パンプ2!008

今週2回目の平日パンプ2
いや~非常に珍しい!?

強引に?離脱して急ぐ。
土曜日のみが晴れ予報の金曜日は空いている。
いつもこんな程度ならいいと思うのだけど。

でも自分は今日もダメダメ。。。トホホ
10クライマーになってしまっている。
ボルダー疲れより単に下手になっている感じ。

もう少し丁寧に省力ムーブで登れるように修正していかないと。
すっかりボルダラーと化してきているのか。
ボルダー力も付かないのにルートが下手になっている。
足使いをもっと丁寧に意識して。

猫足、猫足 ニャーニャー

残:31000
スポンサーサイト

ビーパンプ!054

また少しずつ忙しくなってきてるような。。。
今日もちょっと遅れてビーパンプ。
12日が忙しさの最初のピークになるか、早めにやっつけていけるか。

木曜日はやっぱり混んでいる。
ホールド換えのあった1Fは行く気がしない。

R壁でアップしたら早速Newage壁のWeekly課題に。
赤色は手順を間違えたっぽいけれど力業で。
紺色はもうトリッキーでポテポテ。。。
肺魚氏のお奨めムーブで解決。
白色は保持できずにムーブ解析もせず放置。
こういうのってどうかと思うが。

あとは大西壁の11bをひたすら。
ムーブを固めていくと少しずつ繋がるようになってきた。
でも17がガバなのにヨレて落ちる。

少しずつ繋がるようにしていきたいな~。
明日は目指せパンプ2。


残:32500

パンプ2!007

平日のパンプ2はいつ以来だろう?
ちょっと無理栗職場離脱で急ぐ。

やっぱり火曜日のパンプ2は混んでいる。
火曜日のヒデさんスクールにbantioさんが。
津波壁を登って懸垂しているのはイメージを覆す光景?
それにしてもパンプ2は知り合いが多い。

で、自分の方はというとボロボロ。。。
以前OSしたルートもテンション。
11台が登れず。
最後は10台で必死になれる。

何でこんなにダメなんだろ。
取り敢えず足がパタパタするのは致命的な気がする。

しばらく集中的に猫足を意識して登ってみよう。
にゃー

残:34000

ビーパンプ!053

時間が取れなくて当日に日記更新できず。。。

メモ

りんかい線が止まってゆりかもめで。
遅くなったけど空いていた。
Bigwest壁で三上ちゃん11b辛い。。。
ホールド換え凹壁で紺色まで。
蔵壁で肺魚氏のWeekly課題紺色まで。
赤色でも何度か落ちた。
帰宅したらメール処理色々。
あ~予想以上に大変だ~
まだやること残ったままだし。

残:35500

こんな時もあるよね、仏壇岩とペンギンルート

5月26日は小川山へ移動して仏壇岩へ向かうことに。

遠いエリアなので寝坊はせずに出発。
林道をテクテク歩き、涸沢へ入りひたすら詰めていく。
ガレガレで沢登りの気分、ガラガラと崩れるような場所ばかり。

正面に岩峰群が見えていたがど真ん中にペンギンクラックがあると気付かず。
20130526pengin

敗退したビナがあると思った場所が目指していたルートの1つ、ペンギンクラックの取付だったとは、まあこんな時もあるよね。
こんな場所とは思わなかった。

結局登山道まで詰めてしまい、登山道を小川山方面へ進むと分岐した踏み跡より仏壇岩の頂上に出られた。
ウロウロするとエレクトリックレディランドの終了点と思しきものがあり、どうやらペンギンの終了点らしきものが見えた。
さっき通ってきた場所に見えるのだけど。。。

また戻って漸く取付へ。
1ピッチ目(フォロー)イワタケが多くモロい簡単ルート。
が、登っているうちに雷が鳴り、雨が降り始めイワタケが滑る。。。
本降りの雷雨となり霰までバラバラと降りもう大変、まあこんな時もあるよね。

1ピッチ目の色褪せたスリングを使い撤退、ガレガレのルンゼより戻る。

びしょ濡れになりつつ登山道より戻ることにする。
が、途中で道を踏み外し、そこから自分の方向音痴で来た方向へ戻り始めてしまったらしい。
たまたま小川山方面より歩いてきた人たちに遭遇して間違っていたことを確認、まあこんな時もあるよね。

今週末は雨が降らないと思っていたので雨具はジャケットだけしか持って来ていなかった。
下はパンツまでビショビショとなって下山、まあこんな時もあるよね。

キャンプ場へ戻ってきたときには周囲のテントも車もすっかり消えていた。
ピラニアへ寄り道していこうかな~と思うも時間が無かったし。

結局モアイクラックも見つけることができなかった。

帰りの中央道はもう渋滞シーズンに入ったらしく、早く撤収しても帰宅は遅くなる始末。

まあこんな時もあるよね。

渋滞は嫌だけれど、岩場も見つかったし歩荷トレとなった山歩きはそれほど嫌でもなかったり。

錦秋カナトコルートと仏壇岩探索

5月25日は瑞牆十一面岩左岩壁の錦秋カナトコルートを登りに。
26日は小川山へ移動して仏壇岩を探索しに行ってきた。

ICを降りてコンビニへ寄ると知り合いばかりにバッタリ。
皆さん行く場所は同じ方面に集中してますねw

先週に調和の幻想を登ったので、今度は少し上のエリア十一面左岩壁で入門編の錦秋カナトコルートへ行ってみることにした。
末端壁を通り過ぎて暫くガレを詰めると左手にそれらしき岩峰群と割とハッキリした踏み跡があった。
辿って行くと翼ルートを登っている知り合いパーティーがいて現在地が確認出来た。

ここが写真で見た取付だよ~ってことでちょっと暑い日差しの中で準備開始。
リングボルトの残骸はまだ1つ残っていた。
1ピッチ目(フォロー)は1段上がってガバフレークを使って乗り越え左上、そして右上していく快適なクラック。
2ピッチ目(トップ)はカムをセットしてスタートからちょっと悪い。
 節理は乏しくアルミハンガーがあったのでヌンチャクでクリップ、カチ持ちレイバックで登ってジャミングが決まった後は登りやすく快適なテラスへ。
 ここの1ポイント4歩くらいがフェイスの10aと呼ぶには辛いけれどフリクションはいい。
3ピッチ目(フォロー)ビレイポイントより左上し樹林帯をモサモサ木登りで直上していく感じでロープ一杯まで。
4ピッチ目(ロープ担いで歩き)岩の下部に踏み跡があり左へ進み、進めなくなる辺りで1段上の岩場へ登ると景色の良いところへ出る。
5ピッチ目(トップ)ダブルクラックを快適に登り、緩傾斜からジャムバチ効きガバ豊富で景色の良い登りで左手の木が見える場所まで、そして下が見えやすいところへ支点を伸ばしてビレイ。
6ピッチ目(フォロー)5ピッチ目の続きで斜上チムニー?を登りチムニーを2歩くらい登ってテラス、リングボルトでスラブもあったけれど右側にあったハンドクラックよりピークへ。
とても景色が良く快適な瑞牆マルチ入門ルートだった。
20130525kinshuukanatoko

下降は登ってきた方向よりやや左手に見える支点へ下降し、あとは真下へ降りつつ探すと支点がある。
2ピッチ目の終了点より50m一杯で取付へ戻れた。
残置スリングは全て変色していたのでそろそろ交換時期かな。
ビナも1枚だったりで、自分のを1枚残置した場所も。

降りたあとフラフラと他のルートを探索したら有名な某氏ペアに遭遇。
ミーハーにも一緒に写真を撮ってもらってしまった。

そして翌日は小川山なので下山したらヘルシーパーク・ナナーズ経由で廻り目平IN

ビーパンプ!052

週末が近付いてきて漸く疲労感が少しずつ抜けてきた感じ。
さ、そろそろ次の週末の準備だ。

そして登れるときはジムる。

道場がBandbelt壁で始まったのでR壁でアップ。

そして昨日宿題となったWeekly課題の白色に集中。
ヌメさんが想定している足がなかなか上手く使えず、
結局スタートで使うスタンスでRP。
登れたけれど何だかスッキリしないなぁ。
あのスタンスを使うムーブを体得したいところだが。

紺色は今日も再登ならず。
またゴールが取れない。

被り壁ばかり登って早々に売り切れて終了。


残:37000

ビーパンプ!051

月曜日はまったり登って火曜日はリフレッシュ!
と上手くはいかないようで疲労感がまだまだ抜けない、トホホ。

定時過ぎに出て早くに荻窪へ到着。
既に1Fは混み始めてきそうな様相。

昨日登れたWeekly課題の紺色が登れない。
Newage壁でその他の既登課題に手を出しまくるも敗退ばかり。
Weekly課題の白色も要領は理解できるが出来ない。
これは覚えておいて消えてからもトライしよう。

R壁以外全ての壁が混んでいたので何となくダラダラ。
もう少しメリハリつけないとダメだな。


残:38500

ビーパンプ!050

マルチのクライミングを登って沢登りにつなげるムーブだった週末明け。
それは眠くて仕方ない週明けと言うのも当たり前ってことで。

違うことをいろいろ詰め込むと週末が何日あったか感覚が分からなくなる。
まあ今日は月曜日だと言うことは把握してちゃんと仕事へ行ったのでヨシ。

レストしようかなと思いつつ軽くジムへ。
予想通りパフォーマンスはお話にならない。

血行を良くする程度に赤色くらいまででボチボチ軽く動く。
トレーニング目的では無いので本数もごく少なく。

でweekly課題があったのでNewage壁も少しだけ。
面白い紺色が何とか登れて満足。

登らずとも話をしていただけでいい時間になり撤収。
monthly壁にマントリングとクラックなんて話もそのうち実現してもらえるのかな~

残:40000

沖ビリ沢下降~水ノ木沢遡行

5月19日は前日に続けて水ノ木沢に沢登りへ。
18日に調和の幻想を降りたらシゲコと合流、そのまま沢登へ継続。
暑い季節に泳ぐのが好きなのに、珍しく5月にもう沢始め。

【今回のコースタイム】
7:05山伏峠~8:00下降開始~10:00菰釣橋~13:20東海自然歩道~14:30山伏峠

山伏峠の駐車場より廃屋の脇にある鳥居より登り始める。
沖ビリ沢への下降は1160コルへ行かずに早めに開始。
急斜面だけれども降りれない場所も無くすぐ水の流れに入れた。
この沢はナメが多くて綺麗。
20130519mizunoki1

一か所だけ懸垂下降したけれど下から見たら普通に登るよねってくらい。
悪い場所も無く快適に下降できる。

左岸に林道跡が出てきたら歩きやすい道をテクテク歩く。
新緑に藤の花が咲き乱れて気持ちの良い道だった。
沢を覗くと大きな堰堤がちょくちょく見えるので林道が正解っぽい。

菰釣橋で北へ向かい、1700あたりで沢へ降りる。
ここからは沢の分岐が多く水量もハッキリしないので地図読みの連続。
基本はゴーロ歩きで倒木も気になるけれどナメもあり綺麗な印象。
20130519mizunoki2

基本的に難しい滝は無いけれど意外とルーファイの難しいものも。
20130519mizunoki3
良~くオブザベしないとね。
遡行図の4m滝だったのかな?

思っていたより天気も良く新緑の綺麗な沢だった。
20130519mizunoki4

詰めは菰釣山へ向かうより1250付近を目指す方が早そうだったので北へ詰める。
北方面か登りやすそうな方向へ進んで登山道へ出た。

気持ちの良い道をちゃっちゃと進んで山伏峠へ帰着。
車へ戻ったら美味しいコーヒーを淹れて貰ってのんびり。

引き上げるまで雨に降られず、空と眩しい新緑の沢歩きを楽しめた。

やっと登ってきた調和の幻想

5月18日は先週と同じ十一面岩末端壁へ、調和の幻想を登りに行ってきた。

そのうち登ろうと思いつつ瑞牆の岩場はなかなか敷居が高くて先延ばししてきたマルチ。
暑くなる前に登っておきたいしとトライしてくることに。

初めての緊張するマルチルートなので、申し訳ないけれどシゲコとは別行動で2人のツルベ。
瑞牆山へ登ってくるシゲコと別れてのーると末端壁へ向かう。

気温が高いかなと思ったけれど岩も乾いていてコンディションは良さそう。
ゆっくりと準備をしてダブルロープと重いギアを担いで出発。

最初の階段部分もピッチを切って0ピッチ目はフォロースタート。

1ピッチ目トップ。
先週も登っているのでまあ何とか予定通りハアハアとビレイ点へ。

2ピッチ目フォロー。
ワイドな出だしからフィンガリーなクラックを使ってスラブ的な段へ。
ここで右手に見える残置は無視、正面のクラックも無視。
左手のカンテへトラバースして階段状を登って上の立木でビレイが正解。
フィンガー部分が大変なのとルーファイが核心か。
201305chouwa1

3ピッチ目トップ。
ビレイポイントが良く次のピッチのリングボルトが見えていた。
右手の階段状より登りフィンガーサイズのカムをセット。
リングボルトへクリップするまでがバランシーだがカムが効いているので怖さは少ない。
右のクラックにまたフィンガーサイズのカムをセットしてムーブを起こす。
ジャミングよりフェイス的でムーブが分かればああそうかって感じ。
201305chouwa2

4ピッチ目フォロー。
木登りで上部にスリングで支点を作ってから岩に乗り移る。
ここが怖いしリングボルトからランナウトするスラブがもっと怖い。
トップで登っていたら泣きが入っていたに違いない。。。
あとは被さっているクラック沿いに登って左手のテラスへ。
201305chouwa3

5ピッチ目トップ。
記録では怖いと書いている人が多いけれど、今回は強い味方キャメ6がいる。
重いのを頑張って担いで来たキャメ6を2個と一緒にズリズリと疲れる旅路へ。
ずっとキャメ6が効き続けるので怖さは全く無かった。
OWの5.8が良く分からなかったけれど、あの溝のことかなぁ。
南稜レモンのOWのようなものは出てこなかった。
最後は散発的にフィンガーサイズのカムが効く簡単なフェイス。
重~いロープを引っ張り上げて終了点へ。
やけに重いと思ったらロープが一部クラックに入り込んでいたみたい。
201305chouwa4

終了点はペツルのアルミハンガーとアイボルト。
ここでフリークライミングインストラクター試験としてリボルトをしたそうだけど。
ガイドがTR張る場所以外は無視なみたい。
懸垂しようとしたら残置ビナが1枚だったので自分のを追加。

3回の懸垂下降でペガサスの取付付近へ。
最後の懸垂はモロモロの部分を通るので落石に注意。
下に人がいると真下以外も危険、かなり離れている必要が。

そのうちと思いつつなかなか手を出せずにいたルート。
大変だったけれど全ピッチOSフリーで気持ち良く登れた。
やっぱり良いルートだった。

ビーパンプ!049

眠くて仕方がない。。。。
寝不足もあるけれど眠過ぎ。
気候のせいだろうか。

急ぎの案件も無いので今日もさっさと荻窪へ向かう。

まだ新鮮なBandbelt壁で簡単にアップ。
疲れの出る前に昨日の宿題を一便目で片付けられた。
しかし速効でヨレてもう続かない。。。

連投で疲労が蓄積されているのか。
もっと傾斜の緩い壁にした方が良かったのか。

やっぱりレストは大事。
とまたいつぞいやと同じことを思いつつ撤収。


残:41500

ビーパンプ!048

今日もさっさと離脱して荻窪へ。
昼間はずっと眠かったけれど早くから登れるのは嬉しいのでジム。

Bandbeltの課題を大幅に増やしていた作業がちょうど終了。
早速新しい課題を触りまくり。

新しい課題の常として若干辛めものが多い。
次々とトライしまくって悪い紺色で敗退。

常連さんで混んできたので被り壁に移動。

久しぶりに再登できた紺色があったもののヨレてあとはグダグダ。
ガバダコが痛くなって終了。


残:43000

ビーパンプ!047

昨日の疲れはあるけれど取り敢えずビーパンプへ向かってしまう。

着いてみるとガラガラ。
今日は何があったの?ってくらい。
昨日コンペがあって晴れていたからか。
ジム派も岩場派も今日はレストということだな。

コンペ課題が残っていたので色々触ってみる。
テープの色と難易度が関係無いようで適当に。
Weekly課題も同じく適当に紺色まで。

今日は少しでも登ることに意義がある!として早くに撤収。
そしてギョビーのムーブ。

たまにはこう言うのもいいね。


残:45500

末端壁のコンディションは良かったけれど

5月12日は十一面岩末端壁へ行ってきた。

朝まで天気がぐずつき中央道も濡れている。
乾きの早いエリアを探検しに行こうと云うことで地獄エリアを探すことにした。
植樹祭広場の駐車場に着くと抜けるような晴天となっていてボルダラーが多数。

売店でコシアブラとタラノメを購入してから地獄エリアを目指してのんびり出発。
分岐はどこだろう?と探しながらウロウロと歩き廻り行きつ戻りつ。
そして目的地を見つけられぬまま気付けば十一面岩末端壁に着いてしまった。

天気が良くてポカポカとお昼寝日和、睡魔に負ける。
取りあえずアップにと調和の幻想1ピッチ目を登ってみる。
3年前にOSしているのに全て忘れていてアルツOS状態。
え~っと、どう離陸すればいいんだ?
あ、こっちにスタンスが、こっちにカム入れればいいのか。
そしてヒーヒーハーハーとRP。
大変だな・・・全然成長して無いらしい。

暫し昼寝をしてからアストロドームに取りついてみる。
岩のコンディションはいいのに自分はボロボロ・・・
途中から各駅停車でヨレヨレ・・・
はあ、ムーブも教えて貰ってある程度分かったけれど。。。

天気が良く人も少ない気持ちの良い1日だったと締めくくるかw

X4はヘッドがコンパクトになったのが特徴なのかな。
0.4まではケブラー、それ以下はワイヤーを採用。
トリガーの引き代が長くなったのはいいかも。
キャメC4の0.4、X4の0.4、マスターカム2
20130512matan1

キャメC4の0.3、X4の0.3(オフセットした1軸)
20130512matan2

パンプ2!006

雨の週末となればパンプ2
天気ばかりはどうしようも無いので快適な室内へ。
梅雨に雨が続いたらまたレイントレッキングもするかも知れないけれどね。

11時くらいに着くと思ったよりかは人が少ない。
休日なのでダレている人も多く待たずに好きな壁に取り付ける。

一反木綿壁の快適なルートでアップして徐々に、なんだか暑くてヌメる~
GWの連休で津波壁がホールド換えされたので触ってみる。
↑ホールド換え前も大して触っていなかったくせに。

天井に抜けるルートはまだ敷居が高いので右側のルートを端から。
11aは思ったよりホールドが良くて楽しいルートでOS。
が、隣の10cでテンション・・・orz
茶坊主さんの使うホールド悪すぎでない?
10dはFLで大体ルートが分かってから登ったけれど順当な感じで楽しかった。
11bは2テン、こちらも順当な感じで時間を置いてもう1便ならRPできるかもって状態だったけれど放置。
あとはタワー壁の10ノーマルくらいを登って終了。

そう言えば100度壁は全く触らなかったな。

残:47000

ビーパンプ!046

何故か朝から眠くて仕方ない。
連休中はしっかり睡眠をとっていたのだけれども。

疲労感満載だったけれど明日は強制レスト日なので荻窪へ行くことにする。

早めに着いたのでそれなりに空いていたのだけれど、常連さんで2Fの壁は賑わっている。
連休はずっと晴れていたというのに明けの今日でこの賑わい!?
とにかく登っていないと気が済まない人たちなのかも知れない。
自分はちょっと体を動かしに行っただけなのにな~

登ってみるとやはり体が全然動かない。。。
bigwest壁にweekly課題があるが辛くて全然ダメだし。
ガンガン登る常連さんたちを後目に被り壁でポトポト。
ホントダメだ、でも楽しい。

残:49000

2013GW後半、移動して不動沢とカサメリ

寒い小川山より瑞牆へ移動。
こちらの方がまだ暖かい感じ。

5日の朝に不動沢へ向かうもやっぱり岩は冷たかった。
不動沢愛好会ルートの下部は今日も乾いていてワイドを楽しめた。
しかし寒くて手が悴む。。。
そして貸し切りのよろめきに触るチャンスが。
カムの読みも大体当たりぜいぜいハアハアとOS。
1本で満足できる楽しいワイド、疲れた~
20130505fudousawa1


6日は北海道JKさんと富山TKDくんが早めに帰るのでアプローチの良いカサメリ沢。
ミルクミルクを触ったら初めて落ちた。。。
このルート好きなのに、、、悔しいのでもう1回。
レーザーズエッジも何度登っても楽しい綺麗なルートだな~
絵星岩を探してウロウロしてみたけれどルートがいまいちハッキリせず。
岩はあっていると思うのだけど。


のんびり登って疲れを取ろうと思っていたけれど難しいね。
少ししか登らなくても疲れが残ったままで最終日もヘロヘロだった。
でもやっぱり花崗岩のフリクションは楽しい。
マルチをやるには苦手のスラブも少し鍛えないとダメかな。。。

2013GW後半は花崗岩始めに小川山

2013年GW後半は小川山でスタート。

2日に廻り目平へ入るとガラガラ。
お昼前にテントを張り終え、ちょっとハコヤ岩へ行ってみた。
しかし寒い、とにかく寒い。
前半戦の槍ヶ岳の疲れも残っているので少し登って終了。

このルートいいと思うんだけどなぁ、ちょっと表面がモロいけれど。
20130502ogawayama1

3日はマルチへ行くことにして屋根岩Ⅲ峰の南稜レモンへ。
先行パーティーがいると思ったら知り合いでしたw
珍しく5パーティーも取りついたのはGWならではの賑わいだった。
天気は良かったけれど風が冷たくて寒かった。
しかし自分の核心はやっぱり2ピッチ目のトラバース先のスラブ。。。

4日は妹岩周辺へ。
取付付近は日蔭でやっぱり今日も寒い1日に。
ジャックと豆の木も冷たく湿気っている感じで登りにくかった。

そして小川山を後にして、移動。
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR