何のアレルギーだったのか?

昨夜、全身に蕁麻疹(じんましん、難しい字やね)を発症!!
謎の酷い目に遭いました。

久しぶりに友人たちと集まり、ラーメンを食べたので
摂取カロリーと消費カロリーを相殺しようと? ランニングへ。
(本当は思い立ったので走りに出ただけ)

汗をかき始めると、なんだか体がカユイ。。。
体温が上がったからだろうか? と、そのまま走り続けていると
全身が猛烈にかゆくなってきた!!
「おかしい、何か変だぞ!?」と、漸く気付き、慌ててて帰宅。

明かりの中で見てみると、
全身が数千匹の蚊に攻撃されたかの如くボコボコに腫れている。
一体何が起きたのだーー!!( ̄Д ̄lll)

直ぐにシャワーを浴びるも、温めて良いやら冷やして良いやら
交互に浴びて、あちち~っ! 冷た~っ!!
どうやら頭も混乱していたようで・・・orz

それでもシャワーを浴びるとみるみる快方へ向かい
1時間もすると、かゆみの波は殆ど引いて行きました。
今朝にはまるで何事も無かったかの如く。


原因物質は何だったのだろう?
食べて直ぐにアレルギー反応があれば分かるけれど
ランニングで発症、では特定不能です(・・。)ゞ
スポンサーサイト

信州物産展


今日は姉貴に会う用事があったのだけど
話に聞いていた催し物へ行ってみたかったので
ちょっと頼んで上野松坂屋まで行きました。

目的の催し物へ行った後
隣で開催していた信州物産展へ。

おやき、五平餅、釜飯、野沢菜、ワイン等に
去年食べたミカドコーヒーのソフトクリームもありました。
見ていると信州へ行きたくなりますヽ(゚◇゚ )ノ
宣伝効果は抜群ですね(笑)

で、今回寄ったのは五千尺ホテルのコーナー。
美味しいチーズケーキとコーヒー、たまりませんね~

このホテルは上高地の河童橋前にあるのですが、
この周辺は下山後にスルーで通過していたので、
どの建物か全く知らなかったという・・・(;^_^A

このチーズケーキとコーヒー、
上高地で食べたらもっと美味しいだろうな~(´▽`)

両神山ナイトトレッキング日記




日曜日の昼に所用があったので、それまでに帰宅できる山は・・・
夜遊び朝帰りプランにすれば可能です。

温めていた「両神山ナイトトレッキング」を決行~

日向大谷へ着いたのは草木も眠る一時半頃、
三日月と星空の下、ヘッドライトの灯りを頼りに夜の山へ。

初めて熊鈴なる物をぶら下げて歩いてみたものの
登山道の沢音が大きく、威力は半減している感じ( ̄Д ̄;;
沢沿いって、油断していると道を外しそうになるし・・・
深夜に歩くなら稜線の道をお勧めします。(誰に!?)

夜は野生動物の行動時間ですね、
小さなネズミが靴の脇を走り抜けて行き、かわいい~(*´∇`*)
暗闇にはライトに光る2つの目Σ(゚д゚;) ゲッ!!
横を向いたシルエットはタヌキ位の大きさでした、ホッ。。。

聞こえてくるのは鹿の声、藪の揺れる音(誰だったのだろう?)、
ワンワンと吼える・・・ん!?
清滝小屋のアイドル番犬ハナコ♀は優秀な子です。
深夜3時に現れた不審人物は、しっかり警戒されてました(;^_^A
(帰りには吼えられませんでしたよ~)

夜景が消え、星が空に溶ける頃、誰もいない山頂に到着!!
静寂の山頂でおやつを食べながら始まる一日。
ご来光は何度見ても気持ちがいいです(´▽`)

帰りは明るい新緑と綺麗な花の咲く登山道を下る。
同じ道でも、明るくなると雰囲気が違いますね。

アカヤシオは昨日の風雨で大分散ってしまってたけど、
ニリンソウの群生にラショウモンカズラ、ヒイラギソウ、
それから、・・・え~っと殆ど名前が分かりません orz
未だ調べがつかず。。。

時間が経つにつれ、登山者がどんどん登ってきました。
清滝小屋からは30名近い団体さんが出発・・・
日向大谷へ戻ると駐車場もギッシリ!!
そこへ更に車がやって来るのです。
ゆっくり休憩していられなかった小心者の自分、
すぐに撤収してしまいました。
晴れた五月の両神山、やはり人気者ですね。


両神神社の狛犬は、痩せて鋭い牙を持った山犬なのに、
顔はひょうきんでした、尻尾も妙に長いし、
変カワイイ奴でした( ̄∇ ̄)

両神山で日の出を




両神山へ行って来ました。

午前10時までの帰宅を目指し、時間を逆算して出発。

歩き始めたのは1:40、夜の山道を歩いて4:00に山頂へ。
ご来光を待って下山しました。
なんて強硬なスケジュール( ̄∇ ̄*)

日記はまだ書き途中・・・数日中に書き上がるかな、と。

日の出は、なんとなく霞んでましたが、山頂は貸切です♪
そして新緑と花の登山道を下山してきましたヽ(=´▽`=)ノ

帰宅後、写真に撮った花の名前を調べたものの、
結局、分からないままの物が多数という・・・
ここにアップした花も調査中、難しいですね。
詳しい図鑑を買うべきだろうか。

嵐の後には


久し振りの虹~!

朝の青空を見て「天気予報大外れじゃん」と思ったものの、
蒸し暑~くて、昼には西の空にモコモコと沸き立つ雲。
これは夕立が来るかと思いきや、まるで台風到来。

嵐の後に虹を見ると、なんだかホッとするなぁ(´▽`)


明日は快晴の予報らしい。
・・・ですが、予定があるので、昼前には家に居なければ。
朝だけで登れる山でも目指すか!?

NEW中古ザック


ヤフーオークションで代理落札してもらったザックが、今日届いた。
かなり大型の77Lザックです。

ずっと愛用しているザックの容量は55L
1月の上高地キャンプでは、荷物が入り切らなくて困りました(・へ・;)
ストラップで、荷物を括り付ける難民スタイル?も、そろそろ限界。
探していた大型ザックを、ようやくGET!!した次第♪

早速、その辺にあるものを詰め込んで、部屋を歩き回ってました( ̄ー ̄)
フィット感も、なかなかいい感じ~

さあ、残る問題は・・・ザックを担ぐ自分の体力のみです orz



昨日はMixiを開けなかったけど、障害でも?
それとも自分だけだったのかなぁ??

ナスカ展



今日は国立科学博物館で開催中のナスカ展へ行って来た。

混んでいたら嫌だな~と、開館より少々早めに上野へ。
雨の所為でしょうか、殆ど人は居なかった。
もしかして、思ったより人気無い? (・・*)ゞ

有名な割には、文字を持っていなかった人達の文化、
あまり良く分からない企画だったということ、でしょうか。。。

お陰でゆっくり見学することが出来きてラッキー!?

音声ガイドも利用してみたけれど、
今回は使わなくとも良かったかな~(゚^ ゚)

最後に登場する、お決まりの記念品ショップで見つけた
「ナスカの金太郎飴」・・・なかなかのセンス?
つい買ってしまいました(笑)

連休に登ろうかと迷った山を

いつも見ている人気の山ブロガーさんで、連休に鳳凰三山を歩いて来た方がいた。
写真を見ると手にはストック、多分足元は軽アイゼンかと。
しかも、4人の内の1人は初マイテント泊だったらしいw( ̄o ̄)w

やっぱり5月の連休、軽アイゼン・ストックで鳳凰三山に登れたのかな~?
リベンジの予定は無いけど、ちょっと気になった。


ま、そろそろ雪解けの始まる頃、地図を開いてワクワクしてます!!
しかし、そろそろ梅雨の走りとか云う噂も!?
こうなったら、雨も楽しんじゃえ!!
とプラス思考で考えたいですね。

雨だから楽しいアウトドアって何だろう?( ̄へ ̄|||) ウーム

筋肉痛の強弱の差は

山から帰って2日後、久しぶりにランニングをしたらば。
ほぼ1ヶ月振りのランニングに、予想通りの筋肉痛( ̄∇ ̄)

山を歩いてきた後よりもちょっぴり酷い。
テントを背負って何時間も歩くより、1時間少々走る方が運動強度が大きいってこと??

ランニングは一定の姿勢で走るから、同じ場所に負荷が掛かるのが原因かな?
それとも走る方が、歩くよりも遥かに負荷が大きいとか?

良く分からないけど、筋肉痛の原因は、普段から走り込んでないからでしょう、ハイ。
運動は継続が大事だから、たまに走っても意味が・・・ orz

和名倉山~笠取山の日記




(左:和名倉山への道、中:将監小屋、右:笠取山より甲武信)

和名倉山の破壊と再生について少々
この山を歩いていると「風の谷のナウシカ」で描かれた
“腐海の尽きる所”を連想させられます(原作のマンガ版)。

稜線を歩いていると森林限界を越えていないのに
ビックリするほど眺望がきく!!

それもその筈、生えているのは樹齢の若い樹々ばかり
そして朽ちた大きな切り株が点在。
山頂は錆びた作業用ワイヤーが散乱。

人間の手による伐採で、一度は禿げ山と化しながら、
少しずつ自然の力で再生し、現在の姿となった山。
緑の山になるまでには、長い時間がかかったのだろうなぁ。

いつの日か深い森に覆われ、眺望が無くなる日を願いつつ、
今は明るい登山道を楽しみましょうか。



一日目、5:20、三ノ瀬登山口から将監峠へ向けて出発、
気温は3℃、道端にはツララ、霜柱、雹って、寒~!

和名倉山への分岐点である“山の神土”で初めて人に会った。
ザックにマットを付けた単独行の女性! 凄~ヽ(*'0'*)ツ

ここからの道は、踏み跡のハッキリしない場所もあったけど、
青空の下では、稜線を見ながら迷わず歩ける♪

和名倉山頂は少々地味、なんだか木陰で休憩している気分!?
コースも地味? 山頂往復で出会った人は計6人のみ。
出会った鹿は3頭、逃げ去るお尻だけ見えた(;^_^A

久しぶりのテントを背負っての山歩きに、後半はバテ気味(=´Д`=)

将監小屋に着くと、結構な数の人で賑わっている。
殆どが小屋泊まりの団体さんだった。
どうやら翌日、20人程で和名倉山へ向かった模様。

小屋のトイレは、神経質な方には向いていない代物でした・・・。
でもテントサイトはフカフカの芝生、夏ならマットを忘れてもOK!?
寝心地が良くて日没と同時にzzZZ


翌朝、暗い内に目を覚まして外を見ると、満天の星と天の川(゚▽゚)ノ
気温は0℃、フライシートに霜が付き、キラキラと光って綺麗~!

5:10、朝靄の中を唐松尾山へ向かって出発!!
暫く歩くと、木々の間から雲海に浮かぶ富士山が見え隠れ。

そんな時、目に入ったのは「西御殿岩まで15分」の標識。
行き止まりの往復コースだった筈(地図を確認しなかったけど)。
岩へ往復するだけなのは、景色が良いからに違いない!?

雲海を目にし、ここへ寄り道をしなければ末代までの恥じゃ~!?
と訳の分からぬ衝動に突き動かされ、迷わず進んだ( ̄∇ ̄)ゞ

そしてこれが大正解!!、360度の展望!!
何年に一度目にする事が出来るだろうか?と思うほどの雲海!!
雲海、青空、また雲海と、もうお腹一杯でした( ^∇^)

唐松尾山周辺の道は、樹の茂るボコボコの稜線歩きが続き、
笠取山に着くと、その先には芝生に覆われた原っぱが広がっている。

芝生が笠取小屋までずっと続いて・・・暑い、日に焼けるよ~~。
笠取小屋はトタン葺きなのに、何故かトイレだけは綺麗な丸太小屋?

山腹の道を使って、三ノ瀬登山口へ向かう。
ここでは黒エンジュという分岐まで、誰一人として会わなかった。
しかし3~4m先で笹藪がガサガサッと音を立ててドッキリΣ(゚д゚;)
何者かが逃げていった先でキューィと鹿の声、あービックリしたー。

下山後は「のめこい湯」へ立ち寄り。
連休の温泉は非常に混雑するようで・・・。

あ~また雲海の山歩きへ行きたい!!(帰ってきたばかりなのに(笑)


だらだらと長い日記、お付き合い下さいましてありがとう(^o^)

写真を増やしたバージョンの山行報告も↓に追加しました。
http://www.geocities.jp/delta_yama

和名倉山・笠取山



何はともあれ、
雲海 キタ━―━―━―(゚∀゚)━―━―━―!!

もう山好きさんの日記、ブログ等でも報告されていることでしょうね。

雲海らしい雲海を見たのは4年ぶり!!
今回の雲海は最高でした!!
登ってきて良かった~( ̄∇ ̄)♪

とても個性的で、同時に考えさせられる山でした。

書いていると時間かかりそうなので
個別の山については明日以降。

テントが露で、いや、霜でビチョビチョ。。。

連休どうしよう

今年は雪が例年より多いようです。
http://www.yamakei.co.jp/dsn/hotline/sangaku/sangaku-top.html
完全冬山やん!ってことらしい。

鳳凰三山ならば軽アイゼンとストックで狙えるかな?
と思っていたのだけど、こりゃ無理だ(-。-;)

こうなったらピッケル・12爪アイゼンにも手を出すぞ~!!
・・・まあ、そのうちに。

連休明けから忙しくなりそうだから
今のうちに山へ登って悟りを開いて来る予定だったのに(w

どうしようかなぁ~
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR