山の上も暑かった(;´д`)




7月6日には谷川岳の山開きがありましたね。
前日の5日に谷川岳の一ノ倉沢へ岩登りに行ってきました。
一ノ倉沢はJR東日本の自動販売機で見かける写真の場所です。

登ってきたのは奥壁南稜、去年も登った入門ルートをも一度。
まだ自身4本目の本チャン、前回まではベテランの方とだったので
今回は谷川の壁デビューのfjellさんと再び奥壁へ。

寝不足の為?朝はだらだらとしてしまい
すっかり明るくなった5:30過ぎに一ノ倉沢の駐車場を出発。
沢の脇をテクテク歩き、道なりに涼しい雪渓の上へ下ります。
去年は6月半ばで顔を出したヒョングリの滝も今年はまだ雪渓の下。
テールリッジへ上がり、直射日光を浴びながら岩の上を登ります。

ここで気温の上昇と岩の照り返しで急激に暑くなってきました。
一気に汗が噴出し真夏の気分。。。

取付の南稜テラスに着いた時点で先行パーティーが5組程度。
これは渋滞するかな?と思うも、スムーズに抜けていくので
順番待ちしつつもストレス無く登れました。
でも下部はブユが多くて大変でした(>_<)

前のパーティーに合わせて適当な場所でピッチを切りつつ登攀。
馬の背リッジは景色が良く、暑い日中も風が心地良いです。
と言いつつ汗まみれでしたが。

最後の核心(Ⅴ級)で2つ前のパーティーがフォール∑( ̄Д ̄;
去年に中央稜を登った時、割れたヘルメットに血を流した人が
ヘリコプターで収容されていくのを見ていたので「ヤバイ?」と。

しかし今回はハーケンで止り、怪我も無かったようで抜けて行きました。
フリーでは当たり前のフォールもアルパインで見ると焦ります。

取り付いてみると去年より傾斜も緩く楽に感じました。
登るのも2回目でフリーで岩も少しは上達してきたから、多分。

登頂したら景色を眺めつつおやつを食べて暫し休憩。
6ルンゼより懸垂下降で戻ります。

ピッチは短いので50mロープ2本なら支点1個飛ばしが正解?
懸垂の支点はボルトが打ってある&ラッペルリングで安心です。

蒸し暑くブユの待つ南稜テラスの取付へ降りたら即時撤収。
中央カンテでピトンを打ちまくり「ラクー!!」と叫んでは
ガンガン石を落としているパーティーがいたので慎重に。
雪渓まで降りると涼しい風が吹いて疲れを癒してくれました。

しかし暑さには参りました。。。
岩なのに水筒は空、水を1L以上飲んでしまいました。
下山してからも1.5Lは水分補給していました。
楽しく暑くバテた岩登りの1日でした。
スポンサーサイト
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR