城ヶ崎シーズン3回目

12月26,27日は城ヶ崎へ。
26日は10dが1本だけあるエリア。
波打ち際だったので太平洋の影響を受けて大変だったけれど、お初のエリアだったので知らずに到着。
最初にビレイしているうち、だんだん波が迫ってきて逃げられるだけ逃げても靴やズボンがしょっぱくなっていく。
TRにしてビレイヤーは安全圏で、クライマーは波のタイミングを計って飛び出して取り付くことにして1本だけ触ってみた。
なかなか面白いルートだったので潮が穏やかな時に登りに来たい。
にしても波の音が大きくて脳みそが攪乱されていた感じ。
波の影響を受けないところへってことでてくてくファミリーエリアまで移動、空いているルートを登って終了。
アンクルはクライムダウンで回収とか余裕のあるルートは真似してパッシブ縛りにしてみたり。
20151226saituna1

27日はまたお初のエリアへ。
ボルトがクラックの脇にまでベタ打ちされていて沢山のルートがある、錆は浮いているけれど。
アップで簡単な割れ目を登ってから、目を付けた綺麗なクラックがあったので触ってみた。
終了点は右手のボルトを使用、体感的には11-くらいで思った以上にナッツも使えてプロテクションも良いルートだった。
3便目は出だしで落ちたあと、降りて仕切り直しとかをせずそのまま登ったら繋がったのでRPに近い1テン。
宿題にしたのでまた登りに来る口実が出来たw
20151227ishikiriba1
スポンサーサイト

荻005

早めに荻窪へ。
そして今日もガラガラ。
初めてって感じの人を全く見かけなかったので、年末はジムが落ち着く季節なのかも。
登ってみると今日もNewage壁で被り壁での弱さをひしひしと感じる。
動きも保持力も全部が足りない。
ここのところ体重が少し重めで推移しているのも問題だな。
段をガンガン登る人も10kgのウェイトを着けると3級でも落ちるようで、体重の影響の大きさも予想以上なのだなと。
1Fの長物は最後のゴール取りで落ちるところまで進展したけれど、垂壁だから要所要所でレストできるからなぁ

ぱんつー001

こちらが年会員のホームジムなので、漸くバーコードの会員証を受け取りに行けた。
お昼過ぎに着くと今日のリードエリアは久々にビックリするくらいの混雑っぷり。
ガラガラのボルダーエリアでアップしてからルートエリアへ。
年末年始限定ルートが出来ているけれど、壁を2面使い斜上していたりしていて余程空いているときにしか触れ無さそう。
小津波壁に伸介さんの11bがあったので触ってみることにしたら、
先にビレイしていて見ていたのだけれども、予想通りと言うか何と言うか、悪い難い。
ルートは面白いので3便出したけれど、3便目は高度がどんどん落ちていたくらいに腕が枯渇してしまった。
ホント酷いな、また次回には何とかしたい。

荻004

明日は祝日だけど点検に出した車を引き取って来なければならないので、今日はジムることに。
早い時間では無いけれど休日の前は空いている。
もしくは忘年会で来れない人が多いのかも。
Bandbelt壁の長物でアップしてから課題の増えたNewage壁へ。
2Fは常連さんばかりだったので全てこの壁に集中していた。
取りあえず紺色から始めて紺色でハマって。。。
2本の紺色のうち右側のがピンチを保持れず何便もかかってしまった。
白色に手を出すには混んできていたので月壁を少し触ってから1Fの長物を登って終了。
長物が37手まで進んだのだけど、38手目を探してポトリ。。。
今回の感じなら長物ももう少し先まで進めそう。
人が少ない時間にみしかちゃんママがビスコを配っていて自分も1つ頂いた、
一つ一つにみしかちゃんのメッセージが書いてあるクリスマスプレゼントらしい。
自分のは「のぼれる!」でした。
カンバろう

遭対2015.12

12月20日、奥多摩にて2015年度2回目の遭難対策訓練。
車を半年点検に出さねばならず、後から追いかけて午後一でそっと合流。
今回は搬送をメインにしたもの。
午後からの参加となったのでいきなり2チームに分かれての実践形式での搬送へ。
こちらのチームは崖からの転落を想定して引き上げから避難小屋想定の東屋まで搬送。
形を作るだけで無く、流れとしてやってみると色々と疑問点や改善点が見えてきて良かった。
備忘memo、ちょっと変形した1/3システムでやいのやいのとやってみたり、ザック搬送も前後でサポートがある方が良いとか。
前回も思ったけれど応急処置は学ばないとなとか。
遭対メンバーの方々、参加者の方々、ありがとうございました&お疲れ様でした。

ホットな日蓮崎

19日は城ヶ崎の日蓮崎へ。
冬型が強まると聞いて暖かい日蓮崎ならポカポカ、と思ったのだけど。
さすがは日蓮崎クオリティと言うか、上からの日差しと下からの照り返しでポカポカどころか暑いったら何のって。
アダムでアップも何だかなぁと思ったのでインディアンドールからスタート。
大体ムーブは記憶通りだったけれど、ハンドジャムはしっかり探ると以前より良く決まり安心感を持って登れた。
テーピングを薄く作ってみたからかも。
宿題だったスーパーシリアスジャム(SSJ)を触ってみたのだけど、ホールドを持ったらジュワっとチョークが瞬殺されるしムーブが全然作れずに敗退してしまった。
以前TRで触らせて貰った時にはサックリ抜けれたのだけど全然思い出せなかった。
次に登ったkozzzzyさんのカム回収名目でTRで触ってみると、先ほど全く出なかったムーブが自然と出てきて気付かなかったホールドに気付いてノーテンTO
あれ?どうなってるの?
ってことで忘れないうちに少し休んでからもう1度トライ。
今度はムーブを間違えずにこなして、足掛け数年、4トライ目にて無事に宿題お持ち帰り。
日蓮崎の3本はどれも短くボルダー的だけれども核心はしっかりしたジャムを要求される良く出来たルートだと思う。
昼間は暑かった岩も夕方には少しずつコンディションも良くなりkozzzzyさんのーるも宿題を残さずに終われた。
Imrさんは予想通りに1日で全部お持ち帰りで強かった。
20151219nichiren1
大人の遊び場。
皆さんどうもありがとうございました。

荻003

昨日は山岳会の忘年会。
予想以上にいろいろとあって熱気が凄かった。
その少し前から喉が痛いな~と思っていたのだけれど、やはり風邪を引いたらしい。
直帰のつもりだったけれど、少しだけと荻パンへ寄り道。
前回敗退した紺色が漸く登れて白色へ移行。
当然だけれどもなかなか進まない。
火曜日に聞いた「必ず横を向くよね」を意識して少しずつ下手な壁に。
当然だけれども早めに引き上げ。

ジャムセッションにレジェンド

15日はジャムセッションで鈴木英貴さんのトークショーとスライドがあると聞いてダッシュで三鷹へ。
やっぱり来たよね、って感じの方々が続々と。

摘み食い的に色々と登ってからトークショーの始まり。
世界最難を登っている方なので尖った人を想像していたのだけれど、全くの見当違いで穏やかな方だった。
これを登ったぜ的な話は一切無く、当時の思い出話をしている中に必然的にクライミングの歴史が流れている。
こんなにも世界は素晴らしい、だから若い人には色々とチャレンジして欲しいと温かく語る。
とても心に残る一時。
来て下さった英貴さん、企画して下さったH内さん、本当にありがとうございました。

荻002

ワイド疲れとカチのボルダーは違う?
何時ものBandbelt壁の長物アップの後はリニューアルされたNewage壁へ。
この傾斜にこのホールドが苦手と言うか下手。
紺色で弾き返されて、最後は1Fの長物で〆

シーズンオフの前に名張

12月12~13日の週末は名張へ遠征してきた。

昨日の午後から晴れ予報だったのに朝は青蓮寺湖周辺の道路が濡れていて微妙な感じ。
屏風は賑わっていそうだったけれど第一岩壁は、壁作りで忙しいHgsさんの2人組と我々だけ。
Hgsさんは今年で2回目の名張だそうだが、2回とも東京組の我々と遭遇するとは凄い偶然。
定番の直登からスタート、微妙に湿気っているけれどこのルートはこの程度だと落ちる気がしないので嬉しい。
看板ルートのスネークマンを見つつ、今回はそこまでのアプローチとなるでかい面を練習。
プロテクションが難しくて躊躇していたルートだけれど、先にRPしたのーるに続いて漸くRPして1日は終了。
Hgsさんにもいろいろお話を聞けて楽しい1日だった。
夜はナバラーの方々と合流することが出来て割れ目談義の流れに。

翌日はサニーサイドを貸切。
アップでジュマンジを登ったら以前より登り易く感じたのはOS便との違いか、そうだよなぁ。
そして今回の目標と言いつつ敗退を覚悟していたチビゴジラへトライ。
前回のOさんの登りにヒントを得て頑張ってみると、核心だった場所を過ぎてリップに手が届いた!
と、その時に足がキャメ6に当ってしまい、カシャーンと言う音が。
下からは「あっ!」と言う声の後に沈黙。
下のキャメ5でもグランドはしないはずだし(キャメ6が当たって動いていなければ)、
リップを取っていればもう落ちない筈だし、と落ち着いてテラスまで這い上がった。
そして暫く休憩してから上部を慎重に登って無事にRP。
OSトライ時に強烈に弾き返されたチビゴジラも登り方が分かればワイドムーブで登れるものなのだなぁ。
後はそのままTRにしてムーブの復習とTRでディナーアウトと、ワイド祭りで終了。
タイミング良く、ムーブを参考にさせて頂いたOさんが上部の開拓を終えて降りて来たのでお話を。
ワイドは情熱だ。

週末の弾丸名張は天気に恵まれ、またナバラーの方々にお世話になり充実した時間を過ごすことができた。
ありがとうございました。
20151212nabari1

荻001

まだバーコードでの受付が出来ない、早めにパン2へ受け取りに行かねばなのだけど。
今日もBandbelt壁の長物でアップしてから昨日敗退した課題で、また敗退してから奥の被り壁へ。
monthly課題の白色がなかなか難しくて登れない、ニラちゃん課題が。。。
moonボードで漸く1番を再登、確実に登れるようにしたいところだけど難しい。
混んできたので1Fへ移動するとweekly課題があったのでやってみた。
赤色は癖があって見た目通りに曲者で、白色は教えて貰った意外なムーブで登れた。
リオくんweekly課題がなかなか面白い。

荻パン077

1年間で荻パンは77回、パン2が32回で計109回だった。
今年は雨が多かったからなぁ。
バンベル壁でアップしてからバンベル壁のNew課題でお祭り。
白色まで1撃だったけれど水色は敗退。
1Fに降りて奥の壁にある課題で遊んで終了。

荻パン076

取りあえず月曜日は登っておこうって感じに荻窪へ。
bandbelt壁の長物x2でアップしてから、同じ壁に新しい課題が増えていたので祭りに。
白色まで1撃で、真ん中の水色がホールドに手がかかるものの止められるほどでは無く宿題。
これはもう少しで登れそうな感じなのでまた。
moonボードへ移動したものの苦手の傾斜と苦手のカチに今日も全然ダメ。
毎回このボードを触るくらいにしようか。。。
ダメ押しにのーるがワイドに挟まっているところ観察されている方がいたので勧めたところ挟まってくれました。
初ワイドだそうなのに完登目前まで、凄い。
気付くと遅くなっていてジムも人が減ってきていた。

ICJCプレ大会in岩根山荘

12月5,6日の週末はアイスクライミング・ジャパンカップ プレ大会in岩根山荘に参加してきた。
今回のコンペはスタッフでは無くて一応選手だけど一般クラスでの参加なのでお祭りコンペのつもりで。
アイスのコンペなんてニッチな大会もadtさんのアイス布教のお蔭で人数も多く、男女3クラスずつに分かれて賑やかだった。

アイスは道具だ!って言葉は本当のようで、靴はアイゼン一体型が半数以上を占め、
バイルはレンタル品を除くとハンドルタイプで無いのはクォークが自分を含め2人のみ。
これはもう順位は全て道具の所為にできるw
とまあ自分の結果は置いといて、
トップクラスの華麗な登りから次世代を担う選手の頑張りまで良い物を沢山見せてもらいました。
予選は多くが完登できる課題設定で、全員が臨んだ決勝も良い感じに順位が付く設定と、楽しめる内容だった。
大会を企画運営して下さった方々、セッターとしてずっと働いていたIさん、参加した選手の皆さん
お疲れ様でした、そしてありがとうございました。
遠いホールド、せっかくだから付け焼刃で練習したfig4を試せば良かったかとか何とか
20151205konpe1

大会終了して時間がまだあったので割れ目探しに。
短いけれど面白そう、時間のある時に登りに来よう。
20151206hokuto1

パン2_032

会員証の期限が来週に迫っていたのでホーム登録してあるパンプ2へ。
火曜日と水曜日は混んでいたらしいけれど今日は比較的空いていた。
奥壁がリニューアルされていたのでアップから触ってみた。
10dと11aの差が良く分からなかったり、10aが10bに変わったルートも言われればどちらとも。
何回か登ったら感覚が分かるかなぁ。
タワーの黒色↑がお買い得と聞いて手を出してみたけれどルーファイ分からなくなるし、ホールド見つからなくなるし、
どこにクリップして良いか分からなくなるし、グダグダで降りてしまった。
探り便とはいえしっかりオブザベしとくべきだった。。。
やっぱり草色の方が腕が張るけれどいいかも。

ランナウトでシーズン初バイル

週末に向けて1回くらいはバイルを握っておきたいと思いダッシュで帰宅してからランナウトへ。
2人がいるはずだからと行ってみたら、シーズンインだからか先に4人も集まっていた。
先ずは受付で有効期限の切れた会員証の更新。
3回目なのでこれで有効期限は無くなった。
早速外の壁へ行き師匠にコツを教えて頂きフィギア4祭り。
キャンパより距離を出せるものだと初めて理解した。
来るのは遅くなるけれど自宅からは自転車で10分ほどなので閉店まで登って終了。
片手で数えられるくらいしか登っていなかったと思うのだけど、翌日は背中が筋肉痛。
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR