八ヶ岳 石尊稜リベンジ編




関東甲信越が山日和の晴天だった先週末。
白銀の山をお腹一杯に満喫し、そして疲れ果てました。

目指したのは前回悪天候により断念した八ヶ岳の石尊稜。

雪山デビューだった去年、雪のバリエーションルートは
ベテランの方に連れていって頂いた山行でした。

今回は初めて雪山2年目どうしでのアルパイン。
本にも「初心者どうしでも楽しめる」とあった入門ルートを選択。

計画は2週間前と全く同じ、土曜日の朝に出発。
韮崎ICで一旦高速を降りて通勤割引を使う予定が、
気付かず通過して八ヶ岳PAの看板・・・いきなりやってしまった。

8時半に美濃戸口へ到着、準備して26kgの荷物を背負って出発。
アルパイン道具とテントを入れての重量なので軽量な方か?

ゆっくりと歩く足の下で乾いた雪がキュッキュと音を立て、
明るい日差しの登山道は真っ白な雪に空の青がどこまでも濃い。
ただ歩いているだけで楽しくなる登山日和でした♪

荷物は重く遊び過ぎの疲れが溜まっていたこともあり、
のんびり歩き正午も過ぎた頃に赤岳鉱泉へ到着。

テント設営は今回も大規模土木工事を開始。
テントの形に固い層が出るまでフカフカの雪を掘り下げると
掘った深さプラス積んだ雪で1m近く?の雪壁の完成!
夜中に強風が吹いてもビクともしない自慢の砦(写真)。

初日は硫黄岳へ登ろうかとの計画もしていたものの
時間が遅くなり蓄積された疲労に数メートル歩いてサクッと断念。
いつでも撤退の判断は早い我々です( ̄ー ̄ )

しかしまだ夕食には早過ぎるので、また取付を偵察に行くことに。
晴天の今回は目指す石尊稜が綺麗に見える。
と言っても、この時点ではどれが石尊稜か分かりませんでしたが(笑)

1~2パーティーが歩いたと思われるトレースを辿って進む。
前回のトレースは鉾岳ルンゼより下部岩壁へ向かっていたが
今回は小さなデブリの散見する三叉峰ルンゼより取り付いていた。

見上げると1パーティーが下部岩壁上部を登攀中だった。
どんなルートをとっているのか確認してからテントへ戻る。
時間が遅くなっていたが、彼らは明るい内に登れたのだろうかと心配。

夜は美味しいトマトシチューの夕食で温まり、21時頃に就寝。

翌朝は4時に起床し、余裕をかましてのんびりと準備。
歩き始めは6時、沢を詰め雪のリッジを登り下部岩壁取付へ。
登り始めたのは8時近くになってからだった。

下部の岩壁はホールドが乏しく怖いとの噂を耳にしていたので
沢用に購入していたミニバイルとアイスアックスのダブルを用意。
これが当たり、締まった雪にピックがしっかりと決まる。
雪が多く、早朝で引き締まっていると快適に登れてしまう。

事前情報と異なり支点も多く残置ハーケン、スリング、ペツルのボルト
潅木、岩角と、40mと少しで手持ちのガチャが尽きそうに(汗

ビレイしているパートナーに声も全く届かないのでピッチを切る。
次も距離を伸ばすとロープの流れが悪くなりそうだったので
景色の良い稜で雪に埋まり枯れた潅木で2ピッチ目。

3ピッチ目は昨日見たパーティーが使っていたビレイポイントへ。
残置ハーケンが2枚あるものの1つは信用できないので岩を利用。

前日のパーティは左から巻いていたのを確認していたのだが
どう見ても目の前の岩を直登が楽そうなので直上することに。

少し登るとロープが屈曲してまた流れが悪くなりそうなのでビレイ。
先はやや緩斜面の雪壁が続きそうなのでコンテで進むと
だんだん傾斜がきつくなり・・・ちと嫌な感じ。。。
あわてて足場の悪い場所で潅木を使い再びロープ使用。
ロープを使うタイミングは難しい。

登り易い緩い雪壁が続いたのでサクサクと登り次は肩がらみでビレイ。
安定した尾根で休憩しながら振り返ると中央・北アルプスが一望。
日差しは暖かく風も無いのでおやつを食べつつ写真撮影(写真)。
冬季アルパインと呼ぶより気持ち良い春山な気分♪

ここから少しの間は綺麗な雪稜を歩く。
後にはトレースの付いた真っ白な高度感抜群の尾根が続いている。
眼下には赤岳鉱泉のアイスキャンディーも見えた。

雪稜が終わると潅木のある雪壁が始まりロープを出す。
強度の無さそうな枯れたハイマツをやり過ごし、先の潅木を目指すと
ちょうど潅木まで登った地点でロープが来ない。。。
どうやら50m目一杯まで登ってしまったらしい。

潅木にスリングを掛けメインロープでインクノットは、長さが不足。
ヌンチャクで伸ばしてぎりぎりセルフをとってビレイ。
ピッチを切る距離を計るのも経験が必要なようで。

上部岩壁の事前情報は少なくハッキリしなかったが、見て納得。
ルートは素直で分かり易いか、何処からでも登れそう。

残置ハーケンは少ないけれど岩がポコポコと出ているので支点だらけ
下手な残置ハーケンより岩にスリングを巻いた方がずっと安心。

ピナクルでビレイした先はルートが複数ある感じで迷う。
と、「ちょっと様子を見てくるね~」とSさんが先行。
そのままズンズン先へ進んでしまってから支点を作ってビレイ。
ガチャを少しでも渡しておけば良かったと少し反省。

先の岩場は楽そうだったのでそのまま止らずに進み
ロープ不要の緩いルンゼの手前で岩を支点にピッチを切る。

Sさんが登ってきたところで「人工物が見えるよ~」と。
少し下がって見てみると前方に登山道の緑のロープを確認。
最後は慎重にコンテで(ただロープを持って)歩いて石尊峰へ。

12時20分登頂、そこに待っていたのは360度の大展望!!
無風快晴の誰もいない山頂を我々だけで占領~♪
石尊稜は最高のフィナーレを用意してくれていました。

またおやつを食べ、写真を撮り、の~んびり休憩してから下山。
地蔵尾根までの稜線は急斜面、トラバースがあるので慎重に。
樹林帯を目の前にしてからはクランポンも外してシリセード。
高速下山で行者小屋までまっしぐら!?

赤岳鉱泉へ戻り素早くテントを撤収して下山、の予定が
またまたのんびり帰り支度をし、出発は15時半に。

春山な雰囲気の水を含んだシャリシャリの雪を踏み
重い荷物を背負い、重い足、疲れ果てた体で下山。
美濃戸口の駐車場へ辿り着いたのは17時20分頃。

18時には樅の湯の湯船に浸かっている!の目標はなんとか達成。
温泉から出た時分には沢山の星と輪郭の見える不思議な月が。

時間が遅くなった所為か中央道は渋滞知らずで帰宅。
ラジオから関越道は花園から23kmの渋滞とか聞いたような。

アルパインにしてはのんびりとしていた感もありましたが
終わってみれば「心底疲れ果てた」記憶も心地良い疲れに変わり
無事に石尊稜リベンジを果たした喜びもひとしお。
コンディションの良い入門ルートを体中で満喫しました。
記憶に残る山行になりました、どうもありがとう!
スポンサーサイト

雪訓~スキーこぶトレ




3月1日は谷川周辺で山岳会の雪訓。
2日はゲレンデスキーで、またコブ特訓でした。

1日は会の代表のSさんが雪訓のメイン講師、
先々週に講習を受けた我々も内容を会へ還元(少しだけ)。

基本的なアイゼンワーク、滑落停止、ビレイ、支点作り等と
なかなか充実した内容となり楽しめました。

先々週に講習を受けたのと同じ場所だったのですが
同じように天気が悪いにも拘らず雪質が全く違っていました。

前回はフカフカの新雪にラッセルも大変、
頑張って構築した雪上の支点も数名で体重をかけると崩壊。

今回は谷川岳らしい、しっとりと重い雪。
崩壊する予定のピッケルでの支点もビクともしない有様( ̄∇ ̄;)

雪質により支点強度は極端に変化すると、良き教訓を得ました。
スタンディングアックスビレイもロープを流してやれば
思ったより簡単に止めることが出来て嬉しかった。

吹雪の中の雪訓で冷えた体を温泉でポカポカに温め、
夕方に電車で来たOさんと合流。

翌日曜日は5時起床、7時にはゲレンデへ。
早朝からスキーこぶトレーニングの開始。

コブ以外は3本滑って、コブは数十本滑りました。
我々は余力を残して終了するのに我慢ならぬらしい。。。
誰も緩斜面へ行こうと言わず、ひたすらコブ。

まだ疲れが抜けきっていません。。。
今朝はお腹壊して大変でした。。。歳かな。

あ~でも使い果たしたって感じで楽しかった♪

<写真>
左:吹雪の中で!?の雪訓風景
中:久し振りに晴れたスキー場
右:雪山3種の神器♪
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR