荻パン075

月曜日はアクティブレスト、と称して荻パンへ。
ちゃぼさんがリクエストにお応えしてバンベル壁にアップ用の長物を作ってくれたので先ずはこれ。
変に悪い場所は無く長さがあり、良い感じに腕が張ってアップの好課題でした。
アップが良かったのか、みのるんweekly課題が水色まで登れて、
前回宿題だったバンベル壁のランジから始まる白色が終わって、
ムーンボードの1番が登れていなかったのが片付き、
ワイドクラックまでムーンボードのホールド使用で登れてしまった。
うわーアップ大事だ。
スポンサーサイト

城ヶ崎in

11月28、29日は城ヶ崎へ。

そろそろ城ヶ崎シーズン、と言っても去年は1度も来なかったので2年ぶりになってしまった。
青い海が朝日を反射してポカポカと気持ち良い。
28日の朝はセージメン氏より受け取るものがあり、待っていてくれて駐車場で無事にブツをゲット。
ありがとうございました。

それぞれ別エリアの予定が何となく教えて頂いたオフィズスのクラックでご一緒することになっていた。
いがいが根のすぐ先、オーシャン手前にある、かんのん浜のこじんまりとした小さなエリアに短いクラックが数本だけ。
潮が満ちたら登れなくなる簡単そうなクラックを、ロープが濡れないようにトップ&フォローで登ってからオフィズスにトライ。
手が大き目だとギリギリにフィストが効くので自分には登り易いが手の小さい人には悪いサイズで苦労する感じ。
5.9~10-くらいだろうか?
⇒ボクサーよりタフとの声もあり10-~10ノーマルに変更(^_^;)
20151128kannon
右隣にあるフィンガールートは数手だけれどもピリリと辛く、意外なところにヌメリ群がいてフォール。
日蓮的な味付けのフィンガールートでこちらも面白い。
登れそうな感じではあったけれどTRで遊んで終了。


29日はお初の浮山橋のエリアへ。
お目当てはもちろんスコーピオン、の見学とゲルニカを触ってみること。
ゲルニカ1便目は見た目以上に難しく、あっさりテンションという体たらく。
選手交代をしつつ途中まで登って、力み過ぎで力尽きてメンタル終了でTRに切り替えて練習。
それで漸く目途が付いて仲良くお持ち帰りとなりました。
20151129ukiyama1

林立する石ころオブジェ群に見守られながら伊豆の陽気に包まれて岩に包まれた週末だった。
ありがとうございました。

荻パン074

荻パンはまたもBandbelt壁がリニューアル。
1Fで少し登って宿題だった紺色を片づけてからリニューアルされた壁へ。
赤色と紺色を中心に、シルバーボテの紺色は跳ね返されて他はサックリ。
コンペ課題のような派手な動きの白色が面白くてトライを続けるも宿題になって終了。
面白い課題が量産されて目移りして大変だ。

名張シーズン3日間

11月の連休は名張へ遠征。
平井堅の出身地だそうで、この話がいろいろと不思議な方向へ進んでいくとは思わなかった。
名張遠征の話は瑞牆の岩場と瑞牆帰りのPAで偶然に話が進んでゆずくん6人乗り合わせで行くことになった。
ドライバーは多かったけれど初日は寝不足で第一岩壁。
直登は安心して登れるけれど他はまだまだ敷居が高い。
20151121nabari1
自分は特に成果無し、宿題だったBUUEお持ち帰りオメ!

2日目はサニーサイドへ。
今度こそと思ってチビゴジラを触るもやっぱりボコボコに返り討ちにされてしまった。
Oさんの華麗な登りを見せて貰って動画に残したので次回へのイメージトレはバッチリ?
だといいな。
20151121nabari2

この日はいろいろあって平井堅の母校の近くで泊めて頂きナバラー大勢で宴会。

最終日は予報が怪しいし帰りも早いのでホタルクラックで遊んだ。
短いけれどピリリと難しい好ルート、機会があればまた挑戦してみたい。
たぶんこれもまた返り討ちにされそうだけど。

3日間ワイワイと楽しく濃密な時間でした、ありがとうございました。

荻パン073

今日になってもまだ足が痛い。。。
でも今週も来週もあまりジムれないので荻パンへ。
登っている間は足の痛みを感じないけれど帰り道ではやはりまた出てくる。
1Fのリニューアルもあり2Fは一時的にNewage、Bigwest、moonbordまで独り占めできるほどガラガラだったのに、
宿題に片端から手を出して全て敗退して力尽きて終了という。

荻パン072

昨日の山行で無理をしてしまったのかダメージが予想以上に大きい。
まだ膝が痛いし筋肉痛もあって階段を下りるのが不安定だし、何より右足の甲の外側が変に痛んで走れないほど。
5時間40分の山道だけでこんなになるとは。。。

今日は疲労回復の為にストレッチ程度に体を動かす目的で荻パンへ。
着くと2Fの休憩室で!?
一瞬見間違えたかと思ってしまった。
しかしやっぱりI塾長が来ていた。
目的はもちろんあのワイドクラックでした。
やはりあの吐き出される部分が厳しいとムーブについて話すも正解は分からない。
まり。さんは一体どんなムーブで登ったのだろうか。

登りは目的では無かったのだけれども、のりおくんweekly課題の紺色が解決したので成果ありか?
このダメージが抜けるには3日間以上が必要だなぁ。

雲取山1day

会の行事で雲取山へLight&Fast登山。
(Light&Fastって実はモンベルの商標とか)
今年のコースは鴨沢~七つ石山~雲取山~石尾根(鷹巣山mustで後は巻き)~奥多摩駅
コンセプトはレースでは無いのだけれども、実際にはトレランとなっている行事。
微妙な予報だったけれど一時的にパラパラと降られた程度で、曇り空中心の寒くも暑くも無い1日だった。
9:25にスタートして15:06に駅へ到着。
予想以上に大変なコースに5時間40分でボロボロになれた。
1年に1度だけれども軽装で思いっきり動くのもやっぱり楽しい。
20151115yamanecup1

パン2_031

雨の土曜日にパンプ2、って今年はこんなのホント多いな。
明日は明日で行事があるので朝一で行って軽めに登って夕方には引き上げ。
一反木綿のオレンジ11aを触ってみたけれど評判通りに悪かった。
11bでもいいと思うけれど、まあこれくらいの振れ幅ならば許容範囲内なのか。
先週に津波壁の紺色十を登れたので、難しい方の草色↑を触ってみた。
初めてなので予想通りテンテンだったけれど、通えば繋がる日も来るのだろうか??
ボルダーもリニューアルされていたので端から摘み食いしてみたけれど、今回は辛目の課題もチラホラといった感じか。
パン2のボルダーはそこまで分からないけれど。

荻パン071

混んでいるな、と思ったけれどリニューアルされた1Fに人が集中していたので2Fはガラガラ。
しかし痛めかけている感じの右肩を庇いつつの被りはアップを入念にしてからで無いと。
バンベル壁にのりおくんweekly課題が出来たばかり、だけど予想通りの出来栄えに紺色も無理でアップにならない。
ガラガラの被り壁とムーンボードで遊んで、尽きてきたところで1Fの新しい課題を触りに行ってみた。
常連さんが夢中になれるくらいの強度はある課題が増えたようで大変だ。
monthly課題もあるし、怒涛の勢いで課題を増殖させるスタッフに感謝。

荻パン070

荻パンに着いてストレッチをしているとジプシーがどうとか篤志家的な会話が聞こえてきた。
ジャムセッションやビッグロックはともかく荻パンでなんて珍しい。
ワイド人気も着実に広がってきているようだ、たぶん。
初めましてのHG氏は荻パンに創られたワイドクラックも大興奮して堪能して頂けた。
このワイドはムーンボードが設置されてすぐに気付いたものの、一人でトライするのも気が引けてそっと引き上げ、
少ししてからワイドの出現を話してムーンボードの人が減った時を見計らって初めて触った。
それから何度かトライしたものの全然進まず、今回HG氏が3人目の挑戦者として少し高度を上げることに成功。
まだ未登のオープンプロジェクト、いずれ現われるであろう完登者を待っている。

にしてもワイドに手を出したのは少しだけだったのにヨレた。
それでも何度もトライしている宿題だったNewage壁の白色を漸く完登できて嬉しかったな。
ムーンボードの6を1撃したものの1は相変わらず敗退中。
最後に1Fの長物を触りに行ったら途中で終わっていて奥の壁がリニューアルされていた。
新しい課題が満載だったけれど少しだけ触って引き上げ。

荻パン069

肩とか背中とか、痛めているほどでは無いけれど痛みがでている。
筋肉痛か疲労なのか、どちらにしてもレストが必要かな。
と言いつつ軽めに流しに荻窪へ。
1Fにweekly課題があったので触ってみたけれど、紺色までは1撃で白色は少し触ってまた今度と。
まあいつものパターン。
奥で登ってから2Fへ移動したけれど最後は殆どボーっとしていたような。
半分レストな月曜日の荻パン。

パン2_030

また雨の日曜日になってしまいパンプ2
廻り目平はもう氷点下を記録するようになっているので早々にスタッドレスへ交換したりと午前中はバタバタ。
用事を済ませて約束の3時をちょっと過ぎるくらいに到着すると予想通りに混雑していた。
ボルダーで新しい課題があったのでアップに登ってからルートエリアへ移動。
今日は会のメンバーが来てくれてやいのやいのと登った。
一反木綿壁がリニューアルされていたのでOSトライを楽しんで津波壁の紺色+を忘れないように登るくらいのつもりだったのだけど。
紺色+は今日は背中も痛いしと思いつつ出した1便目で1クリップ先まで伸びて、テンションした場所からレストを考えて2便目を出したらRPできた。
確かに登り易いルートだし、登れてみるとあっけなくも感じたけれど一応RPグレード更新♪
後は軽く登ってからボルダーエリアでやいのやいのとガンガンと登ってすっかり遅くなって終了。

末端壁へ行ったけど

11月7日は瑞牆の十一面末端壁へ。
日曜日は雨予報だったので天気が好転したらのための準備はしつつ、日帰りの心づもりで。
須玉ICを降りたところのローソンでは冬の足音を感じたものの、植樹祭広場の駐車場では湿気を含んだ微妙な曇り空。
人はあまり多く無かったので気楽で、コンディションもベストでは無いけれど悪く無い感じ。
あとは自分のコンディションな訳だけれどそれがダメダメ。
春うららを触るも最初のボルダームーブでメンタルが付いて行かずに降りてしまうし、アストロドームも核心で失敗してまたもやテンテン。
紅葉は綺麗で山を歩くにも最高の季節なんだけどな。
これから忘年会もあるし、もう少しコンディション意識しておかないと。
20151107matan1

荻パン068

今週は1回しか登る日が取れなかった。
やっぱり登れる時に登っておかないとと思ってしまったりなんかして。
着いてすぐに目に入るヒルマンコンペの課題にはなんとアップ用の緑色もあった。
早速アップに混ぜ込んで登って、ポテッ
あれ?緑色でこれはちょっと悪く無い?(緑色にしては悪そうなのは一目瞭然)
気を取り直してまた、ポテッ
やっぱりテープの色と課題の難易度が全然違っていた。
こうなったらと色々と摘み食いをしてみるとアテンプト数を稼ぎつつ完登できる課題がいくつもあって楽しかった。
コンペ課題は伸びきったり派手な動きのものも多くて面白いけれど自分が枯渇するのも早い。
monthly課題も増えていたけれど、すぐに消えてしまうコンペ課題をあれやこれやと登って終了。
まだまだ新しい課題だらけで嬉し忙し。

なつサバ

単発休日の11月3日、招集が掛かって去年の夏以来でなつデンorDELTA?でサバゲー。
今回は関越道の嵐山小川ICと花園ICの中間付近に位置するcode7なるフィールドで。
朝は事故渋滞とその渋滞での追突事故で予定よりかなり遅くに到着。
場所は少々分かり辛かったけれど、関越道沿いの道を通ればもう少し辿り着きやすかったかも。
電気を引くのが来週だったりとまだインフラ系を少しずつ整備しているようだけれどフィールドは作りも良く色々と楽しめる。
10人ちょっとで貸切だったこともあり、動きまわって10ゲームを消化した頃に日が落ちて終了。
20151103saba1

あうとどあヴぃれっじかっぷdays2

11月1日、コンペのスタッフ2日目は良く晴れたクライミング日和。
昨日は予選で人数が多かったけれど、決勝は人数が減って少しは楽になる。
一方フラッシングの予選とオンサイトの決勝では緊張感が全然違うもの。
と思っていたらジャパンカップや国体と比較すると重圧も少ないようでピリピリした空気は薄い。
シニア女子のクリップ設定が悪くてヒヤッとする場面もあったけれどナイスビレイで無事にクリア。
(ハング越えのクリップは片足とかは止めて安定させて欲しい)
今回のコンペは事故も無く楽しいイベントとして成功したと思う。
スピードクライミングは選手も遊びとして楽しんでいて、競技とし浸透していくのかなと思わせる。
面白かったのは入賞者の身長の低さと順位が綺麗に並んでいたこと。
普段は小さいとホールドに届かなかったり、実際に身長の高い方が有利な場面は多いのだが、
優勝者が押しなべて全員とても小柄で、クライミングの奥深さと面白さを感じさせてくれる。
セッターも選手のレベルを測りかねて大変だったと思うけれど結果はとても良かった。
予選は取りこぼし無く完登することが出来た選手が何人も決勝へとコマを進め、
決勝では上位3人だけ僅差で勝負がつき、4位が沢山で団子と云う図ったかのような展開。
セッターから実況まで何でもこなす東さんは弁当を食べる間も無く呼び出されて動きまわっていた。
ホント体力凄い。
今回も素晴らしい大会をありがとうございました&お疲れ様でした。
20151031avc1
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR