交通違反

一時停止違反、やってしまいました・・・orz
交差している道は赤信号、見通しが良かったのでそのまま・・・
一時停止の標識があったのを失念してました。
同じ違反が多いらしく、白バイが隠れていました。
説明されるまで、何故サイレンを鳴らされたか分らない始末。

2点減点だそうで。
4年後の更新はゴールドからブルーへ"(/へ\*)"
違反金の七千円を1週間以内に振込み。
くぅ~9年後にはゴールドに返り咲いてやる~~(  ̄^ ̄)
スポンサーサイト

突発的伊豆ヶ岳ラン




本日昼頃、本屋にいる時にマイミク代表より電話があった。
代「7月の予定についてなんだけど、・・・(略 」
し「じゃあ、今日これから暇だったら会おうか?」
代「うん、そうしようか。」
し「じゃあ、今代表はサンダル履いてる?」(サンダル履きが多い)
代「??・・・いや、自転車で動いているから違うよ。」
し「トレイルランニングシューズなんて履いてたりしない?」
代「・・・ああ、そう言う意味かぁ、じゃあ今から帰って支度するよ。」

なんと話の早い!! これは予想外でした♪(o ̄∇ ̄)/

家に帰り、ザックに地図、水、食料、カメラを詰めて迎えに行きました。
注)雨具、ヘッドライト等、他の装備は常にザックに入れっぱなし(^^)

向かった先は奥武蔵の伊豆ヶ岳。
この山は初めて友人同士で登った、思い入れのある山。
当時はクサリ場に驚き、嬉々としてぶら下ってました(笑)

午後2時過ぎ、名栗少年自然の家の駐車場を出発(遅~)。
駐車場は午後5時には閉めるそうなので、タイムリミット3時間。

鎖場は現在通行止めとされているが、通れるとの事前情報あり。
現在、現場には「事故あった場合 自己責任となります」
との看板がありました。
要するに、役所は「通るな~!」と言っても皆さん無視するし、
「責任問題にならなければいいや」と思っているようですね。
自己責任で登りましょう。

今日は雲っていたものの、思ったより景色は良かったです♪
伊豆ヶ岳は“新・花の百名山”に選出されているので
何か咲いているかな~と思ったのですが、季節が違ったのでしょうか。
1枚はピンボケ写真、もう1枚は名前がまだ調べつかずの2種のみ。
せっかく山渓の花名鑑買ったのに、活用できてません( ̄∇ ̄)

山頂で少し休憩した以外は、走って歩いて走って。。。
1時間半程で、汗をダラダラ流しながら駐車場へ戻ってました。
ゆっくり歩けば良いものを・・・(;´▽`A``
トレイルランニングシューズを履いているからって、走ることは無いですね。
まあ、アスファルトの上を走るより楽しいです!

山渓カラー名鑑“日本の高山植物”


先ずは、

ヽ(o´д`)八(´д`o)ノ"

あ~かっちまった、かっちまった。


これで知りたい花の名前は全て網羅と、
・・・あれ~?
スミレサイシンって、良く聞く名前なのに載っていない。
なんで??

う~ん、良く分かりませんが、
値段相応の情報量はあると信じて、
この名鑑でいろいろ花の勉強いたします(^▽^)/

しかし、この図鑑の中からどうやって知りたい花を探すのでしょうか!?
花を見て“○○科”なんて分かりませんから orz

ボルダリング2回目

握力も8割は回復したので、仕事帰りにB-PUMPへ。
本日はボルダリング道場「初級}が開催されてました。
参加してみたものの。

自分、全然レベルが達してないやんΣ(|||▽||| )
課題の難易度は4級レベル前後らしいです。
私は7級で ポテッ ですから orz
暫くは自主トレと、ビギナー向け道場までのようです。

でも、天気がいいとインドアより外を歩きたくなりますね。

B-PUMP


国分寺のボルダリング専用ジムです。
そのうち始めようと思いつつ早○ヶ月?
マイミクのかささんが中ノ島のPUMP2でクライミングデビューしたと聞いて。
それが引き金となり、行ってしまいました。
すぐ人に影響される自分ってヽ( ̄▽ ̄;)ノ

これから始めると云う人には無料インストラクションを行ってくれますが。
それだけで手に出来たマメが潰れている・・・軟弱者でした。
クライミングは腕力より技術が大事、な筈なのに手がボロボロo(- -;*)ゞ
キーボードを打つ手が変な感じで笑えます。

頑張って登ろうとすると、いかに自分が下手っぴか実感できます。
ホールドは上手く掴めないし、足もまともに置けない、
重心の位置が悪く、すぐに落下・・・
練習しないと全然ダメダメですね。

2日目・花だより~尾瀬ヶ原~。




って、いきなりタイトル、人まねです。スミマセン

夜中の22時頃目が覚めたので外を見るも曇り空、星は見えませんでした。
も一度眠りに落ち、再び目を覚ましたのは3時半過ぎ。
しまった!寝過ごした!!・・・この時間で?
モソモソとビスケットをかじり(朝はお湯を沸かすのが面倒な人)
4時過ぎに外へ這い出て、テントを残したまま未明の尾瀬散策へ。
小屋の近くでは早起きのカメラ好きさんが歩いていました。

木道を歩き始めてすぐ、足元にザゼンソウ発見!!
このチョコレート色のトンガリ帽子に会いたかったのだ(〃 ̄∇ ̄)ノ
ホントは他の花を殆ど知らないと云う話も(汗)

木道から白い絨毯が見えると「おおっ!水芭蕉の群生!?」と寄り道。
水芭蕉は川沿い・浅い池に群生すると、ここに来て知った次第。
川沿いには林が続きますが、これは拠水林といい、
川の流れによって堆積した土壌に拠って作られた林だそうです、ヘェ~。

至仏山を見ながら枯れ草の中の木道をトットコ歩いて、
振り返ると昨日登った燧ヶ岳が太古の姿のままと云った風情でドーンと。
時々小雨がぱらついたりするものの、それも絵になる無人の木道。
これだから極端な早起きは止められないのです♪

東電小屋方面へ歩くと「熊出没注意!」の看板。
是非に見てみたいです!!・・・遠くから(笑)
それにしても、東電小屋は立地が良いです。
小屋の周りは花、花、花と足止めされてしまいます。
小屋の前では「キンキさんとアサヒさん」が共同で体操を始めました。
やばいっ!! このままでは団体さんに巻き込まれる!?
慌てて水だけ補給し、ザックを掴んで逃げ出しました(;´▽`A``

尾瀬ヶ原ぐるり1周より戻ったら、のんびりテント撤収。
8時過ぎ、名残を惜しみつつ見晴キャンプ場を後にしました。
「また来るぞ~」と心でつぶやいてしまいますよぉ~。

昨日通った雪・ユキ~・泥・ドロ~の道を再び歩き返し、
沼尻休憩所からは、昨日通らなかった尾瀬沼南回りの道で三平峠へ。
「残雪の斜面を横切る箇所が多く、危険です。」との看板(ど~にでもなれぇ~)
実際に歩いてみると、大したことないやんけ。
万一足を滑らせても、そのまま尾瀬沼にダイブするだけですから~(笑)

残雪の上をもりもり歩いて昼過ぎには大清水Pへ帰着。
駐車料金未収の紙がワイパーに挟んであったので精算所へ。
深夜に着いて、日の出前に歩き始めたから、払う暇は無かったですよって。
普通車500円とあったので、2日で千円かと思いきや「500円です」と。
良心的な料金設定が嬉しいですね♪

ここのお土産物屋さんで“花豆ジェラート”を注文。
やっぱり下山後のソフトクリームは欠かせませんね!!
特産物のソフトクリームがあると、もう言う事なしですヽ(=´▽`=)ノ

今回の立ち寄り湯は120号沿いのわたすげの湯(800円)。
食堂と一緒の経営で、こじんまりとしています。
無色透明でぬる目のお湯、のぼせ易い私には良かったです。
露天風呂は景色が無い代わりに花が植えてあって綺麗です。。oO


橋の崩壊に予定変更、雪稜にビビッて敗退、と少々トラブルはありましたが
雨にも降られず、木道の渋滞は早朝に逃げ切り、とっても快適な山行でした!!
太古の息吹を感じる尾瀬、ハマる人が多いのも納得です。

1日目・燧ヶ岳~尾瀬ヶ原、雪稜に敗退




予め、今回の日記は、長いです<(_ _)>


大清水~尾瀬沼~燧ヶ岳~尾瀬ヶ原(テント)~アヤメ平~大清水
 の予定が、事前調査により
尾瀬ヶ原~アヤメ平の2本の道、両方の橋が崩落していると・・・
早速、ぐるり周遊計画は消えました( ̄▽ ̄;)!!
いいんです、計画が変わろうと水芭蕉の尾瀬に行けれればぁ~~


一日目
大清水Pにて仮眠を取り、明るくなり始めたらば出発。
暫くはだらだらとした林道をてくてく歩き続けます。
最初の休憩所を過ぎると、いよいよ山道の始まり(木道が多し)。
上り坂をもりもり登って行くと、早くも残雪地帯に突入!!

濡れた木道に滑り、残雪を踏み抜きつつ、辿り着いた尾瀬沼では
青空と水芭蕉の群生が待っていました(/^▽^)/
すっごく綺麗な異世界に迷い込んだみたいな感覚ですぞぃ!

そのまま気分良く燧ヶ岳の登山道へ・・・まだ全面雪やん。
しかも先行者はいないので、まともにトレースありません(汗)
かなり想定外ですが、迷うことはありませんぞ。
木には「これでもかぁ~っ!!」てな位に赤ペンキが塗ってあるので
ペンキ目指して適当な場所をモリモリ登ればよいのです!
しかし落とし穴は其処彼処に用意してありました。
残雪に膝まで埋まり、慌てて笹薮に手を付き
サクッと血を見ました(T△T)
残雪にスパッツとグラブは必需品です。

9時前には俎へ一番乗り!!
この時間にはガスで景色が全く見えませんでしたよ・・・
寒くは無いので「晴れてくんなまし~」と休憩していると、
御池と沼からそれぞれ1人ずつ登って来ました。
他に登山者はいないかと、ちょっぴり不安だったので一安心~

さあ尾瀬ヶ原へ向かおうと、通過点の柴安へ。
鞍部を過ぎると雪渓登りが始まりました。
ここもトレースは無いので適当に雪の斜面を登ります。
ルートはどうやら雪稜を進む冬道と思えたので、
斜面を蹴っ飛ばしてステップを切り、1歩1歩です。
折りしもワールドカップ開催中、日本代表はボールを蹴ってます、
自分は雪の壁を蹴り蹴り、お互い諦めずに頑張ろう!?

しかし、傾斜はどんどん鋭角にと変化していきます。
とうとう、冗談でしょ?って位の急斜面に直面。
更に、上はガスで何も見えません。
これを乗り越えて更に急峻な雪稜が待っていたら、進退窮まるぞぇ。
つい、後ろを振り向いてしまいました、怖~~!( ̄Д ̄;)
そして、諦めました、遂に撤退です、敗北しました・・・orz

1時間後には、また俎山頂に立っていました。
この時間には沢山の人がいたので、密かに次の挑戦者を待つものの、
誰も向かいませんでした。
代わりと言っては何ですが、この時になってガスが晴れてきました!!
尾瀬沼、尾瀬ヶ原、至仏、谷川、武尊方面が一望!(ノ´▽`)ノ
そして敗退した地点が、登り切るほんの少し手前だったことも判明・・・

ま、景色に嬉しくなって過ぎたことは忘れました(笑)
さあ登ってきた道で尾瀬沼へ下山です♪
秘密兵器のストックを使い、残雪の斜面を駆け(滑り)下りました!!

尾瀬沼からは尾瀬ヶ原まで山腹のコースを回り道。
濡れた木道は滑って、残雪に、泥x2で、道は小川と化して・・・
あの斜面に比べれば、怖くないだけましさ~っ!

予定外の大回りを強いられたので、尾瀬ヶ原までちゃっちゃか歩き
「あ、スミレ♪、これはイチゲの類?、これは何て花かな~」
カメラを出して道草しまくり(笑)

下田代(見晴)のテント場に着いたのは1時頃。
無駄に飛ばし過ぎだっての、疲れたよ~
もうヘロヘロなのでゆっくりテント設営。
テント場は少々ジメッとしているものの広くて良い雰囲気ヽ(=´▽`=)ノ

ちょっと休んでから周辺へ散策に。
ここは立派な小屋が幾棟も並んでます。
トイレは清潔、水も旨いし景色も良いです、気持ちいい~!

3時には早くも夕食の支度。
文庫本を読みながら、レトルトご飯と中華丼にワイン♪
って、今回は無駄に重いものばかりだぞ!?
このワイン、中身が200mlでビンは500gだったし・・・orz

疲れてお腹が一杯になれば、当然 o( _ _ )o...zzzzzZZ
気付けば1時間ほど空白の時間。。oO

外に出て休憩所へフラリと、山屋さん同士の話が聞こえて来ました。
一人の方は山歴40年超のベテランさん、
もう一人の方は私の敗退した雪の斜面を乗り越えてきたとか!!
ちょこっと話に混ぜてもらうと、登ってみたい山が増えてしまいました(笑)
貴重な楽しい山の口コミ情報ありがとうございます♪

6時には「そろそろ寝る時間ですね」とそれぞれのテントへ。
山屋の夜は早いです。
今宵は暖かく、心地よい眠りを堪能しましたぞぃ!!


長くなったので2日目は to be continued

※一部の表現を某有名ブロガーさんより拝借してますm(_ _)m

燧ヶ岳~尾瀬、計画は柔軟に?




なかなか計画通りには行かないこともあるようで。
橋が雪により崩壊しているとか、雪の急斜面に敗退、と・・・
諸々の事情により、当初の予定は大幅に変更されました( ̄_ ̄ i)

でもメインディッシュの燧ヶ岳と尾瀬ヶ原の水芭蕉は訪ねて来たし、
「雨に濡れる水芭蕉」のつもりが一転、殆ど雨に降られず♪
燧ヶ岳からは越後の山々は見えなかったものの、
尾瀬ヶ原と至仏、尾瀬沼の眺望は楽しめました(* ̄∇ ̄*)
予想外の好天に気分は上々!!

残雪を甘く見て少々痛い目を見ましたが、
いや~尾瀬って本当に素晴らしいですね!!


日記はこれから・・・
写してきた花の写真、名前調べも宿題だなぁ。

混雑は覚悟の上で

やっぱり目指したい水芭蕉の一大聖地?
急いでいるので、書き逃げです。
済みませーんm(_ _)m

備忘録にメモ
6月11日(日) 23:00~23:30 TBSテレビ
情熱大陸 「クライマー・山野井泰史」大けがからの復活

山の計画は山で



今日はマイミク代表と夏の計画についての会議。
会議場所は奥武蔵方面の“関八州見晴台”
すぐ下を車道が通っているので、山歩きではなくドライブで行けます。
曇っていて景色はいまいちだったけど、
山の上でアウトドアの計画について話すって気分がノリますヾ(^o^)ノ
おかげで方向は決まってきました。
「海の日は表銀座から槍を目指せ!!」
「毎年恒例のDELTAキャンプは、まだ調整中。。。」


今日知ったのですが
セブンイレブンで“ケータイ酸素缶”なるものを売っている(@◇@)
http://www.sej.co.jp/news/h18kami/051101.html
山でも使えるのでしょうか?
かなり興味あります( ̄ー+ ̄)

東京国際ミネラルフェア

ミネラルフェアとは、ビタミンフェアと並ぶ健康の祭典で、

・・・嘘ですm(_ _)m
ミネラル=鉱物 のイベントです。
内容は、鉱物・化石・ジェム(宝石・貴石)・隕石の展示即売会。
http://www.tima.co.jp/tima/
展示即売会で入場料を取るの? とは思うのですが・・・
いろいろ費用が発生しているのでしょうね。

出品物はアンモナイトがオパール化した七色の石、
その辺の公園で拾って来たの?って思える「火星の石」etc
変な石や綺麗な石が沢山あって面白いです。
最も多く扱われている宝石、価値は全く分かりません(;^_^A
多分、宝石の好きな人には堪らないのでしょうが。。。

会場内は人、人、人で身動きできない所も・・・
ミネラル好きの人って多いなぁ。

アドベンチャー・スポーツ・マガジン


1年に1度だけ発行される雑誌です。
山と渓谷社より5月31日、発売開始!
http://www.adventure-sports-web.com/blog/
トレイルラン等の野山を走り回るスポーツ、
最近メジャーになりつつある気がするのは私だけ?

本屋さんで聞いたところ、3部しか仕入れなかったとか。
去年は取り寄せたし、やはりマイナーなのくぁ~(゚◇゚)?
山と渓谷社の出版物なのに・・・

テントを背負ってマッタリ縦走、軽快にトレイルラン。
どちらのスタイルも楽しいです(*´∇`*)
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR