ビーパンプ/051

またfacebookが暴走したっぽい。
一度アカウント消して再登録するかな(´ヘ`;)


今日も黙々と荻パンでボルダー。

まだ混んでいたけれどbandbelt壁へ。
取りこぼしていた紺色があったのを思い出してトライ。
本日の2便で片付いた。

次は白色へとトライするも歯が立つのが無い。

混んでいて打ち込みにくいので1Fへ。

知らぬ間にまたweekly課題が変わっていた♪

赤色と紺色は1Fらしい課題だったが白色に手を出したら敗退。
途端にお買い得じゃなくなった。
何便か出したけれど登れないので諦め。

奥にあった黄色の最後の一手が悪くて落ちた。。。
ゴールがツルツルのデカ電球ってどうなのよ。

2Fへ戻って空いていたnewage壁で紺色を無事に再登して終了。
スポンサーサイト

ビーパンプ/050

知り合いは誰も来てないけれどそれなりに混んでいた水曜日。

1Fはハートフルな雰囲気だったので2Fへ。

ホールド換えのあった壁だけえらい人口密度。
でも他はガラガラだったので必然的に被りトレ。

1人黙々と登るがとにかく身体が重い。

アップで腕が終わっていて、レストもそこそこに登り続ける。
赤色まではなんとか落ちないけれど必死な感じ満載。

被りは紺色も、ましてや白色なんかポテポテ落ちるだけ。

小一時間ですっかり売り切れて退散。

今日はアクティブレスト。

ビーパンプ/049

クラックの影響でガタがきていたので月曜日はレスト。
昼間は眠かったけれど中一日で夕方にはなんとか。
クライミングの回復には48時間は必要ってのは本当だ。

ビーパンプに着くとBandBelt壁がホールド換えをしていた。
全然チェックしていなかった。

程なく完了したので早速端から順番に手を出してみた。
黄色からと思ったけれど混んできたので赤色に変更。
赤色は1つを除いて一撃、難易度はあまりブレて無い感じ?

紺色は結構時間がかかる。
一撃もあったけれどカチカチで指にきたので持ち越し課題も。
白色も落とせたけれどこの壁はカチが多くて指が痛い。。。

bantioさんは垂壁カチだと水色も一撃していた。
本当に垂壁カチに強いな~!

tokita氏は凹角に強くてあふろん氏はオールマイティーに見えてマントリングが苦手でイマイッチ氏は柔らかいとか、それぞれ個性があって面白い。

自分の弱点はインカットしたカチ、被りでのアンダーと被りでのキョンかな。

やっぱり新しい壁は楽しいけど被り祭りも続けないと。

カサメリ沢と不動沢


5月26日はカサメリ沢、27日は不動沢でフリー。


カサメリ沢への林道はちょっとずつ荒れてきている感じ。

まだ大丈夫だけれど水の流れがあるので補修されないと年々悪くなるだろう。


土曜日は日なたは暑いくらいだったけれど日蔭は肌寒かった。

沢が近いので涼しい風が吹いてくるのか。


モツランドは誰もいなくて貸切り。

取りあえずアップってことでたぬき、ミルクミルクを登る。

ミルクミルクは100岩場の改定で10Cとなったけれどやり過ぎかと。

せいぜい10bにしないとこの岩場でのバランスが取れないと思うのだけど。


次に初めて来た時に見て格好いいと思いつつ圧倒されていたレーザーズエッジに。

今回見ると登ってみたい!と思えるようになっていた。

人気ルートなのでチョーク跡があちこちにあり迷って登って降りて消耗。

探り出して足を上げて、良し!と思ったところでスポーンとスリップ。。。

MOS失敗。

また2便コレクションが増えてしまった。

悔しかったけれどルートはとても良かった。


次にコセロックのなべおさみをやってみる。

核心のムーブは???

解決できずにエイドで抜けて回収。。。


そしてネコの足が悪いってことで回収便も兼ねて?トライ。

これ激烈悪いんですけど。。。

直上すれば11+ありそうだし、右へ逃げたらトータルリコールだし。

またエイドで、、、こんなんばっか。

鍛えてまた出直そう。



日曜日はお初の不動沢へ。

林道をテクテクテクテク歩いていくと登山道の右手に屏風岩。

先ずは偵察して現在地を把握して回る。


よろめきはやっぱり人気らしく3パーティーも集まっていた。

寒々ルートはガイドパーティーが登っていたのでおしんを登ってみる。

まあ5.8かなって感じのルートだけど終了点がハーケンなのね。

懸垂下降で回収した。


次に寒々ルートを登ってみる。

見るからにワイドでやっぱりキャメ6番とお別れしてからランナウト。

まあ傾斜が落ちてくるので落ち着いていれば落ちないと思うけど。

スモールカムが左壁に決まる場所があってホッと一息。

そして終了点はリングボルト2つなのね。


不動沢愛好会ルートに行くとFガイド?が登るところだった。

スクィーズチムニーが乾いているのは珍しいよ!!とテンション高い。

開拓メンバーの方で凄く嬉しそうに登っていた。

OS狙いのつもりだったので後ろを向いてて声だけだけど。

思ったより時間をかけていたので奮闘するルートだな~と思いつつ。


お客さんが登るかな?と思って周辺をウロウロ散歩してから戻る。

と、さっぱり引き上げていた。

ガイドさん自身が登りたかったみたいだった(笑)


そしてトライ開始。

ぎゅうぎゅうモゾモゾやって、全然進めず方向変えてやり直し。

なんとか前進し始めミッチリはあはあ前進。

大休止してからジャムジャムしてなんとかOS。

思ったよりいろんなカムがいろんなとこに使えて本数も少なかった。
しょうすけ_のブログ-20120527fudosawa


ガッツリ疲れたので隣のクラックボルダーで遊んで終了。

お腹一杯花崗岩と戯れた週末だった。

ビーパンプ/048

ここんとこ仕事は早めに帰れているのに眠い。
ジムと用事で真っ直ぐ帰宅する日が無いのがつらい。週末は外へ行くし、休みの日が欲しい。

長引いてる風邪は良くなってきているようで咳は減ってきた。
朝はお腹を壊していたけれど夕方には回復してビーパンプへ。

木曜日だけど普通に混んでいるくらい。
smallwest壁にもweekly課題があったので黄色から順番に登ってみた。
少しやさしめの設定のよう。

紺色まで一撃で白色は2撃できた。
さすがに水色はちょっと難しい。
狭いsmallwest壁に人が増えてきたのでbigwest壁を少し登ってヨレて移動。

tokita氏が来ていたのでトライしていた課題のムーブ解析したり。

いい加減ヨレてきたところで退散。
明日はまた予定が入ってしまってるし、今日中に週末の準備しないと。

残:53900

ビーパンプ/047

今朝は上着を着ないで出たら天気予報通りちょっと涼しい。

そして今日も遅くならずにビーパンプへ行けるのが嬉しい。

ビーパンプはまだまだ被り特訓が続く。
2Fでスタート。

珍しくbantioさんも被り壁に!?
コンペにエントリーしているので被りもってことらしい。
垂壁のイメージが強いけど被りもやっぱり強い。

しばらく被り祭り、それぞれ休んでは撃つ。

上級道場が移動してきたのと被りに疲れてきたのとで1Fへ移動。

weekly課題をやりに奥へ行く。

今週のweekly課題はやっぱりお買い得だった。
やってみたら1級まで登れてしまった!
ホールド1つ使わなかったり膝で乗ったり、明らかに想定ムーブと違うけどいいや。

たまにはお買い得課題で気分良く終わってもいいもんだ。

ビーパンプ/046

何だか体が重いけれど早めに帰れたので寄り道。

ビーパンプは予想以上に空いていた。
日蝕で早起きした人が多かったのか週末が晴れていたからか。

有笠山で凝り固まった身体をストレッチで伸ばして軽く登る。

有笠山で思った課題、被りの岩で振りが自然に出てこない。
クラックでガチンコ正体ジャミング登りをしていたからか。
しかし薄かぶりなら振りが出てくるので被りがまだ苦手なのだろう。

そんな訳で被り壁の簡単な課題をフリフリで登るのが今日の目的。

あれ、最初は今日はアクティブレストとか考えていた気がするのだけど。
まあ赤色まででなるべく軽く。

NewAge壁は少し登るうちに段クライマーが集まりだしたので移動。

そして何故かBigWest壁は終始貸し切り。
赤色が一番簡単なのですぐにテープ課題は終了してしまう。

しかし移動するには滅多にない貸し切りが勿体無い。

これは1人で勝手に課題を作って遊ぶチャンス。
ガバだけを繋ぐ17手の課題を自作。
5級くらいかな。
ガバしか無くて被りでちょっと長いのを。

そんなことをするうちにライフゲージが下がってきたので撤収。

一時間そこそこをマイペースにアクティブレスト成功。


残:56900

有笠山~2012.5のシーズン初め

5月20日は有笠山へ移動して今日もフェイスクライミング。


朝に集合して車を2台に纏めて10人で東の登山口へ。


あっちがフェアリーだよ~、この上が東の石門エリアだよと話しつつ歩く。

新緑の気持ち良いアプローチだが思った以上に汗がダラダラと流れる。


南国エリアに着いたら荷物をデポし、それぞれ登りに散って行く。


有笠山お初の面々に癒し系の一服エリアを案内。

tokita氏のトライを応援して、「うわー!!」ってなったので移動。
しょうすけ_のブログ-20110520arigasa01

やもめの日々でアップ。

トラバースの高さがまた変わってて、今回が一番登りやすかった感じ。

2ピン目を下からクリップするのだけは忘れないけどトラバースはホント変わるな。


宝探しをトライするダッチ氏を見送り。
しょうすけ_のブログ-20110520arigasa02


力王にトライして無事にMOS?した。

以前に人の登ってるとこを見た気もするけどムーブの覚えは無いのでMOSにしとく。


クラック好きとしてはジャミングで割れ目に挟まって登るしかない。

クラックパートはクラックの5.9あるかどうかで噂通りのお買い得!?

まあ良く分からない。
しょうすけ_のブログ-20120520arikasa


いっぷくエリアを見に行くとtokita氏がリトライするところだった。

「また登るのか~」と言いつつ今度は久しぶりのガッツポーズ!!

怪我からのリハビリも少しずつ進んできている模様、おめでとう!
しょうすけ_のブログ-20110520arigasa03

南国エリアに戻ると予選落ちにヌンチャク掛かってるよとtoraさんに聞いてトライ。

のーるがあっさりOSした後にトライすると、最後に迷ってスポーン~~~

迷っているうちにスリップして予選落ちで不意落ち・・・orz

悔しかったので後でも一度登って2RP。


秘密の鍵穴のムーブ解析をしていたあふろん氏・tomoちゃんの見学をして、

やっぱり有笠山は12台になってくるとお買い得では無い模様。
しょうすけ_のブログ-20110520arigasa05

toraさんもアップで予選落ちを登ったら落ちたそうで、登りなおしていた。

以前に一撃しているのだろうけど、今回落ちたのが自分だけじゃないとちょっと安心!?

登り始めるところを見送り東の石門へ向かう。
しょうすけ_のブログ-20110520arigasa06

歩いているとトポに無いルートを登っている人の姿が。

近づいて行って良く見るとtokita氏とyasu氏。
しょうすけ_のブログ-20110520arigasa07

で、聞いてみた「そのルート何~?」

tokita氏「東の石門と思って登ってたけれど違っていたみたい~」

「え~!!来るときに場所教えたのに~!トポちゃんと見なよ~!」

tokita氏、気を取り直してトライ。

「よし!!ここはキョンで抜けるぞっ!!」

「え~!!違うよ~~!それじゃキョンじゃないよ~~!」

tokita氏「・・・うるせぇ・・・(--〆)」

言いたいことを言う面々は笑いながら去って行くのだった。


でもちょっと面白そうなルートで終了点もしっかりしていたので触ってみた。

体感10bくらいかな、やや被っていてガバで面白いと思う。


東の石門では皆さんヨレているだろうにガンガン登り続けていた。

短いルートが多いので登りやすいけれどモチ高いな~

このタイミングで11dにMOSトライしていたあふろん氏、やり過ぎでしょ~
しょうすけ_のブログ-20110520arigasa08

最後はtokita氏のトライを皆でムーブ解析してみたり、

インサイドフラッギングの使い方を教わったりしてまったり。


暗くなる直前で撤収して帰り道は「人生のスパイス酒」

の明治堂支店へ寄り道して生酒を購入して帰宅。
しょうすけ_のブログ-20110520arigasa10

榛名山黒岩

5月19日は初めての榛名山黒岩でクライミング。


入口は行き過ぎて峠まで行ってしまったけれど、少し戻って入口発見。

駐車スペースはSimonとかのステッカーを張ってあるデリカがあって分かった。


アプローチは近い。

24番カーブのところから踏み跡を辿って分岐は尾根を上がって見えている岩の方へ。


ひっくり返しの大岩を過ぎ、南面の右下へ出た。


風邪がまだ治らずゲホゲホしていたのでエンクラの予定。

汗ばむようなポカポカ陽気は昼寝日和。


最初は他に2人しかいなかったのでWebで見ていた人気ルートへ。


岳友会ルート5.9

ぱっと見てヌンチャク8本かなと思いつつ多めに持って登る。

下から登ったら合計12本も使って、持っていたヌンチャクギリギリ。

ちゃんと残置ビナがあって下りれたけど見積もり甘かった、ハハハ。


次に柿ドロボー10b

ボルト沿いに直上してカチカチの湯河原幕岩みたいなミジカシイ系。

RPグレードの10bって感じだ。


も一つ人気のつる11b

あわよくばMOS狙い!?なんて思ったけれど、とんでもない。

2ピン目より各駅停車のヌンチャク便となった。

これをお買い得と呼んでいたカチ夫の方はどんだけ・・・


暫く休んでからもう1便。

レストポイントとクリップを大体固めておいたのでギリギリRP。

いや腕も思いっきりパンプして結構大変だった。


昼寝もしていたので結構いい時間。

明日もあるのでこれで終了。


他に来た人は8人くらいだったかな、登りたいルートを好きに触れた。

ポカポカ陽気に新緑の気持ち良い1日だった。


つる11b、下で見るより被っている感じ。
しょうすけ_のブログ-20120519kuraoiwa

ビーパンプ/045

残業で遅れていたのに、新宿駅で降りる筈が次は池袋?
なにやってんだ俺。
新宿駅に引き返して乗り換えて荻窪駅。

風邪薬が切れていたので薬局で、どれがいいのかウロウロ。

また無駄に時間を使ってすっかり遅くなってビーパンプ。

それなりに混んでいて1Fへ。
先に来ていたtokita氏の足元は真新しい三浦。
チョークペタペタ付けるの忘れてた(笑)

前からの宿題の難い白色×は全然進まず。
少し煮詰まってきたので奥へ行くとweekly課題があった。
黄色と赤色はそれなりだったけれど、紺色と白色はweekly課題にしてはお買い得!?
1Fグレードに合わせてあるのかも。
白色は一撃は失敗したけれどすぐに完登。

じゃあ水色もお買い得?と触ってみると良い感触。
何便か出したら完登♪

お買い得とは思うけど久しぶりの2級は嬉しい。

そしてまた予定より遅くまで遊んでしまった。

ビーパンプ/044

facebookは危ない。
知らぬ間にHotmailのアドレス帳を読み込まれて勝手に全員に招待メールを送られていた。
その数は恐らく109件・・・
無差別にダイレクトメールを送るウィルスそのもの。
誰がこんなシステムを組み込んだんだろう。
すぐにfacebookに読み込まれていたアドレス帳を削除したのではっきりしないけれど、仕事関係に送って無いようでまだ良かった。
しかし凹む。


昨日はクラックの疲労が予想外に残っていたのでレスト。
今日は回復して元気かと思って荻窪ルったけど、そうでも無かった。

weekly課題が出来ていたので早速トライ。
赤色はまあマイルド、癖も無く登りやすかった。
紺色は一手目が取れない。
教えて貰ってちょっとした足の乗せ方で取れるように。
10便以上かけて何とか完登。
そして売り切れ。
最近強くなってるのーるはあっさり登ってた。

上級道場が移動してきたので1Fへ逃げる。
先日の白色課題をあふろん氏とまたトライ。
しかしなかなか先に進まない。
すっかり現役復帰したtokita氏も果敢に目標課題にトライ。

周囲の影響で自分もモチベーション上がる感じ。
ガンバ俺!

なんて言いつつ最後は力尽きて長物でポトポト落ちてるし。


にらちゃんにホームベーカリーで焼いたってパンを頂いた。
フカフカで美味しい。
ホームベーカリーって結構やるんだね。

残:59900

小川山02(むささびルートと兄岩)

5月12・13日は小川山でクラック。


天気が良いにも係らず先週の喧騒が嘘のように人が少ない廻り目平だった。


中央道で気付いたシュラフの忘れ物、やってしまった。。。

金峰山荘でのレンタルシュラフ¥300でリカバリーとなりました。

薄い化繊だったけれど何故かシュラフカバーとテントシューズは持っていたので

ありったけ着込んで寝て寒い夜は何とか凍えずに乗り切れた。

もう一つシュラフを借りれば良かっただけかもしれないけど。


15日の朝発で廻り目平に乗り込みテントを張ってから裏烏帽子岩へ向かう。

岩場へのアプローチは大体分かっていたのだけれど、

目指すむささびルートの取付が見つからずウロウロ。

右へ右へと回り込んで行き、なんとかトポの10bの取付を発見。

マルチはいつもこれが核心の一つとなるなぁ。
しょうすけ_のブログ-20120512ogawa1

赤と黄色のテープと高い位置のボルトとハーケンが目印だった。

何かチラホラと雪が降ったりする中を13時になってから取りあえず取りつく。


1ピッチ目リード

カチでバランスやスタンスがけっこう難しい、10cくらい欲しい。

小川山だから卒業試験をOSするくらいって考えるべきなのかな?

う~む。


2ピッチ目フォロー

5.9の登りやすいピッチだけど終了点と次のピッチが良く分からない。

いつの間にか天気が良くなり青空となっていた。


2.5ピッチ目フォロー

良く分からないのでスラブの左の1段上にある木までまた進んでみる。


3ピッチ目リード

スラブの右上にあるボルトまで登りクリップしてまた左に戻る。

本来はスラブを右上するのが正解だったのか?

錆びたリングボルトが続いていたのかもしれないけれど不明。

前進用のリングボルトの錆びたのを追いかけるのも怖いし。

結局は左手の溝を木登りでいたちクラックの下まで登った。

もうルートを外してるのかも分からないグチャグチャ状態。


4ピッチ目フォロー

変にピッチを切ってきたのでフォローになってしまった。

登ってみたいと言うパートナーにリードを譲る。

大き目のクラックでもぞもぞしたりとなかなか面白いクラックだった。
しょうすけ_のブログ-20120512ogawa2

5ピッチ目?一応リード?

ロープをずるずると引きずって頂上へ。

結果論ではロープ無しでいいところだった。

岩峰の上からは川上村や小川山の山頂も見えた。

こんな場所から眺めるのも不思議な感じ。

だからマルチは面白い!

良く見るとレギュラーを登っている人も見えたし。
しょうすけ_のブログ-20120512ogawa3

下降は常に残置ビナが2枚ずつあった。

スリングは尽きてしまったのか色褪せた6mmロープが1本のところも。

そこはボロスリングを追加して降りてきたけれど、

次に行く人は残置用のロープを少し持っていく方がいいかも。

4ピッチくらいは20mも下りずにピッチを切って、最後は30m弱。

取付のすぐ近くに下降して来れた。


すぐに撤収して何とか山荘のお風呂に間に合い、冷えた体を温める。

日が長い季節って嬉しい。



13日は兄岩へ。

水量は先週より随分と減っていて渡渉できた。


シーズン初めにとジョイフルを登ってから兄岩下部へ。

Sundayを登ってから八王子ルート1ピッチ目をトライ。

けっこう辛目な感じだけれども楽しいルートだった。
しょうすけ_のブログ-20120512ogawa4

ノンビリしてから、すぐ右上へ回り込んだところの最高フレーク。

初めて見たときは5.9にしては被り過ぎ?と思ったルート。

今になってみるとそれほど傾斜を感じず5.9として登れた。

これも個性的でなかなか面白い。
しょうすけ_のブログ-20120512ogawa5

最後はテラスへ行ってマガジンを登る。

記憶より長かったけれど以前と全然違う登りになって面白かった。

フィンガージャムが使える好ルートだ。


余裕を持って7時前にはゲートを出られるように撤収。

天気に恵まれ楽しく登れた2日間。


あれ?雪がちらついてモチベーション下がったりもしていたな。

記憶は都合の良いように残るものなのか(笑)

ビーパンプ/043

遅くなったので迷ったけれど、荻窪で途中下車。

もっと混んでいるかと思ったけれど火曜日より空いている。
2Fは混み気味だったので下へ。

今日は病み上がり、って言うかまだ調子を崩しているあふろん氏が来ていた。

以前から宿題の水色とか最近作られた極悪課題?でセッション。
極悪課題を薦めたのは自分だけど。

1Fの紺色なのになかなか登れないヤツとか、強々さんたちがセッションしていた白色とか。

まあどちらも悪くて全然ダメだった。

登れなくても楽しいビーパンプ。
登れたらもっと楽しいけどね~、少しずつ。

予定していた時刻を少し過ぎたところで退散。

残:61400

ビーパンプ/042

今日もビーパンプ、やっぱり火曜日は混んでいる。

ぐるぐると巡り巡っていたシェラカップはやっと故郷へ帰っていった。

上級道場が珍しくBandBelt壁で始まったので被りに移動してくるまでNewAge壁やBigWest壁を集中的に登る。

いつも混んでいるのでちょっと触ってプチ封印していた課題、紺色/が数便で登れた。
やってみるもんなんだな~

白色も一つ他の人たちとセッションして、核心の手前まで。
やっぱり2Fは厳しい。
でも面白いので撃ちまくってしまった。

いい加減ヨレたところで1Fに移動。

スラブで落ちてガッコンと膝をぶつけたり、今日の人気の白色を触ってみたり。

週末に割れてしまった爪をアロンアルファで固めていたのだが、いつの間にやら剥がれていた。
昨日は大丈夫だったのに。
今日は昨日よりガッツリ登ったってことか。

割れた爪の良い補修方法ってないものかな。

ビーパンプ/041

連休明けは早めに切り上げて離脱。
紛失したナッツキーをカモシカスポーツで購入してからビーパンプへ向かう。

東西線を使ったら降りるときにtokita氏とバッタリ。
ビーパンプに着いたら久しぶりにudaさんが登っていた。
tokitaさんによろしくお伝え下さいと伝言です。
誰とどこで遭うか分からないものだ。
クコさんも来ていた、最近はビーパンプ率高いですね。

1人でサクサク登って帰るつもりが何故か石山君の道場に参加。
udaさんにSくんNちゃんも参加していたので何となく。

道場終了後は2Fで被りを少し登ってまた1Fで。
weekly課題が無かったので適当に。

そしてヨレヨレになる前に引き上げ。

今日も休み明けで眠たい1日だった。
早く帰って寝たい。

小川山01シーズンイン2012GW後半戦

5月3~6日は今シーズン最初の小川山クライミング。


要するにシャウエッセンの方が美味しい、魚肉ソーセージは卑猥。

そしてチーカマは竹輪になる、今度はマシュマロも用意しないとか?


閑話休題。


GWの後半は小川山へ。

双六スキーより直接廻り目平INの予定は雨のため変更。

仕切り直して3日の夜にjikki氏とナナーズで待ち合わせて廻り目平へ。

jikki氏はナナーズで偶然に北海道の知り合いとバッタリだったそう。

クライミングの世界は狭い、本当はあまり珍しいことでは無いのかも?

まあこちらは近いので廻り目平では多数の知り合いと会ったけれど割愛と。


4日の朝は微妙な感じに曇り空。

雨に強り岩場であまり人が来ない場所ってことで目指したフェニックスの岩場。

最初は誰もいなかったけれど後から集団が到着。

やはりGWは貸し切りとはいかないか。


まだ湿気っていたけれど下部の簡単な部分を適当に登る。

ケミカルアンカーが適当に乱れ打ちされているアルパインのⅣ~Ⅴ級って感じ。

所々クラックがあったので一部はカムを使ってみたりしつつ。

中央のクラックの右側と左側を登ったあとピッチを切って上部を登ってみた。

鞍馬天狗の更に右のフェイス?にあるボルトルートを無事にOS♪

グレードはコンディションによると思うけれど10dくらい?

短いけれど、てっぺんからの眺めは良いし楽しいルートだった。


しょうすけ_のブログ-20120504ogawayama1

今度は吸血鬼の城へ移動してみたけれどビショビショ。。。

しかもボルトルートはRCCだし。


更にテクテク歩いてお殿様岩まで移動。

予期プレを覗くも濡れていたのでお姫様岩へ。


こちらは乾いていたので漸く登れた。

残置スリングは一つを除いてボロボロだったので支点工作。

色褪せたスリングは全て回収、シングルロープの切れ端に交換してきた。

でもこの支点のチェックは登った人の自己責任。


最後は雨が降る中を撤収。

一日中晴れたり雨がパラついたりとハッキリしない天気だった。

でも夜は昼から廻り目平入りしていたメンバーと合流して宴会♪



5日は比較的天気が良かった。

兄岩方面の渡渉は水量が多く通常ルートは無理みたいだったけど。


我々が向かったのはマラ岩方面。

竜の子太郎1P目をみんなで登ってアップ。

ムードはイイ線を登ったらもうお昼ご飯。

このルートを我々が登った後に他の人も登っていた。

今までで2組目、面白いルートだけどなかなか登っているのを見ない。


初めてホリデー5.9+を登ってみたけれど予想外に面白かった。

ヘッドのコンパクトなカムもあった方がプロテクションは良いかな。
しょうすけ_のブログ-20120505ogawayama2

最後にカサブランカを登って終了。

jikki氏は北海道行のフェリーニ乗るため一路新潟へと向かった。

夜はまた会のみんなと焚火して、ikedayama氏のとこへ遊びに行ったり。



6日は朝から時折パラパラと雨音が聞こえる。

天気予報より早くない?

太陽が顔を見せているものの、岩の状態はどうなのか微妙。

そのうち雨になる予報だったのでみんなでys氏のマットを借りてボルダーへ。


クジラ岩で登れる課題をやいのやいのと登るうちに雨で終了。

クラック課題のフィン6級は手が傷まみれになるのが欠点だなぁ。

↑クラック以外をホールドと見なしていない自分。


早めだけど撤収してヤツレンでソフトクリームを食べて帰宅。

中央道は夏の週末くらいに渋滞していてそれなりに時間がかかった。


だいひょが廻り目平へ来ていたと知ったのが帰りの時。

合流できなくて残念だった~、タイミング悪かったなぁ。


GW後半はあまり天気に恵まれなかったけれど

それなりに花崗岩を堪能できて楽しかった!

ビーパンプ/040

双六スキーの後は小川山へ転進してクライミング、
の予定が雨予報により一旦帰宅。

スキー道具を片付けて車のタイヤをノーマルへ交換したりと用事を済ませる。
タイヤは減っていて新品への交換となり余計な出費が痛い。

昼過ぎになって雨の中を荻窪へ向かう。

ビーパンプは予想外なくらいに混んでいた。
みんな他に行くとこ無いの?
まあ自分は置いといて、ハハハ。

荻窪には話に聞いていたGW限定課題がいくつも設定してあった。
緑は、7級?と取り付いてみるが5級くらいあった。
テープの色とグレードは関係ないらしい・・・
限定課題なので片端からつまみ食いしていく。

2Fは2課題、1Fは5課題を片付けたがどれも面白い。
たぶん4級前後かな?

スキーの疲れでヨレヨレかと思っていたけれど意外にホルダーは登れた。
レスト日にしては充実した1日だったな。


残:65900

双六岳周辺スキー2012GW

4月28~5月1日に3泊4日で双六小屋ベースで山スキーへ行ってきた。


【コースタイム】

新穂高駐車場8:00~わさび平11:00~大ノマ乗越16:40~
双六谷17:50~双六小屋19:00


双六小屋8:50~モミ沢滑降~湯俣川出合9:50~弥助沢登高~
三俣山荘のとこのコル13:10~三俣蓮華岳山頂15:10~双六小屋16:40


双六小屋7:00~三俣山荘9:50~爺ヶ岳へ向かうが引き返す~
三俣山荘10:50~弥助沢滑降~湯俣川(樅沢)出合11:40~
樅沢登高~三俣蓮華岳と双六岳の間のトラバース跡14:00~双六小屋14:50


双六小屋7:10~双六谷滑降~大ノマ乗越下8:00~
大ノマ乗越9:20~橋10:50~わさび平11:20~
スキー担ぎ12:30~新穂高駐車場13:20



27日の夜に出発、いろいろあって駐車場へ着いたのは2時近かった。

海の日と違い空きはまだまだある。


寝たのが遅く、翌朝はしっかりと寝坊していまい慌てる。

兼用靴でカッポカッポと歩くこと2時間くらい、発電所で板を履いた。

わさび平小屋を過ぎデブリを乗り越えて秩父沢へ入る。

雪は柔らかくデブリを乗り越えるのは去年より簡単だったらしい。


先行パーティーは3人と2人と単独の計6人が確認できた。

3人パーティーが大ノマ乗越へ向かうのでほぼ同じトレースを辿る。
しょうすけ_のブログ-20120428sugoroku1

頑張ってえっちらおっちら登るも大ノマ乗越ですでに夕方。

双六谷は去年の夏に遡行しているので地形は把握している。

暗くなる前に適当にテントを張ろうってことで先へ進む。

先行パーティーが上手くトラバースしていたのでありがたく辿る。


この時期は日が暮れるのが遅いので助かる。

もうちょっと、もうちょとと進むうちに双六小屋まで標高差150m

時間は18:20、ヘッデンを使わずに小屋へ着ける!?と

結局最後まで駒を進めてしまった。


天気が良かったからと言っても山としてはあるまじき19:00到着。

これはちょっと遅すぎる、ハハハ。

ハイ反省。

小屋の周辺にはテント3張りの6人、冬季小屋は無人だった模様。



29日、またもや寝坊してバタバタと準備、いいのか・・・?

当然他のパーティーは先に出発、日向は既にザラメだった。


少し双六岳方面へトラバースしてみてからモミ沢へ滑降。

広く滑りやすいバーン、朝一番にこれはもう最高~!


しょうすけ_のブログ-20120428sugoroku2

湯俣川の出会いまで滑るともう水が出ていた。

右岸から左岸へスノーブリッジで渡り弥助沢へ入る。


滑るのは一瞬だけれど登るのは大変。

ひーこらひーこら言いつつペッタペッタとシール登高。

先行していた3人パーティーは鷲羽岳へ登って行った。


三俣蓮華岳へ登るとベテランっぽい人が黒部五郎方面より来た。

どこから来たのか聞くとスゴ乗越からって。

暫く場所が浮かばず、その人がいなくなってから気づく。

薬師岳の向こうじゃないか?黒部縦断!?

1日で来た!???

どこまで行くのか聞けば良かった。


北アルプスの真ん中、お気に入りの三俣蓮華で記念撮影。
しょうすけ_のブログ-20120428sugoroku3

三俣蓮華の稜線を伝って双六岳はトラバースして双六小屋のテントへ戻る。

1日中日差しが強く、暫くイヤーバンドだけだったら頭の中が日焼けでヒリヒリ。

GWの雪山の日差しは強力過ぎる。。。



30日は雲ノ平まで行ってくる予定で出発。

双六岳周辺は夜もカエルみたいな声でライチョウが鳴いていたが

朝はそこかしこで歩いていたり座っていたりのライチョウ天国。

この季節のライチョウはつがいも多く、飛ぶし鳴くし活発。
しょうすけ_のブログ-20120428sugoroku4

昨日の帰りの逆を辿り三俣山荘を通過、爺ヶ岳へ向かうが

天気予報は曇りと言っていたが霰がポツポツと降ってくる。

山の上は荒れるパターンだと嫌なのでサックリUターン。


で、戻るつもりが来た道を引き返すのはってことで弥助沢へドロップ。

湯俣川との出合(ここまで上流だと名前は樅沢ってことになるかな)まで。

昨日に登ったバーンだけれど広くて快適。


登りは樅沢を選択してみた。

滑った記録を見た覚えがあったけれど、確かにここも素晴らしいバーン。
しょうすけ_のブログ-20120428sugoroku5

滑ったら気持ち良いだろうな~と思いつつトレースの無い沢をえっちらおっちら。

思ったより早く上部のトラバース跡に合流したので休憩してから戻る。

今日は昨日よりちょっと早めに行動終了。



最終日。

大好きな鷲羽岳に別れを告げ、名残を惜しみつつ下山。

動き回った谷や稜線を最後に見てから。

ありがとう~さようなら~
しょうすけ_のブログ-20120428sugoroku6

帰りの双六谷も楽しいバーン。

最初は少しカリカリだったけれどすぐザラメになった。

しょうすけ_のブログ-20120428sugoroku7

大ノマ乗越の下部に着いたところで何度か地形図を確認。

下から見ても1番低いコルに広く続いている感じの谷間で良さそう。

ここに間違いないと思いつつもちょっとだけ自信無いまま登る。

双六小屋で会った2人も後から来るので間違えられないなと。

しかし上部に行くにつれ谷間は広くなりトレースも出てきた。

そして思ったよりも早くに大ノマ乗越に到着。

稜線に出ると目の前には槍~穂がドーンと広がる絶景!
しょうすけ_のブログ-20120428sugoroku8

ノンビリ休憩して景色を堪能したら広い秩父沢へドロップ。

荷物は重いけれどシャリシャリのザラメで滑りやすい。

絶景に広大なバーンを滑降、今回のフィナーレ。
しょうすけ_のブログ-20120428sugoroku9

下部のトラバースはトレースがあったので追いかけて滑る。

デブリにちょっと邪魔されたりしたけれどモーマンタイ。

わさび平小屋で休憩してから雪の続く限り滑って下山。

最後の板を担いで歩く距離は思ったより短くて済んだ。



一昨年の北ノ俣岳に続き晴天に恵まれたGWの北アルプス。

人の数より多いくらいのライチョウに出会えた山スキー天国。

今そこでしか会えないものに会いに行く、感謝!!

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR