ビーパンプ/039

用事があるので早めに離脱して。
荻窪ってツイートを見かけてついフラフラと途中下車。

最近は水曜日でも混んでいるみたいだ。
2Fで少しアップして1Fへ。
インフルエンザ上がりのあふろん氏は相変わらず強い。
寝込んでいるうちに追い越すって無理みたいですよ。

地道にコソ練を頑張りましょう。

時間に追われるように赤色から白色くらいを適当にトライ。

少し2Fでも登ろうと思ったけれど混んでいたので撤収。

結局1時間くらいしか登らなかったけれど、やっぱ少し体を動かした方が気持ちいい。

スポンサーサイト

ビーパンプ/038

週末はあまり動いていないつもりだったのだけれども、寝不足の所為か一日中眠かった(p_-)

でも少し早めに帰れるとなったらビーパンプ寄り道。
その前に床屋寄ればよかった、もう遅いけど。


月曜日でもそこそこ混んでいた。
見たことの無い強い人がいたので月曜日が休みのジムの常連さんですね。

weekly課題がNewAge壁に作られていた。
しかも何故か空いているのですぐに触る。
黄色以下は見つからず、赤色はスタートミスで2撃。
紺色は予想通り核心が取れず。
試しているうちにこの人気の壁は混んできたので移動。
空いていたBigWest壁で登る。
今日もいつも通りのプラトー。

NewAge壁では三上ちゃん尾川さんが初段で、常連さんたちがweeklyの1級でお祭りだった。

1人で黙々と登り、眠いので早めに撤収。

ビレイヤーの1日

4月22日は第19回スポーツクライミング東京カップが開催された。


もちろん選手として参加とかでは無くて、スタッフとして行ってきた。

朝から1日中ビレイヤーとしてバタバタ動きまわっていた。

前のビレイ講習と今回の大会で漸く流れがわかってきたかな。


来年の国体選手の選考大会も兼ねているので選手も緊張していた。

それぞれ1回きりのトライに集中しているのでこちらも緊張してしまう。

そんなんじゃダメなんだけどね。


こちらは何回もビレイし続けているので慣れてくるけれど

選手は大変だ。

ガンバ!


気になったのはビレイ技術はどこまで確立しているのかってこと。

それぞれの理論でそれぞれのビレイでも事故無く大会は進行するけれど

登るトレーニングはしてもビレイは自分のやり方に固執しやすい気がする。

来年の東京国体に向けて準備が進む中で方向性も決まっていくかな。


大会に係った役員、選手、その他関係者の方々お疲れ様でした。

三ッ峠(中央カンテ・岳ルート)

4月21日は三ッ峠へクライミングへ行ってきた。


雨は金曜日の夜半のみと思っていたのだけれど。

土曜日の朝、中央道はガスに煙り霧雨がパラパラとフロントガラスに貼り付く。

三ッ峠駐車場へ着いても道路は濡れていて一面真っ白なガスの中。


簡単なとこだけ登って来れるかなと、とりあえず1時間ちょっとの道程を偵察に。

泥でグチャグチャの道を四季楽園まで歩く。

後に知ったけれど常連?の方は長靴で登って来る人も多いみたい。


岩場に着くと2人組1パーティーのみが支点作りなどを講義中。

岩の状態は予想に反して大体乾いていた。

岳ルートの場所を教えて頂いたけれど、アップがてら中央カンテを登ってみる。

(※岳ルートは映画「岳」の撮影の際にガイドさんが作ったルート)


途中で降りようかと思いつつそのまま上へ。

1ピッチ目は残置も使ったけれどクラックが発達していたのでカムをメインに。

2ピッチ目からはキャメロット0.4~3とマスターカム2,3くらいで残置無視で登った。

以前来たときは気付きもしなかったけれどオールナチュプロで登れるルートだった!

支点に不安も無いしナチュプロルートとして登ると楽しい♪


後から来たmitsuruさんfuncsphereさんが岳ルートを登ったので1パーティー挟んで続く。

ツイッターで来ることは知っていたけれど、我々も行くことは言い出せないまま現地でお会いしました。

そう言えばルートを作った一人の水野ガイド?も来ていた。


【岳ルートOS狙いの人は以下は読まない方が?】

1ピッチ目フォロー

1ピン目をかけてから最初が悪い、あとはまあ普通に細かい系だけど本当に10aか?

クラックはキャメ1,2くらいで登れる、ジャミングが良く効く。


2ピッチ目リード(核心ピッチらしい)

また出だしから少しが悪い、これを10aにしたの誰?10cでも文句は言わないよ。

核心を過ぎたらガバ、は無いしバランシーだし。

ビレイは中央カンテと競合しない右側のカンテ下にある方のボルトまで。


3ピッチ目フォロー

ここも細かいのが続く、まあ先ほどのピッチよりは登りやすいけれど。

最後のハング下は浮き石が多いので慎重に(浮石を掴みかけた(笑)。

ビレイポイントは中央カンテと共有してしまう。


4ピッチ目リード。

カンテを右に左に右に左にと移りつつ登っていくが、

これと言ったカチが無いのででっぱりを騙し騙し抑えて乗ってペタペタと。

ハング乗り越しはボルトがあるが、寸前にキャメ0.5もセットできた。

濡れていてヌメったクラックに効くハンドジャムで一気に足を上げられる。

雨のあとで無ければ快適なハンドジャムになるのかな?

あとは中央カンテと同じライン取りで終了点まで。


人気ルートの中央カンテと一部被るので混雑時は登りにくいかも?


下りてきてから場所を移動する。

右フェイスはいつのまにやら団体さんで満員御礼の簾だった。

夕方に霧が出始めて湿気ってくるし寒いのでモチベーションは下降。

地蔵左ルートをフォロー回収で登って終了。


いつのまにやら5時過ぎとなっていた。

日が長くなってきていたので明るいうちに下山。

帰りの中央道もあまり渋滞せず早めに帰宅できた。


今回登った噂の岳ルートはグレード以上に辛いとは感じた。

けれどしっかりしたボルトが良い間隔で打ってあるので思い切って登れる。

アルパインのゲレンデに作られた、とっても楽しいマルチフリーのルートだった。

やっぱりマルチピッチは楽しい。

三ッ峠は再発見的にとても楽しかった。


しょうすけ_のブログ-20120421gaku

ビーパンプ/037

残業が日常的になりつつあるが少しでもビーパンプへ。
ストレス解消しないとやってられないし。

1人でサッと登ってサッと帰る予定で。

木曜日も意外なくらい混んでいた。
そしてソロボルの予定が知り合いもチラホラ来ているし。
コソ練だそうなので名前は伏せておくけど(笑)

今日の調子は先日登れた課題は登れたり、以前に登った課題が登れなかったり。
よく分からないけどいつも通りのプラトーって感じか?
Band Belt壁は最後に登るとヌメって悪い。
覚えの無い紺色□が登れなかった。。。


帰ったらやることがいろいろあるのに予定時間をオーバーして終了。
眠い~

残:70400

ビーパンプ/036

定時ダッシュでジムりたいと思いつつ今日も遅刻?で荻窪。

火曜日はやっぱり混んでいる。
とりあえず1Fへ。
混雑で新しい長物はなかなか手を出せない。

前回ムーブ解析した白色は登りやすく感じる。
激悪の赤色は正解ムーブを教えてもらったら楽になった。
やっぱりクライミングはムーブだ!
そのムーブを出せる力をつけていればね。

新しい課題をちょこちょこと登って2Fへ移動。

激悪のweekly赤色をみんなでセッションしていた。
前回登れたムーブは正解だったようで、同じムーブで次々と完登。
続けてR壁の白色も登れた。

湿度が高いのかヌメっていて全体的に悪かったけれどここは気にならなかったな。

あとは赤色と紺色を適当に。
宿題だったR壁の右側にある紺色□も完登。
あれ、今日は思ったより調子良かった?

帰りの電車は酔っ払いがわんさか、そういうシーズン?

総会と越沢レスキュー訓練

4月14日は山岳会の総会、15日は越沢バットレスでレスキュー訓練だった。


総会は昼過ぎから夕方過ぎまで、年に一度の厳粛なイベント。

会は粛々と進み、前年度の報告に新年度の各運営員選出。

去年まで4年連続で遭難対策担当だった私の今年の役割分担は。

、、、副代表って何?

う~む、何だか厄介なことになってしまったのかも。

まあ、なるようにしかならないLet it be~ハハハ。


そしてその後の懇親会。

今年は誰も暴れることなく?大人しく穏やかだった。

と思ったけれど、やはり公開不可能な写真が複数あった(笑)



そして翌日はシンナソーへ沢登りと越沢訓練の2パーティー。

越沢バットレスは思った以上に混んでいた。

場所を選んで他のパーティーの隣にロープをセット。

宙吊り脱出と登り返し、ビレイ脱出を順番にやってみた。

人数が多かったので殆どそれだけで1日が終了。

最後に1本ずつ登り、夕暮れ間近の越沢バットレスより撤収。

たまにこう云うレスキュー訓練の機会を設けられるといいな。



ムンターミュールやマリナーノットはたまにやっていないと忘れてしまう。

時々は練習しておこう。

フリクションノット、アッセンダーはなるべく後ろ目にセット。


しょうすけ_のブログ-20120415koizawa1

ビーパンプ/035

週末がのんびりなので金曜日もビーパンプに寄り道。
今週は3回目。

思ったより早くに到着。
週末が雨でも金曜日は比較的空いていた。

これなら今日も被りを撃ちまくれる!
と思って取り付いたら連投の疲れか体が重たい。。。
アップ不足もあったようだけれど。

NewAge壁は早々に諦めて早くも流しモード。
R壁の右端にある紺色は以前より確実に登れた。
少しは成長してる?
そんな気はしないのだけれど。

すぐ隣の新しめの紺色、何度かトライしたらゴールタッチまで。
無理と思っていた課題なだけに嬉しい、また今度落とす。

weekly課題の赤色はやはり激悪らしい。
常連さんの強々クライマーズが軒並み一撃失敗。
って、どんな5級なんだ?

1Fに移動したものの、それなりに混んでいたので新しい長物を2本と少し登って終了。
意外に10Bが悪かった。
ナメて掛かっただけかもだけど。

明日は年に一度の山岳会の総会。
だから雨でも気にならない~

残:73400

ビーパンプ/034

残業をちょっと早めに切り上げて荻窪へ急ぐ。
少しでも登れるならば行くのだ、せっかくの年会員なんだから♪

知り合いはいないが混んでいた。
ランナウトが改装中の影響か?
と思ったがよく見る人ばかり、普通に混んでいるだけだったか。

2Fはとくに混んでいたので1Fへ。
新しい課題に新しい長物が増えていた。
ビックリするほど悪~い5級や1Fとは思えない4級で楽しめた。
新しい課題、やっぱり辛くなる傾向がある気がする。

3級は1人で撃っていたらムーブ解析に便数をかけてしまったけれど無事完登。
セッションできたらもっと早く落とせたかな?
設定者の意図を読み解けなかったなぁ。

ポダさんが来ていたので2Fへ移動。
いつの間にか人気の被り壁が空いていた、チャンス!

一昨日やっと落としたコンペ課題はシールが無くなっていたけれど、散々触ったおかげで覚えていて再登。
今日はなんだかホールドが近くに見えて余裕があった。
一度登ったから?、不思議。

weekly課題があったので触ってみる。
赤色の5級が、激悪。。。
何便かでムーブを固めて本気トライでやっと。
4級は宿題のまま終了。

予定より遥かに遅くなってしまったけれど、ストレス解消には登るのが一番だ。

今日は登れるときの集中した感覚が出てきたのを感じたような。
何か嬉しい。

ビーパンプ/033

ジムがすっかり週一ペースになってしまっている。
早く仕事よ落ち着いてくれ。。。
きりがないので途中で離脱してビーパンプへ向かう。

8時くらいに荻パンへ着くとtokita氏が復帰していた!
汗をかいて登る姿は実に4ヶ月ぶりに見たんだな~
体幹が弱っているそうだけれど、ヒマラヤ帰りってことにしてリハビリがんば!

どこも混んでいたけれど暫く1Fで登る。
ランナウトの常連さんが来ていた、改装中で難民なのだそう。

weekly課題があったので黄色、赤色、紺色、白と順にトライ。
つまり1Fのやさしめ6~3級。

白は一撃出来なかったけれど、にらちゃんにムーブを教わったら登れた。
こういうの一撃できる引き出しの多さが欲しい。

ダッチ氏の撃ち続けていた白↑をセッションしたりやいのやいのと小一時間。

最後はやっぱり被りを求めて2Fへ移動。
もう売り切れ気味で一気にヨレる。

新世代壁にあったコンペ課題、登れるはずなのに跳ね返され続けていた。
微調整を重ねたら登れたときは自然に動けた。
面白いな、しばらくは残しておいて欲しい課題。

左腕の痺れは登ると軽減、やっぱりパソコンの肩こりが主犯か。

寒過ぎた太刀岡山とクラック講習

4月7日は太刀岡山、8日はクラック講習へ参加してきた。


平日のジムへなかなか行けず週1ペースとなってしまっているが今週もなんとか週末は確保。

土曜日は太刀岡山へ向かう。


駐車場へ着くとやたらと風が冷たい。

ま、まあ凝灰岩なら寒いとコンディションはいいかな?と岩場へ向かう。

しかし岩場へ着くとコンディションがどうとかって問題じゃなく寒い。

マイナスの気温、二子山の越冬隊ってこんな感じで登っているのだろうか?


ハッピーバースデイに取りついてみるものの。

と言うより氷を掴んでいる感じ、、、3ピン目でもうテンション、下ります。

モチベーションまで凍りついて終了。

初めて太刀岡山の山頂までハイキングに行ってきた。

山頂は日が当たり、風を避けて富士山を眺められるポイントもあった。

冬枯れでなかなか景色の良い山梨百名山を一つゲット。

いや~ハイキングって楽しいな。
しょうすけ_のブログ-20120407tatioka


日曜日は久しぶりの吉田先生のクラック講習へ。

初~中級とあったけれど、今回はなかなか辛目のルート。

シンハンド~フィンガーが多くなかなか大変だった。

ハンドも手を突っ込めば効くなんてことは無く、良く探ってしっかり決めないと抜けるし。

目から鱗だった前回に続き、難しいサイズのジャムを練習できて非常に有意義だった。

1本目を登ったら変な場所を痛めてしまい、痺れの出ている左腕と合わせてマッサージまでして頂いてしまった。

そのうち上級クラスに参加できるようにクラックをマスターしたいな。

今回も濃い講習をありがとうございました。


【自分の中で新しく見つけた課題を備忘録としてメモ】

①一つ目のシンハンドはいきなり先生のブログよりコピペですが。

まず手の力を抜いてなるべく手のひらを深くいれたら、手のひらのスキマに第一関節を曲げた親指をねじこんで拡張させるが、このとき、他の指の形がどうなっているかが問題

他の指は第二関節のみ曲げて第一関節は力を抜いてそらす、このサイズが上手くいかない人は、第三関節がまがり第二関節は伸びているよう。ハンドジャムとその点は一緒。それでも効きが悪ければ、手のひら側に身体を倒す、とカム効果があらわれて手の甲の皮がくいついてくれる、手のひらくの字だと手の甲の皮がつっぱって身体が倒せないのも、ハンドジャムと同じである。

②サムロックは親指を曲げてスタックさせて他の指を上から被せる。

③フィンガーは第二関節を曲げる。癖で第3関節を曲げて握りこんでいた。。。ひっかかりを探り指を被せる。脇を閉めて肘を下方向へ向けて捩じる。


マスターすればこのごまかしの効かないサイズでもかなりの保持力を得られるかも?

練習あるのみだ。

ビーパンプ/032

2時半頃、天気が荒れるので仕事が切羽詰まって無い人は帰宅せよとの指令が下りた。

ならばやっぱりビーパンプで雨宿りしていくしかないな~♪

4時頃の風雨が強くなり始める時分にビーパンプ到着。
当然だけど空いている。
そんな状態でもいつも見る常連さんたちがチラホラと現れる。
同じように帰宅命令を受けてジムへ避難してきたらしい。
みんな仲間だ!

今日はweekly課題に週末のコンペ課題と、たくさん残っていた。
しかしグレードのテープの色が一新されていて戸惑う。
黄色は6級だけど、コンペ課題のって非常に難しいんですが。
赤色は変わらず5級だけど、コンペ課題の赤色って4級ある?
最近のビーパンプはピリリと辛めなのが好きらしい。
5級で何度もトライして充分楽しめるなんて嬉しい(・∀・)。。。
4級は、まあ。。。

NewAge壁にあったコンペ課題が終了点タッチで3回落ちた。
悔しいのでホールドを忘れてなければまたトライしたいな。


窓から雨が漏れてきていてみんなで片付けたり、空いているビーパンプで楽しく登れて満足な午後。
たっぷり登って雨が止んだ頃に帰途へつく。
毎日2時間早く帰れると素晴らしいのにと思ってしまう。

残:77900

冬と春の狭間の尾瀬スキー

3月31日~4月1日は尾瀬へ山スキーへ行ってきた。


土曜日はまた雨の予報、となると日曜日に岩もどうなるか微妙。

で土曜日はジムかな~と思っていたら尾瀬でスキーは?って連絡。

土曜日は天気悪いけれどアプローチのみなので大丈夫かな。


土曜日の朝に尾瀬戸倉スキー場に車を停めて出発。

ゲートの閉まっている鳩待峠への道を板を担いでガッコガッコと歩く。

道はずっと先まで除雪されていて道路やら河川やらの工事をやっていた。

最初はパラパラと控えめだった雨は次第に強くなりシトシトとした本降りへ。

除雪最終地点へ着いた時には雨はしっかりとした雪へ変わり、風も強くなっていた。

ここでテントを設営、吹雪の中のキャンプとする。


しょうすけ_のブログ-20120401oze1

気温はそれほど下がらなかったが、とにかく風が強かった。

夜中には風が上空でゴゴゴゴゴと音をたてたかと思うと、

谷間から谷間へ生きているかの如く飛び跳ねてきて最後はテントへ激突。

まるで竜のように動き回る風を初めて体験した。

テントは風に大きく歪んで、何度潰されるかと思ったことか。



しかし朝になると一転して青空が見え、テンションも上がる。

シール登高で2Fまで雪に埋もれた山荘のある鳩待峠へ向かう。

しょうすけ_のブログ-20120401oze3

青い空にトレースの無い真っ白い雪、埋もれたカーブミラーにウキウキと歩く。

誰一人いない真っ白な雪原にトレースを着けて1866.9mピークまで。

短いけれど、とりあえずここまでで滑降して鳩待峠へ戻る。


しょうすけ_のブログ-20120401oze2


そしてアヤメ平へ向けて出発。

傾斜は緩いし大したことは無いかなーと思っていたら、距離は長かった。

尾瀬の雪のくせして重くて足に板に纏わりつく。

一歩一歩が重いラッセルとなり、テントも入った重量ザックも追い打ちをかけてくる。

また天気は崩れ出し、ある程度視界は効くものの、すっかり冬の風と雪となってきた。

下山遅延になってもテントあるし携帯も繋がるかななんて考えも選択肢に入ってくる。

コンパスを見ながら重い足を一歩一歩進めて行くと何とか富士見小屋へ到着。

2階の窓をこじ開ければ中で泊まれるかな、なんて思ったり。

でも足はボロボロだけれども漸く下りになるので後はスキーでサクっと下りられる。
しょうすけ_のブログ-20120401oze4


と思ったのもつかの間、林道の雪は重く傾斜は緩くとても滑れない。

シールを付けた方が早いと、予定外にまたスキーラッセル。


しょうすけ_のブログ-20120401oze5

このままでは明るいうちには下りられない、ヘッデン下山かという思いがよぎる。

しかし暫く進むと、下から来て引き返したスキーのラッセル跡が現れた。


これを辿れば滑って下山できるのでは?と滑ってみる。

なんと快調に滑り下りることが出来た。

が、田代原近くで見失いまた地図を頼りにラッセル。

ほどなくしてまた見つかったトレースはくっきりとしていて繋がっていた。

どうやらこの辺りで複数のスキーヤーが合流してきている感じだった。

あとは本当に快調に滑っていくとひょっこりと戸倉スキー場にでた。


しょうすけ_のブログ-20120401oze6

車の目の前にまで滑って降りて来られるとは予想外に嬉しかった。

しかもまだまだ明るい5時前!


思いの外に重労働のラッセルでタフな1日となったけれど

何とか幸運も重なり、無事に明るいうちに下山できた。

ふくらはぎは痛いし、月曜日もいろいろ筋肉痛で大変だろうなぁ。。。


青空の写真があると天気が良かった印象が強くなる法則。
しょうすけ_のブログ-20120331oze

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR