2013GW前半戦は北アルプス

4月27~30日は北アルプスの赤沢山の登攀と槍沢SKIに行ってきた。

ざっと。

予定では新穂高よりSKIでババ平まで行き、上高地よりの歩荷組と合流。
が、27日の朝はまさかの大雪。
急きょ予定を変更、上高地より入山して歩荷組を捕まえ横尾でテント設営。
雪の河童橋。
20130427yari01

翌日はコンディションが良く無かったものの赤沢山を登りに。
ボロい壁に雪の付いた冬壁状態で悪い。。。
4ピッチ目をRiさんが突破してセルフをセットして少ししたところで頭上よりボンッと音が。
雪崩がきま~す!との叫びに続いて上空より大量のスノーシャワーが降り注ぐ。
ビレイポイントが岩のハング下の灌木を選んでいるので巻き込まれはしないが一面真っ白に。

撤退を決めて雪崩流路を避けつつ同ルートを下降中にも4回の雪崩が発生。
コンディションは選ばないとね。
20130427yari02

翌日はスキーを担いで槍ヶ岳を目指す。
スキーシールに雪が付着してツボ足となり延々と槍沢を詰める。
槍ヶ岳山荘目前まで曇り空に強風だったが、小屋に到着したところで晴れてくる。
登山靴に履き替え、ピッケルは無しのアイゼンのみで穂先へ。
雪があり予想外にアルパインチックなルートだった。
冬に来るならロープを持って来よう。
貸し切りだった山頂からの景色は最高!

下りは広大な槍沢をスキーで滑降。
来るのは大変だけれどもそれだけの価値がある場所だった。
20130427yari03

20130427yari04

20130427yari05

30日の最終日は朝からの雨。
もう帰るのみなので黙々と歩いて上高地へ。
梓川の雪はすっかり溶けてしまいGWらしい景色?となっていた。
20130427yari06

悪天候の合間にいろいろと楽しめた山だった。
それにしても荷物が重かった。。。
歩荷してくれたメンバー、同行したメンバーみんなに感謝。
スポンサーサイト

ビーパンプ!045

連休前半に小川山へ入るあやねこさん達が使うことになったテントをSMDさんへ受け渡しにビーパンプへ。

そんな理由は無くともビーパンプへは行くだろうって、ハイ。
いざとなったら残置BOXもあるので受け渡しに便利な場所なんです。

早めに着けたけれど、もう混雑していた火曜日のビーパン。
そして何故かビーパンでお会いすることが少ない知り合いが何人も。
今日は何の日なんだろう?って感じ。
あ、SMDさんはテントの受け渡しで来てもらったんだった。
早速白色から片づけていて、やっぱり強い。

人も多いので隙間を縫ってnewage壁の紺色を登ったり登れなかったり。
途中で1Fへ降りてtokitaグループに混ざって新しい課題で遊んでみたり。
しかし普段ジムに通っていないironさんが強いのはマイクラックで鍛えているからだろうか?
皆で同じ課題を触るとムーブが解決していって登れたりして楽しいね。

いつの間にか予定より遅くなっていて帰宅してから焦る。。。
週末の準備を進めないと~~~

残:50500

ビーパンプ!044

昨日は寝不足でも無く、ジムしか行っていないのに今日は眠くて仕方がない。
夕方には寝落ちしそうだった。
でもジムは行けるときに行っておかないと。

そして登り始めると目は覚めるしダルさも消えるもの。
しかしこんなときは目が覚めても調子は良くないね。

bigwestの苦手だった紺色も元に戻ってるし、1Fに下りても白色が再登できない。
頑張ってるつもりでもダラダラしてくるので良くない。

連投だから最初から軽めにしておくべきだったってことか。
しかしbigwest壁にもっと強くなりたいなぁ。


残:52000

パンプ2!005

土曜日は雨だったけれど年に一度の総会だったので気にしない。

で、代表って何? それ美味しいの?・・・・ハハハ
優秀で強いリーダーがぐいぐいと引っ張っていく組織もあれば、周囲がサポートしながら皆で形になっていく組織もあるのかなと思う。
しかしどちらにも必要なものは人望なのかなと、難しい。
嫌なものを押し付けあうのであれば嫌だけれど、みんなが望んでならばいいのかなとも。

総会の夕方には本降りの雨となり、翌日の予報も雨。
心置きなく飲み明かし、毎年のことながら学生かよってくらいの乗り。
本当にいい人たちだな~としみじみ。


翌朝は適当にボチボチと起床。
ベーキャン組とパン2組と帰宅組に分かれて解散。

最初は混んでいるルートエリアを避けてボルダー。
ルートで新しい人にビレイや登り方を教えたり。

その間にちょこちょこと登ってみたら平マッチョ店長のルートでフォール・・・orz
飲み会の影響でかめっちゃ調子悪い。
ってことでヘロヘロと登って、ちょっと昼寝して、最後にまたボルダー。

飲み過ぎた翌日も自分のコンディションは悪いな~
ま、この日は年に一度の祭りなのでいいと思っていたりするのだけど。


残:53500

ビーパンプ!043

昨日はカモババで待ち合わせて姉から韓国海苔を貰って、軽いけれどザックが嵩張る。
で、そのまま飲みに行って今日はザックに海苔が入ったまま出勤。
もうちと規則正しい生活した方がいいなw

モンベルでレインスーツの修理が終わっていたので受け取りに行く。
ボロボロだったシームテープはしっかりと新しくなっていた(嬉

そして今日のビーパンプ。
週末が雨予報なので土日はジムと決め込んでいるのか空いている。
まあ金曜日はあまり来ないので比較はしにくいけれど。

R壁に新しい課題が出来ていた。
weekly課題とは書いてなかったので新しい課題か?
最近R壁が煮詰まってきている人が多いので丁度いいのかも。
赤色と紺色は登ったけれど白色が悪そうなのでパス。

新しくなって混んでいるnewage壁の右側で遊ぶ。
前回は全く保持できなかった紺色、人のムーブを見てやってみたら登れた♪
そして登れそうなもののなかなか落とせなかった白色も何とか。

やっぱりレストを入れた方が調子はいいのかも。
でも登れる時は登るけど。

残:55500

秋パン!002

今日はダッシュで脱兎、秋葉原のPUMP-TOKYOへ急ぐ。

時間が早めだったので前回と比較にならないくらいガラガラ。
3Fが出来てから初めてなので早速3Fへ行ってみる。

ジムと言うと壁はコンパネのスクエアなイメージしか無かったのだけど、
ここは何の材質かは分からないけれど曲線で不思議な感じ。
課題はテープでは無くホールドの色で分けてあるのが時々微妙な感も。
チョークの乗った赤とオレンジとピンクと、区別がつきにくいな。
照明が暗いのでなおさら。

グレード感は秋葉原にしては辛いものが増えている。
赤色で出だしから悪くてすっぽ抜けたのもあるし。
それは自分が弱いだけか。
奥のルーフは紺色や白色でもガバガバで楽しかった。
それにしてもチョークが残り過ぎているのかヌメるホールドが多かった。

集会の前に寄ったので急いで撤収、思いっきり遅刻になったけれど。

ここはアウェイのジムな筈なのに知り合いに会ったり。
偶然とは言っても同じメンバーがグルグルしているからか。
帰るときにはやっぱり秋パンらしい混雑となってきていた。

残:57000

ビーパンプ!042

月曜日の反動だろうか、少し遅れて着くと混雑。
何だか混雑していない日の方が少なくなってきているような気がする。

いつものバンベルの長物で適当にアップしてすぐにnewage壁へ。
昨日触らなかった紺色を集中攻撃。
ムーブが分かっていて集中してトライするとずいぶんと違うようで。
何度か撃って登りたかった紺色2つはゲット。

左側のランジと右側のスローパーは放置することにしよう。
しかし白色で希望のある課題をまだ見つけていないので次は迷い中だったり。

1Fへ最近出来た課題を触りに移動。
ムーブの解決している紺色は精度も上がっているが白色が出来ない。
新しい課題は1Fでも辛くなってきて大変だ。

それにしても一昨日の疲労がまだ抜けない。
無理をすると腰にきそうなので控え目にしておかないと。


残:58500

ビーパンプ!041

週末の天気が良いと月曜日のジムは空いているという法則。
とか言ってる自分も週末の疲労感満載で緩く登るつもりだったが。

ストレッチをしてアップを終えたタイミングでホールド換え中だったnewage壁が解禁。
目の前でこの新しい壁を見せられたら、みんなワラワラと登り出すのも当然だよね。

軽く登るつもりが黄色から連続トライ。
そして疲労の抜けていない身体はすぐにヨレてゆく。
赤色まではマイルドだったけれど紺色はそうでも無かったりする印象。
紺色は一つ登った他は明日以降に持ち越し。

予定外に連続トライをしてしまったのでストレッチをして終了。
ストレッチをしたら腰周りが楽になった感じがする。
登った直後のケアは大事かも。

残り:60000

未丈ヶ岳スキー

4月13~14日は未丈ヶ岳へスキーで行ってきた。

【備忘録コースタイム】
8:20奥只見丸山スキー場駐車場~10:00シール登高開始~12:30幕場(1225m~1288m間コル)
~14:10北へ向かうピーク1370m~未丈ヶ岳山頂15:55~幕場18:15
8:40幕場~10:25スキー場Dコース合流~11:15駐車場


金曜の夜、関越トンネルを抜けると雪が降っていた。
かなり心配にはなるが明日は晴天の予報、大丈夫な筈。

土曜日の朝は6時に開くシルバーラインへ、ちょっと2度寝して少しロースタートで入る。
スキー場の駐車場には東京に神奈川に千葉と関東各地より遠征してきた車が目立つ。

リフトの1回券を1枚だけ購入してリフトへ乗車。
リフトを降りたところで次のリフトに乗り継ぐ必要があったことに気付く・・・
今回も初っ端からアホなミスを・・・スミマセンw
滑り降りてチケット1回券2枚を買いなおして仕切り直し。

丸山山頂へ向かうリフトは無視して板にシールを貼り1225mピークへ続く尾根へ向かう。
スキー場のスタッフの方によると、夜になると雪が降る日が続いていたので雪庇も大きくなっているとか。

ポコポコした平地を地図を睨めつつ進むと、見えてきた尾根ではこちらへ向けて雪庇が張り出している。
いろいろ探して左手の弱点より尾根へ上がる。
尾根へ上がると先ずは雪庇に気を付けつつ1225mピークへ向かう。
と、いきなり板を背負っての藪漕ぎになり雪を踏み抜いたりと格闘。
東へ向かう尾根へ出ると、これから向かう未丈ヶ岳への稜線が見えてテン鰻!
20130413mijou01.jpg

最初は快適だった稜線伝いが悪くなり側面をトレースしたりと慎重にルーファイしつつコルへ。
テントを背負ったままこれ以上進むのは大変だしと言うことで、ここでテントを設営することに決定。

少々微妙な時間だったものの、天気予報では今日は晴天で明日は遅くには崩れる見込みだったので突如ピークハントを決行することを決断。
少し先週のナルミズSKIのヘッデン下山が頭の隅をよぎるが今日は晴天予報なので大丈夫でしょう。

北へ向かう1376mのピークまでは雪が割れていたりする箇所もあるものの比較的歩きやすかった。
1回は新雪に隠れたクラックにスッポリと全身落ちて焦ったけれど。
このピークまで偽ピークもあり長く感じたものの、あとは未丈ヶ岳まで緩やかな雪面が続いているように見えていたので頑張って登る。
振り返ると自分たちのトレースのみが真っ白な雪に残っていて綺麗。
20130413mijou02.jpg

ピークに着いたところで北へ向かい緩やかな雪面へ・・・
ここへ来るまでの尾根から見えていなかった1376mピークの直上はモサモサの藪。。。
両側が切り立っているので側面トラバースも通用しない模様。
板をザックに着けて予定外の藪漕ぎ。
トレースの無いバリエーションルートはいろいろあって楽しいね。

ここをクリアすると後は本当に緩やかな雪の斜面が続いていた。
大きく張り出した雪庇を大きく避けながらピークを、偽ピークを、偽ピークを。
見えていた景色で予想したよりもやっぱり遠いw

最後の登りと思った場所でスキーをデポし、身軽になりシャクナゲの合間の急登を登る。
さあ山頂は?と思い先を見ると傾斜は緩いもののまだ尾根は続いていた。
その偽ピークを越えて次の偽ピークを越えて漸く先に標識が見えた!
そろそろ夕方となった未丈ヶ岳からは雲一つ無い青空と真っ白な峰が360°広がっていた。
20130413mijou03.jpg

記念写真を撮ったらヘッデン下山とならないように急いでテントへ向けて下山開始。
自分たちのトレースのみが残る真っ白な尾根を滑り下りる。
20130413mijou04.jpg

振り返ると緩やかな尾根と迫力のある雪庇の向こうに聳える未丈ヶ岳。
20130413mijou05.jpg

そろそろ夕日が沈みかけているので赤く染まりつつある尾根が本当に綺麗w
20130413mijou06.jpg

時間に追われつつの下山ではあったもののトレースがあるし晴天なので安心感がある。
スキーで滑れるパートが多かったので予想より早くテントへ到着。
夕日に染まりつつあるテント、広告に使えそうなくらい絵になるね。
20130413mijou07.jpg

初日に目的のピークハントを達成しお腹一杯になるまで雪山を満喫できた。
残るは下山のみとなり明日を気にせず緩やかな時間の流れる夕べに登頂成功の祝杯。

明るくなってから起床した翌朝。
やや風が出てきたものの高曇りが少し入った程度に晴れていた。

帰路の最初はあまり良くないトラバースだったのでアルミアイゼンを装着してツボ足で出発。
そのまま藪漕ぎパートをこなしてから尾根の降り口近くでスキー装着。
緩やかなポコポコの平地を左前方へ向けて進み、首尾良くスキー場のコースへ合流できた。
最後に少しだけコースで遊んでからお昼前には車へ戻れた。

すっかり春の陽気となっていた暖かいアスファルトの上で荷物をお片づけ。
立ち寄り湯はシルバーラインを途中で抜けた銀山平にある白銀の湯。
高い雪壁に囲まれたお洒落なお湯でホンワカ眠気に誘われて帰りは睡魔との戦いだった。


出発時は微妙な天気かな~と思っていたものの、初日の晴天を利用して最高の雪山を満喫できた。
今回も素晴らしい山でした、ありがとう!

ビーパンプ!040

ずっと前にだいひょから貰ったレインダンサーのシームテープが剥離してしまった。
一体いつのだよって代物なのだけど。
あまり痛みも無いので新宿mont-bellショップへ持ち込んでみた。
かなり古いので修理可能かは工房の判断待ちとなってしまった。

長年使った黄色いジャケットも谷川スキーの後でシームテープが剥離したし、ゴアのウェアも15,6年が限界なのか。


明日は残念なことに職場の飲み会に出ることが確定してしまっているので(←とても嫌なイベントらしい)、新宿経由で荻窪へ急ぐ。

今週は混雑具合がそれほどでもなく安定している感じ。
アップを兼ねてmonthly壁の触っていないピンクや緑色でスタート。
宿題だった白色十の最後がランジ無しで解決してしまった。
しかし残りの白色は登れる気がしないので1Fへ移動。

蔵壁に新しい課題が沢山作られているので赤色くらいから順に触ってみた。
新しい課題の常でwelcomeグレードでは無い感じ。
紺色でも苦戦するのがあって白色に入った時にはヨレヨレ。
白色は一つも出来なかったのでまだまだ楽しめる!


残:61500

ビーパンプ!039

昨日よりまたちょっと遅くなってしまったけれど、行けるときはジムる。

Weekly課題はnewage壁にあるが思ったより混雑していなかった。
空いているR壁でさっとアップしてからWeekly課題を触って即理解した。

今週のWeekly課題はまた激辛!
アップの延長で黄色を触って、、、!?

まあ一撃で次は赤色!?
一手目が取れない。。。
何度か撃って、一手目が取れたら登れた。

紺色はもう2週間で消えても悔しくもないやってくらい。
ここんとこ容赦無いな~

こうなったら苦手のbigwest壁特訓。
腰にくるかなと思ったけれど意外と大丈夫だった。
この傾斜ではまだ動きが悪いけれど少しずつ慣れてきた感触も。

フィジカルに比べて神経系は伸びやすい、と信じて
この苦手の傾斜に手を出していこう。


残:63000

ビーパンプ!038

先週から腰に黄色信号が点滅したり意外と大丈夫だったり。
腹筋と捻るストレッチで結構消せるのだけど不安要素。
腕の痺れもあるのでmovitiさんのリンク先を見て納得。
紹介されていたストレッチがいつもやっていたのに近いのを見ると、首回りが楽になる動きは同じなのだろう。

ちょとだけ遅くなったけれど無理やり脱出してのビーパンプ。
あまり混んでいないのは週末の天気が悪かったせいか。

Bandbelt壁の長物一往復でアップは終了してmonthly壁へ。
換わったばかりなだけれどもそれほど混んでないので早速触る。

ちょっと辛めかな?
大きくはずれていないと思うけれど、週末に横浜ビーパンプの課題を触っていたので良く分からないかも。

スローパー系と足を大きく出す課題と、飛べ!ってのと。
いや~個性的な課題が多くて暫く楽しめそう。

腰の不安があるので被りは触らず適当で切り上げ。

残:64500

パンプ2/004

寝坊してみると空はすっきりと青い。
もっと悪いと思っていたのだけど台風一過という感じ?

ほんの少し用事を済ませるともう昼過ぎ。
強風による電車遅延やらが発生している中をパンプ2へ。

着いた時間は最も混雑している時間だった模様。
アップする壁も探して並ぶほどの盛況ぶり。

しかし登る前から疲労感満載。
昨日横浜ビーパンプで5時間近く遊んでいたから当然か?

ルートに来るたびにトレーニングより感覚を取り戻すのが目的という感じになる。
まあ単純に面白いからいいのだけれども。

登ったのは11aまでで大体10本くらいか。
タワー壁がホールド換えがあったのでOSができて楽しい。
しかしボルダーばかりだとルートのグレード感が。。。

残:660000

お初!横浜ビーパンプ

土日とも荒れ予報の中、6日土曜日は横浜ビーパンプまで遠征。
なかなか来れないジムなのでBulogのカテゴリはビーパンプにしとこう。

ジムへの道すがらカモシカスポーツ横浜店を見つけて寄り道。
開放的で気が付くと時間が過ぎてしまっていそうな居心地の良さ。

横浜ビーパンプは古い建物だけれども良い雰囲気の店。
2Fのマットを出してストレッチできるスペースはすごくいい。

1Fは混雑していたので2Fでスタート。
黄色が足が無かったりポケットだったり、辛い!?
横浜は辛いと聞いていたけれど確かにこれで6級は厳しいな。
順番に赤色をやって行ったら強傾斜の赤色で4便もかかるし、
敗退に終わった赤+まで、辛過ぎw

でも順当な赤色もかなりあることが分かってきたので、お買い得な紺色を探せ!と物色。
紺色を適当にトライして回ったら意外と登れることが分かった。
1撃の紺色もいくつかあったし全部の課題が辛いと言う訳でも無いのか。
最初に出来たお買い得と、後から作られた常連さんハマり用の違いかも?

今日は店長の39さんが来れなかったそうで、荻窪より肺魚(bigwest)氏が応援に来ていた。
課題を作っていくと聞いたけれど時間が合わずに触れず。

初めてのジムは目新しい課題も多くて楽しかった。
また機会があったら行ってみたい。

残:68000

ビーパンプ!037

今週末は用事があって山へは行かないのでちょっとだけビーパンプへ寄り道。
まあ雨予報なので全然悔しくはないけれど。

時間が無いのでアップもまともにせずにbigwest壁のみで遊んだ。
強傾斜の壁とインカットしたガバカチが本当に弱い!!
このままでは垂壁専門になってしまいそうなほど弱い。
この壁で積極的に登ってムーブとフィジカルを鍛えねば。
腰をやられないように気を付けつつね。
週末の準備が全くやっていないので1時間も登らずに引き上げ。

残:70000

ビーパンプ!036

雨だから今日はガラガラじゃないかと思っていたのだけど。
しっかり常連さんたちがいつものように登っている。

辛いよと教えてもらった今週のWeekly課題は人気みたい。
何故か空いていたnewage壁でアップ。
混雑の隙間を縫って件のWeekly課題を触ってみる。

先週のガラさんにヌメさんが対抗したのかホントに辛い。
紺色であっさり敗退して転進。

bigwest壁に行っても宿題と長物に跳ね返されて。
tokita氏が登っていたbandbelt壁で一緒に遊んだり。
10aの長物を2往復したら120手、結構汗をかいた。

で、もう一度Weekly課題に戻って紺色にトライ。
結局5便くらいで登れた。
白色は手を出さずにちょこちょこ登って終了。

残:71500

ビーパンプ!035

昨日より今朝の方が腰と背中がバリバリな気がする。
まさか一日遅れで疲労が!?

でも今日もやっぱりビーパンプへ。
日曜日の夕方に比べると人も少なく落ち着く。
まあいつもの顔触れが殆どなんだけど。

Bandbelt壁にkids課題があったのでやってみる。
予想通り狭いムーブが多く、身長が無くても登りやすい感じ。
でもグレードはテープの色通りで甘くは無い。
しかも狭いのでムーブが読めないと強い人も落ちる。
狭い薄被りは苦手じゃないので面白いな。

適当なところでBigwest壁に移動。
ガラさんの長物があったけれど予想通り悪くて途中まで。
宿題の紺色を触っても進展は無し。

腰が黄色信号点滅するかなと思っていたけれど大丈夫だった。
動いたらむしろ少し軽くなった感じ。
ちょっと様子見しつつ登るか。


残:73000
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR