雨にも負けてBaseCamp

金曜日の天気予報で日曜日は朝から晴れ。
台風一過の晴天に風が吹けば乾きの早い岩場ならバッチシ登れる。
と目指したのは有笠山アドベンチャーランド周辺。

しかし日曜日の有笠山は朝からシトシトと煙っていた。
あっけなく敗退決定。


そして目指した先はtokita出没予告のあったBaseCamp

やはりまた雨の転進でここに来ることになった。

同じような人が多いらしくジムは混雑。
こんな光景しか見たこと無いがいつもはもっと空いているらしい。
混んでいても広さがあり、ショートルートが多いので回転は早い。

だらだらしていたが結構な本数登れたかも。


前回は見つけられなかったクラックも4回くらい登った。
ワイドハンドからフィンガーへとだんだん細くなるジャミングルート。
ジャミングonly勝負で面白い、PUMPにもあればいいのに。

今回の凹み。
ボルダーでランジしたら下のホールドに猫パンチで手の皮向けた。
10bで持ち替えたら滑って無言落ちm(_ _)m


日曜日は晴れると思ったのに天気予報の嘘つきめ~
来週有笠山リベンジか。
スポンサーサイト

健康診断

休暇をもらって健康診断。

バリウムを飲むと下剤が効きやすいらしく、いつも後が大変なのである。

自社のある市の保健所で朝から血を抜きバリウムを飲んで来た。

バリウムの前に飲む発泡剤について聞くとただの炭酸だそうで。

普通に売っているのかと聞いたら良く分からなかったけれど
薬局でなら購入できるかな?

ええ、もちろん沢で使えないかな~と。


健康診断からの帰宅途中に会社より電話が。

かけ返すと保健所に電話して欲しいと言われた。

保健所にかけると検査を1つ忘れられてしまっていたらしい。

下剤が効く前に慌てて戻り眼底検査を受けてきた。

帰宅したら早速トイレへGO!

やばかった~~~


お腹が収まったら掃除やら溜まった用事を片付けよう。

水曜日ビーパンプ

今日は定時に直帰の予定だったのだけど。

結局残業。


少しは登れそうだったのでビーパンへ急ぐ。

9時過ぎに到着。


のーるとafroblue氏が登っていた。


1Fは猛烈に混んでいたので2Fへ。

最近のジムの盛況ぶりは一体何なのだろう。

まあ2Fも混み混みだったけど隙間を見つけて登る。


ギリギリで登ったことのある課題を再登。

やっぱり登れたり登れなかったり。


にしてもafro氏強い!

岩に慣れたら11台もガンガン登れそう~


適当に撃って時間切れで帰宅。


も少し時間が欲しいところだ。

故障中・・・

昨日は残業で0時過ぎに帰宅。

深夜にお腹を壊してトイレの住人に。。。

朝には治っていると思ったのだが相変わらず。

今日は休めないので正露丸にゲリストッパを追加で服用してなんとか出社。

どうやら風邪を引いてしまったらしい。

夏風邪は引かないけれど冬と季節の変わり目はやられるんだよなぁ

もうそろそろ冬支度な気分。


また日付変更線直前の帰宅だったけど、明日は早く帰れるかな。

咲くの岩場

10月23、24日で非公開の某岩場へ行って来た。

知り合いの地元の方と待ち合わせて案内して頂いたもの。
ありがとうございました。

<メンバー>(勝手にHN作成)
地元:お米屋さん、国体さん、映画監督さん、シュガーさん
遠征:のーる、Tっち、maribe、私


待ち合わせ場所より10分くらい走り駐車、8人で林道をてくてく歩く。

林道より山へ入り、踏み跡を辿って行くと綺麗な岩場が現れた。


凝灰岩かな?、横にシワの走る特徴的な壁。
森に囲まれた甲府幕岩のような雰囲気だった。
スパっと切れた岩壁が続いているような感じで面白い。

アップで一番簡単な10aジャンプ・ブルースに取りつく。
この岩場特有のスローパーの多い岩に慣れず少々苦労した。


続いて10a道しるべ、限定は無いと思うので人によってルートは様々か。
10bイーグル、ストレニュ系で少々長さもあり楽しくアップに良かった。
そして11a万華鏡にトライ。

フラッシュだったのに核心はデッドで抜ける変則ムーヴ?になってしまった。
でも無事にFLで登れて良かった~♪

調子に乗ってTっちの登った後の11a登竜門にもトライさせてもらった。
核心を越えた先のガバ?が保持出来ずテンション。
これを取れば終わりと言われていたのに動けなくなって力尽きた。

しかし探ってムーヴを変えたら2便目で無事RP出来た♪


最後はTっちのOSトライを皆で応援。

会心の登りでOSグレード更新、いや~良いものを見せてもらった。

暗くなる前に車へ戻る。
これで地元メンバーとお別れ。

そして温泉&キャンプ場へ向かう。

ちょっと寒かったけれど外で鍋やって宴会。
OSグレード更新したTっちによなよなビールを奢ってもらった♪



翌24日、今日も地元の国体さんが来て別のエリアへ案内して頂いた。

アップは左端にある名前不明の10aくらいを3本。

人によって得意不得意が分かれるルートで面白かった。
左は核心もあっさり登れて楽だと感じたのだが意外とみんな苦戦気味。

真ん中はMOSだからかアップに丁度良~い腕の張りとなった。
のーるにはとても登り易いルートだったとか。

右はルート右の岩も使うので変則的な動きになり、人それぞれ。


アップ十分でTっちのヌン掛けした11bサーフ・ブレイクにトライ。
独自ムーブを試すも悪くてテンション、TっちムーブでTO。

もういいやと他のルートを物色するもこれといったのが見つからず。

再度トライしたサーフ・ブレイクは国体さんムーブが使えてRP。
もう1便出して良かった~!!

次にのーるのMOSした10cレディ・マドンナを登る。
のーるはMOSグレード更新!、おめでとう~!
2日目だったのでビール奢ってもらうチャンスが無かったのが残念(笑

次に君といつまでもの左にある3本の、左ルートにトライ。
10台と聞いていたけれどムーブは9~10aくらい?で長い。
ホールドに裏切られない長くて楽しいルートだった。

最後にその隣のTっちとmaribeが登っていたルートも登ってみた。
核心でロープを踏んでしまい、踏み替えをしようとしてスリップ。
痛恨のフォール・・・悔しいなぁ。

降りて登り返すのも時間が押してしまいそうだったのでそのままTO。
まあそんなに登りたいルートでも無かったのでいいや、フン。


車へ戻る時分にポツポツと雨が、我々はなんて行いが良いのだろう。
しかし帰りの高速道路は紅葉シーズンの為に渋滞は長かった。



今回は広くて楽しいエリアを終日貸切で登れて楽しかった。
案内して下さったお米屋さん、国体さん、映画監督さん、
秘密の巻物を持参して下さったシュガーさん、
一緒に行ったのーるTっちmaribe、
ありがとうございました~~

$しょうすけ_のブログ-siga1

木曜日パンプ2

今日は定時ダッシュε=┏( ・_・)┛
でパンプ2。


のつもりが、、、ややハマって8時半頃に到着・・・orz

Otさんさぶで先に登っていた。
遅刻したけどアローンになってなくて良かった(;^_^A


時間もあまり無いので週末の調整として?流すことに。
10時までで引き上げたので本数は少なかったけど楽しかったな。
おかげで全然腕張って無いし(笑)


Otさんが繁忙期から復帰してくれて良かった。
7・8月は難民で4回しかパンプ2来ていないし。

忘年会シーズンは予定合わなくなるかもだなぁ
パンプ2パートナー探さないと。


あ~帰ってすぐ週末の準備しないとだ~

火曜日パンプ2

火曜日に早く帰れるとなったら、もちろんジム。

今日はOtさんが来れると聞いてパンプ2へ行った。

時間があったのでボルダーでアップ。


Otさん来たらアメリカ出張でゲットしてもらったキャメロットを受け取り。

やっぱ安い、ありがとうございます~


宿題の百度水色/に手を出すも1テン・・・

腕は張るし、これだけで後はグダグダになってしまった。

スリップも何度かしたのは新しい靴で乗れてないのかなぁ。

そう言えば時間を空けて2回目のトライ、覚えても無いのにオブザベしてなかった。

次回はしっかりオブザベして液体チョーク着けてトライしよう。


なんか仕事が忙しくなってる割りにはジム行ってるな。

遅い時間にボルダーなことは多いけど。

井戸沢~今シーズン最後の沢

10月16~17日で今シーズン最後の沢として
那須の苦土川井戸沢へ行って来た。

色付き始めた井戸沢でnakaさん企画の宴会沢。
2年前にも行ったことのある沢、2回行った沢は初めて。

土曜日の朝に集合して東北道を走る。
紅葉の季節なこともあり道路は混んでいた。

深山ダムの先に続く林道終点を出発した時には3時過ぎ。

車止めゲートは南京錠で施錠されていたのだけれど
鍵を持っていて通行している人は結構多い模様。

どこで鍵を手に入れるのだろう?

暗くなる前に宴会を始めたいので林道を急ぐ。
三斗小屋宿に着いたのは暗くなる少し前の4時。

ここまでで車と歩きで分岐が2箇所、要地図確認。

急ぎ宴会の準備を整え乾杯。
草履肉、nakaさん金魚さん禁制のお土産と続く。
禁制のお土産は何か違うものらしかった、偽物とか?

思ったより暖かく冬シュラフで夜は汗をかいていた。


翌朝5時半に起床。
昨夜の食材がまだまだ残っていたのでnakaさんの朝食。

しっかりエネルギー補給して8:10出発。
入渓点はトポと違い林道より最近出来た堰堤へ直接向かう。

前回建築中だった堰堤には左側より巻き道が出来ていた。
この堰堤、丸太で覆われていて2年で朽ち始めている。
どのような目的で設計されているものなのだろうか。

8:30唯一ロープを出した核心?の15m滝。

今回は乾いていた上に残置の位置も覚えていたので簡単。
続く4人もサクッと登ってきた。

この先はずっと登れる滝が続く。
やや曇がちな空と色付き始めた紅葉の中を快適に登る。

水に濡れてもせいぜい膝下くらいまで。

それにしてもゴカイのようなミニムカデのような虫が多い。
水際の岩という岩に赤いのがびっしりと張り付いている。

時期外れだからか水中の窪みには死骸がごっちゃりと。
ヒルとか刺す虫では無いので私は大して気にならなかった。

のーるとnakaさんはキャーギャーと賑やかに楽しんでいた。

すっかりと秋の装いとなった登山道へ出たのは11:00。
前回と同じくきっちり3時間の遡行だった。

登山道にはバンザイウルトラマンの芽(勝手に命名)
前回も見かけたこの芽は誰なのだろう?

流石山で休憩をとって下降に使う中ノ沢へ向かう。

那須岳のゴツゴツした姿と噴出している白煙が綺麗。

分岐より三斗小屋方面へ向かう登山道を歩き
2つ目の顕著な沢が中ノ沢12:50

ヌメヌメする沢を慎重に下る。
特に難しいところは無いのだが滑り易いので注意。
アクアステルスよりフェルトがいいと思う。

最初は居なかったあの虫、下降するにつれ現れてきた。
手を起きたい場所にギッシリといると困る。

水に浮かんだ落ち葉が日本庭園を彷彿させる。
しかし前回の紅さは無く茶けた感じだった。

曖昧となりつつあった記憶より下降の時間は長く感じた。
14:30立派な橋が現れ遡行終了。

まだ残っていた食材で焼肉などの昼食。
食べ過ぎることも無く3食豪華な沢の食事だった。

紅葉シーズンに楽しめる癒しの沢。
楽しくのんびり出来て良かったな。。

しょうすけ_のブログ-idosawa1
しょうすけ_のブログ-idosawa2

金曜日ビーパンプ

週末は宴会沢で出発もそれほど早く無いので金曜日もジムへ。


やっぱり遅くなって9時過ぎに到着。

ボルダー2日間の影響で朝から前腕が。。。

保持力が全然無くて笑えるくらい。

流すつもりがボルダーは剥きになってしまう。

明日も前腕ボロボロだろうな。


早く帰って沢準備せねば~

木曜日江戸T

なぜか突然3年ぶりに3回目の江戸川橋Tウォール。


仕事が早めに終われたので
さかいやへ行ってボロボロな先代ジム靴の後続を買った。

最安レッドチリなかなか良い感じ。
ベルクロの長さがちょうどいいので大概の人には横幅が狭いだろう。


tokitaが近くの江戸T行くと言っていたので連絡とってみた。

虎北土足友にお試しさんが来ると聞き
古い記憶を頼りに江戸Tへ向かった。

ダッチが先にボルダーやっていたので一緒に。
黄色の4~5級だったかが落とせなかった。。。


tokita、お試しさん、さぶも来てボルダーやらルートやら登った。
海軍中尉の同僚も二人来てた。


にしてもTウォールのペンキ&滑りホールドは悪いなぁ。

ルートエリアに敷かれていた体育館的なマットは
靴下履かないとヤバそうなくらい足の香りがしたような(;^_^A


ま、そりはともかく皆でワイワイは楽しかったな。

残念ながら飲みは遅くなるのでパスしたけど。


tokitaロープを借りつつお試しの方を任せっきりだった
スミマセンm(__)m


虎友さんは仕事で来れず。
また外岩でも一緒に行きましょう。

水曜日にビーパンプ

また時間が半端だったのでビーパンプ立ち寄り。


小川山の影響か調子はいまいち。。。

美味しい海の幸に囲まれた宴会がメインだったからなぁ。

いつも登れていた5級まで登れなかった。

凹む。


今週末に予定してる宴会の沢は小川山よりカロリー多いメニューだろうから気を付けないと。


明日は早く終われそうだし、どうしようかな。

小川山3日間

10月9~11日は小川山。

北海道支部長jikkiとutmyさんが小川山へ遊びに来たので連泊。
土曜日の昼前から日曜日の朝まで雨に降られたけれど、
毎日登ることが出来きた。

金曜日の夜、残業でちょっと遅くなってのーる、さぶと合流して出発。
買出しして先行していたYP車に廻り目平inでちょうど良く追いつく。

土曜日の昼からの雨予報に睡眠時間3時間弱で起床。
雨でも登れる?小川山レイバックへ。
すぐに雨が降り出しビレイヤーは濡れながらのビレイ。

昼過ぎに終了としてタープの下で宴会。
イクラの醤油漬け等など北海道のお土産に舌鼓♪

朝が早かったので昼寝してからTP達と東屋で2次会?
残念ながらとらぞうさんは来れなくなってしまったと連絡。
また次回、一緒に行きましょう。


日曜日、朝一番でさぶが帰った後は晴れてきたのでⅡ峰へ。
jikki・utmyさんが渋滞気味のセレクションへ。
岩がまだシメシメだったのでセレクションの下部で遊ぶ。

乾いてきた頃にコグレ大サーカスにトライ、OS。
名前から予想した通りトリッキーで評判通り楽しいルートだった。
YP、のーるも無事にRPして終了。
ちょうどjikki・utmyさんも下山してきた。

夜はTP・Mttnも合流して盛大に焚き火と宴会。
しょうすけ_のブログ-ogawayama101009-1


11日は朝1番でjikkiお目当てのカサブランカへ。
渡渉は予想外に水量が多かった、雨の影響?

竜の子太郎でUPしてカサブランカへ。
jikkiはカサブランカは宿題となってしまったけど
宿題だったレギュラーをしっかりお持ち帰り、オメデト~

カサブランカはまた今度登りに来ましょう。

しょうすけ_のブログ-ogawayama101009-2


3連休は雨の影響もあってのんびりクライミングだった。
それでも毎日登れてラッキーだったな。

木曜日パンプ2

予想外に早く仕事を切り上げられたのでパンプ2へ。

少しボルダーでアップしてからルートへ。


適当に空いていた10cでアップ。

Mismさんがトライしていた百度左の水色/が面白そうだったのでトライ。

悪い最終ホールドで迷い終了点を触ってフォール。。。
僅かでOS逃した、気迫が足りない。


これで保持力が尽きて、以前OSしたルートもテンション入るグダグタで終了。


しかし今日はなんだかアローンな感じだった。

ビーパン行った方が良かったか。

北の国から贈り物?

昨日、北海道の某会社より荷物が届いた。

中身は調査道具。
なるほど、こういうのもありなんだ。

未開封のまま小川山へ持って行くことにしよう。




話は変わるけれど沢は本当にコンディション次第だと思うな。

黄蓮谷も実力云々と言うより、行けてラッキーだったとしか言い様が無い。

難しい沢でなくともコンディション悪ければ即撤退することになるし。

せっかく来たからとか無理は禁物なだけ。

我々は幸運だったo(^-^)o

B-PUMPに寄り道

やはり今日はパンプ2には遅い時間となってしまった。

しかし少しは時間があったので急いでビーパンプに向かう。


荻窪で途中下車して9時過ぎに受け付けできた。
tendonのロープは未だに値段が決まってないらしい。


ボルダーなので被りを中心に撃つ。
被っている壁だと4級が全く落とせない。
ボルダーやってみると保持力弱過ぎなのが良くわかるな。


甘かった1Fの壁がホールド換えで辛くなっていた。
まあ2Fと同じくらいになっただけだが。


今週も少しでも登れて良かった。

稲子岳南壁西カンテ・湯川

10月2日は北八ヶ岳の稲子岩の西カンテを登って来た。

会の集中山行だった今回は全体で14名。
トレッキングが8名に登攀は6名3パーティー。

人数が多いこともあり登山口で8時過ぎになっていた。

しらびそ小屋まで歩き、みどり池で写真を撮ったり休憩してのんびり。
小屋を出て15分くらいでトレッキング組と分かれて森の中へ。

踏み跡もはっきりとは分からなかったけれど北へ向かえばいいらしい。
コンパス片手に適当に歩き続けると1時間くらいでガレ場が現れ岩場へ到着。
$しょうすけ_のブログ-20101002inako1

先週の偵察でさぶが取り付きを見つけてあったのですぐに取り付きへ。
登攀準備を整えて赤いハーケンよりスタート。

1ピッチ目、それほど悪くないがカンテ沿いのルンゼの中を行く感じで浮石が多い。
リングボルト3つが出てきてビレイ。

2ピッチ目、ここは浮石天国。。。
ビレイしているtokitaや後続パーティーに落とさないように慎重に登る。
またリングx2とRCCでビレイ支点、1番緊張したピッチかも。。。

3ピッチ目、まだルンゼの中で動く石が多いので慎重に。
リングボルトが2つ出てきたのでビレイしたが、も1つ上のリングボルト2つが良かった。
錆リングボルト2つはちょっと不安なのでカムを2つ使って支点を強化。
$しょうすけ_のブログ-20101002inako2

4ピッチ目、踏み跡は浮石だらけだったので、なるべく硬いカンテへ上がる。
なるべくリッジ上を登り赤いお助け残置のある核心へ。
アンダーがどうのと記述されていたホールドらしきものはあった。
のーるは分からなかったと言っていたので使わずに抜けてきたのかも。

奥に青いスリングと綺麗なヌンチャクがあったのはルーファイミスの結果の懸垂用残置?

ハーケン2枚の支点がありビレイ(支点は岩に180cmスリングをかけたのがメイン)

5ピッチ目、最後のオマケ的なピッチで岩の上へ。
何処からでも登れるらしくハーケンは散見される。
最初の赤ハーケン意外は敢えてキャメ0.3、0.4を使ってみた。
リング1つの支点(岩にスリングを巻いた)でビレイ。

登りはデシマルで核心5.7くらい?な感じだったが2ピッチ目はとにかく浮石が多かった。
ハーケンの残置は思ったより多かったがビレイ用に180cmスリングが便利。
カムは無くても問題ないが主に支点の強化に使えた。

大きな岩壁と言うより岩が積み重なっているイメージの岩場だったな。
他のルートは浮石が多くて登れないらしいが、そちらは一体どんだけモロいんだろう。
2ピッチ目以外は浮石もそこそこで、いかにもアルパイン的な岩場だと思う。

にゅうを経由して下山したら16:30になっていた。

トレッキング組みと合流してから解散。
泊まり組はキャンプ場へ移動してTkさんの料理で宴会。
かもさんの持参したホットワインは良かったな。


翌3日はのーると湯川へ。
到着するとふーじま組が先に着いていた。

デゲンナー再登でアップ。
次に台湾坊主をOS。
前回にOSしたと思っていたら、それは奥の無名ルートだった。
なので今回が本当のOS。
20分もかけて登ってしまったので長くて疲れた~~

次にサイコキネシスにトライ。
まあ、予想通りに難しく2テン。
最後はキャメ4が2個必要だな、5番でも使えそう。
4番1つでは恐い思いをした。

もうお腹一杯~と思っていたが、最後にフージマさんがサイコキネシスへ登るのにつられて
コークスクリューをダッシュで?登って終了。

思ったよりいろいろ登れて楽しかったな。

$しょうすけ_のブログ-20101003yukawa1
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR