城山で2011年最後のクライミング

12月29日は日帰りで城山へ。

城山へ行きたいと人を探しダッチ氏を誘い、結局タイミング良く計4人で行くことになった。

ありがとうございました。


前夜にテルモスへ紅茶を入れようとしてこぼして腕を火傷、アホだ。。。

幸いに手では無いし、今回はクラックでも無いので影響は無いが、

何事もムーブはしっかりオブザベしてからでないとダメだな。


城山のアプローチはしっかり乾燥していて気温も低め。

風邪も治ったし、言い訳の出来ないコンディションな感じ。

今回も行先はもちろんワイルドボアゴージ。

(ゴージは谷間って意味、ゴルジュと同じなのかな)


どこでアップしようかってことでチューブロックのストーンフリーへ。

珍しく人がいないので最初に取りつく。

前回一撃に失敗していたあふろん氏がマスターでさっくりRP。

1年ぶり3回目のストーンフリーの印象は「こんなに手悪かったっけ?」

もっとガバガバなイメージだったのでちょっと焦った。

マスターじゃないのでなんとか無事に再登、ホッ。


そしてお目当ての宿題になっているジゴロ11b/c

ヌンチャクをお借りすることができてスタートするが変にデッドとかが出る。

なんか変だと思いつつ粘って登るも前回と同じ場所でフォール。

ムーブが全然固まって無いまま無駄に便数を出してしまっている感じ。

トップアウトしてからいろいろ探ってみる。

ムーブの作り直し1箇所と見落としホールド3箇所を修正。


本日の2便目、無駄に力を使うなと自分に言い聞かせながらスタート。

さっきはデッドだった箇所もスタティックに届くようになってきた。

最初の核心は奥の効くカチを取りポケットよりクロスで左手を出す。

見逃していたポケットを使い垂壁最後のクリップホールドへ。

足を乗せ替えて、取れなかったカチをスタティックに。

横引きテンションムーブだった最後は上部を持つと簡単に乗越せた。

そして息を整えて簡単なスラブのフィナーレを登って終了点へ。

ムーブを詰めたお蔭で最後はアッサリと登れてしまった印象。

でもいいルートを今年中に登れて嬉しかった~~~♪

4年も前にTR回収便で無駄に触って以来、6便だった。

今度はマスターでも登れるようにしていきたい。


次はジャンバラヤもあるが2便も出せない時間。

無駄便を増やすのも、と思い、まだ触らず持ち越すことにする。

しかし宿題も終わり登るルートも見い出せず迷う。


チューブロック右側でyokoyaman氏やダッチ氏たちが登っていたので

そこに残していた宿題のチャンディーラサ11aを登ることに。

2年くらい前に2便出して放置していた宿題ルートだったがマスターで片付いた。

手数の少ないボルダールートだったのでムーブは大体覚えていた。

そのとき交換した残置ロープはまだ綺麗で現役だったのにビックリ。

ボロボロの残置って一体どのくらい経過しているのだろうか。


今日はヘッドランプが必要になる前に撤収。

ワイルドボアの宿題が年内に2つ片付いて気持ち良く終わった。


帰りにきになっていた「かきあげDON」の店に寄ってもらった。

確かに美味しい、そして確かにボリュームも半端無かった。

頑張って完食したが、過去の写真と比べると高さが低いのでは?との疑惑。

こちらは疑惑のOSとなってしまった、でももういいや(笑)


写真が少なかったので1番まともに映っていたtoratoraさんのオーバードライブ


しょうすけ_のブログ-20111229joyama1

スポンサーサイト

ビーパンプ/007

8時半くらいにビーパンプへ到着。
でも先に登っていたのはまだbantioさんだけだった。
まあロッカールームでポキさんが来て、次々火曜日メンバーは来たけど。
それにしても今日は昨日と打って変わって混雑していた。
初めての人も多いみたいだった。

2Fでアップしたら後はずっと1Fでワイワイと。

やっと因縁の蔵壁の緑→が登れた。
しかし最近上り調子のあふろん氏が2撃した杯壁の緑□がいつまでも登れない。
代わりに?隣の緑□は一撃。
自分はスタテックな課題ならいいがランジとかが苦手なのか。
ボルダー力がまだまだ弱い。

明日は休みをとってしまっているので初めて蛍の光まで登って終了。



残:123400

ビーパンプ/006

残業したけれど年末までの仕事は大体片付いた♪

遅れて着いたがビーパンプは空いていた。
連休とクリスマスコンペがあったら当然なのかも。

まあ自分も昨日まで雪山に入っていたのだけど。

壁にはクリスマスコンペ課題が残っていた。
とりあえず片端からトライしてみる。
少し辛めでかなり悪い赤なんてのもあった。

紺色までは落としたが茶色で返り討ちにあった。
課題は派手気味なムーブだったり、荻窪には無い感じだったが面白い。

仙丈ヶ岳の疲れを引き摺ってはいたけれど面白いのでヨレヨレになるまで遊んでしまった今日のビーパンプ。

雪の仙丈ケ岳へ

12月23~25日で仙丈ケ岳へ行ってきた。


コースタイム
【1日目】
戸台8:20~丹渓山荘11:15~北沢峠13:40
【2日目】
北沢峠6:30~大滝頭8:40~小仙丈ケ岳9:50
~仙丈ケ岳山頂11:30~小仙丈ケ岳12:30
~大滝頭13:10~北沢峠14:15
【3日目】
北沢峠6:45~丹渓山荘8:20~戸台10:25


【1日目】
3日間あるので入山者は多いかと思いきや戸台の駐車場には数台の車しかいなかった。
気温は低いが雪は少なく粉雪が降りかけてあるといった程度。


しょうすけ_のブログ-20111223senjo01

キンと冷えた空気の中を遠くに見える雪山目指して河原沿いに歩き始める。
登山道は台風の影響で途中が不明瞭で河原を適当に歩いたり。
最初は右岸を歩いて最初の堰堤を越えると左岸の上に道が残っている。
河原の水は少ないので流れに道を阻まれることも無く、延々と川沿いを歩いてどん突きの

丹渓山荘へ。


ここからは苔むした原生林の急登が延々と続く。
大平山荘近くの林道が現れるころに漸く積雪と呼べる雪が現れた。
今年はかなり雪が少ないのだろう。

長衛荘は明かりが灯り食事のメニューも出ていた。


しょうすけ_のブログ-20111223senjo02

年末前に営業を始めたのだろうか。


少し先の北沢長衛小屋、と古い自分の地図には載っている北沢駒千小屋へ向かう。
ここは現在建て替え中らしく、小屋の姿は無くテント場としての利用のみ。
仙水小屋方面からの沢は凍っていないので水場として利用。
雪を溶かさないで済むのでとても助かった。


早めに到着したので早めに食事をして早めに就寝とする。
出発時に買い出ししたメニューは餅入りキムチ鍋。


しかしモンベルのステラリッジは冬に使うと結露が激しくて困る。
外は晴れているのに中は雨かってくらいに酷い。
冬のテントはエスパースのマキシムに内貼り付きがいいなぁ。


【2日目】
早めに4:30起床、昨日の鍋に追加食材+α米を放り込んだ雑炊の朝食。
のんびり支度をして明るくなる頃に出発。

このキャンプ地にもう一張りしかいないお隣さんが出発した直後にこちらも出発。
同じく仙丈ケ岳を目指すらしい。

積雪は少なそうなのでワカンは残置していくことにした。

歩き始めは案の定、ラッセルどころか土が出ている状態。
道のりは登りのみ、延々と上って登って上って登って。


大滝頭まで来ると途端に風が出始めた。
稜線に出てからは吹き曝しとなり装備を整えると見込み、ここでフル装備。
まあ銀行強盗のような冬山の恰好ですな。

そしたら最初はまた急登が延々と、暑いんですけど。。。
稜線に出ても風は思ったより強く無く素晴らしい景色が。
最初に見えるピークは小仙丈ケ岳、知っているので騙されないぞ。


しょうすけ_のブログ-20111223senjo03

小仙丈ケ岳からはついに滑らかなカールを抱える仙丈ケ岳が見える。
あのピークを目指す!!と気持は逸る。


しょうすけ_のブログ-20111223senjo04

先発した4人パーティーは追い越してきたので先行しているのは2人組が2パーティーの

み。
トレースはあるが雪は少なくラッセルというほどでもない。


ふと後ろを振り向くと威勢のいい甲斐駒ヶ岳が鎮座している。
カッコイイ。


しょうすけ_のブログ-20111223senjo05

いつのまにやら少しずつ雲が現れてきてしまい、
あと1時間と少し待ってくれ、と願う。
まだ八ヶ岳、富士山、鳳凰三山と北岳に塩見や赤石方面まで綺麗に見えているのに。


そして何とかギリギリ晴れ間が残る中で仙丈ケ岳のピークに到着。
5年前のお正月山行で強風敗退した仙丈ケ岳、今度は無事に辿り着けた。


しょうすけ_のブログ-20111223senjo06

気温は-15℃くらいだが風が殆ど無いので思ったより寒くない。
が、寒いものは寒い、のでゆっくり休憩とはいかず下山を開始。
雲は低く垂れ込めることはなかったが3000m峰の頭は雲の中。


しょうすけ_のブログ-20111223senjo07

積雪期の下山は楽なものだが、下にある石に足をとられかけたり。
ラッセルが無いのはいいが下山は意外と歩きにくいかも。
テントに辿り着くまでは薄曇りのまま、寒くも暖かくもならず。


今日はクリスマスイブらしいのでロールケーキにウィスキー入りコーヒーで登頂を祝って

乾杯♪
外にはほんの少しだけ、ハラハラと粉雪が舞っていた。


夜はもやしとラメーンの量が同じくらいのボリュームなもやしラーメン。


眠りに着くころには少し雪が降り積りテントの端を埋めていた。
そのおかげでテント内は暖かくなり、完全防備では暑さに目を覚ますほど。


【3日目】
起床時間は同じ、ベーコンと目玉焼きを乗せたパンの朝食。
今日ものんびり支度を整えテントを撤収して下山開始。


雪は思ったほどに積もらず一昨日とあまり変わらず。
ただ山の頂付近は白いガスに覆われてしまっていた。


来たときの急登を今度はひたすら下る。
丹渓山荘よりまた河原沿いの道をテクテク、テクテク。
帰りは2人組の年輩男性、5人組の学生とすれ違ったのみ。

駐車場の手前で振り向くと甲斐駒ケ岳が最後の姿を見せていた。


しょうすけ_のブログ-20111223senjo08

帰りは仙流荘の仙人のお風呂へ立ち寄り(露天は休業で内湯のみ)。
湯船より見える山はまたガスに包まれてしまっていた。


出発前の天気予報に今回も強風敗退が頭をよぎったが結果として天気に恵まれ、白い衣を

纏った南アルプスの女王に会ってくることができたのだった。

ビーパンプ/005

離脱が遅くなっていつもより遅れてビーパンプ。
ヤダヤダ。

1Fにみんないたので今日はずっと1F登ってた。
前回ダメだったあの緑、今回も撃ちまくり。

終了点タッチどころか終了点を掴んで落ちる、を何度も繰り返す。
全く保持力が無いんだけど何故?

そうこうしているうちにあふろん氏に先を越された。
ジゴロもRPして好調ですな。

そして自分はサクッと一撃した紺まで落ちる始末。
今日もダメダメなビーパンプだった。


残:126480

ビーパンプ/004

残業かなと思ったけれど案外早くに脱出、ビーパンプへ。

Weeklyと書かれた課題は本当に一週間で無くなっていた。
Bigwest壁に赤があったのでアップついでに登ってみた。
途中で足が切れたのでもう一回足を切らさずに。
被ったガバで面白いけれど、もう少し長さが欲しいな。
これも来週には消えてしまうので触るならいまのうち。

奥の長物をやったらNewAge壁に集中。
しかし全然保持できない。
しっかり持った筈のホールドすら離してしまい再登トライも全滅。
やはり昨日の八ヶ岳の疲れなのか。

9時には撤収として最後は空いていたBandBelt壁の白を端から。
そしてヨレヨレで3回も落ちた。
更にキャンパボード足ありで遊んで終了。

今週は会の忘年会に連休の雪山でジムもあまり行けなさそう。
残業も避けられなさそうだし、登れるときに登る!

裏同心ルンゼでアイス初め

12月18日は八ヶ岳の裏同心ルンゼへ行ってきた。


片づけをしていたら遅くなったのでざっと。


シーズン初めのアイスクライミングへ。

と言うか去年に始めて通算5回目、まだアイスそのものが始めたばかり。


17日の朝に美濃戸口より入山。

またまた偶然お会いした知り合いのSガイドさんに美濃戸まで車に乗せて頂いた。

何度もお世話になってしまって、本当にありがとうございました。


お蔭でお昼には赤岳鉱泉へ到着してテントを設営。

裏同心ルンゼF1(ルートで1番目に出てくる滝のこと)を見に行ってみた。

ついでに登ってF2まで見物して懸垂下降して戻った。


夜は冷え込みを覚悟してありったけの対策をして就寝。

お蔭でなんとか寒さで目を覚ますようなこともなく熟睡。



18日は7:30過ぎに出発のロースタート。

渋滞していたら撤退してアイスキャンディーで遊ぶつもりが2パーティーくらいが待っている程度。

先行パーティーも続いているし、まだ後続も来る繁盛ぶりだが次々と登っていく。


氷の状態が良くなっていて2~3ルート取れるので流れが良いらしい。

ルートもバケツでピックをひっかけるだけで登れる部分も多いくらい。

F1~F5までフォロー、リード、フォロー、リード、リードだったかな。

F2は2段目で1度ピッチを切ってから少々傾斜の強い3段目へ取付き。

F5も最後が少々傾斜があったがバイルがしっかり決まって登りやすかった。

まあ一番弱点に見えた右端を登ったので。

支点は人も多かったのでボルト、灌木、アイススクリューを状況に応じて使用。

終始前後に数パーティーがいる状態だったがみんなサクサク登るので待ちは殆ど無く、目立った渋滞も無く次々と登って行った。


最後のF5を登り終わって11:20くらいだったかな。

目の前には岩壁が現れるので大同心の基部へトラバース。

大同心稜を利用して赤岳鉱泉へ戻った。

凍るのが早く行程もあまり長くなく登りやすい裏同心ルンゼは人も多かったが

初心者の我々のアイス初めにも丁度良く楽しいルートだった。


終日曇りだったが思ったより寒くもなくコンディションの良い氷を楽しめた。

他のエリアも今回の冷え込みで氷の状態は良くなっていたらしい。

アイスキャンディーも1日で随分と成長していた。


帰りはいつもの樅の湯でポカポカに温まった。

そしてなんと渋滞の全く無い中央道で帰りも早かった。



17日に撮ったF2
しょうすけ_のブログ-20111217uradosin

ビーパンプ/003

今朝、職場で足元を見ると、

靴下の色が左右で違う!?


こんなデザインの靴下もあるのだなぁ。

家には同じ色の靴下がもう一組あるはずだし(-.-)


残念なことに、だんだん残業警報が発令されてきた。

もう忘年会シーズンだし、関係無いけど。


今日は職場離脱が少し遅れてちょっと用事を済ませて、

時間が足りなくなったので8:30くらいにビーパンプへ。


混んでいたのでどこを登ろうかと思いつつストレッチ。

よく見ると2Fの道場をやっている奥はガラガラ。


結果的に被りを中心に登っていた。

しかし再登できない課題が多すぎる、体が重い。

風邪の所為にしておこう、ハア。


道場が移動してきたので空いたR壁の長物11aを

最後の一手の終了点タッチでフォール。

初めてだ、ここまで来てから落ちたのは。


一人で登ってさっさと腕が尽き、1時間後に撤収。


まあ調子が上がらなくても時間が足りなくても

登れる時には登っておこう。

でないとストレスが溜まって体に悪いし。


残:129480

ビーパンプ/002

今日は1Fの一番新しい壁の所でワイワイと。

茶色までは片付いているので緑をつまみ食い。
最後の一手が取れない課題、今日はこれが大人気だった。
結局最後の一手は取れずに居残り組となってしまったが。
そのうち落としちゃる~

途中で2Fへ行っていつもの茶色と紺色を撃つが再登出来ず。
全然成長しない。
一歩進んで一歩下がっているような。。。

最後に足ありキャンパで絞り出して終了。

雪山シーズンINでまた停滞しそうだけれどもボチボチ行くかな。

いつになったら風邪は完治するのだろうか。

ビーパンプ/001

先週に年会員の期限が切れて更新、結構登った気がする。


しかしまだ風邪が治らずゴホゴホ言ってる。
週末の疲れを抜くコンディショニングとして軽くビーパンプ。

月曜日の今日は、クコさんが来ていた。
他はみんなレストらしい、週末は天気良かったからかな。

ストレッチをしてアップして、アップして、アップだけ。
5級まで限定として軽く1時間ばかり登って終了。

でも腕は少し張っている。
何でだろう。
1人だとペースが早くなり過ぎるのが原因か。
それとも週末の疲れか。
本気トライはしなかったのでアクティブレストになった、としとこう。


更新(回数券換算):133980

残:132480

また城山~城ヶ崎へ

12月10日は城山、11日は城ヶ崎と先々週と同じコースへ。


今回の風邪は長引くらしく、なかなか咳が収まらない。

もともと喉をやられると長引くし、早く治らないかな。


10日の朝、城山へ着くと寒いし道もしっとりと濡れていた。

ワイルドボアゴージのゴージは谷間、日が当たらず結構寒い。


アップにワイルド×を登るがホールドが湿気っていて微妙。

次に2シーズン前にRPしている心の愛11bにマスター便。

終了点クリップでカンテ上が湿気っていていて落ち葉が~とやっていたらフォール。

のーるは本日3便目で無事にRPオメ!!

宿題のジゴロ11b/cにヌンチャクが掛かっていたのでお借りしてトライ。

緩傾斜前のクリップまで進むもいっぱいいっぱいで出した手はカチの数センチ前を触りフォール。

フォール後に一気に咳が飛出しゲホゲホゴホゴホゲホゲホゴホゴホ。。。

暫く休んでTO、もう今回のトライは放棄。


夜は皆既月食が綺麗だった。

魔物が出そうな真っ赤な月と星空に流れ星が走る天文ショー。


翌日は城ヶ崎のいさり火エリアへ。

昨日と一転して日差しが強く岩が熱い。

寒いだ熱いだとまあとにかくうるさいなハハハ。


ジャムウェーブを登るときに以前記録していたカムを一つ忘れて取り付いてしまった。

スモールカムを余分に持っていてセットできたが失敗したハハハ。


後はTRでいさり火ライトとレフトを3本ずつ登った。

ライトはRPしたときに比べて暑くてコンディション悪かった。

まあTRなのでさすがにテンションは無かったけれど。

レフトは1グレード難しいだけあって1便目はフォール。

3便目はプロテクションをセットしながら登ってみてノーテン。

Rの着いたルートだけどリードでトライ出来そうだ。


その後はフナムシへ移動。

もう店じまいの心づもりだったがTRをお借りして無名ルーフで遊ぶ。

ボルダーチックだけれども面白いルート。

クラック限定でリードできるようになれるといいなあ。


今日の城ヶ崎も終日晴天、ずっと伊豆大島がくっきり見えていた。



しょうすけ_のブログ-20111211jogasaki1

パンプ2/038

あ~、パンプ2のロッカールームに飲みかけのぐんぐんグルトを忘れてきた。
平まっちょ店長ごめんなさい。


パンプの年会員があと2日で期限切れだったので更新しにパンプ2へ。
手続きをして残置BOXも更新したらマスクしたままボルダーを。
何だか前より易しくなっている気がする。
被った4級が結構あっさり一撃できたり。
しかしサラダ氏に教えて貰った道場課題はスタート出来ないんですが。。。

暫くしたらyamadaiwada氏が来てボルダーをやっていたので声を掛けてルートへ移動。
タワー右の白↑11aは何度も登っているのでさすがに再登。

奥壁がホールド換えで一新されていたので触ってみた。
黄色の10cは前の緑より登りやすかったが緑10bは結構悪いかな。

すぐに10時近くになってしまい撤収。
あまりルートの時間をとれませんでしたがyamadaiwadaさんありがとうございました。

今日もゲホゲホジュルジュル、風邪早く治らないかな。

:78800

ビーパンプ/095

バンホーテンのホワイトココアなるものを見つけたので買ってみた。
味はホワイトチョコみたいだ♪
まあ確かにチョコとココアのホワイトってそうなるか。


風邪は相変わらず、熱はあまり上がらないけど喉の痛みと鼻水が止まらない。
しかも今回の風邪は長引くらしい。

体調も悪いので軽くビーパンプで登って帰ることにする。
受付でロクスノ♯54をゲットして2Fへ。

一昨日の山の疲れもあるのか、調子は全然上がらない。
ダラダラと登っているとみんなやってきて更にマッタリと。

何も成果は無いけれど一週間ぶりとなったジムは楽しい。

今週末はまた城山~城ケ崎コースか。
ジゴロのコンディション良くなっているといいな~

権現岳~八ヶ岳で冬山初め

12月4日は今シーズン初の雪を求めて八ヶ岳の権現岳へ行ってきた。


金曜日の夜から喉が痛く少々熱もあった。

土曜日も何だか頭が痛くてボーっとするし、まるで風邪を引いているみたいだ。


日曜日も一向に改善の兆しは無いが、とりあえず出発。


【今回のタイム】

入り口7:45~天女山8:10~三ツ頭11:40~権現岳山頂12:45~

少し先の分岐まで立ち寄り~三ツ頭14:00~下山15:50



金曜日~土曜日に山沿いは雪が降っているだろうと見込んでいたのだが

八ヶ岳山麓は思った以上に暖かく雪があるか心配になるほど。


観音平の駐車場は12月1日より通行止めとなっているので天女山入口へ。

歩き始めて暫くは晩秋のような冬枯れの山道が続く。

落葉した木々と落ち葉の眺めの良いトレイルにキンと冷えた空気が気持ち良い。


天女山は上の駐車場より低くピークも不明だが白化粧した北岳と甲斐駒が見え、

前方には三ツ頭方面に雪を頂く山が待っていた。


暫く登山道には雪も無く歩きやすいが風は強く体感温度は低め。

時折展望が開けて青い空の下に浮かぶ富士山・南と中央アルプスに気分も高まる。


前三ツ頭が近づくと風が強くなり道には雪が現れ始める。

そして三ツ頭まで来ると風も強まり露出している顔が冷たいを通り越して痛い。

これはまずいと、樹林帯まで歩いて装備を整える。

ゴーグル、フェイスマスク、ピッケル、アイゼンをフルに装着。

すっかり冬山の様相を呈した稜線を権現岳目指して歩く。


木々には真っ白な花が満開となったかのようにエビの尻尾がついていて綺麗。

紺碧の空に真っ白な岩と雪、その先には富士山なんて最高の雪山日和。
しょうすけ_のブログ-111204gongen1

権現岳の山頂からは真っ白な南八ヶ岳が見え、

雪山シーズンはもう始まっているよと告げている。
しょうすけ_のブログ-111204gongen2

冬山仕様の恰好なのを良いことに吹きさらしの山頂より景色を楽しむ。

金峰山や野辺山宇宙展望台、北アルプスの後館山方面までも青空の下に一望。

今日はどこの山頂も強風の中で素晴らしい景色を堪能出来たことでしょう。


もう少し先の風を避けられる分岐まで行き、少し休憩してから下山を開始。

三ツ頭を過ぎて樹林帯へ入ったところでアイゼンやらを解除。

時間も押しているので半ば駆け足で下山するうち服装もどんどん軽装になる。

冬山フル装備から秋山ハイキングな仕様まで変化、レイヤードは山の基本~


スピードを上げたおかげで短い冬の日が暮れる前には下山していた。

泉温泉健康センター(¥700、アルカリ性)で冷えた体をポカポカに温めて家路へ。


少々風は強かったけれど雲一つ無い雪山を満喫できた1日だった。


帰宅しても喉が痛くて体調が悪い、悪化しているような気も。

週末も終わったしそろそろ風邪を引いたと認めようか。

ブログ更新するより早く寝るべきかハハハ。

コンペ用のビレイ講習

金曜日の夜は直前に決まったDELTAの忘年会。

毎週のように山ばかりでいつもご無沙汰m(_ _)m

たまたま金曜日の夜を空けられたので予定を合わせてもらった。

久しぶりにだいひょとYO、オヌキンに会ってのんびり。


12月3日は東久留米の体育館で都岳連のビレイ講習を受講。

2年後に東京で開催される国体のビレイ要員育成が目的らしい。

と、会場で聞いた。


何も知らずに行ったのでハーネスやシューズも念のため持参したってくらい。

持ち物も聞いていないような状態で参加してしまったが内容は良かった。


流すビレイと言うものを本では読んでいたがなかなか実践する機会も無いし。

初めてダイナミックビレイを目的としてフォールをして、止めたり止めてもらったり。

何となく感覚が掴めた感じ。

まあ普段のジムは落ちる前にテンショ~ン!!

となることが多いのでなかなか機会は無いかも?だけれども。


あとはコンペでのビレイヤーの動きや注意点なども。

Zクリップしていても教えてはいけないとか、オシャベリは注意。

壁から離れてビレイするのはロープも重くなりNG


実際には見よう見まねのビレイでもビレイできてしまうので

こうした実技講習を受けて技術を上げていくのは大切だ。

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR