ビーパンプ20140129

着いた時間が早かったのか空いている。
と思ったのは1Fだけでロッカーは結構埋まっていた。
やはり今日もホールド換えのあった壁は人気のようで。

それでも最初はR壁が空いていて、触っていなかったピンク~黄色を一通り登ってアップ。
宿題のR壁左手の紺色は今日もゴール一手前が止まらずフォールの繰り返し。
そこまでの精度は上がってきただけに歯が立たない感じが悔しい。

Newage壁の紺色は右側の↑が一撃、□はゴール保持2秒を出来ずが2回。
左側の×がゴール叩きを4回の後5便でなんとか。
どうやらR壁よりNewage壁の紺色の方が登りやすいみたいだ。

何だかんだで新しい壁にずっと貼り付いていた今日のビーパンプ。

今日は調子良い方かも?とか思ったら靴がパイソンだった。
この靴は足型に微妙に合っていない筈なのだけどいい靴なんだな~
スポンサーサイト

ビーパンプ20140128

今日のビーパンプは大混雑。
そんなに遅くは無かったのにNewage壁とR壁は満員御礼状態。
Bigwest壁でちょこちょこ登って帰ろうかと思っていたのについつい宿題のR壁左手の紺色に手を出してしまう。
お祭りになっているなかに混ざって撃つうちに少し精度が上がって黒ピンチが取れた。
が、核心はまだ続いていて次のホールドが止められない。
あの外傾っぷりは無いよ~(涙)

途中で人数を数えたらR壁とNewage壁に計25人が並んでいた。
男子ロッカールームに70ある棚の殆んどが埋まっていたし。
初めてってくらいに大繁盛のビーパンプだった。

ビーパンプ20140127

昨日は天気が崩れて下山だけだったので疲れも少ない感じ。
月曜日なのに睡魔の攻撃が大したことが無いなんて。


B-PUMPでは週末にTNFC(ノースフェイスカップ)があったので着いた時間はまだ2Fはホールド換えの真っ最中。
1Fでちょこちょこと登っているうちに2Fが解放されたと耳にして早速移動。
今回はひらまっちょさんも来ていてセッター陣が多く早めに終了できたらしい、ご苦労様です!

まだNewage壁には手を出さずにR壁の黄色から順番に触ってみた。
幾つか辛~い課題もありセッター陣のノリノリ具合を感じるが面白い課題ばかり。
紺色で1勝3敗と負け越してしまったけれどいい宿題と思おう。
ヨレてきたのでBandbelt壁に残っていたTNFCの課題で遊んで終了。

新鮮な課題が山盛りで登りまくってしまって楽しいビーパン。

大谷不動アイスへお初

1月25~26日は大谷不動でアイス。
なかなか敷居の高いエリアで行けなかったのだけれども誘って頂き足を踏み入れてきた。

大谷不動がシーズンインしたこともありB会の方たちで大賑わい。
峰の原スキー場を出発して林間に続くトレースを辿る。
スキー場がある場所なだけありトレースが無いとラッセルは大変そう。

人数は多かったけれど皆さんで調節して下さりエリアに着くとそれぞれの氷へ散って行く。
我々は本流を詰めてえっちらおっちらと。
ここも既にトレースがあり歩きやすい。

左岩壁のルートは氷結状態が微妙な感じ。
しっかり凍っていても自分には無理そうな高さのバーティカル。

一ノ滝に着くと一見登り易そうに見えるものの、滝の下へ着くと氷は水を湛えた釜の先。
これは取り付けないでしょうと右岸より巻いて先へ進む。

二ノ滝はしっかり凍っていて格好いい。
これは長いので2ピッチに切って登る。
sgwさんsomさんykeさんパーティーが登ったところで先行パーティーの下降待ち。
降りてきた1人は北海道支部長経由で知り合ったtkd君だったり。

1ピッチ目フォロー。
見た目より立って感じるし、とにかく長いルートは大変。
2ピッチ目トップ。
バーティカルより入り回り込む感じで登った。
が、垂直部を抜けるところでスクリューとリーシュが引っ掛かりバタバタした挙句にアックステンション。。。
3手先には傾斜が緩んでくるところだったのに、技術も力も精神力も全てがまだ不足している。
帰宅してからリーシュのセットが去年改善した方法で無くなっていたのに気付くし。
まあアックステンションの要領は掴めたのでいつでもズルは出来る、今度はもう少し粘ってみよう。

三ノ滝なタイムアウトで止めようかと思ったけれど、難しく無さそうなので急いで登ることにしてみた。
見た目よりは傾斜を感じるけれど見た目よりスクリューも決まり難しくは無かった。

登ったらさっさと懸垂下降で降り、荷物を纏めてテントへ戻ると17時。
ギリギリライトを使う直前だった。

晩御飯はsomさんの豪華メニュー。
質も量も凄くて美味しくお腹一杯になりワインまで頂いてしまった。

翌朝はなんとまさかの雨が降っている。
モチベーションが一気に下降して撤収決定。
厳冬期の明け方なのに重いベチャベチャの雪に変わった天気の中でテントを撤収。

2日目は残念だったけれど初めてのエリアを訪れて楽しかった。
今回は本当にお世話になりました。
どうもありがとうございました。

二ノ滝
20140125ooya1

ビーパンプ20140123

金曜夜発の計画が入ったのに準備が全く出来ていないので、少しだけ荻窪。

1FにWeekly課題があったのでさっそくやってみた。
すると黄色がいきなり笑えるくらいに難しい。
赤色、紺色もまた容赦ないなと思ったのだけど、一撃出来なくても動きができてくると進んでいって登れたときには悪すぎるようには感じない。
ガラさん今週の課題は気合いを入れていたのかな?
面白い課題だったな。
しかし白色はスタート出来ず・・・orz
時間が無くなったので最後にBigwest壁へ移動して赤色も敗退したところで終了。

ビーパンプ20140121

いつも通り今日も調子はイマイチ。
週末の疲れが抜けていないのか昨日も登った疲れか。

アップしてどこを登ろうかと思ったらNewage壁とBigwest壁がガラガラ。
つー訳で被りトレーニング決定。
しかし紺色で次々と敗退する有り様で凹むばかり。
でも被りの壁に入り込む意識と感覚が少しずつ掴めた感じもする。
落ちていた紺色がそれでふっと登れるようになったので成果は無くても進展があった気分。
にしてもayaさんホント強くなってるなぁ~
教えて貰った課題、今度はパイソン履いてやってみよう。

ビーパンプ20140120

週末は疲れなかったつもりなのに月曜の日中は眠い。
何でだろ。

チョコラBBを投入してビーパンプへ。
最初は空いているなと思ったのに何時の間にやら常連さんで賑わっていた。
キッズ課題がそこかしこにあるので端から順に触ってみた。
やぱり狭くてカチカチな課題が多い。
そして難しい。
荻窪のキッズは強いなぁ。
かなり敗退したけれど勝ち越したので良しとしよう。

岩根山荘~湯川でアイス

1月18日は岩根山荘のアイスツリー、翌19日は湯川でアイスクライミング。
今回は転勤になるSKEさんの送別山行ってことで会の大勢でやいのやいのと。


岩根山荘はガイドさんたちで貸切の日だったのだけれど講習会が始まるまでってことで登らせて頂いた。
到着したらすぐにTRを張って、アイスやドライで遊んで。
去年より少し高くなっていた印象。

講習会が始まるタイミングで引き上げなので早めに某宿へ移動。
時間が余ったのでいろいろと遊んで宴会して、合宿だな~


朝はなるべく早めに湯川へ。
もう先行パーティーはい幾つか来ていたけれど空いていたラインがあったのでTRを張りに行く。
最終的には乱菊エリアに1本と対岸に予想外に発達していた氷に2本。

最初はちょっと様子見、みんながヨレてきた頃からボチボチと登る。
早めの撤収だったので計5本で終了。

そう言えば前回来たときもI塾長と遭遇していたので確率2/3w


岩根山荘後に遊んだ某所。今の体育館は麻の綱が無くなったよね、楽しいのに。20140118iwane1

ビーパンプ20140117

週末の準備も終わってないのにビーパンプへ。

昨日登れなかった課題は当然のように今日も進展無し。
Bandbelt壁の新しい課題は今日もまだ賑わっていた。
つまるところは新しい課題は悪いってことで、やってみたけどなかなか登れない。

次の日が早いのにダラダラとし過ぎて予定より遅くなってしまった。
もう少しメリハリつけないとな。

ビーパンプ20140116

昨日はちょっと遅くなったのでレスト日として流行の?シリアルバーを作ってみたり。
と言ってもフルーツグラノーラとミックスナッツを溶かしたバターとマシュマロで固めるくらい。
思ったよりも簡単ですぐにできるのがいい。
今回はちょっと少しシナモン風味のチョコ入りにしてみた。

そしてレスト明けのビーパンプは当たり前だけど連休明けの火曜日よりはフレッシュ。
年末コンペ課題のBigwest壁左側のオレンジ色がやっとこさ登れた。
Bandbelt壁は新しい課題が増えてとても賑わっていた。

ビーパンプ20140114

昨日の誕生日で○○才。
齢を重ねて強くなれるか歳と共に衰えていくのかどっちかな。

また一つおじさんになって最初のビーパンプ。
週末で腰に少々痛みが出てしまったので被り壁は要注意。
まあどうせ雪山のあとは体幹がヨレていて登れないし。

そして大堂海岸のみんなも来てわいわいマッタリ。
一応ちょこちょことは登ったくらいでちょうど良かった。

Bandbelt壁は新しい課題が増えていて賑わってきたので少し登って移動。
Newage壁にも新しい課題があったので触ってみたものの
紺色が悪くて跳ね返される。。。
休み休みトライしたけれどこの傾斜は腰に良くないかも。

少し遅くなってしまったけれどやいのやいのと楽しいビーパンプだった。

戸台アイス2014

1月11~13日は戸台でアイスクライミング。
去年はキャンセルすれば良いのに体調が最悪の状態なまま、
車を出すし・・・と戸台まで来て悪いイメージしか無かったエリア。
今年もまた来てしまったが天候、氷の状態、体調に恵まれアイスとラッセルを楽しんで来ることができた。

11日は真っ白な河原を歩いて丹渓山荘まで行き、テントを設営したら舞姫の滝へ。
いきなりラッセルとなり汗をかきかきひーこら言いながら取り付く。
F1はそのまま登って雪の下のF2はラッセルで通過。
F3を皆でリードしてTRを張って2本ずつ登って終了。
20140111todai1

夜は少々冷え込んだけれど温かい鍋とヌクヌクのシュラフで幸せ~


12日は舞鶴ルンゼへ。
油断してまた朝寝坊、しっかり睡眠を取れるとスッキリしていいね。
またまたラッセルして取りついたF1は垂直で始まり、それを過ぎてからも長い。
20140111todai2

と言ってもこのルートはロープを出したのが2回でどちらもフォローだったけれど。
F4?まで登り、その先はラッセルしていっても何も無さそうだったのでここで終了とした。

下降してから時間があったので舞姫の滝へ行ってみた。
ここもラッセルが大変で取りつくまでがまた大仕事。
時間が押してきていたのでリードしていなかった自分がリードしてフォローと一緒に懸垂下降して終了。

この日の夜は気温が上がっていたようで厳冬期仕様では暑くて寝苦しいくらいだった。
でもまた温かい鍋でヌクヌクと幸せ~
お菓子を食べてしまったあとで食べれなかったけれど差し入れありがとう。

13日はテントを撤収して帰りがけに上ニゴリ沢を目指してみる。
が、雪が多くケルンなど埋もれていて見つけることも出来ず(ケルンがあったのかも分からないけれど)、
入口を間違えてしまい延々とラッセル。
明らかに違うと気付いてからはもう林道を目指すことにしてただラッセル。
辿り着いた場所には歌宿の標識があり山並みが綺麗だった。
いや~ラッセル登山って楽しいな♪
20140111todai3

今回は体調も良かったので氷を登ってラッセルまで楽しめた。
ありがとうございました!

ビーパンプ20140107

やっぱり疲れが抜けきらないのでマッタリなビーパンプ。
まあ3日連続だと連日マッタリでもそんなものかな。

混んでいたこともありちょくちょくとつまみ食い。
BW壁の左側にあったコンペ課題がバーさんみぽりんさんのアドバイスでゴールタッチまで。
までで終了・・・悔しいなぁ。

この課題が暫く残っていたらそのうち登れるかな。。。

ビーパンプ20140106

1年の始めはすっきりと。
とはいかずに休暇明けはやはり眠い。。。
年末年始の休暇も本当に短くて休みになったと思ったらもう終わってるし。

さて、初日なのもあり今日は定時過ぎに離脱。
となったら荻窪へ登りに行くしかないね。
眠いし疲れは残っているし朝の電車内で首の筋を違えたりまでしているけどそれはそれ。

今日は休み明けだからか、空いていて登り易い。
年末コンペ課題の影響でゴールが無い課題とかに惑わされたりもしつつアップ。

コンペ課題は昨日登れたものは登れて敗退したものは今日も同じく。
あれだけヨレていた昨日と今日でパフォーマンスは変わらないのだろうか。。。?
少しずつ進んだ課題もあったしバンベル壁の白色の宿題が一つ片付いたりもしたけれど。

体が重いな~と思いつつも登りはいつもと同じ。
つまり進歩して無い。

ま、ぼちぼちいこか。

ビーパンプ20140105

日本選手権の片づけが終わり、帰って寝たいくらいだったけれど用事があり荻窪へ向かうことになっていた。

大堂海岸の帰りにironさんの車に忘れてきたバッグに通勤用定期が入っていたので、それを受け取りに行くのが主目的。
ちょっとカモババへ寄り道してクライミングシューズのリソール中用のもう1足目を購入。
お正月のくじ引きがあり20%OFFが出てラッキーだった。

それから無事にバッグを受け取りビーパンプへ。
で、先ずはすり減ったシューズをリソールに出して任務は完了。

だけどついでに少しだけ登って行くことにしておくかって思い準備。
なんだか登っている人たちはいつもと同じ面子な気がする。

年末コンペ課題を触ってみたけれど新しい課題はやっぱり面白い
しかしそのコンペの影響であったはずのホールドが消えていたり、コンペ課題のホールドまで無かったり。
まあ登るのが目的でジムに来たわけではないので問題無かったけど。

早めにと思って9時前に片づけたら店を出るときには閉店間際だった。
そう言えば休日は9時までの営業だったっけ。

スタッフ@2014日本選手権

1月4・5日は東久留米でコンペのスタッフ。

朝は冷えていたけれど空調の良く効く体育はだんだんと暖かくなってくる。
やっぱり空調の効いた全天候型の会場っていいな~としみじみ

4日の予選は男子2ルートと女子1ルートが同時進行して慌ただしい展開。
狭い壁に3ルートも詰め込むことになったものだからエリアからはみ出てムーブを起こしたかとかつまらない話もでてしまう。
壁が狭いのが原因で選手が気を使わなければならないってのはかわいそう。

5日は準決勝と決勝。
高度を上げていく選手は順当な感じでいつもの顔ぶれ。
登り方にも個性があって見ていて面白かった。

選手、セッター、スタッフ等々、皆さんお疲れ様でした。

鈴生りで奮闘しているセッター陣
20140105nihonsenshuken

年末年始は大堂海岸へ(2013-2014)

2013/12/27の夜出発、2014/01/03の朝に帰着で
ironさんたちの計画に混ぜて頂き四国の大堂海岸へ行ってきた。

大変お世話になりました。
あっという間に時間は過ぎてしまったけれど充実した楽しい遠征でした。

後で。
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR