ビーパンプ/052

やはり昨日の疲れが残っている、アップでホールドが悪く感じた。
まあボチボチ登ろう。
R壁で登っているうちBigWest壁の作業が終了して解放されていた。
当然ながら常連さんが取り巻いている中、隙を見て手を出してみる。
1Fに合わせたのか前より簡単に設定されている感じ。
すぐに上級道場が始まり少ししか触っていないのだけど。
1Fへ下りて杯壁の新しい課題を触るが茶色と緑は昨日より進まず。
紺/は最後がやたら遠いランジになるが他にムーヴは無いのか?
ワークアウトにピンクを足無しキャンパで登ったり懸垂したりとトレーニング。
懸垂でぶら下って腰を伸ばすと背中がスッキリする。
腰を痛めていない人にもお勧めのストレッチです。
NewAge壁の奥にバーがあるので試しにどうでしょ。

残:23100
スポンサーサイト

ビーパンプ/051

BigWest壁がホールド換え中にも関わらずいつもより空いていた。
常連さんは週末が雨だったのでジムに来て、結果今日はレスト日としたのか。
知り合いも皆サボり、ではなくレスト。
と思ったら珍しくPUMP2組のK室さんツヨポンが来た。
1人でまったり登って短時間で引き上げの予定だったのだが。
一緒に予定外の課題まで撃ちまくってしまった。
そしてストレッチの筈がトレーニングとなってしまう始末。
意志が弱い、明日は更に流しモードとしよう。
それにしてもツヨポンはボルダーも強い、さすがだ~
自分も頑張らねば!、腰が完治したら、ハハハ。

雨の中を残雪と水芭蕉の尾瀬ヶ原へ

【コースタイム】
富士見下6:30~富士見峠8:30~竜宮十字路10:30~
竜宮小屋で休憩~見晴~東電小屋~竜宮十字路12:50~
富士見峠14:40~富士見下16:00

雨だからとインドアばかりなのもどうかと思いトレッキングへ。
何年か前と同じパターンとなるが景色な無くとも楽しい雨の尾瀬。
今回は咲き始めの水芭蕉狙い、入山口は富士見下を選択。
しとしと雨の降る中、よく整備された林道を延々と歩く。
富士見峠が近くなると残雪が増え始める。
小屋の方に聞くとやはり今年は残雪が多いらしい。
竜宮十字路への道は暫く残雪歩きが続く。
尾瀬ヶ原への到着点はちょうど水芭蕉の群生地だった。
白い水芭蕉に埋め尽くされた湿原に雨の憂鬱も吹き飛ぶ。
竜宮小屋でドリップコーヒーを飲んでホッと一息入れる。
三条の滝も考えていたが時間が無いのでパス。
尾瀬ヶ原を半周して竜宮十字路へ戻る。
雨で燧ヶ岳も至仏山も殆ど見ることは出来なかったが
水芭蕉をメインに花と湿原に癒される木道歩きだった。
富士見峠への登りで足取りは次第に重くなり、
富士見下への林道下りで体が鈍っているのを感じ、
車へ戻った時には雨に濡れた体はすっかり冷えてしまっていた。
敢えて雨の中を歩いたお陰で、水芭蕉の季節にも拘らず
人も少ない静かな尾瀬ヶ原を楽しむことができた。

富士見峠付近の残雪、尾瀬ヶ原の水芭蕉(尾瀬ヶ原は残雪無し)
しょうすけ_のブログ-20110529oze1
しょうすけ_のブログ-20110529oze2

パンプ2/018

両日雨予報の週末、土曜日はPUMP2へ。

11時過ぎくらいに到着すると、既にもの凄い人数。
開店時刻過ぎに来た人は受付が20分待ちとなったとか。
雨で転進のガイドさんや山岳会が多かった模様。
まだ腰の調子は様子見なのでボチボチと登る。
やり過ぎないように1台は手を出さないことにする。
来る頻度が減っているのでOSトライが多いのは嬉しい。
津波壁右の赤×10cは辛目だけど面白かった。
タワー壁の赤↑10dは持久系だけどOSしやすかった。
雨と人の熱気でホールドは滑リ気味だった感じも。
最後はボルダーを少し触って終了。
B-PUMPとシールの色を統一して欲しいな~

残:26100

ビーパンプ/050

12月の始めに年会員になって50回目のビーパンプ!

腰の調子は相変わらずで疲れも蓄まっている。
と思ったら今日で4日連続クライミング、当たり前だったか。
ストレッチとアップをしたらダッチ氏が話題にしていた赤課題へ。
カチ引き付けで体幹を使う、確かに悪いですこれ。
隣の赤↑は苦手だったが数便で再登、下部が安定してきて嬉しい。
休みを入れてNewAge壁右手の紺■に手を出したら一回で再登。
更に宿題だったR壁の紺バツも登れてしまった。
気温が低いお陰か好調かも。
と言ってやり過ぎは腰にくるので終了モード。
入れ違いに近いタイミングでafro氏到着。
少し話してクールダウンして引き上げ。
明日からは本当に自重して3日間を完全レスト!
まあ金曜日は職場の送別会に出るので強制レストだけど。

残:28100

ビーパンプ/049

午前中は週末の疲れで腰の調子が悪かったが午後は復活してきた。
で、今日もビーパンプへ行ってみる。
いつものように動くと痛みは消える。
アップ後になぜか10分で赤10本の持久力トレーニング。
登りやすいのを選んで1セットはできたが2セット目はきつそう。
1Fの杯でファイル課題に手を出したりしてまた2Fへ。
tokita氏UDA氏と合流してBandBeltへ。
10aの長物をみんなでグルグルとバターになるまで連続登り。
適当に疲れたので引き上げることにする。
今日は持久力トレーニングの日だった。
そして登り過ぎて少し腰にきた、反省。

パンプ2/017

日曜日の午前中は山岳会の総会。
午後にカーネルロックへ行ってみたが雨によりPUMP2へ。
立川駅までafro氏に送って頂き南武線で向かう。

昨夜の宴会の影響で体の動きは悪い。
フージマ氏も体が重いと言いつつ相変わらず津波壁を登っていた。
自分は一反木綿壁と100度壁の垂壁系ばかりを11本で終了。
もう少し腰が良くなったら被りを解禁したいなぁ。
まあボチボチと。

残:31100

カーネルロック

5月21日は初めてのカーネルロックでクライミング。

日向和田駅を降りて車道を右(上流)へ。
もう名物へそまんを売っていたので早速蒸したてを購入。
出来立ての饅頭は美味しい♪
1分も歩けば元婚式場のエディさんち。
開いている門を入ると建物の脇より続く階段がある。
料金箱に¥500を入れて下へ降りていくとすぐに岩場。
駅から徒歩5分程度で岩場へ到着してしまうなんて嬉しい。

クライミングの結果は、届いたと思ったホールドでフォールとか
ライン取りが滅茶苦茶であっさりテンションとか。。。
リハビリモードが入っているのかモチベーションも低い。
足に乗っている感が無いし粘りも全く無し。
近い岩場なので人気が落ち着いた頃にまた行くかな。

今回はのーるが好調。
カモン・エディ、ぷらりをあっさりFL!
Mk氏は久し振りに岩を触って楽しかったと、ですよね~
afro氏は順調に宿題を片付け全制覇にリーチ!
tokita氏は宿題のへそまんと果敢に闘っていた。

最後はへそまんの回収便を出して終了。
tokita氏はムーブも良く伸びがあるのにクリップできなかったのは
まだ保持力が不足していることが原因な気が(あのクリップは保持力必要)
柔軟性とリーチがあるので上達へは、やっぱり地道なトレーニング?
お互いボチボチやっていきましょう。

今回は。
プレイヤー5.9 FL
セント・フローリア10a MOS
へそまん 10c MOS
カモン・エディ 11a 2RP
ぷらり 10c 1テン

$しょうすけ_のブログ-20110521colonel

ビーパンプ/048

休んでいても完治しない腰、少しくらい登っても悪化しない腰。
ボチボチ登りながら治るのを待つしか無いらしい。
早めに着いてすぐ1Fへ降りてストレッチ。
目的は、混むと手を出せない長物課題。
少しのレストを入れつつ4課題連続で登る。
10dよりも最後に登った10cの方がヨレてヌメって悪く感じた。
適当なとこで2Fへ移動。
ShortWest壁の一番奥にある茶色■を見たら手足限定でした(^^ゞ
R壁の長物11bは途中でフォール、ホールドは悪く無いのに持久力が持たない。
最後はBandBeltで茶色に敗退。
ちょっとやり過ぎたか?
結局1時間半ほどで終了。
登って温まると腰の痛みが引いて限界トライしそうになるので注意。
あとは週末までレスト。

残:33100

ビーパンプ/047

ずっとパソコンの前に座っていると腰が悪化してくる感じ。
クライミングはどうかと思いつつビーパンプ。
ストレッチを入念にしてスロースタート。
動いて温まると腰の痛みが消えてくる。
動けると嬉しくなってついあれもこれも。
のんびりのつもりが予定以上に撃ってしまった。
ジムを出たときまでは腰の痛みも無かったのだが、電車に乗るとジワジワと。
完治まではまだ時間がかかりそうだ。
少しずつ無理せず動かしておこう。

残:34600

針ノ木雪渓SKI

今シーズンの滑り収めに針ノ木雪渓へ行ってきた。
扇沢出発6:00~針ノ木峠10:30~滑降開始11:50
~扇沢到着13:30

トロリーバス脇の針ノ木岳登山口より板を背負って出発。
先行者は2パーティーほどだった。
登山道と車道を繋いで左岸を歩き雪渓を右岸へ渡りまた左岸へ。
大沢小屋周辺にはお揃いのテントが多数、40名分くらい?
何処かの大きな山岳会が雪訓に入っているようだった。
大きなデブリを乗り越えて歩き、ようやくシール歩行へ。
暫くスリスリ登るが傾斜が急になってきたところで壷足で。
他のパーティーは最後までシールで頑張っていた人が多かった。
針ノ木峠へ出ると野口五郎岳、槍ヶ岳、黒部五郎岳などが一望。
良く晴れた青い空に真っ白な山々が広がり気持ち良い。
残雪期の強力な紫外線を浴びる雪山になんだか春を感じる。
針ノ木岳山頂へは行かず小屋の前でのんびり食事タイム。
後続パーティーがみんな登りきった頃に峠よりドロップイン。
そこそこ傾斜があるがシャリシャリのザラメが滑りやすい。
少し滑っているとだんだん雪が重くなってくる。
ゆっくりのつもりでもあっという間に下りてしまう。
デブリの迷路と右岸のトラバースで大沢小屋の先まで滑れた。
最後はまた板を背負いトコトコ歩いて扇沢へ。
初夏のような駐車場へ戻り今シーズン最後のスキーは終了。
思っていたよりお手軽な感のあった楽しいルートだった。
自宅からもう少し近かったらいいのだが。
$しょうすけ_のブログ-20110515harinoki-ski

パンプ2/016

今週は土曜日発で日曜日に針ノ木雪渓スキーの予定。
なので金曜日夜はパンプ2でゆっくり登れる。
腰の状態は相変わらず一進一退で無理をしないように気を使う。
10cまで限定として10本くらい。
腕が張ることは無かったがチャレンジトライは我慢。
しかしレストと言いつつ登っていられるのは嬉しいことか。
週末も腰をかばいつつのスキーだ、のんびり滑ろう。

残:36100

ビーパンプ/046

少しビーパン行かなかったら通し番号忘れた。
(過去の日記を見て046追記)
ジャックと豆の木トライで腰痛が悪化したので昨日はサボり。
今日もまだ腰の調子は悪いのでストレッチ程度に登ることに。
被りは避けて赤までで流す。
はずが紺色も少し触ったかな。。。
動いていると腰の痛みも消えて調子良くなってくる。
まあ、だからといってやり過ぎには注意しないと。
スラブや傾斜の少ない壁を中心に意識的にのんびり。
適当なところで早目に引き上げ。
早く全開で登りたいとこだが、ゆっくり行くしかないようで。

残:37600

小川山でリハビリクラ

5月2~7日は傷めた腰と相談しつつ小川山でリハビリクライミング。

5月2日、夕方に廻り目平キャンプ場IN
もっと混雑しているかと思いきや空いていた。

3日、貸切だった小川山レイバックで遊ぶも調子はイマイチ。
気分を変え、岩場探索兼ねてカモシカ登山道をハイキング。
カモシカ遊歩道かと思っていたが登山道と書かれていた。
遊歩道と呼ぶには岩場に梯子があったりして楽しい。
小川山を目指そうと思ったが遠かったので周遊コースへ。
途中でしっかりと雨が降ってきてしまった。
この日は知り合いが多くあちこちで会った。

4日、今日もまた最初は小川山レイバック。
登り方はレイバック・ステミング・ジャミング勝負があると説明しつつ
とりあえず登って見せたのはジャミング勝負。
afro氏が無事にRP、tokita氏もジャムが上手い。
石田登山塾の成果が出ていた模様。
兄岩へ移動し、初岩場の洗礼を受けたジョイフルジャム。
少々風が冷たかったが成果ありで何より。
隣の春の雨上がりはジャミングでシェームーブが好評だった?

5日、有名どころ巡りってことでマラ岩方面へ。
昨日まで混み混みだったらしいが本日は空いていた。
最初の課題ということで卒業試験へ。
結果は小川山の洗礼を受けて残念ながら留年でしたが、
次回にはafro、tokita両氏で卒業でしょうか。
限定解除は10dバージョンだと本当に限定無しとトポにあった。
今まで知らなかったが限定が無いと随分と登り易いような気も?
最後は暗くなる直前まで竜の子太郎で遊んで終了。
afro氏はフラッシング、オメ!!

6日、くじら岩ボルダーで小川山ボルダーの洗礼を受ける。
今回も穴社員は3手くらいでポテッ・・・
登ったのは6級まで、周囲は強いボルダラーばかり、う~。
午後は昼寝後に妹岩へ移動。
のーるが憧れだったカサブランカをRP!!
初めて目にした時から憧れていたルートを、おめでとう!

7日、バードウォッチングエリアへ行ってみた。
オオルリはワイドハンドとトポにあったので4番まで持参。
探し当てて取り付こうとすると、、、ワイド~ハンド!?
キャメロットは5~6が必要!?
プロテクションが取れずにクライムダウンして敗退。
まだOS権利はあるのでまた今度登るぞ~
当てが外れて迷った末にまた妹岩。
次はジャックと豆の木にトライ。
ガメラさんうっちーさんにカムのアドバイスを貰いトライ。
登り方が解らずウロウロしてから何とかスタート。
OSトライなので気合満載3/4くらいまで登ったところで
レスト中にフットジャムが滑りフォール・・・
その先を繋げられる余力があったか不明だが悔しいなぁ。
秋の乾燥した時季くらいにはRPしたい。

順調に?回復してきた腰は最後の本気トライでちょっとぶり返し。
まあ腕も背中も痛いので全身疲労で腰もきちゃった感じ。
まだ被りは厳しそうだけれども少しずつは回復してきて良かった。
連休は遠征したかったが、廻り目平でリハビリできて良しとしよう。
来年こそは双六SKIへ行くぞ~
$しょうすけ_のブログ-20110503ogawayama

真夜中のサイクリング

そろそろ全快!!
と朝は期待して目を覚ますがまだ腰の痛みが残ってる。
小川山はリハビリクライミングからスタートとなりそうだ。
昨日は代表よりメールで
「今日の夜yoの家に集まるけれど来る?」とお誘い。
山ばかりでご無沙汰しているので「行く~」と即答。
夕方過ぎにMTBを飛ばして到着。
1歳とちょっとになるRikoちゃんは元気に歩き回っていた。
随分と大きくなったね~と。
って、そう言えば初対面でしたね(^_^;)>
夏のキャンプをいつにしようかとか色々話して気付けば23時。
ではそろそろ、代表とつるんでMTBで家路に。
気候が良かったのでそのままサイクリングロードを多摩湖まで。
久し振りの夜のサイクリングは気持ちいいな。
村山貯水池(多摩湖)へ着いたら改修の終わった堰堤で休憩。
節電を言われているにも関らず夜景は綺麗だ。
まあ腰もまだ良くないし短い距離ではあるけれど。
やっぱり自転車って楽しい。
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR