安定の湯川

4月24日は寝不足のまま湯川へ。
会のメンバーにironさんも加わり5人で。

林道は少しだけ補修してあったけれど、依然Fitでの突破は難易度が高い。
朝は野辺山周辺も道路に水溜りがあるほどだったけれど壁の状態はとても良かった。
デゲンナー方面は先行者が沢山登っていそうだったので手前のエリアで登り始め。
コークスクリューは登っていたのでアップでいきなりサイコキネシスを登ったらかなり汗をかいてしまった。
寝不足で当然のように睡魔に襲われてきて、ダラダラしつつ登ったりしつつノンビリ。
バンパイアをTRで触ったけれど、やっぱりこのルートは自分にとってはサイコキネシスより難しい。
YFの集団も来て岩場はかなりの大人数ではあったけれど、何だかんだで良く回って夕方まで登っていた。
スポンサーサイト

今週も湯川

4月10日は少々寒くなりそうだったのと雨の影響で末端壁のコンディションが良くならなそうなことから湯川へ。
林道は相変わらず荒れていたので手前に駐車して岩場まで歩き。

コークスクリューはやっぱり湿気っている感じがして少々登りにくい感じがしたものの、曇っているので汗をかかずに自分のコンディションが悪くなりにくい。
他のルートはコンディションが良いようで、本日の2本目にしてテレポーテーションRPがでたり(オメ!)。
岩は乾いているからと聞いて自分も無事に再登。
やっぱり上部のフィンガーより下部のフェイスなパートが消耗する。
黄昏の舞姫を触ってみるものの、初見は怖いし湿気っていて悪いし、クラックの中が泥状態でテンションかけたカムの歯が開いていくという。。。
ボロボロになって各駅となってしまったのでまた手を出すかどうか。
片付けて戻るとN嶋渉君が白髪鬼の核心へ入る少し前のところだった。
静まり返ったギャラリーが見守る中、吠えながら1手1手を止めて、ついにRP
いや~素晴らしい物を目撃してしまった。
20160410yukawa1

最後にサイコキネシスをリードしてTRにしてもう1度触って終了。
終日曇り空で暑くも無く、岩の状態も良いルートが多くてクライミング日和だった。
瑞牆にしていたら寒かっただろうな~と思いつつ、そこそこの賑わいの湯川を楽しめた1日だった。
ありがとうございました。

湯川はベストシーズンで大賑わい

4月2日は日帰りで湯川へ。
当初は瑞牆末端壁で調和の幻想をと予定していたものの、
少々冷え込む予報となった上に中央道から見る奥秩父の山頂付近がガスの中に隠れているのを確認して転進を決定。
湯川方面の方が予報が良いし暖かいだろうと、野辺山付近で見かけた6℃の表示を見ながら移動。
林道は出だしの少しだけ修復してあるものの、RVでないと入れないレベルに荒れていたため途中で諦めて徒歩で岩場へ向かった。

既に数パーティーが来ていたけれど、ノンビリと準備してビレイしているうちにデゲンナーが空いたのでアップは定番のデゲンナーで。
良く乾燥していてリクションが良く、シンハンドが気持ち良く決まって久し振りに登り易く感じた。
お気に入りのフォーサイトを登ってからそのままTRでもう1度触ってから左側のエリアへ移動してちょっとおやつタイム。
せっかくコンディションが良いので触ったことの無いルートをやってみようと思い、何だかんだで触ったことの無かった山案山子にトライ。
10aなのだけれどもプロテクションが良くないとか耳にしていたり、見るからにフェイスムーブっぽいので避けていたのだった。
実際に触ってみると。
プロテクションはスモールやナッツが有効なので(ハンドサイズも何か所か使えるが)クラック初心者にお勧めはしにくい感じで、フェイスの強い人ならジャミングを全くしないでも登れそう。
と、OSはしたけれど見たまんまw
TRなら初心者でもフェイスムーブで登れてしまう感じだけれども、ジャムジャム好きなら色々なジャムが出てきてムーブもあるしプロテクションも安定して取れる筈なのでリードでも変わらずに楽しめるのではないかと思う。
日差しが弱くなってくると涼しくなってきたけれど寒くはならなかったのでコークスクリューを登ってサイコキネシスをTRで遊んで終了。
帰りにはフィンガージャムが多かったために指がぼわーっと熱くなっていたりしたけれど気持ち良い日差しの乾いたクラックを楽しめた1日だった。
ありがとうございました~
20160402yukawa1

今日は16人にSさんガイドパーティーの大勢を合わせて30人弱?で賑わった湯川。
自分日記のこのブログも全世界に公開している状態なので、悪いことは書けないなぁと今日も思ったw

湯川は暑いくらい

4月26日は湯川へ。

こちらの岩場は予想通りに大混雑していた。
知っている人ばかりだったりするのだけれども。

デゲンナーへ行くと日当たりが良くて暑いくらい。
アップで登りがてらリードのビレイが初めてと言うMT氏にビレイしてもらいフォールしてみたりしたけど
これってクラックでやることじゃ無いかなw
お気に入りのフォーサイトを登ってTRをセットしたり、スタックしたカムの回収をしたりのんびり。
黄昏に手を出そうかなと迷ったけれどサイコにTR~とリクエストを受けて登ってみたらヌメってテンション。。。
くやしい。
TRでサイコをもう1回触って、コークスクリューを2回登ってTRセットして最後に追い込み?で登って終了。
昨日の夜も今日の岩場も人が多くて賑やかでした。
どうもありがとうございました~
20150426yukawa1

湯川クラックはジムの混雑

4月4日は日帰りで湯川へクラックを登りに行ってきた。
5日は予定が入っているので雨予報でも気にならないが、今日はずっと微妙な予報のまま。
どうにもハッキリしないので当日の朝になってから何とかなりそうと決行した。

ずっと道路は濡れているし野辺山では濃い霧に包まれモイスチャーでマイナスイオン(←謎の物質だ)に満たされていた。
でも湯川のクラックなら登れると信じて、荒れた林道の途中に車を停めて岩場へ向かう。
我々で3パーティー目だったが、後から後から人が来て最終的には全体で30~40人くらいいただろうか。
人気ルートは殆どが何人待ちかを聞いて順番を入れる状態。
そんな中で定番のデゲンナーに始まりフォーサイト、テレポーテーション、コークスクリュー、TRでテレポーテーションを登れた。
岩の状態は若干湿り気も感じたものの濡れている箇所も無く1日中登れて良かった。
コンディションの良い時に順番待ちの無さそうな触って無いルートを触ってみよう。
デゲンナーって写真で見ると4.5ヨコヤマンくらいの長さなのにサイズが悪いせいか長く感じるんだよなぁ。
テレポは長くて良いのだけど、テラスまでもレイバックよりジャミングサイズだったら最高なのにとか思う。
20150404yukawa1

ポカポカ(昼間は)湯川

11月30日、今シーズンはまだまだジャミングをしたくて湯川の割れ目へ。

もう12月も目前だが、今週末は寒気が入っていなかったので日向は暖かく快適だった。
前日にしっかりと雨が降ってしまっていて岩場へ向かう途中の道路も濡れていたので諦めムードも漂いつつ岩場へ到着。
しかし予想に反して殆どのルートは乾いていてコンディションも良かった。
岩場は取付に行くまで分からないとは本当だ。

朝はIMIガイドとバッティングしそうになったのでデゲンナーを避けて台湾坊主、は上部が濡れているのが見えたのでまたフォーサイト。
このルートは苦手とする人が多いらしいが自分にはお気に入りのルートなので朝一番に空いていることが多くて嬉しい。
久し振りに北風小僧を触ったけれどフェイスムーブが多くてジャミングが少ないしプロテクションも面倒なのでやっぱり苦手。
で、またお気に入りのサイコキネシスを登ったり。
このルートは意識して下部の登りを工夫しているのだけど今回は名張を意識してとにかくフットジャムがテーマ。
いろいろ試すのはコンディションが良くないと難しいけど。
20141130yukawa1
シーズンの終わりが名残惜しい。
風邪が流行ってきているらしい、早く治るといいね。
garu氏フォーサイト、バンパイアおめ!

湯川はまだクラックシーズン

寒気も来ていることだし、もう小川山や瑞牆は寒いだろうと週末は2日間とも湯川へ。

朝晩はぐっと冷え込んでアイスシーズンも近いかと思うが日中は日当たりも良くクラックのコンディションは良かった。
土曜日はまたヨシーダさんにお会いしたし、岩場で何度もお会いしている方々やガイドパーティーで賑わっていた。
カラカラに乾いていたサブタナルを初めて登ってみたり、お気に入りのフォーサイトやサイコを登ったりしてのんびり過ごす。
このコンディションだとサイコもカムのセット位置を見失ったりしつつもテンション掛けずに登れて嬉しい。
長野は冬が始まりつつある。
20141116yukawa1

湯川の3大クラックをコンプリート

11月2日、天気予報を睨みつつ湯川へ向かってみた。

野辺山のコンビニ前では道路が濡れていて心配したが、着いてみると岩の状態は悪くない感じ。
まだ少し寒いので先ずは日当たりの良さそうな方へ。
デゲンナーは登っている人がいるのでフォーサイトでアップ、予想以上にフリクション良く乾いていた。
次にデゲンナーを登って、またフォーサイトをTRで登ってアップは十分。
ついにずっとスルーし続けていた宿題のテレポーテーションを触ってみることにする。
下部は難しく無いと聞いていたが、代わりに上部の核心で皆がドカ落ちしているのを何度も目にしていた。
実際に登ってみると中間部で足が滑ってストンっとフォール。。。
取りあえずそのまま続けて登ると赤キャメが足りなくなり、キャメを補充しにそのままロアーダウンで1度下りることに。
そのまま仕切り直して登り、テラスから上部のポロリゾーンへ突っ込むと予想外にジャムが良く効き終了点へ。
あれ?自分にとっての核心は上部では無く中間部?
次も長めにレストすることにしてのーるのバンパイアトライのビレイ。
下部の悪い部分を抜けて最後は少々ランナウトしつつ無事にRPオメ!
20141102yukawa2

勢いを貰ってさあテレポーテーションへ。
と思ったらまた中間部でポロリ。。。
カムエイドで回収しつつ下りてレストしてやり直し。
今度は核心(自分にとっての)のスタンスも覚えておいてカムも十分に打ちまくり無事にテラスまで到着。
最後はヨレていて少々危なかったものの、しっかりジャムを効かせて終了点へ。
これで湯川の3大クラックをコンプリート♪
20141102yukawa1

雨もパラパラ来ていたのでこれで気分良く撤収。

カムmemo
キャメ0.5でスタートしてからビビリなので0.75x4、1x3と打ちまくってテラスへ、
0.4or0.5とマスターカム橙で固めて、リッジへ出てから一応0.4を追加して終了点へ。

紅葉の湯川は癒し系

10月26日は湯川へ移動。

林道はまだかなり荒れた状態なので、入り口の広い空地へ駐車してテクテクと歩いてアプローチ。
湯川へ移動してきたのに昨日の末端壁とかなり顔ぶれが被っているのは偶然。
結構登られている感じのラプター5.8でアップしようと思ったけれど珍しく人が少なかったので、いつもふさがっているデゲンナーでアップ。
このルートは手が大きいとジャムが決まりにくくて何度登っても苦手感が拭えないんだよなぁ。
代わりにコークスクリューはハンドが効くしバランスが悪いと感じることも無いので手の小さい人と感想が噛み合わなくてスミマセン。
サイコキネシスはポイントを覚えているので今回も無事に登れたけれど、もう少し余裕を持って登れたらとも思うところ。
残っている宿題を触ろうかと迷っているところで雨がポツポツと来たので北京の秋へ変更したけれど、これもまだまだ簡単にとはいかなかった。
プロテクションが悪いとも言われているけれど0.75~0.4サイズは3セット用意してナッツも使えれば大丈夫だと思う。
本降りとなりつつある中を撤収したけれど、夕方まで登れて満足な秋の週末だった。
20141026yukawa1

湯川の割れ目シーズン始まり

そして翌13日は湯川へ。
2か月前にはアイスで来た湯川にクラックと、季節の移り変わりを感じる。

林道は石をある程度までどかしてあるもののまだ荒れている。
地元の軽トラが走るのに支障が無いレベルまでって感じなので乗用車では非常にキツイ。

着いて最初に登ったのはhiroくんが去年整備したばかりのラプター5.8
湯川で唯一のワイドで面白いし見かけ以上に長さを感じるし、体も温まりアップにも良かった。
新たなルートに感謝!
リードの後に続けてTRでもう1回遊んでみた。
20140413yukawa

次に定番のコークスクリューを登ってバンパイアへ。
OSしたルートだけど今回は気合は入って無いし昨日の疲労があるのを理由に?、
手順が変になったところであっけなくテンションw
1テンで登った後にTRを張ってリピート。
このルートは格好良いし、毎回登れるようにしたいな~
最後にサイコキネシスが空いたので再登。
フィンガージャムを使うポイントを間違えて焦ったけれど修正して無事にRP

今日は全部で7パーティーくらいいた感じだったけれど混雑した感じは無かった。
暑くも寒くも無く、登るのには快適な週末を快適なマルチと割れ目で遊んだ週末。

また湯川、2013ラスト?

11月23、24日はまた湯川の岩場へ行ってきた。

湯川ならまだ暖かく登れそうなので荒れた林道を越えて今週も。
2日間ともガイドパーティーが1組と知り合い中心に個人が3~4パーティくらいでのんびり。
ヒロくん&Haneさんユキエさんヨシーダ先生スクールetcとワイワイ楽しい岩場だった。

特に狙っているルートも無いし、テレポはまだ躊躇していてなかなか触れないしで、
シーズンオフ前に名残惜しい湯川のお気に入りのルートを何度も登っただけだったけれど、何だか贅沢な気分だったな。

今週末で営業が終わる廻り目平キャンプ場はすっかり冬の空気だったけれど、湯川の昼間は日が当たってヌメる感じもするくらいポカポカ。
今回はサイコキネシスが1番人気でお祭りになっていた。
このルートも好きなので参戦したら1回はフォールしてしまった。
も1回は登ったけれどなかなか余裕でとはいかないらしい。

フォーサイトもお気に入りのルート、ここのフィンガーはホント楽しいね。
20131124yukawa1
20131124yukawa2

湯川はまだベストシーズンだった

11月16~17日は湯川と小川山でクラック。

日記のカテゴリをエリアで分けているので湯川の分。

土曜日は朝から中央線で人身事故があったり中央道は事故渋滞があったりと、トラブルの連発で岩場への到着は遅れてしまった。
更に林道はもう荒れ気味で悪路に弱い愛車は路面から数発の攻撃を受けてしまった。

本日の岩場は昇巳さんパーティーと2人組が自分たちを含め3組だけでマッタリ。
日向は寒くも無くのんびりしていられて岩のフリクションは良い。

アップでコークを登ったら中は湿気っている感じも少々あったがフリクションは良い。
手が大きいのでこのルートは快適で楽しい、と言いつつバタバタしてしまったけどw
フォーサイトも何度登ってもフィンガーとフットジャムの楽しいルートだな~

で、次にまだ登っていなくて気になっているルートを物色。
と言ってもテレポはまだ手を出す気になれず山案山子はプロテクションが悪そう。
北京の秋はグランドの件があったのでこれまた迷ったが、見ているとそれほどプロテクションは悪く無い感じもしたのでこれにトライ。

見るからにハンドサイズ以上のカムは使わないのでキャメ緑以下のサイズを3セット(マスターカム混じり)とナッツを容易して離陸。
一部だけ奥がフレアしていてカムに迷った箇所があったが、豊富なカムを上下に決めてナッツも投入して安心の登り。
予想以上にフィンガーの好ルートで無事にOS♪
湯川のガタガタしたクラックにはマスターカムが有効な箇所も多いな~
20131116yukawa


日差しが暖かく晩秋にしては気温が高めだったこの日は暖かくコンディションの良い湯川だった。
林道がも少し良いと最高なのだけど。

6月30日・湯川クラック

6月30日は湯川へクラックを登りに行ってきた。



朝の中央道を走っていると追い越し車線を飛ばしてく車にクライマーらしいステッカーが貼ってあるのがふと目についた。

あれは!?、あふろんカー捕捉!!

双葉SAまで尾行して挨拶してから湯川へ。


到着すると駐車スペースはもうかなり一杯。

思ったより混んでる。


知り合いも何人も来るって聞いていたけれどね。

先にmovitiさん夫妻、ポキさん、takaさん?(←名前聞きそびれました)が入口のところで登っていたので挨拶して奥のエリアへ。


デゲンナーはT川山岳会の方たち?が登っていたので他を物色。

北風小僧5.9が空いていたのでアップに取りついてみた。


う~ん、出だしが見た目通りに悪いね。

あれ?5.9なのに見かけよりレストしにくくない?もっとガバ無いの?

フェイスムーブなんですが、クラックなのにもっとジャミング出来ないの?

やっぱり湯川の5.9だ~、ひ~

とまあアップでアップアップしつつOS

初めて触るルートだからか、なんか苦手な感じ。


次にフォーサイトを再登してTRセット。

フィンガージャムとフットジャムが良く決まる快適ルートだ。

3回目で慣れてきたようで、最初の便より使うカムが2個減っていた。


戻るとトラさん夫妻も来ていてコーク、サイコ祭り開催中。


せっかくなのでサイコキネシスに取りついてみるものの細部は全然記憶に無し。

なんかヌメるし、気付けば核心で使うホールドにカム入れているし。。。

何も出来ん、、、テンショーン。


トップアウトしてから睡魔に襲われちょっと昼寝。

起こされて気付くとポキさんがサイコキネシスの核心を越えていた。

そして会心のRP!おめでとうございます!!

いや~寝ていて見逃すとこだった、起こしてくれてありがとう(笑)


それを見たら俺ももう1回登りたいと思ったのでまたトライ。

今度はカムを決める場所も考えてセット。

そして核心は、あ~~手が逆だ~~!

粘ってクライムダウンして手順を直して気合で抜けてRP。


ギリギリだけどまた登れて嬉しかった~
しょうすけ_のブログ-20120630yukawa

湯川と雨に振り回されてカーネルロックへ

6月2日は湯川でクラック、3日は瑞牆からカーネルロックへ転進。


2日は湯川へ。

朝に駐車スペースへ着くと既に何台もあり、ちょっと混雑していそうだった。


岩場へ着くとコークスクリューの前に1組のみ。

奥が混んでいそうだったので終わるのを待ってコークスクリューでアップ。

中間部が湿気っていて予想外に悪くて焦って腕が張ってしまった。


コンディションが微妙だったのでデゲンナーへ行ってみる。

こちらのエリアは混んでいたけれど集団がいなかったので回転がいいみたい。


デゲンナーはジムで会う方が登っていたので右手にある右上クラックに取りついてみる。

トポには名前が無いけれど登っている人もちょくちょくいるそうで終了点もしっかりしている。


トラバース部分は意外と見かけと違っていて一筋縄ではいかずに面白かった。

5.9~10aくらい、と聞いた通りのグレード感だったな。


次にデゲンナーを登ったけれど、このルートって何だか苦手なまま。。。


荷物のところへ戻るとまた知り合い、岩の世界は狭い。

後でヨセミテ帰りのGnkさんにお土産を頂きました。

ありがとうございます。


さて次はずっとOS狙いのために人の登りを見ずに温めていたルート。

バンパイアにトライすることに。

カムは1番が4つは必要だと聞いていたので1番サイズを5つ分も準備。

出だしから結構難しくてずっと気を抜けず必死の登りで一撃に成功!!
しょうすけ_のブログ-20120602yukawa

この1便で力と気力を使い果たして満足したのでもう十分。

しっかり休んで最後にフォーサイトを登って終了。


天気予報に反して雨に降られず1日中登れて満足。



3日は雨予報だったので様子をみつつ行動。

瑞牆の前烏帽子岩へ行ってみる。


すぐ分かると思いきや岩場が分からずウロウロと探検。

漸く現在地を把握したのは水平飛行の取付部分だった。


右側の10aを登ろうとしたところで雨がポツポツと来たので撤収。

また次回に来よう。


下山して、湯川なら降っていないかなと思って向うも海ノ口で土砂降り!

バケツをひっくり返したような雨にUターン。

しかし清里の辺りは晴れていたりとピンポイント過ぎる。


このままパンプ2へ向かおうと中央高速を走っているところで

池田山さんがカーネルロックで登っているとツイートが。

晴れていて登れていると聞いて急きょ進路変更して向かう。


到着して直ぐにヌンチャクをお借りしてセント・フローリアでアップ。

相変わらず核心の手は10aにしてはここだけ悪いな。


次に宿題のまま放置していたぷらりへ。

殆どを忘れていたけれど核心部分の自分なりの手だけ覚えていた。

通算2便、実に1年ぶり触ったけれど無事にお持ち帰り。


次はさざれで11b祭りの開催となった。

2番手で取りついて読んでいたムーブを起こして

と思ったら足が抜けて両手でぶらーん。


テンションかけて探ったところ読み通りで次の手へつながった。

2ピン目を掛けたところで降りて仕切り直し。


今度は予定通りに動いてそのまま終了点へ。

う~む、足ブラになっても強引に復帰すればOS狙えたかも!?


最初の1便目はもっと粘りが必要だったか。

また2便コレクションが増えたけれど、まあ2便でお持ち帰りできたので良しとしよう。
しょうすけ_のブログ-20120603colonel

帰り際にここの猫とモフモフと遊んでから帰路に着いた。

遊んでくれる猫って嬉しいな~


雨に振り回されもしたけれど乾いた岩で登れて成果もあって満足な週末。

湯川で会心のRP?

4月16・17日で湯川へ。

16日は1番乗りで岩場へ到着。
では早速、昼寝zzz。
しかし最初は日陰で風もあり寒かった。
車の中で寝てれば良かったかな、ってそう言う問題では無いか。
それでも誰も来ないのでデゲンナー5.8へ行きアップ。
ジャミングを忘れていたのか湯川の感を取り戻せて無いのか
何だかジャムがすっぽ抜けそう奮闘、アップでアップアップ。
手の大きい私としてはハンドには狭くて大変(言い訳)。
続いてコークスクリュー5.9、こちらの方が登りやすいかも?
おそらく他の誰もが違うと言うと思うけど(笑)
狭いより広すぎる方が自分は好きじゃ。
次は少し休んでお隣にある宿題の10cへトライ。
もしや登れるかなと思っていたが甘い甘い、テン山でTO・・・
コークスクリューを登り隣からTRを張って、も1度ムーブ確認。
すると離陸すらうまく行かなくなる・・・orz
フィンガージャムが吉田先生に習ったこと忘れてない?
と、のーるに指摘され、漸く気付いて探る探る。
スタンスも去年触った時を思い出して試して試してノーテンTO。
しかしカムをセットしながら登れるか疑問のまま終了。
この日は後から2人組と3人組みの2パーティーが来たのみ。
夜は反省会ムードで乾杯。
でも嬉しかったことが一つ。
アイスクライミングで来た時に灯明の湯で忘れた帽子が戻って来た。
受付で聞くと、レジの隣から帽子を取り出し「これですか?」と。
やはりここで忘れていたのか、ありがとうございました!

17日の先客はガイドパーティー、昨日と同じ2人組。
後に2人組が2パーティー来たのみ。
また空いていたデゲンナーでアップ、昨日より登りやすくなった。
まあ今回も奮闘したけどハハハ~。
パープルシャドウのように快適アップルートとなる日は来るか?
また続けてコークスクリューを登り宿題のサイコキネシスへトライ。
核心手前でカムセットに手間取ったが粘って粘って。
何とかハンドジャムまで辿り着きワイドパートへ。
腕をすり傷まみれにしつつ何とかサイコキネシス10cをRP!
精神力も体力も使い切った感じで会心のRPな気分。
大変だったけれど面白いルートだった~♪
続いてのーるもコークスクリュー5.9をRPオメ!
残った時間はコークとサイコをTRで遊んで終了。
2日間とも空いていて他の人と登るルートも被ることは少なかった。
ポカポカと暖かく楽しく登れた2日間だった。
$しょうすけ_のブログ-20110417yukawa

~サイコキネシスに使ったカムのメモ~
キャメロットC4が基本で。
0.5、0.5、0.4、マスターカム黄、0.75、1、2、3、4、4
(0.4とマスターカム黄は固め打ち)
プロフィール

まによん

Author:まによん
晴れた日のアウトドアが好き。
猫を見るとちょっかい出そうとする。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR