秋の名張へ

10月29日~30日は名張の香落谷へ行ってきた。

また忙しくなってきたので行くなら行ける時にってことで週末で片道400km強の弾丸割れ目ツアー
日記を書く時間もあまり無いのでざっと。

29日は朝は岩場へ着いて登り始める頃にまさかの雨。
すぐに止んでくれたので直登を登って、サブマリンを登って、ついでにゴールドフィンガーをTRで登ってから一旦お昼。
あとは延々と直登でリービテーションの練習をしていた。
夜はキャンプ5でナバラー宴会に混ぜて頂いた。

日曜日は出発まで時間はあまり多く無いのでムササビ君の休暇村1本で。
再登しようとするもリービテーションではカムスタックとロープ踏んづけに対応できずテンション。
TRにしてから延々とリービテーション祭りで終了。

16時前に出発して何だかんだで帰宅は24時近く。
週末で960kmほどの移動距離だった。
もっと近かったらと思いつつ、やっぱりコンディション良い今の季節に登りに行けて良かった。
ありがとうございました。

キャメ5サイズの続くムササビ君は楽しい
20161029nabari1
スポンサーサイト

今年最初の名張

4月29日~5月1日は名張へ行ってきた。
ざっと

29日は第一岩壁
今まで見上げるだけだったスネークマンを触ってみたら、フルボッコにされた。
バンパイアと同じでこのサイズは厳しい。
20160429nabari1

30日は屏風岩
右奥に新しく開墾された名張入門を登ってからmariさんが登りに行っていたバターナイフへお邪魔してTRで。
リービテーションをフル活用して何とかノーテンだったけれどリードは厳しそう。

1日はまた第一岩壁
でかい面で落ちて、そしてまたスネークマンをTRでも落とされて、2回目のTRで漸くノーテン。
時間まで直登をリービテーション縛りの練習をしてから渋滞に巻き込まれつつ帰宅。

シーズンオフの前に名張

12月12~13日の週末は名張へ遠征してきた。

昨日の午後から晴れ予報だったのに朝は青蓮寺湖周辺の道路が濡れていて微妙な感じ。
屏風は賑わっていそうだったけれど第一岩壁は、壁作りで忙しいHgsさんの2人組と我々だけ。
Hgsさんは今年で2回目の名張だそうだが、2回とも東京組の我々と遭遇するとは凄い偶然。
定番の直登からスタート、微妙に湿気っているけれどこのルートはこの程度だと落ちる気がしないので嬉しい。
看板ルートのスネークマンを見つつ、今回はそこまでのアプローチとなるでかい面を練習。
プロテクションが難しくて躊躇していたルートだけれど、先にRPしたのーるに続いて漸くRPして1日は終了。
Hgsさんにもいろいろお話を聞けて楽しい1日だった。
夜はナバラーの方々と合流することが出来て割れ目談義の流れに。

翌日はサニーサイドを貸切。
アップでジュマンジを登ったら以前より登り易く感じたのはOS便との違いか、そうだよなぁ。
そして今回の目標と言いつつ敗退を覚悟していたチビゴジラへトライ。
前回のOさんの登りにヒントを得て頑張ってみると、核心だった場所を過ぎてリップに手が届いた!
と、その時に足がキャメ6に当ってしまい、カシャーンと言う音が。
下からは「あっ!」と言う声の後に沈黙。
下のキャメ5でもグランドはしないはずだし(キャメ6が当たって動いていなければ)、
リップを取っていればもう落ちない筈だし、と落ち着いてテラスまで這い上がった。
そして暫く休憩してから上部を慎重に登って無事にRP。
OSトライ時に強烈に弾き返されたチビゴジラも登り方が分かればワイドムーブで登れるものなのだなぁ。
後はそのままTRにしてムーブの復習とTRでディナーアウトと、ワイド祭りで終了。
タイミング良く、ムーブを参考にさせて頂いたOさんが上部の開拓を終えて降りて来たのでお話を。
ワイドは情熱だ。

週末の弾丸名張は天気に恵まれ、またナバラーの方々にお世話になり充実した時間を過ごすことができた。
ありがとうございました。
20151212nabari1

名張シーズン3日間

11月の連休は名張へ遠征。
平井堅の出身地だそうで、この話がいろいろと不思議な方向へ進んでいくとは思わなかった。
名張遠征の話は瑞牆の岩場と瑞牆帰りのPAで偶然に話が進んでゆずくん6人乗り合わせで行くことになった。
ドライバーは多かったけれど初日は寝不足で第一岩壁。
直登は安心して登れるけれど他はまだまだ敷居が高い。
20151121nabari1
自分は特に成果無し、宿題だったBUUEお持ち帰りオメ!

2日目はサニーサイドへ。
今度こそと思ってチビゴジラを触るもやっぱりボコボコに返り討ちにされてしまった。
Oさんの華麗な登りを見せて貰って動画に残したので次回へのイメージトレはバッチリ?
だといいな。
20151121nabari2

この日はいろいろあって平井堅の母校の近くで泊めて頂きナバラー大勢で宴会。

最終日は予報が怪しいし帰りも早いのでホタルクラックで遊んだ。
短いけれどピリリと難しい好ルート、機会があればまた挑戦してみたい。
たぶんこれもまた返り討ちにされそうだけど。

3日間ワイワイと楽しく濃密な時間でした、ありがとうございました。

名張2015_3th

4月29日~5月1日にかけてまた名張へ。

29日は第一岩壁。
30、1日はサニーサイドで。

今回は晴天に恵まれたものの暑くなってしまい大変だった。
でかいつらはプロテクションが難しい。
じょっぴんRP!
ディナーアウトはプロテクションが、ってことでTR。

だんだんを上から
次回は20150429nabari00
足先行を試してみたいかも。

名張20150418

今度はuta夫妻に便乗させて頂き、また名張へ行ってきた。

寝不足が続いた週に強行軍の名張は睡魔がキツイ。
良く晴れているが岩と心はしっとりと結露している感じ。

第一岩壁の奥壁へ行き、1番アップに向いていると思われるゴールデンジャムへ。
木を使わないと5.9だそうだけど、ハングを越える5.9ってのも素晴らしい。
2回目だけど、なかなか奮闘させて頂きました。

TRでむささびくんの休暇村10bを触ったら登り方を忘れていなかったので思ったよりは楽。
ってワイドをリードとTRでは全然別競技なので、もう一度リードはテンション入るかも。

睡魔に少々グロッキーになった後、蔦屋10cをやってみることにした。
こちらはジャミングもカムもしっかり効いて予想外に登り易く、無事にOSできた♪
のーるもTR後にこれは登れる!と、すぐリードでサックリRP。
ロアーダウンしてくると60mロープがギリギリの長いルート、登りがいがあって楽しい。
フィンガーからハンドのカムを多めに持って登って良かった。
20150418nabari1

そして夜はキャンプ4でなばらーの方々が集まり大人数での宴会となった。


翌朝は目を覚ますと雨。。。
直前まで外し続ける天気予報に振り回され、暫くのんびり。
だんだん小降りになってきたので、雨に比較的強い場所ということでまた第一岩壁へ。

時間もあまり無いしどこを登ろうかと相談しつつ、流れで これなん10aを登ることにした。
核心のホールドが濡れていないだろうかと心配だったが、なんとパリパリに乾いていた。
それよりハング越えのハンドジャムが湿気っていた方が大変だったかも。

お次は前に宿題としていた苔男10cへトライ。
1便目は思い出し便でテンション、&上部でホールドに乗っていた葉っぱを掴んて滑ってフォール。
固めた2便目で無事にRPできた。
シビアなジャムが厳しい短くボルダー的なルートだがいろいろ濃縮されている感じで面白い。
上部の乗っているだけの岩がちょっと怖いのだけど。

帰りはしっかり7時間コースで帰京。
遠いけれど強行軍を続けて身近に感じてしまう名張のクラック。
やっぱり楽しい。

浜松のSAで
20150419nabari2

せっかくの名張遠征に雨

3月14、15日は名張の岩場へ行ってきた。

週の始めの予報では良い感じだったのだが、週末が近づくにつれて悪化していった。
それでも何とかなるかなと400kmの道のりを走った先の名張では、霙混じりの冷たい雨がお出迎え。
仕方ないので四日市のグラビティリサーチまで登りに移動、ここまで来てジムとは。
グラビティ―の店舗が初めての人が受けるビレイ検定とか、見られていると緊張してしまった。
アキト君ルートを11aまでとボルダーで遊んで終了。
そして店員さんに教えて頂いた、まつもとの来来憲で名物のトンテキを食べて再度名張入り。
20150314nabari1

翌朝も寒いし道路は湿気っていたけれど岩は乾いているだろうと第一岩壁へ行くことにする。
予想通りに岩は乾いていた、冷た~~~く。。。
先ずは直登を登り、初名張のNmさんに名張の洗礼を受けて頂く。
それから前回宿題だったむささびくんの休暇村へ。
1回TRで触ってからのRP便で無事に宿題終了。
いや~、ここのワイドって悪い、むずい、面白い。
20150314nabari2

遅くなってしまったが試行錯誤で渋滞をなるべく回避しつつ日付が変わる前に何とか帰宅。
普通の週末で1000kmオーバーの移動距離で疲れたけれど楽しかった。
次回は天気が良い時に限定して行きたいところ。
予報が外れて大変な中をありがとうございました~

また名張遠征、寒過ぎたけど。

22日を休んで連休にしてアイスへとの話だったがRiさんが無理になり、せっかくだから名張へまた行ってみることになった。

19日は忘年会で出発が遅くなり20日は雨予報と云う、出だしから躓きつつの出発。
登らない日にすることと言えば、名張の手前にある伊賀は忍者の郷として有名なので観光。
上野公園でお城の石垣を登って遊んで、後から登らないで下さいの立札に気付いたり。
街並みは風情があり名物の固焼きやおばあちゃんの和菓子屋など観光地としても良い雰囲気だった。
名張では滝自慢酒造へ向かい、本日搾りたての新酒を手に入れることが出来た。

20日は雨の影響で岩のコンディションが悪いかと思い遅めに出発。
第一岩壁へ行くとナバラーの主の方々が登っていた。
我々は奥壁方面へ向かいGolden Jam 5.9 / 15mを登ってみる。
このグレードでハング乗越とは凄いが面白いようにハンドが決まり変な癖の無い楽しいルート。
20141220nabari1

ムササビ君の休暇村 5.10b / 15mが面白そうだったので次はこれ。
奥壁のワイドと言えばこれ、らしいが名張の洗礼を受けてテンション。。。
TRを張ってまた登ってみたが、次回はきっちりRPしたい好ルートだった。

21日は寒気が入り込み冷え込みは予想以上だった。
朝1番は辛そうだったので、ゆっくりしてからまた比較的暖かそうな第一岩壁へ。
温度計が氷点下1度を示す中で直登を登ると岩に体温を持って行かれるし、冷たい岩はフリクションも氷のようにツルツルしてくるように感じる。
そしてIBKさんお薦めのBLUEをやってみた。
これまた奮闘的なワイドで長いし、2人で1回ずつ登っただけで日は傾いて来ていたw
20141220nabari2

日が差していたものの終日気温は上がらず、温度計は-1℃から1℃までの1日だった。

22日はまた第一岩壁へ。
寒気が抜けつつあり、昨日より少し気温も上がり温度計は2℃を差していた。
つまり今日もやっぱり寒い。
今回の遠征ではじょっぴんをやりたかったのだが思いっきり日蔭のルートなので来シーズンまで持越し決定。
また直登で良く冷えた岩に挟まれつつ冷え冷えアップ。
帰りの時間があるので短い苔男を登ってみる。
プロテクションは見かけ通りにしっかり取れたが、予想以上に厳しい数手をこなせずテンション。。。
TRで再度触ってみて漸くノーテンで抜けられるようになった。
これも次回への宿題。
20141220nabari3

今回は少々寒過ぎたようで、やはりコンディションは大事だ。
楽しいルートが沢山あって宿題もあちこちに残してきているのでコンディションを見ながらまた来なければ。
ナバラーも来なくなってきた冬の名張で良く登りました、ありがとうございました。

GWも名張へ

5月3、4日は名張でクラック。
日記を書く時間が、、、なので簡単に

3日は第一岩壁
直登を登り、その上のゴールドフィンガーをOS
これなんですかも無事に1撃
我々の他には単独のohさんとmeさんsgさんと小倉から来た方の3パーティー5人

4日はサニーサイド
だんだんとジュマンジを1撃、そしてチビゴジラにふるぼっこにされる。。。
そのままTRにしてもテンション入ってヘロヘロ。
我々の他はなばらーのozさんibさんskさんにお会いしたのみ。

名張のクラックへ

3月21~23日の連休で名張へ行ってきた。
今回も大堂海岸と同じメンバーでironさん企画のクラックトリップ。
またまた大変お世話になりました。

ざっと

21日は第一岩壁
まさかの吹雪時々晴れな大荒れの天気に散々な目にあってしまった。
スタンスに雪が乗っていたりとあり得ない吹雪の中で直登10aだけ登った。

22日は屏風岩
マシュマロマン10c(10aとも言われるけどそれは・・・)を登った。
パンドラの下部とブロードバンドをTRで。
雪は降らなかったけれど寒かった。

23日はサニーサイド
もいち10aとむらさめ5.9を登った。
やっと良い天気になったのに最終日は長距離運転で帰宅なので早めに撤収。

渡渉にはウェダーが必要。
どのルートも辛いけれど面白い。
もっと近ければな~
20140321nabari00
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR