大常木谷遡行、竜喰谷下降

6月29日は大常木谷を遡行、竜喰谷を下降してきた。

【今回のコースタイム】
6:40出発~7:10大常木谷出合~7:55千苦ノ滝~9:50会所小屋跡(休憩)
~11:30竜喰谷枝沢下降開始~11:40竜喰谷へ合流~13:55一ノ瀬川合流~14:15車へ

30日は別の用事が入り、29日に日帰りでどこかへ行くことに。
しかしこの週も天気予報は日替わりでどんどん変わっていき予定が立てにくくて困る。
どうせ降られるかもしれないならば、濡れたら終わりの岩より少しくらい降っても何とかなる沢が有力候補。
そんなこんなで去年から宿題だった大常木谷へ行ってくることにした。

当日は夕立予報があったので気合を入れて早めの出発。
入渓点を間違えると酷い目に遭うらしいのでしっかりと調べておいて無事に到着。
一ノ瀬川の大常木谷出合いより少し北にある顕著な尾根より入ると苦労する場所も無く一ノ瀬川へ降り立てる。
20130629otunegi01


ここまで来れば大常木谷の出合は分かりやすいので後は迷うことは無いだろう。
五間ノ滝はトポ通り水流の右側が見た目以上に登り易い。
残置補助ロープがあるけれど、まあ流されて消えても難易度は全く変化しなさそう。
20130629otunegi02


そしてボスキャラ的存在の千苦ノ滝、今回は水量も多いとは思うけれど登れる気はしない。
これ登ったペコマさんとか、他にも何人もいるかもだけど凄いな。。。
20130629otunegi03


そして山女魚淵、これはトポ通りに胸まで水に浸からなければ進めない。
しかし今日の水は非常に冷たいのですが。。。
上だけはウェットスーツだったので寒いを連呼しながら突破していく。
それにしてもこのゴルジュの続く渓相はtokita氏的音楽世界に合致している気がしなくもない。
20130629otunegi04


会所小屋跡周辺はピンクテープが散見され、しっかりした石垣があるので注意していれば気付かないことは無いと思う。

この沢は人気の沢なだけのことはあるようで巻き道の踏み跡は全てハッキリとしていて迷いにくい。
過去に死亡事故も何件か起きているようだが、宴会の沢としても定着している為に重量級の荷物を持ってきている人も多いのが一因では無いかと思う。
日帰り装備でサクサクと遡行すると不安な個所は無かった。

ここで20分くらい休憩してから、左方向へ伸びる登山道(大常木林道)を辿って竜喰谷へ向かう。
途中で分岐があったらしく、それを見逃した我々はガレ場で道を遮断され下へ降りようとしてみたりと右往左往してしまった。
少し下りてしまってから上方に橋があるよ!と言われて登りかえして漸く本道へ合流。
1450コルを越えて北方向へ向かう林道をまだ先へと歩く。
そして最初に水のある沢が横切ったところで下降することにした。
恐らく1/2万5千の丹の字のすぐ左の沢、トポの1480で3:1の枝沢なのだと思う。
地形図で予想した通り悪い場所も全く無く簡単に竜喰谷へ合流することが出来た。

竜喰谷の下降は目立って悪い場所は無い。
人気の沢なのでハッキリとした巻き道があったりと迷いにくい。
まあ悪そうだと直ぐにロープを出して懸垂下降したがるので何度もロープは出したけれど。
曲り滝10mは左岸の丈夫そうな木より懸垂下降したが30mロープでちょうどギリギリ。
8m階段状は一歩水流を跨いだりしたけれどロープ無しで下りれた。
20130629otunegi05


楽しくワイワイと下るうちに一ノ瀬川本流へ交流。
ここの出合の滝は迫力があっていいね。

一ノ瀬川沿いに少し下降してから対岸へ渡り、踏み跡を辿ってすぐに車道へ上がることができた。
車道へ出て1kmちょっとの歩きか~と話しながら歩き始めてすぐに見覚えのある車がやってきた。
竜喰谷を遡行していたなかさん達が下山して戻るところだったのだ。
そして車に乗せて貰って車道歩きをパスして自分の車へワープ、ありがとうございました!

のめこい湯で沢の香りを流してからのんびりしていると、いつの間にやら外は雨となっていた。
この周辺だけのようだったけれど少々強い雨だったので逃げ切れたことに満足。

ハッキリしない日替わり天気予報の中を日帰りカードしか切れないかったにも関わらずみっちりと充実した沢を楽しめた1日となった。
まだ泳ぐには寒い気候だったけれど綺麗な沢でした、ありがとう!


のめこい湯は単純硫黄温泉(アルカリ性低張性高温泉)でPH 9.8。
硫黄泉でかなり強いアルカリ性なんて面白いね、何でだろう。
スポンサーサイト

パンプ2!012

年会費が¥1000000なんてクライミングジム、何の経費対策なんだろ?
やっぱチョークバックはシャネルとかグッチでアルマーニのかわかみくんTシャツに。
ワケわからんくなってきたw


昨日は遅くまで残業で今日も、いや今日はダッシュで逃げ出しパンプ2へ。
明日のことは知らない。。。

平日は激混みのイメージが強いけれど思ったより空いていてほっとした。
アップをしたら津波台に初めてエントリー。
ジムは空いているのにコアな人が多くて津波壁だけは順番待ちが長い。
左手の紺色□に手を出して垂壁パートまで2テン、その先で何も出来ず降りて終了。

津波壁は時間がかかるのでタワー壁の11bを2本出して両方1テン。
もう指が開いてきて保持出来ないらしい。
むー持久力が全然足りてない。
もっと登りたい!


残:11000

ビーパンプ!062

今朝は起きたらトレイルランニングの筋肉痛が、イテテ。
朝はボロボロだったが昼過ぎくらいから登りたくなるレベルまで回復していたので荻窪へ寄って帰ることにした。

しかし今の見込みでは再来週くらいまで仕事が忙しい。
半ば強引に離脱したけれど←いつも?、今日は遅刻ぎみ。

着いたときにはR壁のホールド換え作業が終わったところ。
待ちきれない人は自主的に掃除機をかけ始めてお手伝いしているw

Bandbelt壁でアップにもならないアップをしてすぐにR壁へ。
とても空いていたので簡単な課題から順番に登れてちょうど良いアップになったかも。

新しい課題祭りは紺色まで人のムーブを見つつ何とか一撃。
白色は2つまでお持ち帰りで宿題が1つ残った。
トレイルランニングの疲労でボロボロかと思っていたけれど予想外に登れた感じか。
課題が甘めに設定されていただけでないといいなw
体重が1kgちょっと減ったみたいなのでその影響だったり?

まあ何にせよ新しい課題は楽しい♪
そして登りすぎてしまった。。。

残:12500

プチトレイルランニング大会

6月22日は雨でパンプ2、翌23日は会のイベントでプチトレイルランニング。

トレイルランニングの場所は大菩薩連嶺の南端、やまと天目山温泉を起点にぐるりっぷ。
コースタイムは6時間35分かな?、元々かなり甘い設定らしく2時間21分でゴールしてしまった。
時間は短かったけれど、後からずっと追われていたので休む間もなく全力で走り続けて疲労感が満載。

必要最小限に削った身軽な装備のみを背負って全力で山を走り抜ける。
そんな機会はなかなか無いので年に一度のこのイベントはなかなか楽しめる。

また、係がコースを決めるので年によって場所も違うのがまたいいところ。
雷雨の中を先頭争いでデッドヒートした年もあれば、雪渓を滑り降り水溜りの中を走り抜けた年もあった。
自分が係になり企画したときはパーティー分けをしてナイトトレッキングにしたし。
今年は高曇りのトレイルランニング日和にショートルートを全力疾走した大会と云うところかな。

富士山や南アルプスは雲に覆われて望めなかったけれど気持ちの良いトレイルを満喫した1日。
係のとらぞうさんとんみょんさん、参加者の皆さんどうもありがとうございました。
お疲れ様でした。
20130623yamanecup1

パンプ2!011

週末のパンプ2記録が1つ抜けていたので後日に追記。

会のイベント前日は三ッ峠のつもりが天気予報が怪しく中止。
雷雨予報が出ていたのでアプローチの長さを考えると微妙すぎたので。
小川山組も夕立に遭っていたらしいので比較的空いている休日のジムで正解だったかも。

アップで3本くらい登ってから宿題だった津波壁左手の11cにトライ。
ムーブをしっかり覚えていて何とかRPできた♪

新しいタワーの11cが登りやすいと聞いて触ってみるもカチカチ、、、
どこが登りやすいんだろ。。。
隣の11bは下部が登りやすいと聞いて触ってみるとその通りだった。
で、上部の核心でしっかりテンション。
結局2テンだったけれど良いルートだと思うので機会があったらまた。

空いていたので結構いい感じで登れた雨の土曜日だった。

ビーパンプ!061

暑い、とにかく暑く感じた今日のビーパンプ。

QBへ寄って遅めに着くと珍しいくらいの大混雑ぶり。
人が多いせいか蒸し暑さが半端なく感じる。

昨日宿題が終わったので混雑した壁をうろうろしては課題を探す。
少し前から手を出してみた白色はまだまだだし、混雑の中でやる気がしないし。

被りを中心に遊んでから戻るとお久しぶりtokita氏。
汗だくなのはジムが暑いからですね~

後は比較的空いていたR壁とBandbelt壁で遊んで自分も汗だくになり終了。


残:16000

ビーパンプ!060

週末がジムだったので月曜日から3連戦目。
ルートとクラックの筋肉痛は無かったけれど体がもっさりと重いような、気がする。
まあ登れる日は登っておこう、うん。

8時近くになるかと思ったけれど電車のタイミングが良く早めに到着。

アップもそこそこに宿題の紺色□に取りつくが弾き返されるばかり。
こいつばかり撃って、もう今日は封印と思ったところで別ムーブで登った人が。
あれは良さそうだと真似をしてみるとスルスルと繋がっていき、すぐに登れてしまった。
そう言うものだったのか、それだけの工夫で繋がるとは思い付かなかった。

ここでもう蓄積疲労満載につき気力もガス欠。
最後にBigwest壁の長物で絞り出して撤収。


残:17500

ビッグロックで割れ目の日

16日は久し振りに日吉のビッグロックへ行ってきた。
天気も微妙だったのでジムでクラック祭りトレーニングの日を満喫。

昨日はパンプ2で被り壁ばかり登ってヨレヨレのまま回復しなさそう。
またパンプ2ではお茶を濁して終わりそうだし、雨の休日恒例となっているイモ洗いのごとき混雑は目に見えているしでちょっと気が乗らない。
それならクラックが増えたというビッグロックへ遠征しようと相成ったのだった。

11時前に到着すると予想外に駐車場は満車でジムの中も混雑。
うわ~BRもこんなに混雑するジムだったんだ。。。
PUMP2やベースキャンプほどでは無いと思うけれど正直驚いてしまった。
山岳会の新人ジムトレも多い模様でお目当てのクラックは大して混雑していないのは良かったけれど。

早速取りついたワイドクラックの左手にあるジグザクのクラックはどこもハンドジャムは良く効くし(自分の手には)、斜上して折り返してと動きがあって面白かった。
もう一つのフレア気味のクラックはフリクションの効く塗装がされていたようでフレアを感じずに快適に登れて楽しい。
一番左のOWのスタートだけのような部分も天井まで繋げてくれると楽しそうなのだけど予定は無いのかな~

そして1番右手のフレアしたワイドハンド~フィストのクラックが非常に中途半端な悪いサイズで良くできている。
最初はワイドハンドで登ったけれど、女性にはワイドハンドなどまず不可能な広さがある。
と言う訳でフィスト縛りで登ってみたら10cmずつチマチマとしか進めず大変だった。

フィンガークラックの左側は黒□の足限定10cバージョンで登ってみた。
スタンスが遠いのでフットジャムを織り交ぜながら登ることになりフィンガーサイズのジャムを試されるルートだと思う。
右側のはフィンガージャムがボトミングして良く効くように作られているものの、その距離がやや遠いために正確なフットジャムを決めてハイステップ気味の動きになる。
これまたフィンガージャムとフットジャムを練習できて楽しい。

そして前回敗退したルーフクラックにまたトライ。
クラック限定で登ると11+らしく、それでは全く歯が立たないので勝手に限定解除。
足自由としてヒールフックやら変なムーブを連発してテンションしまくりで滝のように汗をかきつつどうにかTOすることが出来た。
手は奥に奥にと突っ込むのが良さそうと分かったが力尽きたので今日は封印。

と、そのタイミングでワイドクラックにもまた手を出してみたけれど以前より楽に登れて自分でも意外だった。
最近ワイドを登っていた甲斐があったのか?

以前からあったクラックと合わせてずっとクラックを登り続けているうちにタイムアウトで撤収。
外には行けなかったけれど被り壁とクラックのトレーニングを楽しめた週末だった。
どこも天気が良かったとの話を聞かなかったので結果的に全部正解ムーブだったな~
ありがと~

パンプ2!010

雨予報の土曜日なのでまたパンプ2へ。

しかし予報と違い、蒸し暑いだけで全然降っていない。
ま、この暑さでは涼しいジムで正解と思おう。

日曜日の予報は良いお陰か、パンプ2は思ったよりは空いている。
しかも長野県は降っていると聞いてひと安心?したり。

アップでギャラリー壁とタワー壁を登ってから津波壁左手の白色↑11cにトライ。
ボルダーに比較すると手はガバばかり。
せいぜい5級までくらいなのに繋がらない。
結局3便出して4テン、2テン、1テンまで。
力不足だ。。。。
隣の紺色□12aにも手を出してハング越え手前で終了。
津波壁は厳しいなぁ。

最後にボルダーで少しクールダウンして終了。
やっぱりボルダーもいいけれどルートは楽しい。

雨の日は楽しいトレーニング。


残:19000

ビーパンプ!059

すっかり梅雨入りしたようでジトジト、でもビーパンプは賑わっていた。

宿題の紺色□を進めるぞと思ってきたのだけど、やたらと人が多い。
何故にここに集中?と思ったらWeekly課題があったらしい。
Newage壁の新しい課題と思って取り付いた紺色Tは思ったよりマイルド。
Weekly課題で易しめに振れていたものだったと気付いたのは後になってから。

目的の課題周辺は混んでいたので左手にある紺色を再登したり白色に手を出して弾き返されたりとつまみ食いばかり。
ポッケの白色は難しいけれど、あんな課題を素直に登れるようになりたいな~

しばらくして宿題課題周辺が空いてきたので紺色□にトライ。
懸念のホールドまでは足に乗ってホールドを取りに行く感覚で進むようになり成功率が上がってきた感触。
しかし緑のピンチホールドより進まないのは変わらず。
でも足を上げられるようになってきたので0.3手くらい進んだかもw
よし!このペースで来週にはゲット。
たぶん。


残:21000

ビーパンプ!058

雨なのに職場に傘を忘れてきてしまった。
しかし霧雨程度だったのでそのまま荻窪へ。

今日は雨だし水曜日だし、空いているかと思ったけれどそうでもない模様。
意外と常駐の常連さんは少なく1Fはハートフルな混みかた。
どうも読めない。

早速昨日の宿題の紺色にトライしてみるものの悲しいくらい全く進展は無く凹む。
フレッシュなときに触ればどうかと思ったけれどダメらしい。
ピンチ力の強化が必要なのか、しかし足が切れない動きを体得するのも必要だしなぁ。

途中で投げ出し、比較的空いていたBigwest壁に移動。
昨日どうにも解決出来なかったピンクの長物がすっかり変わっていたので早速トライ。
1便目はゴール1つ手前のガバ取りをミスしてフォール。
2便目で片付いたので11aくらいとしておこう、うん。
10台にされちゃうかもだけど。

ついでに三上ちゃんの11bを触るも足を忘れていて4手目でポテポテと落ちる。。。
やっと思い出して先へ進めたと思ったらその先のホールドが悪いのに変わっていた。
ちょっとこの変更はショックだ。

合間にやっこさん?の作った課題をやってみたけれどなかなか面白い。
か、全然無理かだったw

半分レストくらいのつもりだったのに1人だと撃ちすぎてしまい、短時間でライフゲージも枯渇して帰宅。

今日は昨日より足使いがしっくりこなかったなぁ。


残23500

ビーパンプ!057

今日もサックリ逃げて7時に到着してしまった。
昨日は体調不良で休んでダラダラしたのでフレッシュ!
な筈。

Bigawest壁に課題が増えていると聞いていたので、お目当ては当然それ。
まだ誰もいなかったBandbelt壁で少しアップしてすぐに移動。

フレッシュなうちに黄色から順番に触ってみる。
新しい課題は辛くなりがちな傾向があるのだが、
今回はそれほど極悪な物が無い感じがする。

紺色は3つあったけれど右側のが一番難しい。
左側のはゴールで落ちて、2便でゲット。
真ん中の/は5便くらいだったかな。
結局右側の1つは宿題のまま終了。

West壁に長物があったけれどハング下が全く解決できず。
グレードいくつくらいなんだろう?

撃ちまくっていたら力尽きて早めに終了。

なのでちょっとだけ王将でギョビーして帰宅。

残:25000

摩天岩と地獄エリアへ

6月8日は不動沢の摩天岩、9日は地獄エリアへ登りに行ってきた。

不動沢は最近になってやっと足を踏み入れ始めたエリアでまだまだ知らないエリアばかり。
今度摩天岩へ行こうと言われていたのだけれど、ちょうどロクスノ#60にトポが掲載された。
来週末には混むかも知れないので今週末に行ってみることにしたのだった。

遠い道のりをエンヤコラと歩いて到着、トポがあると迷わないでいい。
しかし、取りあえず探検してルートを確認して、それだけで結構時間がかかる。
見に行ったけれど「これ?」って感じで引き返して来たり。
自分に登れる簡単で面白そうな2ルートを登って終了となった。
20130608mateniwa

傾斜の無いルートは苔が浸食してきている感じなのでもっと登られるといいな。
今度はあの綺麗なラインと最凶の10aにも手を出してみたい。

夜は遅くなったけれどチッペコマさん達のテントへ遊びに。


9日は地獄エリアを探しに行くことになった。
8日にまた偶然に会ったふぁんくさんyukaさんと探しましょうと話して決定。
以前に一緒に探しに行きましょうと話していたので今回そのチャンスが来た感じ。
そしてまた偶然に出発時に会った、行ったことのあるJr.さんより有力情報を得て、
これで迷わず行けると思ったものの見事に迷い、適当に感を頼りに発見。
迷った割にはあまり時間はかからずに済んだと思う。

目指す地獄エリアは綺麗なクラックの走る岩があり、隣に巨大スライム岩?があった。
N字クラックは写真の通りの綺麗なクラックとハングでそれと確認できた。
しかしKクラックは発見できず、今度また探すか。

N字クラックはふぁんくさんが突破してTRを張ってくれて触った。
手の大きな人に有利なクラック、初めてフィスト使いまくり。
女性には中途半端で非常に登りにくいルートとなっていた。

右隣のルートはリードで取りつくもプロテクションセットに失敗してテンション。。。
ムーブはともかくカムセットを上手くやらないとってルート。
一つカムを打って失敗し、固め打ちしようとしてハマっただけかもだが。
セットが分かれば難しくは無かったのだけれど、突っ込めなかった。

その隣は上からTRを張って触ったけれどリードは大変そう。
見た目通りプロテクションセットが肝になりそうなルートだった。

1Fエリアは上から回り込めて回収もやりやすかった。
20130609jigokuarea

どちらも遠いけれど貸切で楽しいエリアだった。
静かな原生林の中で綺麗なクラックを楽しめました、ありがとう。

ビーパンプ!056

予想外に早く7時に着いてしまったが既に混んでいるビーパンプ。
木曜日はそんなものなのかな。

先ずは受付でロクスノをゲット、不動沢のトポが嬉しい♪

今週のWeekly課題はbigwest壁にあった。
黄色、赤色はいいとして紺色になるとこの傾斜は苦手。
すぐに足が切れて落ちる。
aymさんがスタティックに取っていたスタンスを真似してみるもポテッ。。。
全身で次のホールドへ動くので足が抜けるらしい。
足に体重を残すように意識すると少し変わった。
この感覚、練習しないと。

が、ここで腰のカラータイマーが点滅。
最初から違和感があったが、これはヤバい。
しばらくストレッチしたり伸ばしたり。
すると痛みが引いてきたので恐る恐る再開。

動けるようになってきて少し人の減ったWeekly課題紺色にまたトライ。
教えてもらったムーブを何度か試してみて何とかRP。

ちょうど一緒にトライしていた常連さんにブログ書いてますよね?と
バレてるw
日にちとトライしている課題を見れば特定されてしまうか。
そう言えば名前聞きそびれてた。

腰が心配で被りの少ない1Fへ移動。
珍しくYasu氏が来ていたのでセッション。
平日は仕事が忙しくてボルダーは殆どやっていないらしい。

最後はまた腰に違和感が出て来たので撤収。
新しい凹壁の白色が2つ片付いたので良しとしよう。


残:26500

パンプ2!009

今日はサッカーワールドカップの予選。
みんなテレビの前へGO!

で、自分は今週も平日パンプ2。
昨日は遅くなったけれど今日はさっさと離脱。

おかしいな、サッカーで空いている予定だったのに混雑。

アップは足を意識しながらゆっくりと、、、ヌメル
もう夏もすぐそこなんだなぁ。

これでは全然ダメかと思っていたのだけど、
前回ボロボロだった津波壁右の11aはちょっと余裕を残して登れた。
宿題としてしまっていた隣の茶坊主さん10cもついでに片付けて。

それほど調子悪くないかと思うもタワー壁11a青□は最後の足を見逃してしまいズルしてゴール。
もうヨレてるらしい。
津波壁の左手に出来ていた黄色10dはムーブだけだと難しくないけれどトラバースなのでメンタル核心。

やっぱり持久力も足りないな。
とにかく足使いを丁寧に。


残:28000

ビーパンプ!055

ちょっと遅くなったけれど月曜日だから空いているだろうと思ったのだけど。
予想に反して混雑気味。

珍しくシマダさんが来ていた、やっぱり強いな~
2Fでちょっと登っていたら道場もやっていて混んでいたので1Fへ。

合コンボルダーみたく初めての人たちがいて入口付近が混雑。
ホールド換えのあった壁の近くなのでちょっと息苦しいくらい。

凹壁の新しい課題はもうウェルカムグレードでは無いらしい。
紺色は登れるけれど白色が手強くてなかなか登れない。
あともうちょっと足りない感じ。
つまり弱いのだな。

コンペで東さんが言っていたのが「腕は力、足は技術」
靴を変えないとダメか ←ちょっと違う?

眠いので今日も早めに引き上げ。

残:29500

雨予報で晴れた日にコンペのスタッフ

6月1・2日はコンペのスタッフ。

週末の雨予報が直前で良くなり、暑い日差しの中でバタバタと過ぎた週末。

1日目はある程度リラックスモードが多く和気あいあいとした雰囲気。
人数が多く休む間もなくバタバタと1日が過ぎ、終わった時にはヘロヘロ。

2日はまだ選手も少なく少しは余裕が出ていたけれど、やっぱりバタバタ。
しかし最後で選手が壁に激突してしまった。
グランドまで5mはあったと思うし、もう少し上手く流せば違っのではとか後悔しきり。
技術がまだまだ足りない。
メイちゃんには本当に申し訳ないことをしたと思う。
適正な距離を上手く流すダイナミックビレイ、本当に難しい。
普段のジムでは流すことなど全くできないし。
登ることに一生懸命な人は多いがビレイは自己満足したら退化する一方。
客観的に見て状況に応じた最良のビレイを身に着けるにはどうしたらいいものか。
手さぐりでも頑張らないと。
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR