わいわい城ヶ崎

1月21~22日は会のメンバー多数で、また城ヶ崎。
21日はあかねの浜でやいのやいのと賑やかに登った。
久し振りにカームフライデーを登ったらコンディションが良くて落ちる気はしなかったけれど、
やっぱりプロテクションとってからクライムダウンしたりして、そんなに楽にはなっていなかった。
楽々スイスイとはならないもので、難しい。

宴会明けの22日は風が強くて驚くほどに波が高かった。
オーシャンへ行ったものの、ビレイしているうちに波をかぶり始めて撤収。
満潮はお昼なのに朝からこの波の高さとは。
なみだちへ移動すると、こちらも風は強く潮のシャワーを浴びまくる。
波が高過ぎじゃないかなぁ
20170121jogasaki1

あまりに酷いのでお地蔵さんのあるところの短いルーフクラックにTRをセットして紐付きボルダーにして遊んだりした。
ヘッドオポジションをTRで触ってみたけれど、これまた辛かった。
強風と高波の中でマッタリと楽しんだ週末、ありがとうございました。
スポンサーサイト

城ヶ崎も日影は寒かった

1月14~15日も城ヶ崎。
先週と同じエリアへ。

今回も岩を登って、歩いて、懸垂下降して、帰りはユマールなアプローチ。
後でお風呂で偶然にお会いしたS野さんによると、もう1つの敷地内アプローチはトラブル情報があり絶対にNGとなっているとか。
2日間ともに波音の響く入り江で遊んだものの、終始日影だったために日曜日は早々に退散。
漁り火で右を登って左をTRで遊んだりして終了。
こっちのエリアは日当たりが良くて日没までは暖かかった。
入り江から臨む海と伊豆大島は透き通る青色だったけれど、寒い。
20170114jogasaki1

また城ヶ崎

連休の中日が雨で、1日飛んでの城ヶ崎。
朝には止んでいる筈だったのだけれど熱海くらいまで道路もびしょびしょだった。
アプローチが非常にやっかいなエリアで、峠越えからの懸垂下降で到着。
今回もFIX用ロープとユマールにボルダーマットを動員して準備万端に。
MOあたりはビシャビシャ、ダイオウイカとスパニッシュは乾いていたけれど全く歯が立たなかった。
バイオミンをTRで触ってみたら難しいけれど面白かった、絶対に10台じゃないけどw
抜け口が風化した岩の先にフカフカ落ち葉の急斜面なのでリードで抜けるのは恐そう。
晴れる予定が1日中曇り空だったけれど不思議な造形の岩たちと戯れた1日。
20170109jogasaki2
20170109jogasaki13

城ヶ崎でもまたユマールとか

1月7日は城ヶ崎へ。
また懸垂下降で降りてユマールで登り返し。
神須ノ鼻に比較すると短くてフレンドリーだw
ドームの奥と右手にはボルダーのチョーク跡も残っていた。
左手のクラックラインをTRで触ってみたけれどコテンパテンにされた。
ネコバンザイって可愛い名前の12なラインだったらしい。
登り返してからわざわざ漁り火まで移動してTRで少し遊んで終了。
20170107vira1

城ヶ崎のを見てきた

12月11日は城ヶ崎へ。

パートナーが前から行ってみたいと言っていたチークボーン、漸く目の前にしてきた。
雑誌にも取り上げられ一躍有名になったので再登者も増えるのでしょう。
下部がびっしょびしょなのはいつものことなのだろうか?
20161211jogasaki1

城ヶ崎シーズンinかな

例年に無い早い時季に降った雪の前にスタッドレス装着完了していたので安心。
しかし内陸部の岩場は雪に覆われてしまったので土曜日に日帰りで城ヶ崎へ。

南へ向かう途中でルームミラーに見覚えのある車が写っているのに気付いてから話が転がって行先決定。
いがいが根から6人でプチ藪漕ぎなどしつつエリア探検。
20161126jogasaki1

見つけたエリアの、想像していたより広いテラスへ懸垂下降でワラワラと降り立った。
岩場は日が出ていると半袖で昼寝もできる陽気。
下降時にセットしたTRで遊んだり、勝手に”鯖”と呼ぶことにしたルートをリードしてみたり。
20161126jogasaki2

辺鄙な場所なので皆でまったりと楽しめた1日だった。
帰りはユマールしたり、荷物を背負って簡単なルートをTRで引き上げて貰いながら登ったり。
登りきるまではヘッデン無しで間に合って良かった。
ありがとうございました。
受け取った小さなナッツ、無くさないよう思い出と伴に大切に飾っておこう。

そろそろ城ヶ崎

誘って頂きちょっと遠征の予定が雨で土曜日がジムになり、日曜日が今シーズン最初の城ヶ崎。
城ヶ崎へ向かう道路はかなり濡れていて予想外だったけれど、岩場は無事に乾いていた。

借り物のカムや色々なプロテクションで遊んだあとに割れ目を触ってみるとシケシケ、ってか濡れている感。
まだあちこちでフナムシ達がわらわらと走り回って賑やかだった。
まだ湿気っているしシーズン初めで潮汐塩なので攻めたトライも無くのんびり。
むしろ登る以外のところで遊んで笑って美味しいお店を見つけて。
楽しい1日でした、ありがとうございました。
20161120jogasaki

城ヶ崎も日蔭は肌寒かった

2月11日は城ヶ崎。
肌寒い1日で、殆ど登らずエリア探索に行ったりで終わり。
20160211jogasaki1

城ヶ崎やはり波高し

1月16-17日は城ヶ崎へ。
小田原を過ぎて城ヶ崎へ近づくにつれて道路が端々に水溜りがあるほど濡れていた。
忍者へ行ってみるとまだ波は高くクラックはぴちょぴちょ。。。
偶然に神風で遊んでいたmoviさんnoriさんpokiさんとお会いしてかさごねのルートを教えて頂き少しばかし。
雷神と風神の分かれ目が良く分からず、上部とすると共通部分のボルダームーブが解明できなかった。
雷神はその部分が分からずにTRで試すも上部でもパートでしかつながらずフルボッコに。
翌日はいろいろあって早めの帰宅。
神風を横から見ると被りが分かるな~
20160116jougasaki1

城ヶ崎シーズン3回目

12月26,27日は城ヶ崎へ。
26日は10dが1本だけあるエリア。
波打ち際だったので太平洋の影響を受けて大変だったけれど、お初のエリアだったので知らずに到着。
最初にビレイしているうち、だんだん波が迫ってきて逃げられるだけ逃げても靴やズボンがしょっぱくなっていく。
TRにしてビレイヤーは安全圏で、クライマーは波のタイミングを計って飛び出して取り付くことにして1本だけ触ってみた。
なかなか面白いルートだったので潮が穏やかな時に登りに来たい。
にしても波の音が大きくて脳みそが攪乱されていた感じ。
波の影響を受けないところへってことでてくてくファミリーエリアまで移動、空いているルートを登って終了。
アンクルはクライムダウンで回収とか余裕のあるルートは真似してパッシブ縛りにしてみたり。
20151226saituna1

27日はまたお初のエリアへ。
ボルトがクラックの脇にまでベタ打ちされていて沢山のルートがある、錆は浮いているけれど。
アップで簡単な割れ目を登ってから、目を付けた綺麗なクラックがあったので触ってみた。
終了点は右手のボルトを使用、体感的には11-くらいで思った以上にナッツも使えてプロテクションも良いルートだった。
3便目は出だしで落ちたあと、降りて仕切り直しとかをせずそのまま登ったら繋がったのでRPに近い1テン。
宿題にしたのでまた登りに来る口実が出来たw
20151227ishikiriba1

ホットな日蓮崎

19日は城ヶ崎の日蓮崎へ。
冬型が強まると聞いて暖かい日蓮崎ならポカポカ、と思ったのだけど。
さすがは日蓮崎クオリティと言うか、上からの日差しと下からの照り返しでポカポカどころか暑いったら何のって。
アダムでアップも何だかなぁと思ったのでインディアンドールからスタート。
大体ムーブは記憶通りだったけれど、ハンドジャムはしっかり探ると以前より良く決まり安心感を持って登れた。
テーピングを薄く作ってみたからかも。
宿題だったスーパーシリアスジャム(SSJ)を触ってみたのだけど、ホールドを持ったらジュワっとチョークが瞬殺されるしムーブが全然作れずに敗退してしまった。
以前TRで触らせて貰った時にはサックリ抜けれたのだけど全然思い出せなかった。
次に登ったkozzzzyさんのカム回収名目でTRで触ってみると、先ほど全く出なかったムーブが自然と出てきて気付かなかったホールドに気付いてノーテンTO
あれ?どうなってるの?
ってことで忘れないうちに少し休んでからもう1度トライ。
今度はムーブを間違えずにこなして、足掛け数年、4トライ目にて無事に宿題お持ち帰り。
日蓮崎の3本はどれも短くボルダー的だけれども核心はしっかりしたジャムを要求される良く出来たルートだと思う。
昼間は暑かった岩も夕方には少しずつコンディションも良くなりkozzzzyさんのーるも宿題を残さずに終われた。
Imrさんは予想通りに1日で全部お持ち帰りで強かった。
20151219nichiren1
大人の遊び場。
皆さんどうもありがとうございました。

城ヶ崎in

11月28、29日は城ヶ崎へ。

そろそろ城ヶ崎シーズン、と言っても去年は1度も来なかったので2年ぶりになってしまった。
青い海が朝日を反射してポカポカと気持ち良い。
28日の朝はセージメン氏より受け取るものがあり、待っていてくれて駐車場で無事にブツをゲット。
ありがとうございました。

それぞれ別エリアの予定が何となく教えて頂いたオフィズスのクラックでご一緒することになっていた。
いがいが根のすぐ先、オーシャン手前にある、かんのん浜のこじんまりとした小さなエリアに短いクラックが数本だけ。
潮が満ちたら登れなくなる簡単そうなクラックを、ロープが濡れないようにトップ&フォローで登ってからオフィズスにトライ。
手が大き目だとギリギリにフィストが効くので自分には登り易いが手の小さい人には悪いサイズで苦労する感じ。
5.9~10-くらいだろうか?
⇒ボクサーよりタフとの声もあり10-~10ノーマルに変更(^_^;)
20151128kannon
右隣にあるフィンガールートは数手だけれどもピリリと辛く、意外なところにヌメリ群がいてフォール。
日蓮的な味付けのフィンガールートでこちらも面白い。
登れそうな感じではあったけれどTRで遊んで終了。


29日はお初の浮山橋のエリアへ。
お目当てはもちろんスコーピオン、の見学とゲルニカを触ってみること。
ゲルニカ1便目は見た目以上に難しく、あっさりテンションという体たらく。
選手交代をしつつ途中まで登って、力み過ぎで力尽きてメンタル終了でTRに切り替えて練習。
それで漸く目途が付いて仲良くお持ち帰りとなりました。
20151129ukiyama1

林立する石ころオブジェ群に見守られながら伊豆の陽気に包まれて岩に包まれた週末だった。
ありがとうございました。

城ヶ崎シーズンは2回目で最後か

もうシーズンオフになる城ヶ崎。
今シーズンは2回目、全然来なかったのだな。

寒くなる予報だったので城ヶ崎もまだ良さそうだしシーズンオフで人も少ないかと思ったのだけど。
ファミリーエリアへ行ってみると予想以上の混雑ぶり。
トップロープを張りっぱなしで順番を聞くともう1順するとか言い出すグループは酷いでしょ。
経験者は皆無だったのかユガマクの常連なのか。
それでもリードがメインのグループが多く、後はガイドパーティーで他はそれなりに回っていた感じ。
ファザークラックを久しぶりに登ったけれど無事に再登できてホッと。
ナッツを落としてしまい、運悪くクラックの中へ滑り落ちて消えていったのはショックだったけれど。。。
ファザーRPオメ!
20140405jogasaki01

その後は回り込んだ先でmovitinoripokiさんたちが遊んでいたのでTRをお借りしてハングで遊ぶ。
城ヶ崎のハング越えは厳しいなぁ。。。
20140405jogasaki02

風は強めだったけれどコンディションは良くて久々の城ヶ崎はのんびり楽しめた。
どうもありがとうございました~

城ヶ崎20131214-15

12月14~15日は城ヶ崎のクラック始め。
寒気が入り込み冬型の気圧配置となった週末は城ヶ崎が快適だった。

今回はironさんlimacさんバギーさんも一緒に5人で年末年始の打ち合わせを兼ねて割れ目遊び。
朝の駐車場はヨシーダ先生に杉野さんとクラックなガイドの方々の姿。
指を痛めている人は虫様筋のマッサージをやった方がいいらしいと即座に指摘されてしまったね。

さて、初日は寒そうなので暖かいエリアがいい!ってことで日蓮崎へ向かうことに決定。
着くと先客は、mivitiさんnoriさんポキさん、こんにちは。

最初はアダムを登ったら何だか安山岩に慣れてないからかモジモジとやたら時間をかけてしまった。。
あとは全てTRをお借りしてボルダージムのように3本を登ったけれどムーブは覚えていないし、なかなか進歩していないのを思い知らされてしまった。
イブは2勝2敗、インディアンドールは2勝3敗、スーパーシリアスジャムは1勝1敗、だったかな(全てTR)
スーパーシリアスジャムは今まで手を出していなかったけれどムーブが解ったので今度からはRPを狙うかな。
ポキさんの会心のRPを見てしまったのでやってみたくなってきた(特に帰宅してからw)
この日は岩場も空いていて他には何度もお会いしたことのある方1パーティーが増えたのみ。
空いていてポカポカで気持ち良かった。


15日は簡単なエリアにしましょうってことでフナムシへ。
混むだろうなと思っていたら5人以上のパーティーが自分たちを含めて4組。
人数は多かったけれど他のパーティーはISD塾長、ヨシーダ先生、Bの会の方と知っている方しかいなかったので気は楽。
と言っても人数が多いので我々は適当に何本か登ってから北側へ回り込みラマーズルーフへ行ってみることに。
こちらは当然だけど誰も来なくて貸切。
シオシオだったけれどironさんが見事にサックリOS!
そのままTRにして触らせてもらったけれどリードはカムセットに手間取りそうだなぁ。
まあまたいつか。

その辺で引き上げたけれどまだまだ明るいのでジャクソンボルダーへ行ってみることにした。
予想外にボルダラーが沢山いてやいのやいのとやっていた。
何か見覚えのあるような気がするような人と思っていたら向こうから話しかけてきてダッチ塾門下生の?ホーリー
くんだったり。
知り合い率は非常に低いボルダーでまで、世間は狭すぎって言うか集まるところは皆同じなのか。
4級の課題とその辺りを適当に登っているうちに夕暮れでタイムアウト。

冬型になったおかげでポカポカと暖かくコンディションの良い城ヶ崎をたのしんだ1日だった。
遊んでくれた皆さんありがと~ごさいました!
20131214nicjiren1

そろそろシーズンオフの城ヶ崎

3月16・17日は城ヶ崎のいさり火エリアと日蓮崎でクラック。

16日は朝から暑い日差しに汗もダラダラと流れるほど。
ジャムウェーブを登ってからいさり火右へ。
暑くてヌメってムーブに迷ってテンション。。。
なかなか楽にはならないらしい。

続くのーるは淀みなく登りサクっとRP、オメ!!
登れるときは意外とあっさりとなるんだよね~

もう1回リードでトライして右を登ってから左にTR。
だんだんと暑くなってきてヌメるのもあり悪過ぎ。
隣の北ウィングもTRで遊んで2回目でノーテン。
でもプロテクションが悪くてリードする気になれない。

日向は暑かったが日蔭は涼しくのんびりした1日だった。
20130316jogasaki


17日は日蓮崎でインディアンドールから。
何かヌメるしアップも無しで、全然登れず殆どエイドで抜ける。
登ったときこんなだったかな。。。ムーブがチグハグな感じ。
TRを張っての2便目はムーブを思い出してノーテン。

1回登っているのでリードはパスしてイブへトライ。
短いけれどキャメ2個目であっさりテンション。
またまたエイド状態でムーブを探りつつトップアウト。
カムセットとムーブを考えれば何だか行けそうな感触も。

夕方に涼しくなった時分を狙いトライ。
悪いフィンガーを耐えて駆け抜け無事にRP♪

気持ちの良い城ヶ崎海岸で昼寝をしつつ全力トライを少し。
のんびりしていたにも係らず筋肉痛があちこちに。
ついでに週末で頭を日焼けしたっぽい。
髪が短いとやられるんだった、帽子が必要だな~

城ヶ崎で岩初め

1月4日は日帰りで城ヶ崎へ行ってきた。

お腹の調子もいまいちでお疲れ気味だったのでのんびり。
OBさんが初の城ヶ崎と言うことで向かったのはフナムシ。

着くと先行パティ―が1組いるだけ。
って見ると先日アイスでお会いした山ガラスさんKTさんともう一方。
なんでアイスの次に岩場で偶然に。
もうこの手のバッタリはいつものことって感じ。

城ヶ崎でも日蔭は寒いくらいだったけれどコンディションは良い。
暑い日はヌメリで苦労したフラッシュダンスも気合の割に拍子抜けするほど。
結局知り合いと自分たちの他には誰も来なくて快適だった。

登ったルート(全て再登)
純:自分にはジャムの方が登りやすいな。
パープルシャドウ:何度登ってもいいルート。
ネッシー:やっぱり途中からフェイス登りになってしまう。
ネッシー:そのままもう1回TRで反対向きで登ってみたらワイドムーブになった。
フラッシュダンス:コンディションが良くて登りやすく感じた。
無名ルーフクラック:激しくボルダーだ。
無名ルーフクラック:TRの回収便。

パープルシャドウ
20130104jogasaki

2012の城ヶ崎始め

12月1~2日は今シーズン最初の城ヶ崎へ。

あかねの浜へ行くとゴミステーションと左側にそれぞれ1組ずつのみ。
空いているな~と思っていたのもつかの間。
アップしようとしているとつぎつぎと人がやってきた。

ここはヨーロッパ?ってくらいな国籍の団体さんがワラワラと。
流暢な日本語を話している人もいたけれど。

アップにロープの流れとプロテクションの良いラッキーストーンを選んでみると
何かお買い得ムーブを見つけてしまい快適に登れてしまった。

が、カームフライデーでは出だしで苦戦。
何年か前にOSしたのが信じられないな。

全然成長していないのか。

時々ちょっとだけパラパラと雨が降ってきた。
他では天気が結構な荒れ方だったらしい。
今週は城ヶ崎へ来て正解だった。


翌日は以前びしょ濡れで見学だけに終わったこばいエリアへ。
20121201jogasaki1

懸垂下降で降り、何とか波を被らない2本を見ると濡れてるし。
濡れている10bなのでTRで遊ぶことにする。


見かけによらず核心はワイドムーブ。
ジャミングはあまりできなかった。。。
次に行くときはプロテクションを確認したいところ。

引き潮が終わると波が高くなってきたので引き上げることに。

ファミリーエリアへ移動すると大混雑!?
後で知ったのは19人ほどが同じ団体さんだったこと。
それだけでエリアは満員御礼になるか。

みーちゃんカップでお世話になったみーちゃんとご両親も来ていた。

シスタークラックを登って誰も触っていなかったマザーへTRを張りに。
核心を失敗して1回目はフォール。
2回目でムーブを見つけてクリア。

リードするにはプロテクションをしっかり確認しないと怖いのでまたいつか。
夕方にはまたパラパラと降り出したので撤収。

雨の中を帰宅中に笹子トンネルで崩落事故があったと知る。
中央道方面が大変なことになっていたとは。。。

城ヶ崎(あかねの浜・日蓮崎・しりいだし)

3月24・35日は城ヶ崎へ。


24日はあかねの浜。

クライマー繋がりでなんと11人もの大所帯となった。

まあ皆それぞれ好きなように好きなルートを登っていた。


朝は小田原あたりまで雨がパラパラと降っていて微妙な感じ。

岩場へ着くと、やっぱり浸み出しだらけ。

じゃあトップロープを張ってしまおうとセットして降りてくると。

ポキさんは当然のようにリードで登っていた。

う~ん、精神力が強い。


イソギクで遊んでラッキーストーンをトポで見ると10a Rの文字が。

Rってプロテクションが悪いとか何かあるのでこれもトップロープで。

しかしそんなにプロテクションも悪そうに見えないのでセットしながら登ってみる。

核心は固め打ち、ナッツは放り込めば効く、スモールカムがバチ効きでキャメ4で決まり。

プロテクションいいじゃないか!?

改めてリードで、腕が外れなくなり行きつ戻りつしつつRP。

なかなか面白いし100岩場のRは★の間違いにしか思えない。


そして前回何度も触ってみたホタテクラックも無事にお持ち帰り。

風が強くてなんだか疲れたけれどワイワイ楽しく登った1日だった。


綺麗な波しぶき。

しょうすけ_のブログ-20120324akane1



25日は日蓮崎へ行ってみた。

最初はアダム5.8。

ああ、短めだけれど城ヶ崎の5.8っぽい感じだ。


インディアンドールにトライするもテンションして漸く突破。

そのままトップロープにして2回ほど触ってみた。

ムーブが固まってきてノーテンで抜けることができた。


人がワラワラと来て、人の多さに撤収したがりぐずる相方に残ってもらいもう1便。

なんとか4便目でRPできた。

短めでボルダーチックなルートだけれど面白いルートだった。

地味にクラックの最高グレードを更新した。


すぐに撤収してしりいだしまでテクテクと歩く。

ボルダー・オフウィズス5.8をキャメ5が無いのでトップローブで遊ぶ。

movitiさんに聞いたリービテーション縛りで何度も。

初めてリービテーションをやってみたけれど、なかなか面白かった。


インディアンドールの1便目をテーピングしないで登ったので手がヒリヒリ。

やっぱり限界グレードはテーピングしないとダメかも。

城ヶ崎(ファミリー・おたつ磯)

3月20日は城ヶ崎へ。


意外なことにクラックをやっていなかったikedayama氏のクラックデビュー。

ファミリーエリアの工事は終わっていて結構な賑わいだった。

暖かくてヌメるかと思いきや空気は涼しくコンディションが良かった。

一昨日くらいの雨の影響か所々に浸み出しはあったけれど。


ビギナー、ベビー、シスターとikedayama氏も順番にサックリ登った。

カムはだいたい一通り持っていてセットも出来ているし、まあ予想通りでした。


moviti夫妻は隣のおたつ磯に来ていたので移動。

おたつクラックを登ってからアトミックハング10aのTRをお借りしてトライ。

このルート、フェイスならTRでも11b~くらいが妥当な感じがしますが。。。

いろいろなムーブを要求されて面白いルートだった。

FLしたけれど腕はパンパンに張ってしまった。


夕方も近くにまたファミリーエリアへ移動。

ずっとTRがあって触らなかった新人クラックにトライ。

まあ噂通りに辛かったけれど、こちらも何とかFL。

キャメ紫が3~4つ欲しくなるかも?


何だかんだでクラックを満喫した1日だった。

もう桜も満開で、吹雪の雪山から2日後に春まっただ中へ来てしまった。



紀伊半島より東伊豆へ流れ着いたの?
しょうすけ_のブログ-20120320family1

予想外にビショビショ城ヶ崎

3月3・4日は久しぶりの城ヶ崎へ。


天気予報では晴れるくらいの筈が城ヶ崎へ着くと道路も濡れている。

お初のこばいを訪問してみると、上から覗いたクラックはびしょ濡れ。


諦めて混雑していると予想しつつあかねの浜へ転進。

着くとS野さんスクールのみだった。

カームフライデーの下部などは水が滴っているくらい。

でもS野さんはリードでサクサク登っていた。


ホタテクラックにTRで登ってみたが激烈悪い!?

と思ったらホールド見逃しで滅茶苦茶なことしていた。。。

何度か触って漸く10bな感じで登れるようになった。

ってそれ10bじゃないと思うのだけど。

一応プロテクションの確認をしたので来シーズン登るかな?

あかねの浜のメガネが崩壊しているのを初めて見てきた。


しょうすけ_のブログ-20120303akane


夜にはまた雨が降ってきて翌日のモチベーションを流し去っていく。


4日は門脇港を偵察に。

やっぱり岩は濡れているしPUMP2へ転進かとなったが

結局またTRをセットしてチャームポイント10cを触ってみる。

やっぱり辛い。。。

乾いていればもう少しフィンガージャムも決まるのかな。

でのプロテクションが悪い感じなのでリードする気になれない。。。

門脇港はボルトルートも多いけれどアンカーの錆びた打ち込みボルト。

登っている人もいたけれどボルトが怖くてムーブが起こせないと言っていた。

もうリボルトも無いだろうし、いつか事故が起きてここも消えていくのだろうか。。。


限定とか派生ルートが多くグレードも辛いみたい。

修行の場所って言う表現に納得だ。

反対側のボルダー群をリードで遊んでみるとワンポイントだけど面白かった。

3時半くらいにシトシトを雨が降り始めたので撤収。


蛯名SAでイデボクへ寄り道して中野島へ。

プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR