ビーパンプ!090

今日も荻パンへ行けた。
連続なんていつ以来だろ。

ふと年会員の期限が切れるまでもう少ししかないことに気が付いた。
1年間で100ビーパンは無理なようで、振り返ると夏から続く忙しさに凹む。


さて、アップをすると指皮がちと痛い。
弱っているんだと実感するがまあ仕方ない。

最初は大西壁が貸し切りだったので一人黙々とトライ、してはポテッ
でも全力でホールドを掴みに行くのって気持ち良いな。
と登っていたらリマさんが来ていたのに気付いて無かった。
そう言えばジムでお会いするのは初めて。

しかし今日も自分に進歩は無し。
まあ成果は無くてももっと連日ジムりたいものだ。
スポンサーサイト

ビーパンプ!089

久し振りにいい時間に荻窪へ。
やっぱりこうあるべきだよなぁ、少なくとも週に3日は。

1Fは人が少なかったので今日も空いている、と思ったら2Fは混み混み。
でもweekly課題がNewage壁にあったので2F。

最近は辛い課題が多いので用心して登ってみたけれど紺色までは予想外にあっさり。
しかし白色は何度やっても5手目が取れずに敗退。
R壁の白色もまだ敗退続きだし、ダメだなぁ。

バンベル壁とクラックで遊んで終了。
トレーニングエリアは人が少なくて最後に絞り出して帰るのにいいな。

また湯川、2013ラスト?

11月23、24日はまた湯川の岩場へ行ってきた。

湯川ならまだ暖かく登れそうなので荒れた林道を越えて今週も。
2日間ともガイドパーティーが1組と知り合い中心に個人が3~4パーティくらいでのんびり。
ヒロくん&Haneさんユキエさんヨシーダ先生スクールetcとワイワイ楽しい岩場だった。

特に狙っているルートも無いし、テレポはまだ躊躇していてなかなか触れないしで、
シーズンオフ前に名残惜しい湯川のお気に入りのルートを何度も登っただけだったけれど、何だか贅沢な気分だったな。

今週末で営業が終わる廻り目平キャンプ場はすっかり冬の空気だったけれど、湯川の昼間は日が当たってヌメる感じもするくらいポカポカ。
今回はサイコキネシスが1番人気でお祭りになっていた。
このルートも好きなので参戦したら1回はフォールしてしまった。
も1回は登ったけれどなかなか余裕でとはいかないらしい。

フォーサイトもお気に入りのルート、ここのフィンガーはホント楽しいね。
20131124yukawa1
20131124yukawa2

ビーパンプ!088

早くに離脱できる雰囲気となったので迷わず離脱。

カモシカのバーゲン会場に寄ったものの良さそうな掘り出し物も無く知り合いに遭遇しただけで終了。

そのまま荻窪に行こうかどうしようかと葛藤。。。
明日は岩場だけど火曜日から登ってないしなぁ。
で、結論は少しだけ寄り道していくこととする。

そろそろ空いてきたBandbelt壁の残していたカチカチ紺色は片付いたものの白色はなかなか登れなかった。
明日も早いので1時間もせずに撤収。

ビーパンプ!087

登れるときにと言うより無理にでも行かないとジムが遠のく。

お先に離脱してビーパンプへ着いたのは9時。
変わりたてのバンベル壁は混んでいたのでパス
R壁にWeekly課題?のようなのがあったので触ってみたものの紺色が出来ない。

さっさと諦めて話に聞いていた荻窪クラックを触りに奥へ。
フィンガーからスタートは出来ないしワイドハンドの最後も保持出来なかった。
被りもあるので見た目以上に難しい。

Bigwest壁とNewage壁が空いていたのでBigwest壁の左手の紺色を。
ここで下を気にせず登れるのっていいな。

結局被りの紺色は2つ登れただけで後はダメだったけれど、
やっぱり荻窪の被った壁は楽しい。

そろそろシーズン終わりの小川山

17日は廻り目平へ移動しての花崗岩の割れ目。

霜柱もしっかり成長している気候だけれども朝は日差しが届くと暖かさを感じる。
寒いのでゆっくりと出発して小川山レイバックへ。

日差しが暖かくフリクションは没群に良いので快適に登れる。
ボルトはまだあったけれど既にあの位置で定着していて渋滞のあるこのルートで、本当に抜くつもりなのだろうか?

裏に回って次はクレイジージャム。
前日に寒いよ~と言われていた程には寒くない。
ズボンは2重で暖かい恰好でビレイしていれば大丈夫。

久し振りに登ったけれどやっぱり大変。
無事に再登出来て岩の頂上から見た景色は綺麗だった。
このルートも本当に素晴らしいルートだな~
RPしたらこの景色に感動するルート、次回またガンバ。

帰宅が思ったより早かったので、暫くメンテしていなかったカムを洗って駆動部にシリコンスプレー。
メンテナンスしても使い古しと新品を比較するとやはり動きは違うなぁ
20131117ogawayama
沢山あるけど自分のは半分

湯川はまだベストシーズンだった

11月16~17日は湯川と小川山でクラック。

日記のカテゴリをエリアで分けているので湯川の分。

土曜日は朝から中央線で人身事故があったり中央道は事故渋滞があったりと、トラブルの連発で岩場への到着は遅れてしまった。
更に林道はもう荒れ気味で悪路に弱い愛車は路面から数発の攻撃を受けてしまった。

本日の岩場は昇巳さんパーティーと2人組が自分たちを含め3組だけでマッタリ。
日向は寒くも無くのんびりしていられて岩のフリクションは良い。

アップでコークを登ったら中は湿気っている感じも少々あったがフリクションは良い。
手が大きいのでこのルートは快適で楽しい、と言いつつバタバタしてしまったけどw
フォーサイトも何度登ってもフィンガーとフットジャムの楽しいルートだな~

で、次にまだ登っていなくて気になっているルートを物色。
と言ってもテレポはまだ手を出す気になれず山案山子はプロテクションが悪そう。
北京の秋はグランドの件があったのでこれまた迷ったが、見ているとそれほどプロテクションは悪く無い感じもしたのでこれにトライ。

見るからにハンドサイズ以上のカムは使わないのでキャメ緑以下のサイズを3セット(マスターカム混じり)とナッツを容易して離陸。
一部だけ奥がフレアしていてカムに迷った箇所があったが、豊富なカムを上下に決めてナッツも投入して安心の登り。
予想以上にフィンガーの好ルートで無事にOS♪
湯川のガタガタしたクラックにはマスターカムが有効な箇所も多いな~
20131116yukawa


日差しが暖かく晩秋にしては気温が高めだったこの日は暖かくコンディションの良い湯川だった。
林道がも少し良いと最高なのだけど。

ビーパンプ!086

しば~らく忙しい感じなので今日は無理にでも脱出して荻窪へ。

色を塗られたバンベル壁が解禁となっていたので混んでいる中を色々と触ってみた。
意外と悪い課題もあってフリクションは良いのに結構苦労する。

でも紺色は一つを残して登ったし白色も登れるのはあったのでグレードはそれなりか。
新しいざらざらとした塗装はフリクショが良いおかげで膝を擦るとヒリヒリする。
お風呂が沁みるだろうなぁ。

風邪が流行ってきているようで、お大事に。

パンプ2!019

気象庁は予報を当てることについてどうでもいいとか思ってそう。
予報プログラムを作る人は真剣なのだろうけれど役人的な人は責任回避のため何も言わないのだろうな。

つー訳で10日は雨予報で実際には降らない休日をパンプ2へ。
ガイドの転進もありかなりの混雑っぷり。
アップしたところで会のNGNさんMMTさんが来たので登り方やビレイ、リードを教えたり。

津波壁の紺色□は便数を増やすだけな気もするし、今回は触らず。
ヌンチャクが新しいものに交換されていて新しい課題も増えていたので1つ触ってみた。
タワー壁の右手にあった11a、トリッキーで長くて悪い場所も無く楽しいルートだった。
ルーファイの11aといった感じかな。

隣の黒い11bは最後のクリップが悪くてテンション。
RP狙いならドカ落ち覚悟で最後はボルダーか。

最後はボルダーで追い込んで終了。
気付いたらかなり遅い時間まで登っていた。

来週は晴れてくれ~
もうこの気候だと小川山へ行って寒過ぎたら湯川へ転進くらいかな

鷹取の岩場で遭対

11月9日は山岳会の遭対訓練。

三浦半島の追浜駅で下車したところで複数のメンバーと会ったので一緒に向かう。
本日の参加者で唯一岩場へ行ったことのあるNさんがいたお蔭で迷わず到着。
自力では迷っただろうな、駅をおっぱまと読むのも知らなかったし。

岩場はモロい砂岩と聞いていたけれど、岩は無くて砂の塊だった。
ハーケンはリスに打つと思っていたけれどここでは壁に直接打ち込むものらしいし。
でも海に浮かぶ潜水艦なども見えて気持ち良い公園だった。
20131109soutai

遭対の内容は毎年新しいメンバーがいるので基本的なところから。
今年は遭対委員では無いけれど自分は手伝い的に。

さて1/3引き上げシステムを3ヶ月後に迷わず作れる人は何人いるかな。
今年の遭対委員も頑張って良いものを作ってくれたので続いてくれる人がでてくるといいけれど。

有意義な一日でした、みなさんお疲れ様でした。

パンプ2!018

11月4日、小川山で3日の夕方から雨に降られて朝のうちに撤収。
昼過ぎに登れたとしても暗くなるのは早いし渋滞も酷そうだったので早めに。
渋滞の無い中央道を飛ばしてパンプ2へ移動するムーブ。

開店ちょっと後には着いたものの、殆ど登っていない筈なワイドクラックの疲労感はなかなか手強くエンクラ。
3か月前に100度壁に作られた黒/に気付いてOSしたのが唯一の成果か。
平まっちょ店長課題でこの壁だと自分には登り易くて嬉しい。

適当なところでボルダーに移り、コンペ課題があったのでウキウキと触ってみる。
3級までをいろいろと。
スローパーやランジやダイナミックなムーブが多くて面白かった。

しかしもう少し花崗岩のベストシーズンが欲しい。

貸し切り摩天と砦でノンビリ?

11月2日は摩天岩、3日は砦岩へ行ってきた。

もう11月なのに夏でも登れる摩天岩へ。
霜柱を踏みつつとかでは無かったのでそれなりには暖かかったのだろうか。
紅葉の綺麗な路を1時間半くらい歩いて摩天岩へ。

今回トライしたのはかぜひきルート10a
誤魔化しの効かないワイドと聞いていたけれど本当だった。
3を決めて離陸、4x2と少し旅をして5を決めて、何をして良いものやら分からなくなりテンションと口走る。
まだ行けるよ~と言われて思い直し、試行錯誤のワイドムーブ。
今までやってきたワイドの経験が功を奏してか、何となくコツが掴めて来て進み出す。
6x2と旅をして大レストポイントまで到達。
呼吸を整えて良く見ると後はワイドでも無く難しくは無かった。
5を決めて無事に終了点へ到達。
このルートのOSはとっても嬉しかったけれど今回も登らせて貰ったと言うかメンタル弱い。
もう一度TR便を出したがワイドムーブに徹したら当然だけど1回目より登り易かった。
これだけで体のいたる所がヒリヒリ&筋肉痛。
いや~ワイドだ。
20131102naten

そしてヘルシーパークへ寄って廻り目平へ入り青鬼の焚火にお邪魔して夜中まで。

3日はミシミシ言う体に何処へ行こうか迷う。
兄岩へと言いつつ向かった先はお初の砦岩。
またえっちらおっちらと歩いて1時間ほどで到着。

迫力のある岩だが自然に還っていっているルートも多い。
高いところにあるけれど上部に木が茂っているからだろうか。

とび出せ青春の1ピッチ目5.9にトライ
OWと書いてあるのに、予想外にクラックでは無いムーブ。
また色々と迷った挙句に思い切りが付かず足が疲れてテンション。。。
やはり青春は飛び出さなければならないのか?
乾いた苔の中からスタンスを探して漸く思い切って突破。
ムーブは予想通りだったか、またメンタルが弱い。
まあ仕方ない、来る途中にも「墜落注意 いろいろと危険」と書いた札があったし。
ってあれ何だったのだろう?

エリアの見学をして回ってからどうしようかと思ったが
前に緑が元気なために途中で降りたアーチクラックの最終ピッチ終了点へ上からアクセスできそうなことが分かったので行ってみる。
真っ黒になった残置ロープをゴボウで登り右の門柱頂上へ。
トラバースが入るルート取りなのでTRで最後の部分だけ登ってみた。
予想以上にワイドで大変だったので楽しく遊ぶうち、雨がポツポツと降り始めて退散。

夜はまたタープの下で青鬼の焚火にお邪魔。

夜には何度か本降りとなり、4日は午前中までボチボチ雨予報だったので朝には撤収。
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR