ビーパンプ20140226

たぶん今朝のどこかのタイミング、いつからか分からないうちに腰痛が。。。
しかし昨日はレストとなったので今日は荻窪へ向かう。

ぶら下がってストレッチをしてから緩く始動。
Bigwest壁へ行ってみるとガラさんのラストWeekly課題があった。
しかもグレードはシークレットでいくつもある♪

さっそく食い散らかすものの辛くて弾き返されてばかり。
一人で黙々と撃ち続けて登れたのは一つだけ。
さすがガラさん、面白い宿題を沢山作ってくれたw

常連さんで混雑してきたので空いていたNewage壁で遊んでみたら赤色であっさり落ちるし。
枯渇してきたようなので店じまい。
でもこのタイミングで紺色を一つ登れて良かったかも。
スポンサーサイト

ビーパンプ20140224

週末の疲労を溜めたまま登ってトレーニングになるとは思えないけれど。
ま、今日も軽く。

今日の人気はNew課題の増えたR壁。
祭りだらけの中に混ざりながらトライしてみるも白色で弾き返される安定感。。。

少し人が減ったもののまだ混んでいたので隣のNewage壁を少し。
白色はやっぱり全然ダメだったけれど紺色はきっちり登れた。
調子いい?と思ったのもつかの間、それで力尽きていて終了。

また明日か。

足尾のアイス

2月22・23日は足尾の松木沢方面でアイスクライミング。

やはり地元の方も驚く程の積雪量だったらしい。
それでも他のエリアよりは少なく、ラッセルはあったけれど概ねトレースもあり登ってくることが出来た。
雪で下部が埋まっていたこともあったのか難しくは無い氷瀑を快適に。

22日は松木沢より手前の裏山にある沢へ。
路肩は雪が多くて駐車スペースに困り、少し手前より歩く。
堰堤がいくつも出てくるがFIXロープがあったりと地元の方により整備されている模様。
全体的に滝の落ち口は雪に埋まっているので高さは無く、F1は傾斜も無いのでロープはザックの中のまま登る。
F2も同じような感じで登ると、次のF3は先行パーティーが懸垂下降してくるところだった。
上部は少し傾斜があったがボコボコに打たれて階段状に見えたのでやっぱりフリーソロならぬフリーデュオ
ここで滝は終了。
ノーロープの滝をTRで遊ぶのも何なので懸垂下降で降りて下山。
本日は我々含め3パーティー、難しくは無いけれど綺麗な氷の裏山でした。
F2
20140222ooiwaf2


23日はウメコバ沢へ。
最初の林道歩きはたまたま通りかかったイヌワシ調査の方の車に乗せて頂きヘリポートまでワープ、ありがとうございました。
北海道から飛来したイヌワシは足尾で鹿を食糧として越冬しているとか。
2日間で鹿の死骸は3体も見かけたけれど、この場所を選んで来るとは不思議。

先にもトレースはあったがワカンを置いてきたことを後悔しつつ、ウメコバ沢まで2時間ちょいとかけてもっさもっさと歩く。
折よくウメコバ沢の岩稜登攀へ向かっていた先行パーティーがいたため迷わず出合に到着。
F1とF2はやっぱり登れるようなコンディションでは無く脇からパス。
F3まではまたラッセル。
岩を登りに来たパーティーのトレースも逸れてから、バフバフと雪と格闘しつつ前進すること40分あまりでF3。

F3は思っていたよりずっとコンディションが良く快適に登れる氷結状態だった。
20140222asio1

F3より上はまたラッセル必須だったのでF4へは行かずにTRで遊んで終了。
この日のウメコバ沢で氷を登っていたのは我々だけ。
先週の大雪の影響が心配だったけれど、行ってみれば静かで快適な氷瀑を登れて楽しい週末だった。
ありがとうございます♪

ビーパンプ20140220

さっさと離脱できたのだけど週末の準備をしたいので今日もちょっとだけビーパンプ。

火曜日にとらぞーさんが来店したのはブローと勘違いしていたとかいないとか。
ブローもそのうち寄ってみようと思うのだけど、なかなかチャンスが。
ま、そのうち。

ビーパンプに着くと、最近よくironさんに会いますね、こんにちは。
R壁にヌメさんWeekly課題があったのでさっそく触る。
すぐに登れるとみんな飽きるので悪目にするのはヌメさんの親心ってやつですね。
結果は紺色まで一撃で白色で敗退っていつものパターンで終了。

Weekly課題が祭りの様相を呈してきたので大西壁へ移動。
宿題だった紺色□は一手目が取れて本日の一便目でRP。
足が一つ増えた?

白色が2つ残っているけれど、どちらも悪くて全然歯が立たず。
これは登れなくてもまたやる。

そして保持力が枯渇して終了~

ビーパンプ20140218

今日は無事に離脱。

リニューアルされた奥の壁が人気だからか2Fは空いている。
さあ今日も新しくなった壁を、の筈が何故かR壁の宿題祭り。
白色×はどうしても登れない。
アンダーを持って被り気味の壁でダイアゴナルの動きが全く出来ない。
もっと壁に入り込む感覚で動く必要がある気がする。
今度はパイソン履いて壁に入り込む意識だ。

リニューアルBigwest壁の白色が2つ登れたのは収穫かな。
お買得とは思うけれど。

ビーパンプ20140217

腰の調子はまだ回復せず、立ち上がるタイミングで痛む。
こんな状態で仕事は定時ダッシュも出来ないけれど、荻窪へ向かってしまう。
ま、様子見しつつ騙し騙し登るか。

今日で最後の石山くんに挨拶して2Fへ。
ストレッチしてるとあふろん氏が、ビーパンではお久しぶり。
壁はサイクル早いので全てリニューアルされちゃってます。

適当にアップしたところでBigwest壁のセットが終わった模様。
待ってましたとばかりに一番乗りでワラワラと取り付く我々。
実際に待ってたのだけど。

人が来る前に紺色まで次々と触ってみた。
紺色でランジ的に取る課題が最初の一手を取れない。
足を切らさずに取れないののかなぁ。。。

まだやり過ぎちまった課題は無いようなのでこれも落としたいところ。
Smallwest壁の赤色で落ちていたのは、癖があるのだな。

腰のことを忘れて登り過ぎてしまったかも。
今日も温かくして寝よう。

パンツー20140216

山梨方面を中心に今回の降雪は巨大台風なみの自然災害となってしまったようで、被災された地域の早い復興を願うばかり。
高速道路は今日も終日閉鎖されたままとなり、近隣ではまだ雪かきをしている姿もチラホラ見かけるくらい。
自分の車の廻りの雪は掘り出したものの動かすことも無くまたの出番まで引き続き待機していてもらう。

今日のパンプ2は混みそうなので開店して少ししたくらいで入店。
既に昨日の人数に近づきそうなくらいの人出だった。

まだ腰に違和感があるものの、アップしてみると登るにはあまり影響は無さそう。
でも用心して奥壁とタワー壁まででじわりじわりと。
奥壁の緑□を昨日は10cまで触っていたので余裕があったらエクステンションの11bまで登ってみようとトライしてみた。
人の登りをじっくり見ていてどんな感じかも聞いていたので、一気にボルダームーブで突っ込んだら無事にFL♪
これで今日は満足~ってことで得に狙いも無くつまみ食い。

タワー壁の赤色11cは1テンだったけれどテンションでしっかりレストしたのでまだRPは遠そうな感も。
なんてことを言いつつもう放置して別のルートを触ってしまうのだが。
タワー壁のユーキさん黄色11aは比較的登り易く少し余裕もあったのだけど、津波壁右手の白色10cを宇宙人ホールドでクリップしたらスゲー悪くて腕が張りまくり。
過去に2~3回は登ったことがあると思うのだけど全然覚えてなくて焦りまくり。
登った覚えはあってもOSに近いトライになって、これはこれで楽しかったかも。

夕方前にはすっかり混んできたジムを後に撤収。

パンツー20140215

金曜日の夜から高速道路が続々と通行止め。
先週を髣髴させる道路情報に外の予定は中止とした。

見慣れた景色が土曜日の朝にはすっかりと雪国へ生まれ変わって銀世界だった。
寝坊して起きてから家の周囲を雪かき。
ベチャベチャの重い雪で予想外に時間はかかるし腰を痛めてしまった。。。

電車は動いていたのでお昼になってパンプ2へ。
やはり人出は少なく休日のパンプ2とは思えない快適さ。
金曜日の夜に登っていた変態さんもボチボチいたそうで、帰りは電車が止まって大変だった模様。
金曜日は早めに帰宅して土曜日にジムが正解ムーブだったようだ。

しかし空いているのに雪かきで腰が、、、なアフォな自分は被りを避けてボチボチと。
腰と相談しつつだったけれど奥壁と一反木綿壁がリニューアルされていて楽しかったな。

腰に痛みはあったけれどカイロを貼り付けておいたら登りに影響無く悪化せずに済んだ。
そんな状態でも奥壁に出来ていた11a(エクステンション無しの)は無事にOS出来たので良かった。
他は10台までをOSだったり久し振りのパンプ2でアルツOSだったりしてエンクラ。

ちょどタワー壁を登っているときに背後でヒデさんが14aをトライしていて聞いたことの無い気合の咆哮を出していた。
1テンで惜しかった登りを間近で、ちょっといいものを見せてもらった。

中野島で雪が減っていると思ったのだけど帰宅すると国分寺の雪はまだまだ残っていた。
ほんの少し移動しただけなのだが今回の降雪は随分と地域差があるようだ。

ビーパンプ20140213

2月には忙しくなる見込みだったのだが、嵐の前の静けさか?
余裕が出たのでさっさと離脱して荻窪へ。

早めに到着したけれどBigwest壁はまだ改装中で他の壁は混雑気味な感じ。
とりあえずBandbelt壁でアップしてweekly課題を触りに1Fへ移動。
最初のフレッシュパワーで肺魚氏の白色が本日の1撃でRPでけた♪
メイちゃんの白色はまだゴールが取れなかったけれど。
この白色を韓国語を話している女の子がサックリ登っていったので誰だろう?と思ったのだが、
一緒にいた男性が韓国のワールドカップ選手だと言われてロクスノで見たらミン・ヒュンビンらしい。
なるほど。
この課題は今日もダメだったのですぐに諦めて2Fへ戻る。
どうにも登れなかった紺色がミポリンさんムーブで登れて新しい紺色は1通りRP。
全部を再登できるかと云うと難しいけれど。
次は白色、と思っても登れそうなのが無い~
帰りはちょっと早い嬉しいこと、単純だな自分と思ったり。

ビーパンプ20140212

今日は遅くなる上に御飯を食べに行く予定が入っていたので登れない見込みだったのだけど。
予想外に早く上がれたので少しだけ。

本当に少し、30分くらいの間にメイちゃんWeekly課題をやって終了。
年会員で残置の道具があるっていいなとしみじみ。
休み明けはこのくらい軽く登ると体調良くなったりしないかなとか都合の良いことを考えたり。

湯川アイスクライミング20140211

2月11日の祝日は日帰りで湯川へアイスクライミング。

1か月くらい前のビーパンでironさんがアイスクライミングをやってみたい!と言ったことからその場で決定。
当初は岩根山荘のつもりが、自然の氷の方がいいかなと云うことになり湯川に行くことになったのだった。
2週間前の陽気で氷が落ちたとか先週末の大雪で中央道が出発前夜まで通行止めだったとか、多難な感じも伴う中をフィットに5人乗りで出発。

朝になって漸く通行止めが解除されて現地入りすることのできた湯川は快晴、空の蒼さに純白の雪が気持ち良い♪
空き地に車を停めると先客はまたまたお会いしたBの会の方々、先日はお世話になりました。

えっちらおっちらとエリアまで歩き、乱菊の真ん中にTRをセット。
ついでに今回も対岸の薄い氷でパックされた滝にもTRをセット。
どうやらこの氷は修行の滝らしい。
やっぱり名前あったんだ。
この2本を5人で夕方まで1日中登って、良いトレーニングになったかな~

先週からの冷え込みでも氷は回復しきれなかったようで、少しずつ痩せてきてしまっている感じ。
次に春の陽気がやってきたら湯川のシーズンは終了してしまうのだろうか。

乱菊
20140211yukawa1

妙高スキーは結果オーライ

2月8~9日は妙高でスキー
東京は46年ぶりの大雪だった中で、計画していた山スキーは出来なかったものの妙高へ脱出できて結果オーライだったかも?な週末だった。

前夜にNKHさんちに集合、8日の早朝に雪の降る東京を出発。
ひっきりなしに雪の降りしきる横川SAで情報掲示板を見るともう松井田妙義ICから通行止めとなっていた。
早く逃げろとばかりに出発したものの碓井軽井沢のICで高速を降ろされてしまう。
佐久までトンネルばかりなのに、こんな山の中のICで降ろさせる判断をしたのは一体誰なんだ。
雪の降る山道へ放り出された車が何台も事故を起こしていたというのにトンネルばかりで雪の影響も少ない高速道路を通行止めにするのは人災と思うのだけど。

我々はKTさんとNKYさんのスバル車コンビだったので長い運転の末に夕方になって杉の原スキー場へ到着。
せっかくなのでと夕食の時間を少し早めて頂き、ナイターをやっていた赤倉のスキー場へ滑りに行くことに。
何周回かしたところで照明の無いコースへ行っても下で繋がっていそうと見込んで入ってみると、
見事にハマってしまいヘッドランプを着けてツボ足でコースを登って戻る羽目になったw
ライトで照らして滑るのも楽しかったし良い運動になって結果オーライ!


翌日は三田原山スキーはコンディションも悪そうなので中止、杉の原スキー場で遊ぶことに。
ここは始めてスキーを教えて貰ったスキー場なので少々思い入れがあるところ。
(中学のときの卒業遠足?のような半日かけてボーゲンだけ教わったイベントはノーカウント)
昼過ぎまでグルグルとあちらこちらを滑り続けて終了。
みんな速いし突っ込むし、着いていくのがホントに大変だった。

土曜日の朝から高速道路が軒並み通行止めとなった影響で帰りは渋滞知らずの関越道となり早い時間に帰宅。
目的の山スキーは出来なかったけれど今シーズン最初のスキーを満喫できて結果オーライ!
長い雪道の運転ご苦労様でした。
こんなコンディションの週末に遊んだみなさんありがとうございました~

2日間で追突事故現場を何件も目撃、雪道の運転には細心の注意が必要だと再確認した週末でもあったり。
20140208myoko1

ビーパンプ20140206

ビックリするくらい混雑していたビーパンプ。
一体何があったのだろう。
レンタルシューズの人が多かったのでタイミングかな。

R壁の赤色と紺色が一つずつ昇級していた。
祭りになっていただけあってやっぱり難しかったのかw

混雑の合間を縫ってスタート直後から悪い紺色と、白色に昇級していた宿題をやってみたけれど進展無し。
この紺色の一手、なんとか止められるようになりたい。
暫くは変わらないので練習しよう。

ビーパンプ20140204

またちょっと遅くなったけれどビーパンプ

少し疲労が抜けたのか昨日よりは動けた。
これは登れそうと思っていたNewage壁左側の白が登れた♪
少しヨレたら紺色の再登は出来なかったのでまだまだ先は長いなぁ。

ビーパンプ20140203

今日は節分だったらしい。
巻き寿司と大豆プロテインを摂取する日か。

週末の疲労感は満載だし時間も遅くなっていたけれど、少し登れそうだったのでビーパンプへ。
また忙しくなってきてしまったのでチャンスがあればって感じで。
アップしてみて腕にも軽く筋肉痛が残っていることに気づく。
やっぱりアイスクライミングには懸垂力が必要だなぁ。

当然ながら体の切れは無いので途中で1Fへ移動。
空いていたので適当に登ってマッタリするうちにいい時間となったので撤収。

アクティブレスト的に登るだけでも気持ちがすっきりする。

今週も大谷不動アイス

今週もまたSGWさんYKEさんたちにお世話になり大谷不動でアイス。

前回の反省よりアプローチにワカンを使うと思った以上に快適だった。
車に残置しないでもっと積極的に活用すべきだったようで。

日曜日の天気が思わしくない予報だったのでなるべく土曜日に勝負のつもりで出発。
前回使ったテン場~滝までのトラバースルートは踏み跡が無くラッセルとなってしまった。
そして一ノ滝の前でワカンを外している間にトレースを追いかけてきたパーティーに追い越され、そのパーティーが自分たちのお目当てだった右側壁の氷瀑に先に取りつかれてしまうという間の悪さ。。。
仕方ないので左岩壁右ルートへ転進するも、こちらも待ちとなってしまう。

ここはフォローで。
自分の番では日が当たりもともと水の流れるシャビシャビ氷が更にシャリシャリ。
まあフォローなのでいいのだけど結構~大変だったな。
水の流れを避けて右寄りから入り、中央部に入っていくところがバーティカルで消耗してしまった。
ありがとうございました。

次に右側壁へ向かうとYKEさんが登り終えSGWさんがそろそろ登るところ。
すぐに準備して続くことに。
ここはリードで。
出だしが凹角気味を使えるがやや傾斜があり消耗していく。
ここを越えると傾斜が緩んでくるので上部の滝に入る前でピッチを切るか迷う。
結局上部まで繋げて1ピッチで登り切ったがスクリュー13本使って1時間近くかけての登攀だった。
そして今回はとうとうヘッデンでのテント帰還となってしまった。

夜はSGWさんの豚レタスや生ハムにワインにパスタに、こちらももうお腹一杯でしやわせ~


2日の朝は早めに起床して4人で不動前の氷瀑(ロットの滝)へ。
ここはそんなに難しくないと聞いていたのだけど、長いし傾斜がかなりあるように見えるw
今回は皆がリードで自分は2番手。
長いのでスクリューを節約しつつ、ランナウトはなるべく見ないように先のスタンスを見つつ。
ここも終了点までロープスケールで50mを越える長さの充実感たっぷりな氷瀑だった。
20140201oyafudo1


途中で少し雨がパラついたけれど最後は青空となり大満足なアイスの週末だった。
今週もありがとうございました!
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR