ビーパンプ20140731

今日はR壁の紺色/を落とせる気がする!
と思って壁を見ると。
そこにはWeekly課題、そしてあちらこちらにレディース道場課題のmonthly課題シリーズが散りばめられている。
・・・気が散るじゃないか。
で、早速つまみ食いしだす。
せっかく最初からteam5.10を用意していたのに。
まあteam5.10を使ったお陰でBigwest壁のチャボさんWeekly課題紺色にR壁の宿題紺色/も登れたのだけど。
しかしWeekly課題の白色はやっぱり敗退。。。
脱4級が課題になってる。
頑張るか。
スポンサーサイト

パンプ2_20140729

今日も定時過ぎに離脱ってパンプ2へ
バタバタしつつアップで5本ほど登って津波壁の白色□12aを触る。
そこそこ固まってきたので最高高度を更新するものの、全力出してたらしくその先はボロボロでクリップすらまともにできない各駅。。。
次に10cで流すと張り具合が良く分かった、トホホ
持久力も技術も全然足りてないな。
少し休んでタワー壁に新しく出来た緑色の11b。
しっかりオブザベして登るとホールドは良いし気持ち良くOSできた。
お買い得かは分からないけれど迷わなければ登りやすいルートかな?
混んでいたのでここで時間切れとなり撤収。

ビーパンプ20140728

週末のワイドクラックの影響でいろいろヨレているけれど早く帰れたのでビーパンプ。
何でこんな状態で登りに行くかな。

まだ宿題のR壁にある紺色/に今日もトライ。
やっぱりボテが全然保持出来ない。
と思っていたらナギちゃんパパの足使いを真似たら次へ進めた。
よっしゃ!と思うも今度は次の足がツルツルで踏み込めない。
これはチーム10.5を履けば滑らないような気がする。
次回は靴を替えてやってみよう。(←靴の所為にしとく)
他は殆ど触らずに終了。

絵星岩下部左岩壁とクラック地獄エリアでのんびりワイド

7月26、27日は瑞牆でのんびりワイドクラック。

26日は朝から何故かガスガスで瑞牆の岩峰群が神秘的な光景。
まさかの全エリアビショビショだったらしい。
絵星岩下部左岩壁もマシなのはあげこまるだけ。
手が小さいと濡れた下部が非常に悪かったのでTR張ってしまおうか、ってことで。
ハイ、行ってきま~す。
前回TRで触った時にカムの目途はついていたので少々ヌメルワイドに奮闘しつつ無事RP♪
2回目はTRで触るとカムの重さが無いし少しずつ乾いてきていたので登り易くなった。
20140726ebosikabu1
昼寝しつつのんびり登ってからカサメリ沢の秋場所ロック散策へ行ってみた。
ここもびしょ濡れだったけれど綺麗なクラックが走っていた。
植樹祭広場の夜は知人の知人までで完結しているような狭い世界だったけれどいろいろと面白い。

27日は乾いている小川山へ転進も考えたものの。
混んでいるし非常に暑かったと聞いて涼しい地獄エリアへ行くことにしてみた。
オリジナルの2ピッチ目でアップしてN字ハングをTRで触る。
少し前にRPしているのでノーテンだったものの、奮闘しまくりで凄く疲れる。

ここで他のパーティーに会ったのは初めてだったけれど、
通りすがり含めて3パーティーも来たのは全て84関係の方だった。

最後にI塾長に聞いた天井の花子さん辺りを登ったところにあるクラックを見に行ってみた。
ワイドがドカーンと伸びた不思議な空間。
こんな場所があるとは地獄エリアも奥が深いとしみじみ。

パンプ2_20140724

早々に離脱できたのでパンプ2へ。

前回まで酷い混雑っぷりだったので今日は非常に空いているように感じる。
メンバーが奇数だったのでどうしようかなと思っていたらやっさんがパートナー待ちだったので声をかけてアップをお願い。
やっさんパートナーさんが来てから戻って計5本。

人が少ないので津波壁の白色12aを触ってみた。
結果はやっぱりテンテンテンテン。
2回目で漸くトップアウトできたくらいの有り様。
11dのRPで苦労していたのだから当たり前か。
ジムのグレードは正直だ。

ワークアウトにリニューアルされた100度壁の10d、10aを駆け足で登って終了。
今度12を触るときは前日をレストした方が良さそうだ。

標高の高い稜線を歩きたいな、来週あたりソロ縦走とか。

ビーパンプ20140723

今日はレストかなと思っていたのだけど、何か早く帰れるようになってきたので荻パンへ。
荻窪もバーコード導入で受付はスルーできて早い。

宿題だったR壁の右側の紺色/は今日もボテが全然持てずにまた敗退。
weekly課題がBigwest壁とNewage壁にあると聞いて触ってみたのだけど。
チャボさんノリノリらしい(^_^;)
赤色で思わぬパワー全開、ヒールが抜けたりで3撃となってしまう。
紺色は3便くらい出したけどゴール手前のホールドが悪くて放置。
う~ん、チャボウズさんがノリノリでは無く自分が弱いのか。

気を取り直して?R壁右側へ移動して白色をトライしてみると、
ミポリンさんムーブを見て組み立てなおしたら登れた、ありがとうございます。
紺色のスローパーのが悪いんでない・・・?
あとはBandbelt壁でtakita氏とセッションしてみたり赤色ランジでまた失敗してやり直したり。
レストの筈が腕が終了して帰宅。

ビーパンプ20140722

到着は遅くなったけれど休み明けは空いていて登り易いのがありがたい。
すぐにリニューアルされたばかりのR壁で桃色から順番にアップを兼ねて登れる。
スタッフが好調なのか今回は少し辛目に触れた感じも?
左の紺色は2便掛かって右のはスローパーを持てずに敗退。
自分が落ちているだけか?
今日はR壁に終始していた。
最後にBandbelt壁の長物11a(足自由)をやって終了。

日原川の倉沢谷

大井川倉沢を雪渓敗退して連休が1日余り、天気予報も悪く無いので涼しい場所へと日原川の倉沢谷へ。
大井川倉沢の次に日原の倉沢とはややこしいけれど水遊びは一緒。
少し下部を見学してから高巻き禁止で倉沢谷を遡行。
ウェットスーツにラバーの沢靴で泳いでへつって突破。
20140721kurasawa01

予定を越えて塩地谷の登山道と合流するところまで行ってきた。
こちらはトポで巻きとなっているところも直登出来て残置があったり。
予想以上にゴルジュの沢で面白かった。
20140721kurasawa02

登山道の上流は倒木でボサボサだったけれど、上までなのか?

大井川倉沢は雪渓で撤退

7月19~21日で大井川の倉沢へ行って来る
予定だったがゴルジュCを抜けたところ、戸間ノ滝沢落ち口にあった雪渓で断念して下山となった。

7:00バス~8:00椹島~9:30倉沢~11:10ゴルジュCヒョングリ滝~12:10雪渓で断念~14:15登山道~15:30椹島ロッジ
バス乗車券の為に宿泊、20日に帰宅。

海の日は登山客も多く3便目となった7:00のバスで椹島へ。
準備をして大井川を下り、左岸より最初に合わさるのが倉沢谷。
記録では朽ちかけたワイヤーの吊り橋を渡ったとかあるけれど普通に川を下れば行けた。

入渓するとゴルジュの連続で、ドキドキしながら次々と現れる滝を突破していく。
高さのある滝は少ないし釜があるものが多いのでトライしやすくて楽しい。
ゴルジュAの残置はスリングを掛けて突破、ショルダーとかはやらなかった。

ゴルジュBの懸垂は40mロープで丁度いい感じだったので30mだと面倒そう。
ゴルジュへ懸垂下降した先がまだゴルジュってドキドキする。
20140719kurasawa01

ヒョングリの滝が登場するとゴルジュCの始まり。
これは意外と簡単に抜けられるけれど迫力満点。20140719kurasawa02

泳いで取付き、ボルダームーブで突破できると嬉しい。
20140719kurasawa03

ところがゴルジュCの抜け口あたりで雷鳴が聞こえて少々焦る。
雨は殆ど降っていなかったものの一旦様子を見たいと安全地帯のありそうな先へ急ぐ。
戸間ノ滝沢の落ち口へ来たところで倒木がモシャモシャと重なり合い、その先には雪渓が残っていた。
最初の雪渓はアーチ状で下を潜れるが、先には崩壊した雪渓がゴルジュの中に積み重なっているのが見えた。
こりゃ水線通しはヤバイな・・・
20140719kurasawa04

大高巻きになると今回の目的であるゴルジュ突破も高巻きで無くなってきそうだし撤退を決定。
すぐ下より右岸を登ると安心の木の根を掴んで登り続けることができ、そのまま稜線へ出て1800m付近で登山道へ。
そして椹島ロッジで一風呂浴びてビール。

タイミング悪く今年は雪渓が残ってしまっていたようで宿題となってしまったがゴルジュ突破の面白い沢だった。
また来たいですね、ありがとうございました。

ロープを使ったのはゴルジュBの18m懸垂のみ。
高巻きも殆ど無くラバーソールの沢靴でゴルジュ突破を楽しめた。
見かけた残置は最初のゴルジュAで利用した錆たピトン1つくらい。

パンプ2_20140715

ちょっと忙しくなってきたけれど明日に出来ることは後回しにして逃げ出しパンプ2へ。
しかし火曜日の混雑具合はどうしょも無い感じ。

隙間を見つけて3本登ってアップ完了として宿題ルートにトライすることにした。
混んでいると人もギスギスした感じになっていたりして嫌やね。
暫く待ってから津波壁の右にある赤色□11d
前回に下部でバタバタした部分を修正、薄被り部分はしっかりレストをして呼吸を整え、
最後のカチは気合で押さえて、無事にRPできた。
ビレイありがとうございました~

腕が張りまくりでクールダウンで触った10aのガバを持つのが大変だったw
簡単なルートで腕の緊張を取ってから奥壁のオレンジ11bをギリギリでRP、最後に奥壁の10cで流して終了。
計9本しか登っていないけれど宿題が片付いたので良かった。

これで現在パンプ2にある11cx5本、11dx2本を登れたのでピラミッドの土台は出来たかな。
さあ次の機会に12aを触るか、沢シーズン突入により暫く現状維持を目指すことになるのか。

ビーパンプ20140714

週末のワイドでヨレヨレだけど、仕事で肩が凝ってしゃーないので軽く動かしに荻窪へ。
PJCC(パンプ・ジュニア・クライミング・クラブ)の課題が沢山あったのでいろいろと触ってみた。
触ったBクラスの課題は大体が5~4級くらいのだった。
子供のコンペ用課題なのでホールドが小さかったり狭かったりして難しい。
と言うか純粋に難しくて面白い課題が多い。
R壁の敗退した課題は大きめのピンチ系ホールドが保持れなかったし。
1Fの蔵壁にある最近できた白色を2つ落としたり、月曜日は人が少ないのでいろいろつまみ食いして終了。
1Fのチャボさん長物11aでは落ちてしまったけど。
肩こりは少し改善したけれど腕が終わってレストにならなかったかも。

絵星岩下部左岩壁に行ってみた

日曜日も晴れると思っていたのだけれども、いつのまにやら夕方前には降ると予報が変わっていた。
台風の影響があるとは言え天気予報の精度はいつまでも良くならないものなのだろうか。

カサメリ沢の下流部は前絵星を探して歩いたりしていたので下部左岩壁も大体察しはついていた。
ここだろうねと急登を登って行くとあっけ無くあげこまるルートは見つかった。
グリコ・森永ルートはびしょ濡れ、奈香良クラックは乾いていたのでこちらを登ってみた。
見たまんま典型的なワイドクラックな登りを要求されて面白い。
自分が登っているときにはもう気の早い雨がパラパラと降ってきてしまったのだけど。

そこで奈香良終了点よりあげこまる終了点に回り込みTRをセットしてしまうことにした。
これで仮に本降りになってもゴボウで終了点は回収できるので心置きなく遊べる。
あげこまるをTRで遊んでいると自分の時だけ雨が降ってきたりと変な天気だったけれど、2本ずつ触って終了。
知られざる好ルートだったのでコンディションの良い時にリードしにまた来たい。
20140713ebosi1


まだ時間があったので他の岩場を探検しに行っている間に雨は本降りとなり撤収。
瑞牆の奥深さに改めて感心。

鳥観察とアーチクラック@小川山

7月12日は小川山のバードウォッチングエリアと砦岩にあるアーチクラック

久し振りに予報の良かった週末の早朝に混雑気味の中央道を飛ばして廻り目平IN
台風の影響を考えて乾きの早そうなバードウォッチングへ行くことにした。

オオルリは殆ど乾いていて問題無し、ハンド部分が若干湿気っていたけれどハンドなので大丈夫。
もう少し簡単なイメージがあったけれど、コンディションなのかな。
キビタキは2年半前に気合でOSしたルートだけど今回はテンションしてしまうかもと思いつつ離陸。
ムーブが固まっているようなものではないけれど登り方は大体覚えていたお蔭で無事にRP、ホッ
もう1度TRで触ってから砦岩にあるアーチクラック2ピッチ目の謎解きに行ってみることにした。

1ピッチ目をフォローして一旦切り、2ピッチ目の取付と思われる場所を探してまた一旦ビレイ。
もう少し探している時に地上より天の声が「そっち違いますよ~」と聞こえてくる。
声の主は偶然に通りかかったポキさんでしたw
やっぱり切った場所は正解で、綺麗に伸びるクラックを目指せば良かった。
そのまま2ピッチ目はフォローで登ることになり結構奮闘しつつ終了点へ。
3ピッチ目の先を覗くと以前に終了点からTRを出して遊んだクラックらしきものが見える。
タイムリミットがあったのだけど3ピッチのルートだし最後まで登るしか無いな~と出発。
そして無事に右の石門の頂上へ出てビレイ。
砦岩の広場へ懸垂してクライミングシューズのまま歩いて取付へ戻る。
急いで下山してギリギリ6:50に精算して廻り目平よりナナーズ・ヘルシーの湯経由で移動。

アーチのカムは5,6は1つずつで良かった。
1,2,3,4は結構使うけれどスモールは殆ど出番無しだったな。
全部登るのは予定外だったのだけれど冒険的要素も多くて面白いルートだった。
ありがとう♪

ビーパンプ_20140709

今日はレスト日としているので少しだけビーパンプ。
ってジムへ行っといてレストと言うのかどうかは分からないけれど、一応軽~くだけ登る。

bandbelt壁のヌメさんweekly課題は赤色に苦戦していたのだが、しいちゃんムーブを真似たら登れた。
他の人も同じムーブだったそうで、要するに自分の引き出しが足りなかったのだと判明。。。
他の人が悪いと言っていた黄色はグレード通りに感じたし紺色や白色もそんな感じ。
人によって極端に差が出るヌメさん課題の不思議。

Newage壁の肺魚氏weeklyは面白いけれど辛めかな。
白色は少し触ったけれどツヨツヨ常連さんが保持れなくて落ちるのを見て退散。
予定よりレストになっていなかったけれど明日の帰りに台風の影響が出始めたら寄らないかも知れないのでまあ良しとしよう。

で、またクラフトビール。
が美味い。

パンプ2_20140708

なかなか良いペースでパンプ2へ通えているのは嬉しい。

早い時間に到着して人も増えなかったのでラッキーと思っていたけれど8時半を過ぎていつのまにやら混雑。
やっぱり火曜日のパンプ2は仕方ないか。

土曜日にタワー壁のオレンジ□をRPしたので今日は何を触ろうか迷う。
通い込むとまで来ていないので色々と選択肢があるのは嬉しいところ。

そして津波壁右の赤色□11dにトライすることにしてみた。
見た目通りホールドは悪く無いしフリクションもあるしクリップも良くて楽しい。
さすが平まっちょ店長の作るルートだ。

だけどグレードはたぶんそれなりで、力尽きてテンション。
3回トライして全て1テン。
毎回テンションの場所が違いつつ繋げられそうな感触はあるのだけど。

タワー壁のオレンジより登り易いイメージなので下部をしっかり固めて(最後の便はまた足を上げ損ねてた)、
次にトライする日にはRP目指したいところ。

ビーパンプ20140707

サッカーのWCが開催中で雨の月曜日。
荻パンの人も驚くくらい少ないけれど、週末の疲れで自分の体力ゲージも少ない。

軽~く登って終わりにしようと思っていたけれども。
週末にあったPJCCコンペの課題が残っていて、レディース道場の課題がmonthly課題としてシールが貼ってあって、
いつものweekly課題も健在で、目新しい課題が壁中にちりばめられているので大変。
簡単そうなのから順番に片っ端からつまみ食いしていったら常設課題を全く触らないうちに体力ゲージが枯渇してしまった。
早い時間には予定以上に登ってヨレヨレになって撤収。
新しい課題がこんなにたくさんあるなんて楽し過ぎ♪

尾名手川~大滝沢~大久保沢下降

7月6日に尾名手川で沢始め。
日曜日は降らない予報だったが、岩のコンディションはどう考えても悪いので沢へ行くことに。
水量の多い沢の入門編とある尾名手川に梅雨時なら水量も多めで楽しかろうと提案されてGO。
トポの大滝沢は山と高原の地図では中ノ沢と記載されているようで、どちらが正しいか不明。
ざっと

【今回のタイム】
8:15駐車スペース~11:20大滝沢出合~13:25登山道~14:25権現山山頂~14:45尾根より下降~17:50駐車スペース

集落の最初にある青い屋根の車庫の手前にスペースがあり大久保沢の出合に近いので駐車。
入渓点が分からずウロウロしてしまうがトポを良く見れば良かった。
橋を渡って鶴川から尾名手川の右岸より大きな堰堤を越えると入渓点。
予想はしていたが期待していたより水量は少ない印象。

尾名手川は難しい場所も無くただひたすら沢歩き、ウォーターウォーキングってやつ?
滝にフィックスロープがある場所は水流より登った方が楽しいし安全だと思う。
あの大雪の影響なのかモシャモシャと倒木が多くて大変。

大滝沢(トポの)はハングした滝を右岸より巻いて入って行く。
こちらは幾つかの沢登りらしい滝があり良い感じに登れる。
初心者にはロープが必要だけれども支点は無いので座ってボディビレイかハーケンを打つかが必要になりそう。
詰めは雨で少し緩んだふかふかな土の斜面で疲れる。

権現山のピークを過ぎて神社の先のコルを越えて尾根より下降してみる。
下り易そうな場所を適当に選んでいけば大久保沢へ入れるので楽でいい。
水が出てきて最初の滝は上部を小さく巻いて下部をクライムダウンしたが綺麗な滝だった
20140706onate01

最後だけ数メートルの懸垂下降をしたけれど滝があっても殆どがクライムダウンしていけるので下降に適した沢だろう。
最後は鶴川の橋の脇を渡渉して駐車スペースのすぐ近くの道路へ戻ることができた。
難しい場所はあまり無いし水量は全然多く無かったけれど行程は長かった。

パンプ2_20140705

梅雨でパンプ2頻度がうなぎ上り。
平日もパンプ2へ行けているので段々とジムのルート慣れが進んでいる気がする。

開店時間よりパンプ2に行くと予想通りの混雑具合。
でも午後になっても最初の人数からは大きく増え続けなかったので先週よりかは少なかった模様。

空いてるルートでアップしてから今日の(も)目標であるタワー壁のオレンジ□11dにトライ。
やっぱり最後のクリップをする力が尽きていて1テンとなってしまう。
が、ここでFえさんのクリップムーブを教わったので次の便で試すとクリップが出来た!
が力尽きていてゴール取りでフォール。
感触は良かったのでお昼休憩後にもう1度トライすると今度は登れた♪
地味にジムグレード更新となりました、ありがとうございます~

それから気になっていたタワー壁右手の白色↑11cにトライ。
登り易い、悪いホールドは無い、と良い情報を貰っていたので思い切って登ると一撃できた。
確かに隣のピンク□より悪い1手とかが無くて良かったな。

最後にボルダーで少し遊んでから引き揚げ。

で、登戸にあるクラフトビールのお店でまた軽く1杯。
こんなところにもあるとは嬉しいね。

パンプ2も登れるルートを登りつくしてくると煮詰まってくるんだろうな。
荻窪のリニューアル速度に改めて感心したり。

パンプ2_20140703

週に2回目のパンプ2なんてどれくらいぶりだろう。
電車遅延のおかげで1本早いのに乗れて予想以上に早く着けたし♪
アップをしている間に凄く混雑してきたけれど火曜日もこんな感じだったので、いつも通りかと思ってた。
やっぱり混んでいる方だったらしい。

今日はタワー壁のオレンジ11dにトライ。
結果は2テン、1テン、1テンだったか。
1グレード上がると3便でお持ち帰りは難しいな、当たり前だけど。

混んでいたので後は適当に少し登って終了。
次はあのオレンジ登りたい。

パンプ2_20140701

今日も定時離脱できたので久しぶりに平日のパンプ2
さっさと脱出したら7時過ぎに到着してしまった。

アップしてタワー壁右手の白色を触ろうと思ったらタイミング悪く他の人とルートが被ってる。
隣のピンク□も触って無かったのですぐ変更してトライ開始。
1便目はやっぱりって感じに1フォール1テンの結果。
レストをいれつつトライしていくと2便目で1フォール、3便目でRP。
ここ3連続で11cが全く同じパターンだ。
最初のトライでムーブが大体固まるものの2便目で足を上げずに手を飛ばそうとしてフォール。
そして3便かけてお持ち帰り。
パンプ2のルートは遠いホールドは少ないのだから足をしっかり考えよう。
それとオブザベをしっかりして1便目の高度を上げたい。
ま、ホールド換えで甘くなってる11cかもなので地道に頑張ろう。
そろそろ次は11dにもトライしていきたいな~
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR