目なのでオーダーは最初のときと同じに戻して奇数ピッチを担当。
1ピッチ目トップ、少し上がれば乾いていたのでキャメ6をバッコンと差し込んで快適なワイドから登って終了点まで。
2ピッチ目はフォロー、凹角はやっぱり濡れていてスラブも少々信頼感が薄くなっていた。
左へのトラバースに入るところでは濡れた手でガバを持つとヌメって焦った。
3ピッチ目トップ、フェイスムーブはある程度まで覚えて覚えていると随分と楽になるようで、リングボルトの右トラバースも怖くはなかった。
4ピッチ目フォロー、今回は木登りからのスラブがフォローで気が楽。リングボルトの少し上にあるポケットにはX4紫が決まるらしい。
5ピッチ目トップ、今回はキャメ6を1つにして、もう一つは手に入れたばかりのジプシーのデビュー
ジプシーもしっかりセット出来て快適に登って終了点まで。

懸垂で降りがてらT&TにTRをセットして遊んでから日暮れの頃までに植樹祭へ下山。
何度登っても良いルートでした。
20160409chouwa1

荻040

今朝は寝坊。
目ざまし時計を見るなり慌てて飛び出し、駅までダッシュしたらいつもの電車に間に合ってホッと一息。
寝るのが遅くなると朝起きるのも辛くなるなぁ。

早めに荻パンへ着くと空いている、のは1Fだけで2Fはいつもと変わらず。
早速Newage壁の新しい課題を触ってみると、紺色はガバが続いてこの壁にしては久しぶりにマイルド。
白色はまあ2つともいつも通りといった塩梅で、宿題としてまだまだ次回も楽しめるので嬉しくて、、、くぅ
Bigwest壁のリオ君weekly課題は見た目通りに黄色から!?・・・慎重に取りついたのに落ちるかと思った。
紺色がスタート落ちから始まり、トライする度に1手からほんの少しずつ進んでいって、10便以上かけてゴール手前にタッチまでいって宿題に。
常連さんに向けて愛情の籠った素晴らしいweekly課題だ。
ヌメさんたち四段?とかの人がセッションして完登を見ていない水色もあったし。
親方さんが壁作り後に登りに来ていたので聞いたら、すごく立体的な壁になっていっているとか。
楽しみだ。
場所も常連さんの間で知られてきている感じなので噂もすぐに広まりそう。

ぱんつー005

平日にPUMP2へ行けるのは嬉しい。
が、今日はかなりの混雑っぷりだった。
世間では花見とか歓迎会とかやっていないのかな。
慌ただしくアップに4本ほど登って、タワー壁の前回テンションしてしまった水色を片づけて、オレンジをビレイで散々見たあとにFLして、新しい赤□だったかをOSして、もうボルダーへ移動。
トレーニングとか本気トライとかを考えて登るのは混んでいると難しいんだよね。
ルートと違いボルダーは常にある程度空いているので登り易くていい。
それはそれで改善の余地があることなのかも知れないが(壁の形状は広さに制限があるから難しいか)、自分には始めて触る楽しい課題が沢山あるので嬉しい。
波壁を中心にいろいろと触って、紺色が1つ登れなかった。
PUMP2は大きな店舗だけれどもルートもボルダーも倍くらいの広さがあればと贅沢なことを思うのだった。

荻039

週始めの今日はチャボトレの日。
少し体を動かしてからR壁の長物を触ったらボロボロ、、、アップ不足か疲れているのか??
1Fで先週のweekly課題を触ったら少し良い感触、ってところで陸トレ。

メモ
ハムストリングはまだ良いのだけれども内転筋が全然柔らかくなくてバランスが悪過ぎる。
カエルを目指してストレッチを続けよう。
肩も固いので短い傘でも腕を回せるようにしたいけれど道程は長そう。
腕のマッサージに膝で圧力を掛けるのは深くまで届いて自分も疲れないので良い感じ。
下足も意識して真っ直ぐにカウンターで伸び~る。

終わってから、も1度あの白色を触ってみたものの、ストレッチで伸びた体では高度も後退してしまった。
つうことで引き上げ。

長い名前のコンペだ

4月3日はつくづく長い名前のコンペ(クライミングの大会)、第2回スポーツクライミング東京選手権大会リード種目に今年も、
もちろん選手としてでは無くスタッフ側として参加。
朝に窓の外を見ると雨が降っていたけれど、外へ行かないとなると全然気にならない。

以前には下部で次々と落ちてくるルートもあったけれど、今回の予選は完登率も高くてあまりヒヤヒヤしないで済んだ。
と云うことは選手の1回のトライにも時間がかかるので、スケジュールが押し気味になってくるのだけれども、選手もせっかく参加しているのだから予選はそれくらい登れるルートの方がいいやね。
リード競技は一発勝負となってくるので、ちょっとしたことでミスをすると終わりになったりするので波乱も多かった。
違うホールドを掴んだとか踏んだとか、登り以外のところで波乱が起きるのはモヤモヤしてしまう。
今回の決勝は特に、青テープと緑テープのルートが途中まで被っていて、ホールドにも緑と青が混在しているとか、ミスを誘う要因になっているのは、やってしまった選手が可哀そう。
同様に赤テープと黄色テープも混ざってて。
オレンジと青とか、緑とピンクとか方向の違う色でセットにしたら良いのになぁとか。
決勝の内容的には、下部から落としにかかっていたけれどトップ選手はゴール近くまで迫っていたし、良かったと思うのだけれど。
前身の東京カップは草コンペっぽかったのに、だんだんと選手のレベルが上がり、すっかりガチな大会になってきている。
いつものように会場には関係者しかいなかったけれど、いずれ一般の人が観戦へ来るようになってきたりするのだろうか。

今回も無事故で締め括れて良い大会でした。
皆さんご苦労様でした&ありがとうございました。

湯川はベストシーズンで大賑わい

4月2日は日帰りで湯川へ。
当初は瑞牆末端壁で調和の幻想をと予定していたものの、
少々冷え込む予報となった上に中央道から見る奥秩父の山頂付近がガスの中に隠れているのを確認して転進を決定。
湯川方面の方が予報が良いし暖かいだろうと、野辺山付近で見かけた6℃の表示を見ながら移動。
林道は出だしの少しだけ修復してあるものの、RVでないと入れないレベルに荒れていたため途中で諦めて徒歩で岩場へ向かった。

既に数パーティーが来ていたけれど、ノンビリと準備してビレイしているうちにデゲンナーが空いたのでアップは定番のデゲンナーで。
良く乾燥していてリクションが良く、シンハンドが気持ち良く決まって久し振りに登り易く感じた。
お気に入りのフォーサイトを登ってからそのままTRでもう1度触ってから左側のエリアへ移動してちょっとおやつタイム。
せっかくコンディションが良いので触ったことの無いルートをやってみようと思い、何だかんだで触ったことの無かった山案山子にトライ。
10aなのだけれどもプロテクションが良くないとか耳にしていたり、見るからにフェイスムーブっぽいので避けていたのだった。
実際に触ってみると。
プロテクションはスモールやナッツが有効なので(ハンドサイズも何か所か使えるが)クラック初心者にお勧めはしにくい感じで、フェイスの強い人ならジャミングを全くしないでも登れそう。
と、OSはしたけれど見たまんまw
TRなら初心者でもフェイスムーブで登れてしまう感じだけれども、ジャムジャム好きなら色々なジャムが出てきてムーブもあるしプロテクションも安定して取れる筈なのでリードでも変わらずに楽しめるのではないかと思う。
日差しが弱くなってくると涼しくなってきたけれど寒くはならなかったのでコークスクリューを登ってサイコキネシスをTRで遊んで終了。
帰りにはフィンガージャムが多かったために指がぼわーっと熱くなっていたりしたけれど気持ち良い日差しの乾いたクラックを楽しめた1日だった。
ありがとうございました~
20160402yukawa1

今日は16人にSさんガイドパーティーの大勢を合わせて30人弱?で賑わった湯川。
自分日記のこのブログも全世界に公開している状態なので、悪いことは書けないなぁと今日も思ったw
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR