ビーパンプ/094

今日のビーパンプは人が少なかった。
さてはみんなサボりか、なんて。

ホントは回復のためにレストが正解ムーブな気もするが。
てな訳で今日はアクティブレストの日。
なつもりだったのだけど。

アップはガバしか持たないで壁に8分ほど張り付いてみた。
腕はガッツリ張ってしまったし、ガバでもアクティブレストになってないような。

坂壁、仲壁の新しい課題は茶色まで終わったのでお買い得そうな緑に手を出してみた。
ムーブは分かって感触も良かったので、休みをいれつつ撃ったら完登。
2Fには無いようなお買い得だと思うけれど一応2級ゲット。

で、どの辺りがアクティブレストだったかは不明。

金曜日は強制レストだし、まあいいとしよう。


:75800

スポンサーサイト

ビーパンプ/093

週末はそんなにガッツリ登っていないのに手が疲れている。
クラックってそう云うものらしい、たぶん。


ジムに着いて最初は1Fへ。
前回触っていなかった茶色を端から順番に。
やっぱり1Fはグレード1つ甘い感じで登りやすい。
適当なとこで被りを求めて2Fへ移動。

R壁の長物11aとNewAge壁の紺は少し安定してきたか。

茶色はまだ安定しない、新しく手を出したのも登れず。
まあボチボチ。

上級者道場が移動してきたのでまた1Fへ下りる。
新しい茶色課題の残りを片付けてホールド換え後の茶色は完了。

帰る前に2Fで懸垂とキャンパをやってみた。
足ブラにせず奥に足を置いて被りキャンパにしてみる。
数をできるので神経系のトレーニングに効果ありそう。
指や腰にも負担は少ないし、これはいいかも。
コッソリ毎回やってみよう。


今日は紐部のメンバーは来なくてやまねDayだった。

木曜日は年会員の更新にパンプ2へ行くかな。

城山と城ヶ崎~伊豆シーズン開幕

11月26日は城山、27日は城ヶ崎でクライミング。


伊豆の岩場シーズン開幕と云うことで城山と城ヶ崎へ行ってきた。


ざっと。


26日は城山。

ワイルドボアゴージはチューブロックのみ大混雑していた模様。


ジゴロに手を出すものの登れず。

11クライマーには総合力が足りないことを痛感させられた。


1便目はヌンチャク&探り便で5ピン目テンションから各駅停車。

2便目も5ピン目でフォール。

保持力と持久力も足りないが保持できないのは技術が足りないからか。

クライミングは足と体幹で登らねば。



27日は城ヶ崎初めにフナムシロックエリア。

フラッシュダンスは必死になってしまった。

何処で失敗していたのか、成長していない。

もっと楽に登れるようになりたい。

フェイスの足使いが下手なんだよな。

クライミングは足と体幹で登らねば。


今回成果があったのは石田塾生のダッチ&tokita。

ダッチ&tokita両氏でパープルシャドウをRP。

tokita氏は続けてネッシーもRPの収穫祭。


写真は成果のあった男tokita@パープルシャドウ。


しょうすけ_のブログ-20111127jogasak










パンプ2/037

祭日の翌日だからかパンプ2は空いていた。
水曜日も週末も晴れ予報だとジム人口は減るものだな。
アップにまだ触っていなかった一反木綿壁の10bを登ってみる。
続けてのTR課題があったので触ってみたが、ルートがTRのラインより外れるのかと思って途中で10bに進路変更。
これ出だしから変なムーブさせられる、やっぱりイベント用だ~

激悪だった奥壁の11aは11bに変更されていたが今回は1テン。
クリップ悪いけど面白いだけに悔しい。

腕が張ったのでもうヘタレもーど。
10台を中心に数を稼いでいく。
100度壁の新しい10dはクセがあって面白い。
隣の11aはアルツオンサイト。
これでもかってくらいカッチカチ、だから再登していなかったのか。

いつの間にか混んできたので空いているとこを適当に。

ダイヤモンド壁の右手にある10bを久し振り、もしくは初めて?触った。
何だかやたら短く感じてしまう、他のジムなら普通なのだが。

10時過ぎに撤収。

にしても背中が痛い原因は何だろうか。。。


:72800

遭対と闇鍋

11月23日は奥多摩で山岳会の遭難対策訓練と芋煮会。


遭難対策訓練と言っても最近入会したばかりの方も多く、今回ハーネスを買った方も。

レスキュー訓練よりロープワークの基本をみんなでワイワイとやった。


最初にエイトノット、インクノットやらをやっている間にこちらは支点を作ったりとバタバタ。

人数が多いので分散して懸垂下降して途中停止、登り返しやらを教えて回ったり。

ジムで使い古したボロロープはタイブロックやらをガシガシ使うのに利用。


自分が入会した頃より技術も少しずつ変化しているので会で技術の共有をできるのは良かった。

懸垂下降は8環で教わったが、今回は確保器しか使わなかった。

自分が8環を持っている最後の世代かも?なんて思ったり。

懸垂下降の一時停止はペツルのカタログにあったミュールノットと以前のを並行して練習。

懸垂下降のロープ連結はエイトノットで習ったが、今回はオーバーハンドノットx2しか教えず。

ロープ登高は9月の胎内川で有効だったセカンド確保のオートロックシステムをメインに。



訓練が終わったら芋煮会、芋が入って無くても芋煮会。

鍋は闇鍋(と言っても無難な食材を各自で好きに持ち寄りでネタは禁止)。

懸念された食材の被りまくりも無く優等生な鍋が出来上がった。


芋煮会幹事のterubouzu氏がなんとダッチオーブンを担いで来ていた、電車なのに。

前日に仕込んだスタッフドチキンと発酵済みのパン生地まで持参。

これは美味しかった、大変なのにありがとうございます。

ダッチオーブンの魅力に取りつかれた面々は小川山でやろう!って。



写真は遭対風景じゃなくてダッチオーブン、どっちがメインだ(笑)
しょうすけ_のブログ-20111123soutai1


しょうすけ_のブログ-20111123soutai2

ビーパンプ/092

ちょっと仕事で遅くなって8時過ぎに到着。

今日は火曜日なのにいつものメンバーが少ない。
と思ったら明日は休日だから外岩に行くのが当然だった。

それでもジムはそこそこ混んでる、ボルダーってそんなものかな。


アップをしてR壁の長物を、無事に再登。
後はNewAge壁ばかりをずっと撃ち続けた。
紺/は行けたが茶色□はゴール持って降られ落ちを2回。
結局完登できず、安定感が無さ過ぎ。。。

茶色/が登り易いと聞いてトライ開始。
みんなでトライしたらムーブが決まってきて登れた!
この壁の3級が登れたのは嬉しい♪

茶色□をまた撃つものの高度が下がってきて諦め。


長物11bに手を出したり適当にヨレるまで登って終了。

被りはダメージが大きいのでケアとレストも大事。


:71300

子持山・獅子岩マルチピッチ

10月20日に子持山の獅子岩にあるマルチピッチを登ってきた。


日曜日は暖かく晴れるらしいが土曜日の夜まで降った雨の影響は残りそう。

伊豆方面は湿気って暖かいとヌメるのではと思いまだ先送り。


目的地迷走の末、もし濡れていたらハイキングでもしてくるかと獅子岩へ。

9時前に駐車場を出発、途中の岩を見つつ40分くらいで「この先危険」の標識。

そちらへ進んですぐに獅子岩の基部へ到着、右手を少し上がると取付。

ビレイポイントとボルトは見えているのでルートは分かりやすい。

岩は大体濡れているがルート上だけはずっと乾いている感じだった。

他には誰もいないのでノンビリ準備をして登り始め。


しょうすけ_のブログ-20111120komotisisi1


1ピッチ目、フォロー。

やはり雨の影響は残っていて少し濡れている外傾スタンスは緊張。

乾燥していれば快適な5.7くらい。

ガメラさんトポでは2ピッチ続けて登れるとあるが1ピッチで切る。

支点はステンレスの打ち込みボルトハンガーが2つ。


2ピッチ目、リード。

ホールドは概ね良いが、なんだかハイステップが多くて大変。

クリップはスタンスが良く安定しているがボルトが足元になると1ムーブな感じ。

5.8くらい?、OSなら5.9でもいいと思うけど。

支点はステンレスの打ち込みボルトハンガーが2つ。


3ピッチ目、フォロー。

2ピッチ目と似た感だが最後にフレークを持ってレイバック気味になったり。

少々濡れている部分があってここもちょっと緊張した、フォローだけど。

時々ムーブが出る感じでハイステップで、登ると安定するスタンス。

グレード感は同じか少しだけ難しいか。

ボルトはアイボルトが2つ。。。強度的に何故?な感が。


しょうすけ_のブログ-20111120komotisisi2


4ピッチ目、リード。一応核心のピッチ。

予想通りと言うか、2,3ピッチ目と似た感じだが少々悪い箇所が出てくる。

スタンスが無くて逡巡、少しばかり行きつ戻りつしてしまう。

ボルト位置は良いので思い切って壁スメアで乗り上がり安定した足場へ。

最後は3ピッチ目みたくフレーク沿いに上がった。

被って無いけれどOSならムーブもあるし10aあってもいいかな。

支点はボルトハンガー(錆気味のオールアンカー)2つとアイボルト1つ。


しょうすけ_のブログ-20111120komotisisi3


5、6ピッチ目、フォロー。まとめて登った。

傾斜は緩くなってくるがずっと同じような感じの登りが続く。

ちょっとズラブもあったりするが乾いていればスタンスも豊富。

最後に一か所だけ傾斜がきつくなり迷うがカチに裏切られなかった。

このピッチを登っている途中で雨が降り始めてきた。。。

フォローなので慌ててスピードを上げて濡れ掛けの岩を登る羽目に。

支点はRCC2つとボルト?(雨ではっきり確認していない)12:40


ここで登山道と合流したので登攀は中止とした。

本降りとなった雨の中ロープを持って岩陰に避難して雨宿り。

小康状態となったところで登山道の鎖梯子を登って山頂へ登った。

雨の降る中で記念撮影をしてすぐに登山道より下山を開始。


しょうすけ_のブログ-20111120komotisisi4


獅子岩の基部を回り込むように踏み跡があり最短で取付へ戻れた。

残置していた荷物を回収して下山するうち雨脚は弱くなりあまり濡れずに済んだ。

登山口には東屋があったので休憩してから「人生のスパイス、酒」へ。

今回も珍しい安い生原酒をゲットし、温泉へ寄ってから帰路へ着いた。



11月も終わりが近いにも係らず暖かく、ルートは貸切。

紅葉を見ながら快適なマルチピッチを楽しめた。

最後は雨に降られて1ピッチを残してしまったが、まあいいか。


ルートの特徴としては足が乏しくなりハイステップになることが多かった

フリクションが良ければ乗りやすい外傾スタンスが多い。

岩はしっかりしていて落石も起きにくくボルトもフリー的に近くしっかりしている。

ルートは右へ左へと動くがボルトラインは真っ直ぐ、シングルロープでストレスは無い。

パンプ2/036

今週末も雨、このパターンどうにかならないものか。


雨の中、またご無沙汰してしまっているパンプ2へ。
雨が多いと年会員はジム回数が増えてもお得。

。。。って微妙、外へ行きたいのだ。


少し肌寒い午前中に着くと思ったより空いていた。
アップをしたら2週間前にホールド換えのあった一反木綿壁でOS祭り。
初めてのルートばかりなので簡単なのを順番に登ってまわった。
ここの壁は長さもあって登りやすく楽しい。

タワー壁のオレンジ11cが登り易いと聞いてトライしてみた。
OS便は、まあ、スタンス間違いやらクリップホールド間違いやらで2テン。

やはり修正して登れるほどの力は無い。

時間を空けてまたトライしたらRPできた。
涼しくてフリクションが良く、自分が上手くなった気分。

あとは適当に10台で遊んでボルダーやって終了。

夕方にはルートエリアは素晴らしく混雑していた、いつもの雨の週末だ。

帰りは雨足が強まっていたもののずいぶんと風が暖かかった。
変な天気。


:69800

ビーパンプ/091

やっぱり集会は早めに引き上げないと翌日の体調がいまいち良くないな。


今日のビーパンプはやたらと混んでいた。
ホールド換えのあった1Fは既に人だらけ。
新しい課題に触るのは諦めて2Fでスタート。

1人ビーパンプのつもりだったがクコさんが来てた、コンニチハ~
ピンク、オレンジを端から全部登ってきたら赤が登れないって。
いきなり持久力トレーニングですか、それはヨレて無理かと。

長物11aとBigWest壁の紺は無事に再登。
常に安定して登れるといいのだが、まあ少しずつ。

新しい茶色に手を出すが食い散らかしばかりな結果に。
そのうち道場が移動してきたので1Fに下りてみる。

混んでいる中で茶色を一つ落とせた、当然お買い得だったけど。

更に混雑してきたので逃げるように退散。
今日は知り合いも少ないのに何でこんな混雑していたのだろう。

:67800

ビーパンプ/090

今日のビーパンプは火曜日なのに空いていた。

やはりみんなゲイターを買いに行ってるのか?

1Fでホールド換えがあったので早速端からつまみ食い。
アップも簡単なのをワーっと取り付いてまわる。

でもハシゴは無かった。

赤は端から順に新しい課題は終了。
一つ、スローパーのやつはチョークが付くに従って悪くなりそうだった。

紺は坂壁の+だけ敗退。
これは難しい。
茶色を一つ登れた、まあ営業グレードだが嬉しい。

新しい課題は登り易いものが多く、やたら撃ちまくり。
tokita氏、ダッチ門下生、ポダさんも来てワイワイと。


ヨレたので被りも登っておこうってことで2Fへ移動。
当然ながら力尽きているのに被りなんてまともに登れないが。
それでもビギナー決勝課題の紺/を登れたのは嬉しい。


お腹いっぱい登って今日は終了。


:66300

本当に2011シーズン最後の小川山

11月12・13日はまた小川山へ。


先週で最後かなと思っていたけれど、流されやすい性格で、ハハハ。


金曜日の深夜に廻り目平へ入るとガスガス。

夜はそれなりに冷え込んでいたが11月の小川山にしては暖かい。


翌朝には気持ちの良い青空が広がり気分も清々しくなる、が、

全てがまだシケシケで気温も低く暫くモチベーションは低い。


朝発で来たあふろん氏ポキ氏movi氏と合流してだらだらと過ごす。

昼前くらいになって漸く重い腰を上げて八幡沢左岸スラブへ向かう。


触ったことの無かったマルチピッチ「春の戻り雪」を登ってみた。

取付は教えてもらったのですぐに分かりじゃんけんでトップを決めて出発。


登りは難しくは無いけれど、プロテクションはあまり取れない。

ロープは飾りですって感じの箇所も多かった。


後でおがわやまだよりのサイトにあるトポと比べるとルート取りが違った模様。

100岩場のトポを持って登ったのだけれどなぁ。

プロテクションはマスターカムの黄色と青が使えた。

おがわやまだよりトポの通りだとキャメ0.5~2くらいも使える箇所があるかも?


3ピッチで登ったけれど、それも正解だったらしい。

終了点からは烏帽子岩やマラ岩、ガマ方面の景色が良く気持ち良かった。

下りは60mロープで4ピッチとなった。


その後はブラック&ホワイトに手を出すも敗退。。。

スラブってどこにもジャミング効かないし。

苦手のスラブ、なんとかしたい、また今度。

小川山のスラブはコスパが悪すぎるのが欠点だが。

翌日にはあふろん氏が登れる宣言をしてRP、オメ!

スラブの楽しさに目覚めてスラバーになったとか!?


夜は寒かったのでテントに籠ってプチ宴会。



翌日も朝は寒くてモチベーションも微妙でまただらだらと。

bantioさんも日帰りで合流して最初の言葉が寒み~って。


そして小川山ならクラックは触りたいと、のーると妹岩へ向かうことに。

カサブランカを登ってみたが何だか湿気があり岩は冷たい。

秋だからと前回のような抜群のフリクションを期待していたのだが。


ジャックと豆の木の下部はやはり濡れている。

少し日が差して暖かくなってから登ってみたがやはり湿気がある感じ。

随分と疲れたが何とか2度目のRP、 ほっ。

秋でも湿度が高い日はコンディションに過度の期待は出来ないらしい。


実に5週間ぶりに土日とも晴れた週末(と帰りにラジオで言っていた)

秋晴れの小川山を楽しめて良かった。


春の戻り雪終了点から
しょうすけ_のブログ-20111112ogawyama

ビーパンプ/089

いろいろあって木曜日なのにパンプ2へ行かずビーパンプ。

最速コースで着いて7時には簡単にアップまで終了。

まだアップ不足かなと思いつつ長物11aに手を出したらフォール。。。

狙っているルートがあるときはアップを大事にしないと。


奥の長物10cを登って新しい茶色に手を出して1Fへ移動。


火曜日に手を出した茶色は高度低下。

次の月曜日にホールド換えが予定されいる壁の赤と白を端から全部。


そして8時前には撤収。


やはり木曜日は誰も来なかったので1人黙々と登ってしまった。

ビーパンプ/088

今日も早めにビーパンプへ到着。

上級者道場があるのでアップしてすぐ被りの壁に取り付く。

NewAge壁ビギナー決勝課題の紺/は再登失敗、続いて茶色□も。


まだアップが全然出来ていないらしい。

だんだん体が動くようになってくると紺□、茶色□が再登出来た。

足使いを意識したら確実ではなくても確率は上がった。

少しずつ上達している気になれて嬉しい。


奥の長物10dが楽しいので登っていたら道場が移動してきた。

移動してR壁を見ると空いていたので長物11aをギリギリで再登。

1Fへ移動するとみんなでやいのやいのと登っている。

一緒になって登っていて気付くと22時半近い。

登り過ぎた感じで最後は指が開いて保持出来なくなっていた。

明日は眠いだろうなぁ。


:63300

ビーパンプ/087

雨予報に小川山を土曜日で引き上げてきた翌日の日曜日。
気軽に登ろうかと午後のビーパンプへ行く。

いつもパンプ2のOさん夫妻がいて、最初の一言はつい珍しいですね!?と(^_^;)
実はビーパンプの方が近いらしいと知った。


日曜日のビーパンプは子供も多く、それなりに混んでいた。
当然いつも見る人たちも少なく無いが。


今日は雨にも係わらず秋になったからかヌメリ具合は激悪でも無い。
だからかR壁の長物11Aを漸く再登出来た、いっぱいいっぱいで。
もう少し確実に登れるようになりたいところだ。


おやつ休憩を入れたあとにNewAge壁の課題を集中してトライ。

足の使い方を意識して紺□の再登に成功。
同じように足を意識したら茶色□まで登れた。
更にはビギナー決勝課題だった右手の紺/まで足の使い方を微妙に修正しただけで終了点まで取れてしまった。

こんなに成果が出たのは久しぶり~

ちょっとだけれど成長しているのかと思ってしまう。

あとは流して懸垂やらキャンパボードを少し触ってみて終了。


今日は調子が良かったと言うより足の使い方を少し学んだ気がする。
雨で小川山は終わってしまったがジムでも何だか収穫はあった休日だった。


:61800

2011シーズン最後の小川山

11月5日は小川山へ行ってきた。

恐らく今シーズン最後か。


またもや日曜日の予報が悪いので日帰りかと思いつつテントも積んで。


朝は思っていたより暖かく霜も降りていなかった。

岩のコンディションはいいが一昨日の湯河原幕岩の筋肉痛が残ってる。

クレイジージャムのトライはサックリと日和って来シーズンに持越すことに。


そしてタイミングが合わずに触っていなかったバードウォッチングエリアへ向かう。

アプローチは長いと思っていたが、今回は意外と短く感じた。


先ずはオオルリ5.9にトライ。

のーるが先に登ってハアハア奮闘しつつ、あっさりOSオメ!


自分もワイド系なのでキャメ5まで従え、もぞもぞ登って無事FL。

涼しくて乾燥していて、コンディションが良くワイドな5.9って感じで面白かった。


暫く休憩してから狙っていたキビタキ10cにOSトライ。

岩のコンディションが良くフィンガージャムも面白いように決まる。

必死にあんなジャムこんなジャムを駆使して高度を稼ぎ、気付くと目の前にリップが。

一気に乗りあがりクラックのOSグレード更新!


秋の花崗岩のフリクションは半端無いからかも!?

外にスタンスを拾えるらしいが自分はどうしてもクラックのみになってしまう。

ロクスノ#48にキャメ2までと書いてあるけど小さ目ばかり沢山使ったな。


そのままTRをセットして後でもう一度おさらい。

余裕が出てフィンガージャムを楽しめたが少々強引な登りもしてしまったような。


いつのまにやらかなり時間が過ぎていたので親指岩まで移動。


最後は小川山レイバックで、と思ったら雨が降り始めた。

予想よりずいぶんと早くそのまま本降りに。


雨の中を下山して濡れたテントを畳んで撤収。


日曜日は登れず残念だけれど、来シーズンも目標ルートがあるって嬉しい。



しょうすけ_のブログ-20111105ogawayama

湯河原幕岩~冬の岩場初め

11月3日は日帰りで行きやすい湯河原幕岩へ。

もう1年ぶりくらい。


朝、岩場に到着すると思ったより空いている。

珍しく講習会の類は全く来ていない。

トップロープで複数のルートを占拠する集団もアリババの岩場にいたくらい。


桃源郷エリアでいんちきするなとシルクロードでアップ。

アップと言っても体が温まるというより凝灰岩の感触を思い出す感じ。


カチカチだな~、なんだか湿気ている感じがするな~と。


シャクシャインが空いていたのでマスターで取りつく。

核心を覚えていたつもりが迷ってテンション。

もうサクっとマスターで登れるかなと思っていたが甘かった。。。

でもマスターでもヌンチャクあっても差はあまり無い感も。


芸者ワルツを見に行くとトライしている方がいてヌンチャクがかかっている。

どうぞーと言われたので迷った末に触ってみるが1ピン目テンション。

ムーブを教わったが最終到達地点は3ピン目のクリップホールドに触れるところまで。

11bに打ちのめされてしまった。


リボルトされていてすべてケミカルアンカーだったので落ちても安心だが。


次にゼルダを触るがまた核心の手順を忘れていてテンション。。。

ベタベタ触って漸く思い出して再登。


お隣のアブラカタブラも登ってから、とけいワニにトライ。

が、ルーファイ迷ってバランス崩してフォール、MOS逃した。。。

2便目でRPはしたけれど足に乗っていられる場所でOS逃したのは悔しいな。


そんなところでバスの時間となって撤収。


日差しが出ると暑いくらいでヌメり始めたが、基本的に曇り。

それでも登っている間は半袖が丁度良い暖かさだった。

あまり成果も無かったが岩場が混雑していなかったお蔭でマッタリ楽しめた。



とけいワニ
しょうすけ_のブログ-20111103yugamaku

ビーパンプ/086

昨日より微妙に遅くビーパンプ。

7時半には登り始めていたけど。


ビーパンプはやはり昨日よりは混んでいる。

上級者道場もあるので2Fは特に混んでいてR壁の長物には手を出さず。

NewAge壁の紺□は今日も止まらず再登出来ず。
隣の茶色□も進展無し。


しばらく登って1Fへ移動。


蔵壁の緑/を久し振りに再登出来たのは収穫だった。

ポイントはホールドを良く磨いてからトライする事か。


2Fへ戻るとポキさんポダさんが来ていた。

少し一緒にワイワイ登っていたら22時近くに。

そして急いで引き上げ。




:59800

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR