ビーパンプ20141030

出来立てチャボさんの長物があったのでさっそく。
R壁の10cはアップで登れたのでぐグレードと通りかと思ったら落ちた人を見ると少し辛めかも?
ファイルにあった肺魚氏の道場課題をやってみたけどやっぱり面白い。
これなら煮詰まってきても飽きることは無いな~
1Fに下りて長物をやったら11dが意外といい感じだったのでまた。
時間になったので荻窪駅へ行き頼まれものの刀レースを受け渡して帰宅。
スポンサーサイト

ビーパンプ20141028

昨日忘れたリソール靴を持って今日も荻窪へ。

BW壁へ行くとヌメさんweekly課題があったので早速触ってみる。
赤色で変な所の足を使ってしまいフォールと、ヌメさんの罠で自爆してしまい2撃に。
紺色まではマイルドだったけれど白色があり得ないらしい。
オレンジを登る面子でムーブが解明できないかホールドが足りないかとやっているので放置することにして1Fへ移動。
目的は昨日いいところまで進んでいたメイちゃんweekly課題の水色。
何度かトライして漸くRP出来た♪
もう少しで靴を預ける待ち合わせ時間になるところだったので気分良く撤収。
仕事帰りのlimacさんにご足労頂き今日のミッションも無事に終了。
あの靴は特殊に使い込んでいるのでリソールを受け付けてくれるかが核心かも

ビーパンプ20141027

今日の目的はウェダーの受け取りとリソールする靴を預けること。
で、いきなりリソールする靴を忘れてたんだけど。

これ以上指を痛めないように手が温まってくるまで少しずつアップしてから、ミポリンさんのやっていたBW壁にあるファイル課題をやってみた。
肺魚氏の初級道場課題なのだけれども面白いので何度もトライ。
つまるところは手強くてなかなか登れない。
登れそうで登れない課題は宿題のままタイムアウトで終了となってしまった。
ironさんと待ち合わせて無事にウェダーを受け取り、とりあえずは任務完了。
お借りしたウェダーを今週末使えるか、天気予報が。。。

紅葉の湯川は癒し系

10月26日は湯川へ移動。

林道はまだかなり荒れた状態なので、入り口の広い空地へ駐車してテクテクと歩いてアプローチ。
湯川へ移動してきたのに昨日の末端壁とかなり顔ぶれが被っているのは偶然。
結構登られている感じのラプター5.8でアップしようと思ったけれど珍しく人が少なかったので、いつもふさがっているデゲンナーでアップ。
このルートは手が大きいとジャムが決まりにくくて何度登っても苦手感が拭えないんだよなぁ。
代わりにコークスクリューはハンドが効くしバランスが悪いと感じることも無いので手の小さい人と感想が噛み合わなくてスミマセン。
サイコキネシスはポイントを覚えているので今回も無事に登れたけれど、もう少し余裕を持って登れたらとも思うところ。
残っている宿題を触ろうかと迷っているところで雨がポツポツと来たので北京の秋へ変更したけれど、これもまだまだ簡単にとはいかなかった。
プロテクションが悪いとも言われているけれど0.75~0.4サイズは3セット用意してナッツも使えれば大丈夫だと思う。
本降りとなりつつある中を撤収したけれど、夕方まで登れて満足な秋の週末だった。
20141026yukawa1

ベストシーズン@瑞牆

10月25日は瑞牆の十一面末端壁へ。

紅葉シーズンのためか朝から渋滞している中央道で到着は少々遅めになってしまった。
壁は平日に雨が降った影響で浸み出している部分があったりするものの、秋の乾いた空気にコンディションは良い感じ。
木曜日に痛めた左の薬指がフィンガージャムで悪化しないか心配しつつT&TをTRで触ってみたけれど大丈夫だった。
フィンガージャムでは影響の出ない筋を痛めているのか、ちょっと安心した。
アストロドームにTR便で取り付いたら今回はムーブも覚えていたのとコンディションの良さで無事に再登出来てこれまた一安心。
新しいルートに取りつくのもいいけれど限界で登れたルートはまた再現できるようにしておきたいので良かった。
下りてから少し指に痛みが出ていたので無理は禁物かな。
今のところの限界グレードを登れてこの程度なのは良かったのかもだけれど。

今日の末端壁も混んでいたけれど全て知った人で暖かくのんびり過ごせた。
にしてもプライベートで来ていたS野さんは何度見ても超人。
20141025mattan1

ビーパンプ20141023

昨日超強力なメンバーがセッションしていたオレンジ課題は、今日になったら若草色に変わっていた。
1級が2段に昇格してしまったらしいw

今日も宿題の白色ポケット課題に手を出してみたものの。
最初のトライで左の薬指から肘にかけてピシッと痛みが走った上に、フォールて突いた右手に小さなささくれ立った木片がサックリと刺さるという泣きっ面に蜂状態。
木片を引き抜くと出血は放置しておけばそのうち止まりそうな程度だったので左上腕のマッサージを続けてパキって無いか少しずつ調べてみる。
一定の角度では痛みが走るもののカチ持ちもスローパーも大丈夫そうなのでBigwest壁のガバ課題を登ってみた。
少し痛めたようだけれど登る方向の力は入るし危機的な状況では無かったらしい。
もちろん例の課題は1か月以上封印決定。

1Fにweekly課題があるらしいのでそちらへ移動。
赤色は足を間違えて仕切り直したが、白色まで1撃できるマイルド設定だった。
せっかくなので水色を触ってみるとあと一手まで進んだ。
ゴールまでの1手が核心なんだろうけれども。
登れるからいいものの、痛めた指の回復にはどれくらいかかるだろうか。

ビーパンプ20141022

昨日は疲労が溜まっていたのでレスト。
1日休んで完全回復とはいかないけれど随分とマシになった気がする。

雨の水曜日なら人も少ないだろうとの予想通りだったので、リニューアルしたNewage壁の宿題を触ってみるものの。
苦手のポケットにいとも簡単に弾き返され、トライするたびに高度が下がっていく有様に凹む。
そして壁が新しいお蔭でここだけ人口密度が上がってきたので、空いていたBigwest壁へ移動して単管で遊んで終了。
にしてもヌメさんBWさんカジさん他の強力メンバーがセッションして弾き返されていたチャボさんのオレンジ色って。。。

ビーパンプ20141020

昨日は実質的に2時間ちょっと走っただけなのだが、腿に腰に肩にしっかりと筋肉痛が出ている。
やはり本気のトレイルランニングは時間が短くても負荷が高いらしい。

にもかかわらず荻窪ってことになり今日も登る。
アップから体が重いのを実感しつつ軽めを心掛けて新しいNewage壁で。
先週の木曜日にムーブは固まってきたものの登れずに宿題となっていた白色↑を、取りあえずってくらいのつもりでトライしてみるとゴール手前の核心があっさり取れてRP出来た。
いや~これだけ筋肉痛を抱えていても登れる時は登れるものだ。
しかし残りの白色で登れていない白色/は全然ダメ。
指力が全然無いのでポケット課題はホントに弱い。
これは課題だな、引き付け力と一緒に強化目標としよう。
覚えている間は。
やっぱりすぐに枯渇したのでさっさと引き上げギョビーで〆♪

プチトレラン@富士山麓

10月19日は会のイベントで富士山麓プチトレイルランニング大会をやってきた。
水ヶ塚公園よりスタートして5合目より村山道を経由して戻ってくるコースタイム7時間くらいのルート。
(コースタイムは係より聞いただけで地図より正確には計算してない)
20代の強いメンバーが何だかんだで欠席となり3週間前の集中山行より人数も半減して少し寂しいけれど。

今回は最初から飛び出すメンバーもおらず自分でペースを作っていけた。
スタートから暫くは登り一辺倒なのでゆっくり歩き出し、心拍数を安定させてから徐々に加速するようにペース配分してみる。
暫くすると1人旅となり、視界が開けてくると青空に富士山が映えて気分も上々。
20141019yamanecup1

曲がり角になる5合目で振り返ると誰の姿も見えなかったので、残りの下りゾーンを気持ち良く走り下りれば逃げ切れると算段して楽しむことにした。
地図にルート一部不明瞭と記載されていた場所では踏み跡も赤テープも見失ってしまい、コンパスで方向だけ定めて突き進んでみる。
丁度良く登山道の標識がある場所に出たので残りを走りゴールへ。

ピンクのテープは正確だったけれど赤いビニールテープは迷った人が残した騙しだったのかも知れない。
結局2時間ちょっと走って終わったけれど、久し振りに軽装で山を走るのは気持ち良かった。
係の方、参加者の方、どうもありがとうございました。

パンプ2_20141018

週末の予定のタイムスケジュールが微妙なために秋の晴れた週末にパンプ2
予想していたがガラガラだったので、また懲りずに津波壁の白色□を触ってみるとクリップが1つ進んだところでテンション。
しかしコンディションの良い週末にこのルートを触ったのは初めてなので進んだのはそれが原因な気がする。
取りあえずそれは置いておいて触っていない11cは無かったかと探すと一反木綿壁に黒色/があった。
やってみると何だこれはってくらいに滑り易くてガチャガチャしホールドでバタバタした挙句にテンション。
解決はしたけれどまた手を出す気にはならないので暫く放置しとくことにしよう。
最後に滅多に触らないP2のボルダーを少しだけ、紺色と白色を2本ずつだけ登って終了。

ビーパンプ20141016

火曜日にホールド換えのあったNewage壁を楽しみに荻窪へ。
予想通り新しい課題が増えていて嬉しい。
極悪白色だった課題は2階級特進してオレンジに変わってたw
今回のリニューアルは甘目でスタートとしたらしい。
3つあった紺色の1つは3便かけてRP、2つは1撃できた。
この壁で1撃できる紺色なんていつ以来だろうって感じ。
白色は右側の1つは1撃したものの、真ん中のは最高高度が残り2手を叩いてフォールまで。
感触は良い感じなので次回は登りたいな~
左側の白色は苦手のポケット課題なので1回だけ触って、とりあえず放置。
指力を鍛えないと歯が立た無いかもだ。
次々と新しい課題が増えて今日も楽しい荻パン。

ビーパンプ20141014

連続して登っている疲労感はあるものの荻窪へ。
しかし着いたときはNewage壁が予想外のホールド換え真っ最中だった。
まあしゃーないので他の壁で少しアップして遊んでから1Fへ降りてみると週末のコンペ課題があったので早速取りついてみる。
コンペらしいドッカン系の赤色課題やら、なぜか地味な紺色課題やら色々ある。
白色に苦戦させられたけれど何便も出して無事にRP。
どうやら北穂ちゃんコンペだったらしいが男前な課題が多くて楽しかった。
そんなあたりで2Fの壁が解放になったと聞いて行ってみると。
当然だけどまだ課題は少なく混んでいる。
黄色と赤色は登り易くて紺色は・・・無くて、白色は極悪らしいので手を出さず。
今週中に増えるだろうから期待して待とう。

パンプ2_20141013

雨の休日だけれども大混雑はしていないPUMP2
昨日、一昨日と晴れた休日で、今日は超大型の台風が来るとしきりにニュースが騒ぎ立てているのだから当然ではあるけど。

しかし週末の岩場では大して本数も出していないにも拘らず腰や背中が痛い。
アップの後に津波壁の白□を触ってみるものの、またいろいろと忘れているし昨日のヨレが加わっているようでテンテン。
小津波壁と奥壁の11bは普通に登れたし100度壁の赤色11aはまだ余裕を持って登れたが、12はやっぱり違う。
今日は台風を警戒して少し早めに引き上げることにしたので人も疎らになってきた夕方過ぎには撤収。

今週も花崗岩の季節@瑞牆

連休だったので北アルプスの予定だったがまた台風上陸の予報で中止、瑞牆で花崗岩の割れ目と遊んできた。

11日は絵星岩へ。
植樹祭広場の駐車場は朝から満車の盛況ぶりだったが不動沢の駐車場は意外と空いていた。
瑞牆もボルダーが急増しているようだ。
到着も早くは無かったけれど当然のように貸切。
夏にびしょ濡れの中でRPした下部は乾いているとフリクションも良く、奮闘はするけれど花崗岩と戯れて快適。
最後のフェイスでムーブを覚えていなくてバランスが悪く、1度はクライムダウンしつつも無事にまたRP。
前回は水が流れるレベルに濡れていたグリコ森永ルートも乾いていて(1部は湿気ってたけれど)楽しく快適に登れた。
しかし岩場は意味不明なものもチラホラ。
抜かれた終了点らしきものが取付近くに残置してあったり、クラック内のチョックストーンに古いシングルロープが巻かれていたり、あげこまるの終了点にあった残置が無くなっていたり。
何か普通のクライマーじゃない変な人が来て工作したっぽいが何をしようとしていたのだろうか。

12日は十一面末端壁へ1番乗り。
そこそこ混んできたが知っている人や見たことある人ばかり。
岩のコンディションは良かったけれど登りはダメダメだった。。。
アストロドームはいろいろ忘れていて各駅停車になるしT&Tはカムセットを間違えたら後はもうボロボロ。
目的別のトレーニングやらも真面目に考えなければ駄目かな。
台風の近づく中で2日間は登れたし、紅葉は綺麗だし、嵐の前の?って感じに青い空には虹が掛かったり雲海に浮かぶ八ヶ岳も綺麗で気持ち良い秋の日だった。
20141012mattann1

ビーパンプ20141009

月蝕を見た場所で空を見上げてみても、そこには雲が広がっていた。
昨日は運が良かった♪

荻パンは昨日と違って平常運行の混雑具合。
1Fに長物を見つけたのでアップで取り付いたら落ちてしまった。
ニラちゃん11b、ちょっと辛いのかな?、次回はちゃんとアップしてから登ってみよう。
少し登ったところでキャッキャウフフな人たちが来ていたので2Fへと脱出。
BW壁が空いていたので肺魚氏weekly課題をやってみることに。
赤色は昨日登れたので紺色にトライするもゴールがなかなか取れない。
ミポリンさんに教わった皆がやっていたムーブを止めて自分で考えたムーブでRPできた。
人それぞれのムーブになりそうなので、初見で自分の最適ムーブを作れたら良いのだけど難しいな。
白色は敗退したけれど来週もやってみたいので残っていて欲しいところだ。
のりweekly課題の紺色を他の人が登っていたのを見かけたのだが、自分が気付いていなかったホールドを使っていた。
試しにもう1回やってみると悪かったゴール取りが随分と簡単になった。
やはりオブザベは大事だ。
まだ混んでいる時間だったけれど自分が枯渇してきたので撤収。

ビーパンプ20141008

荻パンへ向かう途中、月蝕が始まっているとの知らせ。
駅から上を仰ぎ見つつ歩くと高い建物に遮られている街並みの中に古い民家があり、ポッカリと空が見える空間があった。
そこには下方の輪郭が薄ぼんやりと消えかけている赤い月が浮かんでいた。

運良く天体ショーを見てからのジムでR壁辺りで適当にアップ。
そこでまた月蝕を見に行こうとの話になり、来る途中で月を見たポイントへ行ってみる。
近くの道路へ出ても月は見えなかったそうだが、ここは三脚とカメラを持った人も2人ほど来たくらい良い場所だった模様。
最初は雲間に隠れていた月が見えてくるとまだまだ赤く薄ぼんやりしていて不思議な感じ。
太古の人は日蝕や月蝕を目にしたとき、どんな驚きや畏敬の念を抱いたのだろうかね~
月が少しずつ明るくなるまで、暫くの間鑑賞してからジムへ。

weekly課題の赤色は今日の1トライ目でサックリ終わったので紺色まで続けてRP
白色は悪そうだったので放置し、monthly課題の紺色にハマって暫くトライ。
しかし結局敗退して終了。

パンプ2_20141007

火曜日なのにまたしてもほどほどしか混雑していない。
中毒患者の?みんなはどこへ行っているのだろうか。
アップで6本ほど登ってから津波壁の白色□を触るも感触をかなり忘れている。
2便目の方が少しだけ高度が上がったくらい。
この壁を登るにはこの壁に慣れなければならないのだなぁ。

パンプ2_20141005

台風の影響で日曜日の朝は清々しいくらいに本降りの雨。
パンプ2へ行くと予想外に人が少ない。
しかし岩の翌日は自分のパフォーマンスも全然良くないし。
100度壁に新しく出来ていた11bは平松さんルートでバランス良く足があったりしてOSできたけれど、持久力の必要なルートは全然だめ。
何日も連続して登り続けるビッグウォールって本当に凄いな。
もっと体力も付けないと。

一粒の麦を登りに

10月4日は瑞牆の十一面奥壁にある一粒の麦を登りに行ってきた。
先々週のjoyfulmoment帰りに少しだけ触って持久力と気合とカムが足りずにテンションしてしまった2ピッチ目のリベンジも兼ねて。

アプローチは正面壁を右手へ回り込むルンゼの踏み跡を辿り詰めて行き、FIXの垂れた手前の左手にある小テラス。
はっきりしない取付だけれどリングボルトの痕跡が1つだけあり昔も登っていた人がいたのが分かる。

1ピッチ目トップ(体感1ポイントの5.8)
前回はフォローだったので今回は逆オーダーで。
階段状はノープロで進み、左前方の短いクラックを抜ける。
スラブトラバースで左に見える太い木まで行きビレイ。
スラブの前後に振られ防止とロープによる落石防止の為カムをセットしてスリングで伸ばす。

2ピッチ目 各自リード(体感10b/c)
ハンドから始まり体が半分入るまで広がるフレーク状の綺麗なルート。
前回は最後にカムが足りずテンションして下部の#5を上にセットし直してTO。
今回はハンドサイズからを3つまで取り揃えて出陣、重いw
支点を伸ばすところをミスってロープが重くなってしまったがハアハア言いながら無事にRP。
長さもあり秀逸な1本。
20141004hitotubu01

1度ロープを抜いてのーるもリードで無事RP後に荷物を引き上げ、も1回フォローで登ったら雑になってしまい腕が張った。

3ピッチ目(ロープ担いで歩き)
右手へトラバースのルートもあるが、今回は岩を左から巻いて登って右手へ隙間を降りてルンゼの手前まで。

4ピッチ目フォロー(岩の隙間もぞもぞ歩き)
ルンゼも弱点に見えるが石が詰まっているので落石を避ける目的でか、左側の岩の隙間を進む。
上のスラブに出るのもあるらしいが、岩と触れ合いたいのでもぞもぞ進んで右手へ抜けて太い木まで。
落ちることは無いがロープが引っ掛からないように流れを考えランナーを1つくらい。

5ピッチ目フォロー(今回のラインは5.7くらい?)
灌木の目の前にあるクラックが設定ルートな感じもあったが苔てて湿っぽいし、正面のルンゼへ進んでから上部で右手のクラックへ。
下部は岩を引っ張っちゃダメ的な感じで登り、左斜上オフィズスへ入ったら#5で抜ける。
ここは色々とルート取りが出来る感じなので難易度はライン次第。
次のルートがハッキリしないので迷い、とりあえず適当な灌木でピッチを切りビレイ。

6ピッチ目途中まで リード、途中からフォロー(トポで10c/d)
下からクラックは全く見えないので取付を探してウロウロ
20141004hitotubu02

たぶんここだろうってことで登ってみることにする。
荷物はロープで引き上げたいので途中でピッチを切ろうかと打ち合わせてから離陸。
ライン取りもカムセットもムーブも迷ったが、読みが当たったと云うか予想外だったと云うか。
思わぬガバから細めだがしっかりした木へ繋がり右上するクラックへすぐ到達し、警戒していた割に簡単に感じた。
ここからは真っ直ぐ伸びる快適なジャムだったので少し上に見える小さな灌木まで伸ばしてカム中心に支点を作り荷物を引き上げてビレイ。
ここでピッチを切ったのでクラックの写真も自分のカメラで撮って貰った♪
20141004hitotubu03

傾斜も落ちているのでフォローは引き上げた荷物を背負って頂上へ。
ガスが出てきてしまい正面壁も小ヤスリ岩も隠れてしまったが気分は爽快。
やっぱり頂上は気持ちいいな。

下降路はjoyfulmomentと同じチムニーを登るつもりだったのだが。
その下に自分が落としてしまっていたトポのコピーがあったのを発見してもらい、取りに行こうとしたら下部へトンネルが続いていた。
踏み跡の濃さからどうやらこちらがメインの下降路だったらしい。
17時にピークで、ロープを畳んでから取付に戻ったのが17:20と云うお手軽な下降。

2本の綺麗なクラックを登りにピッチを繋いで行く感じのマルチで気持ち良いピークまで。
なかなか面白いルートでした。
ありがとうございました。

【今回の使用ギア】
シングルロープ、スリングそこそこ、#1以下と#5が2セット、#2~#4が3セット
スモールカムはあまり使わなかったし人によってはここまで重い荷物は不要か。
殆どが2ピッチ目の為だけに運んだギアだったような。

ビーパンプ20140902

アプローチシューズのソールが無くなってきているので、さかいやで安売りのシューズを購入。
今月末にある会のイベントまでに少し履き慣らしておかないと。

そんな理由で少し遅れて荻パンへ到着。
換わったばかりの1Fは思っていたよりかは混雑していなかったので触っていなかった課題をやってみることに。
と、そこで久し振りにのっぽのyasu氏の姿が。
荻窪近くへ引っ越してきたのと仕事も少し落ち着いたのとで久し振りに来たそう。

新しい課題の方はと云うと、スラブ壁の赤色が悪いのなんのって。
火曜日に紺色は2つとも登れていたので赤色は簡単だと思ったらケチョンケチョンにされたw
6便くらいかけて何とかRP。
白色は2つとも少し触っただけで宿題としてまだまだ楽しむことになった。

2Fへ行くと新しいmonthly課題とweekly課題がそこかしこにある(嬉
そしてnewage壁の左側にある紺色とbigwest壁にあるweekly課題の赤色に打ちのめされる。
スタッフもノリノリだ~、オイラもガンバろ~
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR