旭岳東稜

りーさんから27日の週に八ヶ岳の旭岳東稜へ行きませんか?とお誘いがあり、予定が空いていたので二つ返事で決定。
八ヶ岳の東面は初めてで、尚且つ宿泊道具を背負っての岩場にしては難しそうだったので軽量化と防寒対策のバランスが難しい。

【今回のコースタイム(3人)】
8:00美しの森P~9:50出合小屋(休憩30)~10:50尾根取付~14:00幕営完了
4:00起床~6:00出発~7:10五段の宮取付~7:55登り始め~11:45旭岳山頂
~12:30ツルネ東稜(休憩25)~15:00出合小屋~16:30美しの森P

今年は雪が少なく、ここ旭岳東稜も例外では無かった模様。
駐車場を歩き始めてから暫くは乾いた土の林道が続いていた。
林道の分岐点には出合小屋の標識があったので迷うことは無かった。
林道が終わってからの川原歩きでは一応は渡渉もあったけれど、普通に歩いて横切る程度だった。

出合小屋を過ぎてからも標識があり現在地は掴みやすい。
20160227asahitouryou1
この標識からすぐ先で右岸側に分かれる沢の右岸より尾根へ取りついた。

雪が少ないのでワカンは途中でデポしてきたのだけれども、予想以上にしっかりとした雪に古いトレースが残っていて歩きやすかった。
途中で懸垂をする場合もある?というポイントの手前にザックを置いてから少し偵察しに行ってみた。
コルへ降りてから登り返す途中に良さそうなポイントがあったので戻ってザックを持って来て幕営。
今回は軽量化のためにツェルトにたのだけれど、結露以外は思ったより不便は無かったかな。
風があったり大雪になったりしたら大変だったと思うけれど。
20160227asahitouryou2
晩ご飯は軽量化と思っていたら下界と変わらぬ美味しい鍋で、夜もヌクヌクと幸せに熟睡してしまった。

夜中には少し雪が降ったけれど、目を覚ました時には星も見える快晴となっていた。
ずっと日蔭の安定した西面と対照的に東面はモルゲンロートに包まれ気温も上昇していく。
真っ白な雪の世界が赤く染まって不思議な世界がまた良い雰囲気。
20160227asahitouryou3

まさに登攀日和と言えるような朝日を浴びつつ雪稜をしっかり踏みしめながら歩き、通常ならロープを出すんじゃ無い?と思うような雪壁と草付を登った先にハイライトの五段の宮が見えた。
先行パーティーが左巻きで登っていたのでノンビリと準備をしてからスタート。
りーさんがグイグイと、と思ったら逡巡しながら悪ぃと口走りつつ慎重にロープを伸ばしていった。
20160227asahitouryou4
出だしから悪いと思ったら昔は残置スリングが下がっていたりしたようで、フリーは大変だった。
3段目の正面にクラックがあるピッチの先で灌木でビレイ、4段目は右手から回り込んで登って岩稜のトップで灌木でビレイ。
ここでからのーるトップで雪稜を中心にグイグイと伸ばしていって3ピッチだったかで旭岳の頂上へ出ることができた。
20160227asahitouryou5

20160227asahitouryou6

山頂は風が強かったので下山路のツルネ東稜へ入ったところで休憩、シャリバテしてきた感じだったので漸く一息。
ツルネ東稜は左手の尾根へ進まないとハマってしまうので気を付けていたのだけれども、
多くの枝分かれした踏み跡と同じく、我々もルーファイをミスして下降可能な尾根は途切れてしまった。
しかし固くボコボコとしたデブリに延々と埋め尽くされた谷間が安定していてくれ、何とか最後まで下降することが出来た。
その下降してきた谷間は昨日に取りついた尾根のある沢だったという。
ツルネ東稜の下降は知らないと難易度が高いようだ。

あとは踏み跡を辿り出合小屋へ着いたらまた少し休憩し、そこからはダラダラと歩いて美しの森へ帰着。
駐車場には2時間ほど先を進んでいたパーティーの車が残っていたのだけれども、ツルネ尾根の下降でハマってしまったのかも知れない。
今回は軽量化したと思っていたけれど、まだまだかなり重い装備となってしまった。
もっと軽量化するにはいろいろと買い換える必要がありそうで、これまた悩ましい。
今回は良くも悪くもラッセルは全く無く、良く締まった雪に残るトレースはとても歩きやすかった。
快晴の雪山の稜線を歩いたのは今シーズン初、楽しい2日間でした。
ありがとうございました。
スポンサーサイト

荻025

大急ぎで逃げ出して熊さんとこへ買い物へ行くも、目当ての物は品切れだった。。。
店を出るときに消防車が来て出てみると商店街の数件先で火災が発生していた。
被害が最小限で鎮火してくれるといいのだけど。

今日は1Fに残るコンペ課題をやってみた。
なかなかに辛くて面白いものばかり。
時間は短めだったけれど良い感じにヨレて終了。

荻024

忙しくなってきて間隙を縫って登る時間を確保するような感じになってしまっている。
昨日のチャボトレは出られず、今日は遅れての荻窪。
2Fに残っているコンペ課題をいろいろと。
昨日が強制レストとなってしまったからか、苦労して登った課題が終盤でも再登できた。

仙人沢アイスガーデン

2月20~21日は蔵王の仙人沢へ遠征。
Iさん企画にて4人で、ありがとうございます。

ざっと
蔵王ライザワールドで計画書を提出してからリフトを2回乗り継いでえっちらおっちらと。
ここも雪が少な目なようでワカンもあまり本領を発揮することなくエリアへ。
氷は2年前の3月に来た時より痩せているかと思ったけれど、抜け口以外は逆に太目だったかも。
20160220senninsawa1

雨の予報は少し遅れてくれたものの下山する頃にはビッショリと濡れてしまっていた。
そんなところを栃木のKさんが絶妙な交渉により素泊まりの宿を確保、東北、関東、近畿のメンバーで宴会。
濡れたものも全て乾かすこともでき、凄く助かりました。

翌日は更に関東組が増えて大所帯。
件のウィルガット開拓ルートはつららが落ちて足場が無くなってしまったようで。
まあ自分は触らなかったけれど。

大勢でやいのやいのと登っていたら時間が押して終電が無くなる危険の時間に。
しかしKさんの走りで無事に帰宅。
沢山の方とお会いし、お世話になった2日間でした、本当にありがとうございました。

荻023

昨日のチャボトレには行けなかったのに一転して今日は早めに荻パれるという。
今週のweekly課題はヌメさん、通称ヌメクリーで何か凄いことになっているらしいとか。
絶好調にかっ飛ばしているらしく全部が2グレードくらいは辛い。
黄色の課題を見るとゴールはどこ?と探してしまい、
ゴールのテープを見つけてムーブを考えてみると有り得ないだろうと思ったり。
まあ触っているのは常連さんしか見当たらなかったので、そんなもんだろうと達観しているのだけど。
そして赤色は何とか登れたけれど紺色はどうにも無理だった。
Bigwest壁の長物祭りに参加したりしてヨレたので最後はリニューアルされた1Fのタワー壁へ移動。
楽しめそうな課題がまた増えていた。

荻022

昨日の歩荷トレアイスクライミングのお蔭でしっかりと朝寝坊してしまった。
時間を取れる時に恒例となる溜まった用事の片付けも少しだけ済ませてバタバタと荻窪へ。
YMDさんMWさんが来ていてワイド祭りでスタート。
外のホールドを何でも使う限定なしバージョンはホールド換え前より少し簡単になっていてRPしたのだけど、
紫のホールドが変な位置にあるので降りるのが怖い状態になってしまった。。。
ホールド無しの限定バージョンはまだ登れる気がしないな。
白色も祭りになったけれど、こちらも少し(ムーブを真似て)進展があったもののRPには至らず。
ま、昨日の疲労でヨレていた割には楽しく登れて良かった。

いきなり春になった大谷不動

2月13日は日帰りで大谷不動のアイスクライミング。
当初は1泊の予定だったのだけど天気も悪いし(最初から良くない予報だったけれど)、
もう春が来ているとしか思えない気候に氷はどんどん溶けて水が流れていたので撤退。
無駄に思い荷物を背負っての日帰りは歩荷訓練だったと思えば?

ロットの滝へ着くと、先行していたF氏A氏パーティーがスキー板を担いで登攀中だった。
そのまま根子岳まで抜けてスキーで下山と言うF氏こだわりの山行とか、スゲー

取り付いてみると出だしから氷の表面には水が流れていて、さながら滑滝のバイル登攀からのスタート。
垂壁部分は上部から水が滴り落ちてきて、雨に打たれているような状態。
1本登ったら全身がびしょ濡れとなってしまいもう店じまい。
周囲では断続的に雪が崩れている音が響いていて残雪期としか思えないような。

テントへ戻り天気予報を確認すると、明日も雨で登る時間は取れなそうな見込みだったので撤退を決定。
Adtさんたちのパーティーが戻ってきたところだったのでワイワイと賑やかに撤収準備をして引き上げる。
車へ戻ったときにはすっかり暗くなっていたけれど、日帰り歩荷トレと水浸しアイスクライミングを楽しめて贅沢な1日?だった。
20160213ooyafudo1

城ヶ崎も日蔭は肌寒かった

2月11日は城ヶ崎。
肌寒い1日で、殆ど登らずエリア探索に行ったりで終わり。
20160211jogasaki1

荻021

ここのところ忙しくなってきてしまっている。
今日も少し遅くなってから荻パンへ着くと混雑していた。
1Fも2Fも万遍なく人が散らばっている感じ。
こんな時こそ人が少ないことが多いBandbelt壁のいつものアップ長物がありがたい。
R壁のジャスコweekly課題紺色と新しいR壁の紺色は本日1便でRPして、混んでいたので奥へ籠る。
全然歯が立たないんだけど悪い白色や水色を触って落ちての繰り返し。
来たのが遅かったので気付くともういい時間、新しいBigwest壁の長物を繋がるところまで3回ほどやって終了。
チャボトレストレッチしとこう

荻020

着いてすぐ、のりお君から「○さんの嫌いなのりおweekly課題がありますよ~」と。
そう言われてしまったら、やってみるしか無いかw
で、やっぱり紺色で、、、
あのスタンスに乗り込むのは恐いので早々にパスっ
白色は明日にでも触ってみようかな。
ジャスコweekly課題もあったけれど、これがまた辛くて何便かで紺色を登ったところで陸トレ道場。
だんだんと人数も増えて賑わう通称チャボトレ。
メモ
立位ハムストリング、座位ハムストリング、棒で腕回し、前腿、手首は反らす、前屈からのうんこ座りハムストリング、横に腰折り、ホールド取りダンス?は、、、全部に共通して尻尾を立てろと。
ま、これだけじゃ暗号だ。
腰周りがストレッチしてあると随分と楽になる。

大谷不動

2月6-7日は大谷不動のアイスクライミング。

他の氷がコンディション悪い中でシーズンインした大谷不動は賑わっていた。
氷は去年よりも痩せていて、雪が少ないために高さも出ているので難易度は上がっているが固い感じだった。
取りあえず左の右を登る写真(私はビレイ)
20160216ooya01

そしてやっぱり冬山は綺麗だ。
20160216ooya02

荻019

今日はボルダリングジャパンカップの動画を見てモチベーションが上がって、
とは関係なくいつも通りに荻パン。
入念に股関節のストレッチをしていつものアップをしてから被り壁へ。
今日はなかなか繁盛していたので合間を縫いつつ1回だけ登れた課題や登れていない課題をちょこちょこと触ってみる。
Newage壁の白色は再登できたけれど紺色↑はやっぱり最後が取れなくなっていた。
チャボさん的に腰から延びる動きを作って確実に登れるようにしていきたいところ。
水色十はやっぱり最後が出来る気がしなしBigwest壁の新しく触った課題も弾き返されているけれどまだ続けよう、うん。

荻018

睡魔に攻撃され続ける月曜日。
今日はレストが必要だなと思ったのでチャボさんの陸トレ道場だけ参加しに荻パンへ。
入念にストレッチをしてから一応アップで定番の長物x2と赤色と紺色を計4本ほど出して道場の時間に。
今回も腰を意識したストレッチの復習に相撲スクワット?が追加。
ハムストリングを伸ばして温まってきたからか不思議と苦手の大腿二頭筋ストレッチも少しマシになっていた。
続けて少しずつ足を使ってホールドを取りに行けるようにしたいな~
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR