ビーパンプ20140430

GWの谷間で急ぎの仕事も片付いていたので早めに切り上げてジムる。

水曜日なのに何故ってくらいに混雑している。
休みで他から遠征してきている人も多いのだろうか。

Bandbelt壁は課題追加工事中でアップもどこを登ろうか迷うくらい。
少ししてのnew課題が解禁されたので触ってみた。
やたらと辛いのが多く苦戦しまくり。
やはり追加課題はだんだんと厳しくなる法則がある感じ。

混雑していたので1Fを見に行くといつの間にかガラガラになっていた。
ホールドがヌメるのが多い感じで気になるが人が少ないと登り易い。
weekly課題を触ったり奥の壁で一人黙々と登ってすっかり枯渇して終了。
スポンサーサイト

飯豊山をSKIで百名山ハント

4月26日から28日で6年前に敗退してきた飯豊山に行ってくることができた。

最初は縦走で川入からと思っていたのだけど道が崩壊しているニュースを去年に見たのを忘れていた。
大日杉から行くならスキーがいいと言われて決まったのだけれど急に仕事が忙しくなり準備だけで連日4時間ちょっとの睡眠の状態。
計画はお任せ状態になってしまうし出発時にうっかりミスを警察の待ち伏せで違反切符と散々な出だし。
しかし運転を交代してもらいつつ何とか朝には登山口へと駒を進めることができた。

26日は大日杉~地蔵岳~切合小屋
単独の縦走、ボードの男性と我々の計4人で同時に出発。
最初は板を担いでの急登、そして板を履いてからも無風快晴で汗が滝のように流れる。
地蔵岳山頂で日帰りボードの方は引き返し、縦走の方はワカンが無かったので早めに敗退を決めた模様。
雪庇の割れた稜線は樹林帯をトラバースして進み、緩い稜線を延々と進んで切合小屋へ。
前回は非常に寒かったと記憶していたけれど今回はポカポカと暖かく貸切で最高。
20140426iide1
20140426iide2
20140426iide3

27日は切合小屋~本山小屋~飯豊山~御西岳~大日岳手前の文平沢ドロップ~同ルートで本山小屋
今日もシール登高でペタペタと緩やかな稜線を歩き、6年前に辿り着けなかった飯豊山にとうとう到着。
見渡す限り純白な峰々に囲まれた山深い山頂だった。
ここからまた稜線を歩き屋根以外の全てが埋まった御西小屋を通り過ぎて大日岳方面に向かう。
山頂近くは急登そうだったので適当なところで文平沢を少し滑ってからハイクアップして来た道を引き返す。
この日はおむろの沢を上がってくる3人パーティーを見かけた他は誰にも会わず、本山小屋も快適に貸切。
20140426iide4

28日はおむろの沢を滑って地蔵岳へハイクアップして大日杉へ下山。
最初は間違えて御秘所沢へ滑り込んでしまったが直ぐに気が付き15分のハイクアップでリカバリー。
オープンバーンでノートレースの左俣を快適に滑って行くと右俣との合流地点でトレースが来ていた。
昨日に見かけた3人パーティーのものだろう。
地蔵岳への登りは彼らのトレースを辿らせてもらった。
山頂で休憩していた縦走の3人パーティーがこの日に会った全て。
ここからは少し狭い尾根を滑り、だまし地蔵は右斜面よりトラバースでパス。
1000m付近で尾根を間違いかけたがまたすぐに気付いて10分ほどのハイクアップでリカバリー。
スキーでの下山はやはりスピードが速く快適だった。
20140426iide5

2日間はスキーで登って歩いて滑りは少しだけ、3日目は滑り主体での下山となった。
GWの百名山とは思えない静かで懐の深い雪山だった。


下山したら白川荘の温泉へ寄ってどぶろくを購入。
これは生原酒と思うのだけど。

往路は東北道より米沢経由だったので最終コンビニも近くて便利だった。
そして帰りは喜多方ラーメン元祖の?源来軒にさくら肉と猪苗代湖へ寄り道と6年前のトレース。
そして磐越道経由でのんびり翌朝に帰京。

ビーパンプ20140423

連休を前に急激に忙しくなってしまった。。。
何でこのタイミングなんだろうか。
今週で登れるのは今日だけ(悲。
Bandbelt壁がリニューアルされていたので赤色までだいたい一通り登ってみた。
左の垂壁にある赤色は意外と癖があって1撃は失敗してしまった、難しめ?
紺色は1つ未解決でさっさと放置、2つを1撃までで今日はこの壁はひとまず終了。
weekly課題が先に消えていくのでそちらへ移動してみる。
黄色、赤色が1撃で紺色が2撃で白色が宿題。
いつものパターンか。
新しい課題は足に困るのが多い感じで少し辛目のものもといった感じ。
今週は登れないのに仕事で睡眠不足のままではレストにもならないかなぁ。

ビッグロックでやいのやいのと登る

4月20日の朝、早めに撃沈してしまったのでスッキリした目覚め。
宴会の後遺症で内臓の調子が悪いが美味しい朝ごはんはしっかり食べる。
夜中に降った雨で辺りは全面濡れているので岩場は中止、皆でビッグロックへ。
久し振りにハングのクラックを触ったけれど、2便出して、やはり抜けられず。
しかし少しずつコツが掴めてきた感じも。
次に来た時にまたトライしてみよう。
いつになるか分からないけれど。
それにしてもハンドジャムバチ効きのハングは手が良い分背中にくる。。。
その右側にあった11aは1テン。
力のある人が力任せに作ったようなルートで楽しく無いので放置。
も一つ手を出した薄被りにあった11aは順当だった感じだけど。
ボルダーが以前よりは面白くなっていた。

山岳会の総会

4月19日は山岳会の総会。
新しいメンバーが増え、会の人数もまた少し増えて。
そして旧来のメンバーがまた少し減って。
いつの間にか少しずつ変わって行くものなのだと。
緩やかに確実に次の世代にバトンタッチしていくのだろう。

恒例の親睦会は寝不足と疲労のためか睡魔に勝てず早くに撃沈。

今年度も皆が楽しく安全に、心に残る山と出会えますように。

ビーパンプ20140418

連休を前に残業増加の危機が。。。
何でこのタイミングで。

そして少し遅くなってしまったものの荻窪駅でつい途中下車。
いつもより人の少ない金曜日のビーパンプへフラフラと吸い込まれて行く。

最初は昨日と同じ空いている壁で遊んでいたものの、
リニューアルされたBigwest壁に触りたくなってうずうずしてきて移動。
セッション祭りが開催されている合間を縫って登っていない白色をちょこちょこと触ってみる。
カチカチの課題は見た目以上に登り易くてカチラーにはお買い得か。
右端の課題は昨日はヨレていてダメだったのか、今日は何度かトライしたら片付いてしまった。
も一つついでにカンテのカチとヒールで登る課題、得意系かもと思って触ってみるとこれも何便かでRP
これで新しい白色は残り2つかな。
まだまだ道程は長いかもだけれど、お買い得な水色を探してみようとか欲が出てきたり。

ビーパンプ20140417

木曜日なのに人が少なくていいな~と思っていたのもつかの間?
時間が経つにつれて賑わっていた。
まだ改装中のパンプ2より遠征してきている人もちらほら。

リニューアルされたBigwest壁は人気なのでR壁やNewage壁を中心に。
ずーっと宿題だったR壁の白↑、足位置がガストン持ちしてたところの方がいいんじゃない?と言われて試すといい感触。
そしてもう1度目のトライで片付いてしまった。
この前と同じだ。
いつの間にか変なムーブに固執してしまっているときの適格なアドバイスは目から鱗状態。
いや~クライミングって面白い!

他の苦労しつつ1度は登れた白色にトライするとまた登れたのもまた嬉しい。
しっかしNewage壁の紺色は再登がなかなか難しいのがあるんだよな。
精度が上がるまで何度も触るしか無いか。

ビーパンプ20140415

週末の疲れが抜けるどころか昨日のダメージまで追加しているような気がする。
肩周りがガチガチになっているけれど明日はレストなので、やっぱり登る。

着くとBigwest壁が改装中。
課題が増えると告知があったけれど、増えると云うより7割くらいホールド換えになっていた。
解禁されたところで待ちかねた人々がワラワラと取り付いていく。
紺色は2本がマイルドだったけれど1本が最近の紺色っぽい感じでなかなか。
白色は1つだけお持ち帰りで、触ったもう1本は道程遠し。
苦手なムーブが沢山出てきて楽しいな~
苦手の傾斜に苦手のホールドに苦手のムーブ。
新しい楽しそうな課題が沢山あってわくわくだ。

そろそろ帰るかとなったところで肺魚氏が通りがかり沢の写真を見ます?と。
暫くアルピニズムの迫力溢れる神秘的な景色の一部を鑑賞させて頂いた。

ビーパンプ20140414

週末の疲労をガッツリ引きずりつつビーパンプ。
のんびり流してストレッチ程度のつもりで。

月曜日なのに賑わっていて空いている壁を彷徨いBigwest壁へ。
流すつもりが1番傾斜の強い壁なんですが。
しかも新しい課題が増えていたのでセッション状態になって撃ちまくり。
先週は工事中だった課題だけど。

登ったつもりだった紺色が側壁限定と書かれていてやり直し。
いろいろ試してみて1回はなんとかRPでけた。
最初のパートが別ムーブも良さそうなので試してみるも落ちまくり。
ヨレていて全然ダメになっていたようで。

混んできたのと傾斜に負けたのでBandbelt壁へ移動するも保持力が枯渇していた。
そして腕も体幹も全て終了して引き上げ。

今日はパンプ2の方々がチラホラ。
あちらが改装中なのも人が多かった理由かな?

湯川の割れ目シーズン始まり

そして翌13日は湯川へ。
2か月前にはアイスで来た湯川にクラックと、季節の移り変わりを感じる。

林道は石をある程度までどかしてあるもののまだ荒れている。
地元の軽トラが走るのに支障が無いレベルまでって感じなので乗用車では非常にキツイ。

着いて最初に登ったのはhiroくんが去年整備したばかりのラプター5.8
湯川で唯一のワイドで面白いし見かけ以上に長さを感じるし、体も温まりアップにも良かった。
新たなルートに感謝!
リードの後に続けてTRでもう1回遊んでみた。
20140413yukawa

次に定番のコークスクリューを登ってバンパイアへ。
OSしたルートだけど今回は気合は入って無いし昨日の疲労があるのを理由に?、
手順が変になったところであっけなくテンションw
1テンで登った後にTRを張ってリピート。
このルートは格好良いし、毎回登れるようにしたいな~
最後にサイコキネシスが空いたので再登。
フィンガージャムを使うポイントを間違えて焦ったけれど修正して無事にRP

今日は全部で7パーティーくらいいた感じだったけれど混雑した感じは無かった。
暑くも寒くも無く、登るのには快適な週末を快適なマルチと割れ目で遊んだ週末。

太刀岡山を右から左へ

4月12日は太刀岡山の右岩稜と左岩稜へ行ってきた。
(右岩稜は最後のピッチを割愛して懸垂下降)

太刀岡山のマルチにはとてもも良い天気。
まずは右岩稜、100岩場を見ながら下部岩壁を右手に歩き、白っぽいガレ場の先に取付を確認してくる。
既成ルートを利用しているので分かり易かった。
ジャンケンでどちらが1と3ピッチ目を登るか決めてスタート。

1ピッチ目リード
凝灰岩らしいカチカチ10a、まだ岩が冷たくてフリクションは良いが指が冷えてくる。
前方にリングボルトと細いロープスリングの終了点らしきものが見えていたが、こちらは違ったらしい。
左手のカンテ上にペツルのアルミハンガー2本の終了点があるのでそちらを目指してトラバース気味に。

2ピッチ目フォロー
最初の何歩かがバランスが悪くてホールドも使いにくいして少し焦る。
ステンレスボルトがあるのでクリップすれば安心、ガイド氏の必要最小限なベスト整備って感じ。
その上は簡単になりプロテクション無しで樹林帯を岩壁の手前まで登り立木でビレイ。

3ピッチ目フォロー
モサモサして分かりにくいが目印のハングへ向かうクラックに入り込んで行く。
プロテクションは基本的にカムだがカンテを回り込むトラバースの手前にだけステンレスボルトがある。
これまたガイド氏のピンポイント整備が絶妙な感じ。
トラバースの部分が細かくて凝灰岩慣れしていないからか細かくて焦る。
リングボルトの先にボルトハンガー2つの終了点。

4ピッチ目トップ
ボルト間隔も近くて景色が良いカンテ沿いの登り易いカチルート。
20140412tatioka
終了点は岩の頂上にまたペツルのアルミハンガーの終了点に色褪せたロープが掛かっている。
ペツルのアルミハンガーに錆びたボルトの組み合わせって好きになれないなぁ。

ここでトポ通りに反対側へ懸垂下降するとこちらへ戻れなくなるので終了としてしまう。
登ってきた方向へ3回の懸垂下降で降りると取付まで3ピッチだった。
(今回は60mシングルロープ使用)
カムはハンドサイズ以下1セットで十分か。


ザックのところへ戻り、おやつを食べて休憩してから左岩稜へ。
今回のオーダーは前回に登ったときと逆の順番にすることにした。

1ピッチ目フォロー
なんと真新しいピカピカのリングボルトが打たれている!?
なんて前時代的がやり方をする人がいるのだろうか。。。
リングボルトは本来リードには強度が不足しているのだからアブミで登ったのかなこの人は。
2段目の快適クラックは記憶より広めで男性サイズだった。
トポにはハンド~フィストとあるけれど右側にある別のクラックを登っている人も多い感じ。

2ピッチ目トップ
簡単な凹角のクラックを登って立木でビレイ、は早過ぎる気がして1段上のクラックにキャメ2を使ってビレイ。

3ピッチ目フォロー
1段乗り越し、ワイドクラックをモゾモゾして登り、1本だけあるボルトよりフェイスを登る。
立木の先にあるボルトがビレイポイント。
が、今回は前の知り合いパーティーがまだビレイ中だったので灌木でビレイ

4ピッチ目トップ
ここからは岩稜の尾根歩き的に楽しめる快適なピッチが続く。
プロテクションは残置ハーケンやリングボルトが主体になりカムも時々使える。
ただプロテクションを取り過ぎるとロープが重くなりすぎるのでご利用は計画的に。
リングボルト2つのビレイポイントまで。
ここで知り合いパーティーに追い越させて頂いた。

5ピッチ目フォロー
キャメ3サイズのクラックを登って正面の岩を回り込んでリッジ沿いに登って行く。
今回は太い灌木でピッチを切っていた。

6ピッチ目トップ
リッジ沿いに進んでステンレスハンガーの終了点は早過ぎたのでランナーだけ取って先へ。
下にリングボルト2本が撃たれている場所があったのでキャメ2で補強してビレイ。

7ピッチ目フォロー
どんどんロープを伸ばしてハサミ岩の広場まで。
このピッチは前回もフォローだったのでピッチを切る場所が前回とずれていたらしい。
前回はどこで切ったか良く覚えていないけどまあいいか。

8ピッチ目トップ
おまけの岩の上へ登るピッチ。
1ピン目はキャメ3を使って後はリングボルト。
1歩が細かくて10aと言われても自分は文句言わないな。
5.9くらいが妥当なのかな、良く分からない。

懸垂下降で広場へ降り、岩を回り込んで小山ロック経由で、尾根のルートを利用して歩きで戻る。
今回のカムは前回と違って3が2つで4は不要、ハンド以下は1セットがベストな感じだった。
ロープは今回もシングル60mを使用。

春の日に右と左を合わせて14ピッチの楽しいマルチだった。


(参考トポ:左ロクスノ43号、右50号)
けど左岩稜は100岩に載ってた。

ビーパンプ20140410

木曜日は空いている日だったっけ?

何故か2Fの被り壁が空いていたので今日は被りdayにしてみた。
被った壁は苦手なので登れている紺色を出来るだけ再登してみる。

Bigwest壁に工事中と書いてある課題が増えていたのでこちらも。
紺色は下部を右へ左へと動くのでガバしか無いけれど厳しい。
しかもムーブがなかなか解析出来ないし被りは苦手だしと、消耗が激しい。
何度もトライしてみて漸く完登。

1人で黙々と登っていると短時間で枯れて帰ることが多いのだけど、
今日は休み休み登ったからか時間が経つのが早かったな。
それともスタートが少し遅かったからか。

ビーパンプ20140408

7時前に着いたけれど火曜日は安定の繁盛日らしい。
昨日の反動もあるのか賑やかだった。

最初はちゃぼうずさんweekly課題の白色を連投してみたけれど進展無し。
青色カチからヒールしてクロスでオレンジのボテ穴ガバへが取れない。
振られ落ちして斜めに落ちるので見ている方が怖いらしい。

道場もあり混んできたので1Fでヌメさんweekly課題をやってみる。
紺色までは難しく無くて1撃だったけれど白色のランジが出来ない。
手のひらまでホールドに掛かっていたのに保持できなかった。。。

こちらもまた人が集まりweekly課題で祭りが始まってきたので2Fへ戻る。
で、またちゃぼうずさんweekly課題の白色を連投するものの、やっぱり進展は無し。
強い人もあれは無いだろ~と言っていたので白色以上あるのかな?
ホールドは触れるのに、コツが掴めていないだけだろうか。

早い時間から登っていたので腰と背中にきた。

ビーパンプ20140407

最近ではガラガラと言えるくらい空いていた今日のビーパンプ。

R壁で少しップして隣のnewage壁を見るとガラガラ。
これはラッキーと、殆どずっとこの壁ばかりトライしていた。

チャボウズさんweekly課題の白色は一度だけ遠いカチを取れたのだけれども、
保持したまま落ちる右手の指皮が終了しかけていたのでまた明日以降にやってみよう。

も一つの暫くトライしていた白/。
「左に手を出すとき腰が落ちているので足位置が違うのでは?」
と指摘されて修正。
するとあっさり左手が取れるようになり、その後の3回目でRP
嬉しい!ありがたい!
と同時に自分でこの足位置に修正できるようにしないと。

終始空いていたので自分のペースでトライ出来るっていいな。

ビーパンプ20140406

型落ちのマイナーな道具を使っているとラッキーなこともあるらしい。
たまたまジルブレッタのスキーアイゼンが¥980で投げ売りされていたり♪
でも本当はビンディング自体をTLTに交換したいとこだったりして。
それは来シーズンかな。

で、その足で荻窪へ。
日曜日の客層は分からないな~と思いつつ混雑した1Fは寄り付かずに2F。
パン2の秀スクの方が2人ほどいたけれど最近そういうの多いから違和感も感じないw

Newage壁がガラガラだったのでアップから被り壁だけ。
アップしたところで周りを見渡すと、いつの間にやらいつもの顔ぶればかり!?
日曜日も夕方を過ぎると2Fは常連さんばかりでいつも通りとなるらしい。

適当に撃っていたら調子が悪くてどの課題に手を出しても下降気味。
昨日のハングの影響かなぁなんて

城ヶ崎シーズンは2回目で最後か

もうシーズンオフになる城ヶ崎。
今シーズンは2回目、全然来なかったのだな。

寒くなる予報だったので城ヶ崎もまだ良さそうだしシーズンオフで人も少ないかと思ったのだけど。
ファミリーエリアへ行ってみると予想以上の混雑ぶり。
トップロープを張りっぱなしで順番を聞くともう1順するとか言い出すグループは酷いでしょ。
経験者は皆無だったのかユガマクの常連なのか。
それでもリードがメインのグループが多く、後はガイドパーティーで他はそれなりに回っていた感じ。
ファザークラックを久しぶりに登ったけれど無事に再登できてホッと。
ナッツを落としてしまい、運悪くクラックの中へ滑り落ちて消えていったのはショックだったけれど。。。
ファザーRPオメ!
20140405jogasaki01

その後は回り込んだ先でmovitinoripokiさんたちが遊んでいたのでTRをお借りしてハングで遊ぶ。
城ヶ崎のハング越えは厳しいなぁ。。。
20140405jogasaki02

風は強めだったけれどコンディションは良くて久々の城ヶ崎はのんびり楽しめた。
どうもありがとうございました~

ビーパンプ20140403

壮行会の前に少しだけ。
短時間でせかせか登ったのでトレーニングとしてはどうかと思うが。
少しでも登れて良かったのかな。

ビーパンプ20140401

連投だけれど明日はレストなので荻窪へ。

昨日触っていた蔵壁の課題が気になっていたのでバンベル辺りでアップして1Fでスタート。
紺色/と白色↑だっっけ、に早速トライ開始してみる。

が、白色のカチがヌメっている感じでムーブが起こせない。
ならば磨くしかないってことでブラッシングをしてみると、
次のトライでしっかり止まり、ゴールを掴んで振られ落ちまで進んだ。
左手を残すイメージにすれば振られを止められそうと思って試すと無事にRP♪

勢いに乗って紺色/のホールドもブラッシングしてからトライすると、
赤ホールドへのランジが止まり、そのままこちらもRP♪

これで新しい課題の紺色までは全て片付いた。

次の白色はまだ道のりが長そうだったのと混雑してきたのとで少し触っただけで放置して2Fへ。
Newage壁の宿題白色を触るとヨレている感じ。
続けて撃つと紺色が登れなくなり赤色が全力となり、本日の営業は終了しました。。。
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR